« 【お知らせ】---セミナー資料--- | トップページ | 【セミナー】---アドリブ--- »

2007年10月29日 (月)

【ユーロ/ドル(EUR/USD)】---何度でも繰り返します---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月29日号Part2
【ユーロ/ドル(EUR/USD)】
---何度でも繰り返します---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新たに、思いつくことも無い。
だから、この週末に考えていたこと、そのまま同じ。

週末は、マーケット(外為市場)が休場だから、
週明けに、特別なニュースでもあれば、話は変わるが、
そうでもない限り、週末に考えることと、
月曜日に考えていることは、大差が無い。

それでも、
『繰り返し、インフォームすることも、大事かな?』
と、思ったので、再引用します。

何度も繰り返すことで、
『強く、思っていることを、インフォームできるのかな?』
と、考えるからです。

書き直しても、内容が同じなら、その手間が、無駄ですから、
ご理解ください。
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※10月24日(水)の東京時間昼頃に、以下のコメントを配信した。

※この時点で、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.4250]アラウンドだった。

※10月24日(水)のロンドン、ニューヨーク市場では、1.42台前半もあったし、
10月25日(木)の東京市場は、1.42台ミドルの小動きだった。

※ユーロ/ドル(EUR/USD)の絶対値は、若干違うが、考え方は、変わらない。

※ユーロ/ドル(EUR/USD)の100ポイント、150ポイント程度は、
本格的に動き出したら、『誤差のうち』。
だから『若干の違い』に過ぎない。

※ただ、加速のスピードが付き出したら、ストップ・ロス・オーダーで、
自分をプロテクトしなければならない。

※「どのように?」という質問が来そうですが、
そのくらい、自分で調べて勉強してください!(^O^)/
そういった質問には、答えません。

※四の五のと、能書きを言うつもりも無い。また、聞くつもりも無い。

> 『そんなもん、知らん!』
> 『いやなら、やるな!』
> (^O^)/

※それは、本音です!

(以下、10月24日の【コメント】を添付)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

> ユーロ円が、大きく乱高下している。
>
> G7の前あたりから、
> 「円キャリー・トレード」の
> アンワインド(解消・巻き戻し)が、起こり、
> G7明けには、
> ユーロ円の売りは、ユーロドルを、押し下げた。
>
> 株価が、落ち着きを、取り戻すと、
> 「円キャリー・トレード」の、
> 「アンワインドのアンワインド」と、いった雰囲気。
>
> G7で、確認できたことは、
> サブプライム・ローン問題は、簡単に、解決しない、
> ということ。
>
> だったら、サブプライム・ローンは、
> 米国の問題だから、基本的に、ドル売り材料。
>
> ユーロ円と、ドル円は、
> 円キャリー・トレードの影響で、
> 難しいのだから、
> 対ユーロで、ドルを売るのが、一番やりやすい。
>
> つまり、ユーロドルを買う、と、いうこと。
>
> 『ユーロドルは、ユーロ統合以来の最高値にあって、
> 手を出しにくい!』
> 『ユーロドルは、
> ユーロ統合以来の最高値を更新して、
> その後、下落したではないか?』
>
> という、意見が、出るのは、120%、分かっている。
>
> 『そんなもん、知らん!』
> 『いやなら、やるな!』
> (^O^)/
>
>
> ※ストップ・ロス・オーダーを、入れておくこと。
>
> ※ユーロドルのトレンドは、
> 「ユーロ高ドル安」で、
> 変わらないが、
> 「修正・調整」に、対応して、戦うのは、
> 当たり前のことです。
>

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 【お知らせ】---セミナー資料--- | トップページ | 【セミナー】---アドリブ--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【お知らせ】---セミナー資料--- | トップページ | 【セミナー】---アドリブ--- »