« 【刺し違える】---ふと、思い付くこと--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)--- »

2007年10月17日 (水)

【ストップ・ロス・オーダー(逆指値注文)】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月17日号Part2
【ストップ・ロス・オーダー(逆指値注文)】
---「逆指値注文の値段」と「約定レート」の齟齬(そご)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Q:

「ストップ・ロス・オーダー」について

「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)をいれていても、
値動きが激しい場合は、一瞬で逆指値以下や逆指値以上になってしまい、
逆指値でもって約定できない場合は考えられないでしょうか・・・?

その様な事が起こらないのであれば、それで良いのですが、
もし起こる可能性があるのであれば、
その場合の対処法を教えてもらえないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

A:

マーケット(外国為替市場)が大きく荒れた場合に、
「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)を入れておくと、
約定レートは、その「注文値段」よりも、悪いものになります。

例えば、現状レートが、[117.00-05]とします。
その場合に、ドル円を買っているとします。
(ドル円のロング・ポジションを保有しているとします)

この時に、[115.00]に、
「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)を入れた、とします。

ドル円レートが急落して、
「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)が約定した場合、
通常の、ストップ・ロスの執行レートは、[114.95]程度でしょう。

しかし、この通常の場合の5銭の違いは、仕方がないことです。

[115.00]に、「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)を入れていても、
その「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)を預かった人は、
いつ、実行すれば良いのか、迷います。

[115.00-05]になったときに実行すると、
万一、その日の安値が[115.00]だった場合に、クレームになります。

だから、通常は、[115.00]が、「売値になった時」に実行します。
つまり、マーケット(外国為替市場)の気配値が[114.95-00]になった時に、
[115.00]の「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)を執行します。

だから、「ストップ・ロス・オーダー」(逆指値注文)の値段と
約定レートに齟齬があるのです。
これは、マーケットの市場慣行から考えると当然のことです。
当然に、損失は、『大きめ』になります。

しかし、それは、通常の、想定範囲内のことなのです。

上記の場合に、
[115.00]が、「売値になった時」に、
マーケット(外国為替市場)が大きく荒れて、
[115.00]が売られた直後に、[114.60-70]まで急落した場合には、
残念ながら、約定レートは、[114.60]という場合も充分にあります。

これは、外国為替取引に、必ず、ともなうリスクですから、
その対処法はありません。

むしろ、そういったリスクがあることを、理解した上で、取引をするべきです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 【刺し違える】---ふと、思い付くこと--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【刺し違える】---ふと、思い付くこと--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)--- »