« 八重洲ブックセンター上大岡店 | トップページ | 【人に会え!臆するな!】---今までの経緯の続き:「岡康道」氏の随筆--- »

2007年10月18日 (木)

【『G7は、常識の範囲内じゃないの?!』の続き】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月18日号
【『G7は、常識の範囲内じゃないの?!』の続き】
---SNS[GREE]に投稿したメッセージ---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『ある人に、送ったメッセージ』とは、
SNS[GREE]に投稿したメッセージのこと。

http://gree.jp/?mode=community&act=bbs_view&thread_id=1396768

前後関係を説明するのは面倒なので、最初から引用します。

(以下引用)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

125.    物語 (21) - 10/18 11:28 

何だか、やりようが無いマーケットだよね。

(^O^)/

煮詰まっているようでもあり、
ただ単に、G7の結果待ち、
あるいは、
G7絡みの各国高官のコメントを待って、
じっと、『虎視眈々』、息をひそめて、
『何か』を狙っている。

その様子が、目に浮かぶ。
(怖い目だなぁ・・・)
(^O^)/

G7は、何も、出ない、と、思うけど・・・。

【G7は、為替に注視する、とか、
過度の変動は、好ましくない、とか、
過度の変動には、対応する、とか、
サブプライム・ローン問題には、
各国協力して、対応する、とか、
その程度は、言うだろう。
でも、その程度は、常識。当然。】

【その程度の常識的なコメントだとして、
マーケット(投機筋)が、それの『解釈』を材料に、
大量の売買を行うか?否か?が、ポイント。】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

126.    とにー (144) - 10/18 12:02

松田先生おつかれさまです!
コメントありがとうございます!(^O^)ノ

自分はG7を前にしたマーケットから緊張感を感じます。
ちょっと怪しい表現かもしれませんが、
クロス円の日足チャートから強烈な怨色が。。。
そういった意味では、自分が緊張してるのかもしれません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

127.    物語 (21) - 10/18 14:00 

だから、『虎視眈々』なのさ!

新刊の『外貨崩落』の一番最後に、
「手負いのトラ」の比喩を書いたでしょ?

今回、虎視眈々の「手負いのトラ」は、
為替で負けたのではなくて、
(為替でも負けてるのかもしれないが、それは、さておき)
『サブプライム・ローン関連』で負けてるのではないか?

と、考えている。

最近のG7は、事前の調整で、
落としどころを計っているように思う。

「サプライズ」は、無いと思うが・・・。

1985年9月の「プラザ合意」は、
もう20年以上昔のことなんだよなぁ・・・。
(年を取ったものだ・・・)
(^0^)/♪

20年以上も昔の、歴史的な出来事だが、
過去に「プラザ合意」があったから、
G3(後のG5、現在のG7)が、
注目されるようになった。

『また、あんなこと(「プラザ合意」)が起こるかもしれない・・・』
といった、漠然とした畏怖の念。

そういった畏敬の念を持つことも、大切だよ。
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 八重洲ブックセンター上大岡店 | トップページ | 【人に会え!臆するな!】---今までの経緯の続き:「岡康道」氏の随筆--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八重洲ブックセンター上大岡店 | トップページ | 【人に会え!臆するな!】---今までの経緯の続き:「岡康道」氏の随筆--- »