« ひとりごと---整合性--- | トップページ | G7では、「ユーロ高に関する問題」はテーマにならない、と考える »

2007年10月19日 (金)

【がんばれ!!! プロ・サッカー選手!!!】---[ブログ]【IPPEI AOKI 1.28】---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月19日号
【がんばれ!!! プロ・サッカー選手!!!】
---[ブログ]【IPPEI AOKI 1.28】---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の、この内容は、外国為替市場とは関係ありません!(念のため)
ルーマニアに飛び立った、新人プロサッカー選手の話の『続き』です。

【引用】
IPPEI AOKI 1.28
http://ippei.cocolog-nifty.com/blog/

※最近になって、メルマガやブログを読み始めた方は、
 『どーして、ルーマニアのサッカーなの?』
 と、思うことでしょう。

 一平は、昨年、亜細亜大学で、私の授業を受けていた学生です。
 (今年の春、亜細亜大学を卒業)
 卒業式には出られずに、今年の1月28日、プロ・サッカー選手になるために、
 ルーマニアに渡りました。

 その後、現地のプロリーグ(ルーマニア2部リーグ・3部リーグ)の中で、
 もまれながらも、一生懸命に、活動しています!

 応援、よろしくお願いします!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年10月14日 (日)

【悩み】

約一週間くらい前からブラショフという都市のチームにきていたんですが、
2日前にチームからオファーを受けました。期間は来年の6月まで。

なんだけど、いまサインをするかしないか物凄く迷ってる。
理由はいっぱいあるんだけど、
ここには書けないこともあるので、書けることだけ書きたいと思います。

1番の問題は2部のチームにこだわってきたということ。

6月まで3部でプレーした後、
ルーマニアの2部と3部の色んなチームのテストを受けてきた。
1度3部のチームからのオファーを断ったりもした。

テストを受けてきて感じたことは、
2部でもやれる力が自分にはあるっていうこと。
結果だけをみれば、最終的に契約まで至るチームはなかったわけだから、
何を言っても言い訳かもしれないけど、
客観的に自分の力と他の選手の力を比べる目は確かだと思っている。
というか自分の力、レベルを把握できない人間はプロにはなれないと思うし、
そもそもここには来ていないとも思う。
自分の力・可能性を分かっているからこそ、才能を信じているからこそ、
諦めなかった。
その結果、こうして自分はプロになれたと思ってる。

自分が2部でプレーできる力を持っていることはわかった。
それだけに2部でプレーしたい。
でもいざ契約となると難しいこともある。
やはり外国人を雇うことは色んなリスクがある。
言葉の問題、コスト、
チームからすれば助っ人としてチームに欲しいわけだから、
他の選手と変わらないレベルならばリスクのある外人を雇うよりも
自分の国の選手を使う。
だからテストでは他の選手よりも飛び抜けていなきゃいけない。
それか何か飛びぬけた武器をもっていなければいけない。

正直2部のチームにいた時、他の選手と変わらないレベルを持っていたけど、
飛びぬけていたかと言われれば、飛び抜けてはいなかった。それじゃダメ。

結果だけが求められる世界。
たとえ色んなリスクがあったとしても結果的にチームに入れなかったのなら、
それは2部の力を持っていなかったのと一緒のようなもの。

純粋にテストだけでチームに入るってことは本当に難しい。
だからこそ、3部とはいえオファーをもらえたことは本当に嬉しい。

物凄く悩む。。。

来週中には答え出ると思います。

あぁでも文章ってほんと難しい・・・

今回も自分の言いたいことが言えてるのか全然わかんない。

きっと時間が経ってこの文をみたら、
『何だこの文、もうちょっとちゃんと書けたろ』って思うんだろうなぁ。
(苦笑)

あっあとこれブラショフの街です。
ルーマニアで1番の観光都市だけあって素晴らしいっす!

http://ippei.cocolog-nifty.com/blog/images/2007/10/14/picture_022.jpg

http://ippei.cocolog-nifty.com/blog/images/2007/10/14/picture_001.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【人に会え、臆するな!】

参考:「岡康道」氏のページ

すべてはいつか、笑うため。
http://www.magabon.jp/special/oka/

岡 康道の世界広告道中記:NBonline(日経ビジネス オンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20070511/124636/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(10月18日)、一平のブログに投稿した。
(まだ、承認されていないので、アップされていない)

【一平に送ったメッセージ】

ちゃんと、伝わってるよ!!
悩んでいることも、わかるし、
一平が「ジレンマ」におちいっていることもわかる!

妥協したくない気持ちもわかるし、
生きていくためには、(食べていくためには、)
ガマンしなければいけないのか・・・?
そう、考えて、苦しんでいることも、わかる。

実際に、やってみて、自信も持てたけれど、
自分に何が必要なのか、も、理解したこと、
それも、わかる。

でも、着実に、進歩前進しているヨ!!

オレは、サッカーは、わからないけれど、
『一平が、自分自身を、第三者の立場から、見ることを始めた』
それが、伝わる。

きっと、サッカーも、
日本にいるときよりも、うまくなっているのじゃないかな?

世阿弥・観阿弥の『舞の名人』の話を覚えているかな?
『舞の名人』は、失敗をしないのではない。
もう一人の自分がいて、自分の舞を見ている。
観客の目は、ごまかせても、もう一人の自分は、だませない。

http://forexdealer.web.fc2.com/Ippei001.html

このページは、『オレの個人的なメモ帳の一部』で、
広く公開しているわけではないのだが、
【人に会え、臆するな!】
という題(タイトル)の一連のコラムを作った。
時間のあるときに、読んでご覧。
(^0^)/♪

この内容の、【人に会え、臆するな!】は、一平に言った言葉だ!
オレが、一平に、その言葉を言ったことで、オレも前進している!

近くにいれば、いくらでも会って話ができるけど、
文章で、伝えるのは、確かに、まどろっこしい!!
(^0^)/♪

自信と誇りを持って、自身で、よく考え、判断すればいい。
時として、回り道に見えることが、近道だったりする。

ただし、回り道であっても、王道を進め!
オレは、一平の判断を信じる!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日(10月19日)の午前中に、一平にメールを送った。
一平が気が付くのは、東京時間なら、今日の夕方になるだろう・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【一平に送ったメール】

一平が、ブログに、アップしている文章を、
---「今回の文章」と、私が、「今回、投稿した文章」を、---
メルマガや、私のブログに引用掲載したい。

一平自身が、自分のブログで、発表しているのだから、
問題は、無いと、思うけど、念のため、このメールを送ります!
(^O^)/

返事がない場合は、一平が、了解したと、考えます。
(忙しいだろうことは、想像付きます。だから、無理して、返信不要。)

※(自身、悔いのない判断を!)

※(オレは、何もできないが、一平を信じることだけは、できる!
 遠い本国に、一平を応援している人が、いるヨ!頑張れよ!)
(^O^)/

松田哲より

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« ひとりごと---整合性--- | トップページ | G7では、「ユーロ高に関する問題」はテーマにならない、と考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと---整合性--- | トップページ | G7では、「ユーロ高に関する問題」はテーマにならない、と考える »