« アマゾンのアフィリエイト | トップページ | ひとりごと---先ほどのコメント、修正--- »

2007年9月25日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年09月25日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

川崎ラゾーナ内、丸善
新刊・話題書のコーナーに一列ずらっと・・・「外貨崩落」

http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/09/24/20070924_2.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週後半、9月20日(木)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度でクローズ(終値)を迎えたが、
翌9月21日(金)のシドニー市場で、ショート・スクイズ的な値動きとなり、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台後半に上昇した。

そういった流れから、
先週末、9月21日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台後半---[114.90-95]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場の朝方に、115円台に乗せたが、上値重く、反落して、
東京市場の午後には、114円台ミドルに垂れ下がった。
安値は、[114.55-65]レベル。

東京市場の夕方になって、ロンドン勢が参加してくると、
これといった材料も無い中、「円売り」が優勢となった。
ドル/円(USD/JPY)は、反転上昇し、115円台のに乗せる急騰。

先週末、9月21日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)クローズは、
[115.20-25]レベル。

先週末、9月21日(金)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
そのまま上昇して、[115.50]も上に抜けると、
ニューヨーク市場では、[115.80]アラウンドの高値を付けた。

先週末、9月21日(金)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度から、115円台後半に急騰した後の調整的な値動き。
115円台ミドルでの持ち合い小動きとなった。
そのまま、115円台ミドル程度で、垂れ下がるように、
ニューヨーク・クローズ。

昨日、9月24日、週明け月曜日の東京市場は「秋分の日」で休場。
先週末のニューヨーク・クローズが、若干、垂れ下がる気配だったことから、
アジア市場の時間帯は、115円台前半で推移。

昨日、9月24日、週明け月曜日のロンドン市場は、114円台後半に若干の下落。

昨日、9月24日、週明け月曜日のニューヨーク市場では、
[114.60-70]レベルまで、さらに若干の下落を見ているが、
ニューヨーク市場は、全体を見れば、114円台後半の小動き。
そのまま、ニューヨーク・クローズ。

昨日、9月24日、週明け月曜日のマーケット(市場)は、
東京市場が休場だったことから、
全体的に市場参加者が薄く、積極的な売買も無い様子。

本日(9月25日)の東京市場も、114円台後半の小動きが続いている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●今月実施された、ドル金利の【0.50%】の引き下げは、
 「ドル売り」のニュース(材料)である。

●FED(FRB)が、【0.50%】の、「大幅な」引き下げを断行したのは、
 サブプライム・ローン問題に起因する損失額が、
 巨額だと、FEDは、判断した、ということ。

 (FEDが、その損失額を把握しているのか、していないのか、不明だが、
 【0.50%】の引き下げを断行する必要が、ある、と、判断したことは、
 事実である。)

●米国経済に、大きく影響を与える程の巨額の損失だ、ということ。

●だから、ユーロドル、ポンドドルは、
 「ドル売り」に、素直に反応して、上昇した。

●ドルスイスも、「ドル売り」に反応して、下落している。

●ドル円だけが、変な反応をしている。

●すると、ドル円だけの特殊な要因が、ある筈だ。

●それは、円の突出した低金利を利用した「円キャリー・トレード」しか、
 考えられない。

●金利差享受(いわゆる、スワップ金利)を狙った取引は、
 最終的には、失敗する。(私は、断定する!)

●しかし、マーケット(相場)には、
 一時的に、金利差を受け取り、利益になる時期(一定の期間)が、存在する。
 それも、事実である。

●その場合は、(「金利差を享受して、利益を得た」場合は、)
 最後は、ポジションを閉じて、マーケットから、逃げないと、
 いつまでも、ぐずぐず残っていると、
 最終的に、それまでの利益をも吹き飛ばして、殺される。

●「円キャリー・トレード」の使い方は、
 まさに、パラドックス(Paradox)そのものではないか!
 と、考える。

●私は、最終的に、「円キャリー・トレード」は、破綻する、と、考えるが、
 「円キャリー・トレード」の拡大している時期(期間)は、
 それに棹さす行動も、また、「愚」である、と、考える。

●だから、今しばらくは、
 「円キャリー・トレード」をやりたければ、やればよい、ということになる。

●この夏に、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
 かなり出たが、まだ、あの程度では、
 「円キャリー・トレード」は、終わっていないし、破綻でも無い。

 (これから、将来に向けて、破綻する時が来る、と考えている。)

●「円キャリー・トレード」を行う際に、知っておかねばならないことは、
 最終的に、「金利差を狙った取引」は、破綻すること。

●つまり、ポジションを持ち続けると、必ず、負ける、ということ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
  ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

[外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« アマゾンのアフィリエイト | トップページ | ひとりごと---先ほどのコメント、修正--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アマゾンのアフィリエイト | トップページ | ひとりごと---先ほどのコメント、修正--- »