« 【外為用語の基礎知識】---窓埋め(まどうめ)--- | トップページ | Fw: (とにーさんのメール) »

2007年10月22日 (月)

---チャート・ポイント---【読者の方からのメール】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月22日号Part3
【読者の方からのメール】
---チャート・ポイント---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Sun, 21 Oct 2007
差出人: "********"
件名: 本、買いました!
宛先: "物語"

松田さん、はじめまして。 
いつもブログ読ませてもらっています。

「外貨崩落」と「FXで稼ぐ人はなぜ1勝9敗でも勝つのか」を
読ませてもらいました
(私も本を選ぶ時は前書き、後書き、目次を先に見ます。
外貨崩落は後書きが無く「アレっ?」っと言う感覚でした)

ところで、損を30銭、儲けを5円にリミットとストップをデザインすれば
1勝9敗でも勝てる事は理解できます。 
同時に、ストップを自分の都合ではなく、
チャートポイントで決めよと言うのも判ります。 
どちらも、今までの自分にはできていなかったので、勉強になりました。

しかしながら、両方を同時に成立させる為には、
「チャートポイントにあと10銭に迫った時、
そこで5円くら反発しそうだと思えるなら仕掛けて、
そのチャートポイントの20銭外にストップを置く」と言う事になりませんか?

勝:敗=1:2で考えても、強いトレンドであれば、
なかなかチャートポイントに接近してくれません
(その時はトレンドが弱まっています)し、
レンジ相場ですと、勝も少ないので、
やっぱりチャートポイントぎりぎりのところを掴みに行かねばなりません。
頭では理解できるのですが、どうも実践に落とし込めずに悩んでいます。 

またブログなどで解説して頂けると助かります。

でわ。

****

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

****さま

メールありがとうございます!!

過去に、どこかで、書いたなぁ・・・、と思って、検索してみました。
2005年7月のコメントですが、そのまま、引用します。

「補足説明」をしておきます。
チャート・ポイントは、市場参加者の多くが認める明確なものだけを指します。

いい加減な、恣意的な、適当なものを、
チャート・ポイントとしているケースを散見します。
そういったものに拘泥すると、非常に、危険です。

※※もう一点「補足説明」(お返事のメールに書き漏らした補足)※※

不思議なもので、チャート・ポイントは、魅入られたように、来るものです。
それは、個々人の、感覚によるかも知れませんが・・・。

取り急ぎ、
松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下引用)

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2005July06.htm

■ 【チャート・ポイント】 2005/07/06(水)

チャート・ポイントが、近づくと、
「このチャート・ポイントは、守られますか? それとも、破られますか?」
と、いった質問を、いつも、頂く。

いつも、同じ答えをする。

「そんなことは、誰にも分かりません。
 守られるか、破られるか、見ていれば、分かりますよ。
 答えは、相場が、教えてくれます。」

しかし、それでは、納得をしない方も多いようです。

それで、たいてい、付け加えます。

「チャート・ポイントは、破られるまでは、
 守られると判断するのが、セオリーですヨ。」

明確に破られるまでは、チャート・ポイントが維持される方向に付き、
いわゆる、『逆張り』のポジションを取る。

明確に、チャート・ポイントがブレイクされたらば、
いわゆる、『順張り』にポジションを取れば良い。

つまり、チャート・ポイントがブレイクされた時には、
チャート・ポイントをブレイクした方向にポジションを張れば良い。

チャート・ポイントが守られるか、破られるか、を、事前に考えることは、
単に、相場に対して、思惑を持つことに過ぎない。

そんなことは、早晩、相場が教えてくれるのだから、自分で考える必要は無い。
否、自分で考えない方が良い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【チャート・ポイント】(chart point)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub017chi.htm#chartpoint

 チャートは相場の値動きをグラフで表したもの。
 チャートのもともとの意味は、海図。

 チャートを分析してみると、このレートが切れると、
 相場が大きく崩れる(価格が大きく下落する)可能性の高いポイントがある。

 逆に、このレートを超えて価格が上昇すると、
 急激に加速して相場がさらに上昇しやすくなるポイントがある。

 そういったチャート上の要となるレート(価格)を
 チャート・ポイントという。

 チャート分析は、必ずしも、
 その事前の予想・予測とおりになるわけではない。
 しかし、その分析に従ってトレーディングを行っている、
 さまざまな投資家たちも、現実に存在している。

 チャート・ポイントを、誰にでもわかりやすい言葉で説明するのならば、
 『みんなが注目するレート』。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

専門用語については、

 【外為用語の基礎知識】
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/

 【外為用語の基礎知識】(用語検索インデックス)
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/technicalterms0001.htm

を検索してください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 (物語)

 Presented By【フォレックス・ディーラー物語】


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご意見・ご質問・ご感想・コメント、なんでもお寄せください。
お送りいただいたご意見は、
メールマガジン【独断と偏見の為替相場】
およびホームページ【フォレックス・ディーラー物語】に
掲載される場合があります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 【外為用語の基礎知識】---窓埋め(まどうめ)--- | トップページ | Fw: (とにーさんのメール) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【外為用語の基礎知識】---窓埋め(まどうめ)--- | トップページ | Fw: (とにーさんのメール) »