« ひとりごと---『ワールド・ビジネス・サテライト』--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

2007年10月27日 (土)

【目的】---実在するものに対して、「無いものとして扱うわけにはいかない」---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月27日号
【目的】
---実在するものに対して、「無いものとして扱うわけにはいかない」---

以下、私が、知人の大学生に送ったメール。
私信のため、歯に衣着せない部分もありますが、
あくまでも私信の転用ということで、ご容赦ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

----- Original Message -----
From: "Satoshi Matsuda"
To: "****@パソコン"
Cc: "****@携帯"
Sent: Saturday, October 27, 2007
Subject: 松田哲より

****へ

基本的に、PCで読むことを前提に、このメールを送ります。
(携帯にも送ります)

Just for your Info.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何か、目的を持つ際に、「大義」がないと、続かない。
あるいは、続いても、たかが知れる。

受験勉強で、いわゆる「いい大学」に入ることが、目的の場合、
その目的の「いい大学」に入って、『終わる』。=勉強をしなくなる

東大に入ることが目的だったり、早稲田が目的なら、そこで成長が止まる。

私は、本音で、早稲田も東大も、たいしたことが無い、と考えている。

いわゆる「いい大学」に入ることが、目的ではなく、
その先の、いい会社に就職する、あるいは、高級官僚になる、
弁護士や裁判官になることが、目的の場合、
官僚試験や、司法試験に受かれば、そこで成長が止まる。
有名な会社に入れば、それで成長が止まる。

それも、また、その人の人生だから、それで構わない。

そういった人たちは、本来、頭の良い人たちだから、
いずれ、『何か』に気が付く。

そして、考える。

=悩むかもしれない・・・。

=考えても仕方が無い、と考えて、能動的に(=わざと、)考えるのを止める。

=それは、『志』の無くなった状態で、
 会社に属する場合は「社蓄(会社の家畜)」。

=国家公務員ならば、「国家の寄生虫」となる。

別の例。
もっと、具体的に、「お金持ちになる」という目的を持ったとしよう。

「お金は力」。さまざまな意味で、力。
国家間の戦争は、所詮、お金のたくさんある国が勝つ。

それは、有史以来の歴史が証明している。
戦争は、経済力を武力に変換しただけ。
現在もそうだが、
最新の武器(戦闘機、イージス艦、さまざまな情報機器など・・・)は、
値段が高い。

ローマ帝国も、現在のアメリカ覇権も、似たようなものだ。

ホリエモンが言っていたが、
「金で買えないものは無い」。

本当だろうか?

ある立場から見れば、それも正しい。
世の中、「きれいごと」ばかりではない。
そう考える人たちの中では、事実なのだ。
「金で買えないものは無い」。

世の中で、麻薬を売り、巨額のお金を持つ人は、
世界中を見れば、たくさん居る。
世の中、「きれいごと」ばかりではない。
日本にだって、麻薬の密売組織はあるし、
それを摘発できない日本の警察がある。
「金の亡者」は警察官にもいる。

今回、防衛省事務次官が、ゴルフ接待で、窮地に居る。
摘発すればよい、と考えるが、
彼は、国防の、つまり、日本の治安を考える本当の『トップ』ではないか!

日本人が、すべてそうだとは言わないが・・・。

私は、そうなり切れない。
なりたくもないが、「お金に主目的を置く人たち」から見れば、
私は、「甘ちゃん」「坊ちゃま」「バカ」なのだろう・・・。

私は、そんなこと構わないが、彼らは、そう考えるのが、推測できる。
また、彼らの論理も理解できる。

防衛省事務次官のゴルフ接待などは、
せいぜい数百万円の、取るに足らない少額だが、
世界規模で考えれば、
巨額のアングラ・マネー(アンダーグラウンド・マネー=不正資金)が
存在する。

そういった巨額のアングラ・マネーの代表が、麻薬や人身売買のお金。
それは、スイスの銀行に、何兆円、何十兆円といった規模で、実在する。

そういった不正のお金は、いけない、と、誰もが考えるが、
必ず、悪いことをしても、自分が儲かれば、自分さえ良ければ構わない、
と、考える人も、実在している。

私は、相場を読む際に、そういった資金がどのように動くのか、
(=資金移動、資本移動)
それを、意識して、考える。

不正だろうが、実在するものに対して、
「無いものとして扱うわけにはいかない」。
事実を見よ!
事実を見なければ、相場では勝てない・・・。

不正を不正として追求することは、また、別の問題なのだ。

こういった事柄(テーマ)に、私には、まだ、明確な答えが無い。
仕事の世界で、引退するまでに、
私なりの、『明確な答え』が見つかると良いなぁ・・・、と、考えている。

(松田哲より)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« ひとりごと---『ワールド・ビジネス・サテライト』--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと---『ワールド・ビジネス・サテライト』--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »