« 扶桑社「週刊SPA!」本日発売!!(Part2) | トップページ | 外為用語の基礎知識 »

2007年10月30日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月30日号Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週のドル/円(USD/JPY)の値動きを俯瞰してみれば、
[113.20-115.00]のゾーンでの、「下値持ち合い」。

G7明けに、ドル下落後の調整局面(修正局面)が継続中。

G7後は、小動きに推移しているので、特段に言うべきことも無い。

しかし、ドル/円(USD/JPY)の下値リスクの方が、大きいことに、
留意するべきだと考える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「下値持ち合い」について、加筆しておこう。

「下値持ち合い」は、すなわち、「調整(=修正)」のことを指しています。

【調整】【調整局面】(Correction)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub017chi.htm#chousei

 修正、修正局面と同義。
 相場の動きは、上下動を繰り返す習性がある。

 だから、相場が一本調子に上昇したり、一本調子に下落したりした場合に、
 それまでの値幅よりも小さく、相場がいったん反転して、
 そこで「レンジ相場」(持ち合い相場)を形成することがある。

 この反転して、小幅な上下動を繰り返す値動きを、
 修正(Correction)、修正局面と呼ぶ。

 参照→ 【揺り戻し】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

だから、
目先の1週間や2週間の値動きを指しての「調整局面(修正局面)」と
言っているのではない。

ドル/円(USD/JPY)は、6月に124円台の高値を見て、
7月、8月に大きく急落し、安値111円台を見た。

8月中旬の111円台を見てから、現在に至る、2ヶ月半以上の期間にわたって、
「下値持ち合い」が続いている。

さらに、G7の前後にかけて、
もっと小さな「調整局面(修正局面)」を迎えている。

つまり、大きな「調整局面(修正局面)」の中にあって、
[113.20-115.00]程度の、
小さな「調整局面(修正局面)」(=「下値持ち合い」)を形成している、
と、考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末(10月25日金曜日)のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
終日、結論として、言えば『動き無し』。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(10月29日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台前半---[114.15-20]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、終日114円台前半で推移。動き無し。

昨日(10月29日)のロンドン市場では、ドルじり高に推移し、
114円台ミドルを上に抜けると、目先でドル/円を売っていた向きの
損切りを巻き込み、114円台後半に上昇した。

昨日(10月29日)のニューヨーク市場は、
概して、[114.50-90]程度の狭いレンジ内での小動き。
(=動き無し、動いたうちに入らない)

ニューヨーク・クローズは、[114.60]アラウンド。

だから、先週末も、昨日も、結論として、言えば『動き無し』、
(=動き無し、動いたうちに入らない)
と、考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(10月30日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114.65-70]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日(10月30日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドルで、小動き(=引き続き、動き無し、と考えている)。

明日(10月31日)のFOMCを控えて、様子見。
積極的に動く気配(雰囲気・センチメント)ではない。

現状、「FOMCの結果待ち」。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 扶桑社「週刊SPA!」本日発売!!(Part2) | トップページ | 外為用語の基礎知識 »

コメント

残念なのですが、
トラックレコードの形式では、発表していません。

ただし、過去のコメントは、
何らかの形で、遡り、読むことはできます。

売買の損益は、公表していませんが、
過去のコメントが、正しかったか、間違っていたか、
を確認することはできる、ということです。

取り急ぎ

投稿: 物語 | 2007年10月31日 (水) 18時13分

松田様
はじめまして。
11月17日開催のセミナーへの参加を検討しています。
本ブログでは、相場見通しを継続的に掲載されていますが、過去のトラックレコードを一覧することは可能でしょうか?

投稿: セミナー参加希望者です | 2007年10月30日 (火) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 扶桑社「週刊SPA!」本日発売!!(Part2) | トップページ | 外為用語の基礎知識 »