« ひとりごと---ほんとに、ひとりごとです--- | トップページ | ひとりごと »

2007年9月 6日 (木)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞☆★☆ 9月21日発売 予約注文受付中 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
  ---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
  Amazonの発売日は9月21日になっています
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年09月06日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このところ、マーケットは、それなりに、
「フラクチュエーション」をしていますが、
まさに、「フラクチュエーション」そのものの動きで、
特段のコメントも付けようがありません。

しかし、改めて、念のため、補足しておきますが、
マーケットの与件に変化が無い、ということです。

決して、サボっていた訳ではなく、はっきりと、正直に言えば、
『くだらない値動き』なので、興味が無かったし、
特段のコメントも付けなかった、という事です。

明日は、米国失業率(雇用統計)ですから、
明日の米国失業率(雇用統計)から、9月相場を始めるか、
あるいは、
明日の米国失業率(雇用統計)をパスして、
---パスする場合は、明日の米国失業率(雇用統計)を確認してから、---
来週の月曜日から、9月相場に、真剣に取り組む、
というタイミング(時期)到来です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「夏休み相場」も明けたので、
---ロンドンのレイト・サマー・ホリデーが明けたので、---
この夏に、何があったのか、冷静に、振り返るには、よい時期でした。

のんびりと、夏にあったニュースを読み直すとか、
チャートを眺めるには、ちょうどよい値動きだった、と思っています。

大した動きではない。典型的な「揺り戻し局面」(調整局面)。

9月の相場が、このまま、凪いだ相場(おとなしい相場)になるとは、
考えていない。

「忙中閑あり」といったところ。
気や、体力を養うには良いかな、と思っている。

9月は、「がんばる月」と、考えています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

9月3日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台後半---[115.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日(9月3日)の東京市場は、終日、
115円台後半から、116円台に乗せたあたりで、まったく、動き無し。

ニューヨーク市場がレイバーデーで休場のため、市場参加者も少なかった。

昨日(9月3日)のロンドン市場も東京市場同様に、まったく動き無し。
115円台後半から、116円台に乗せたあたりでのフラクチュエーション。

上述の透り、ニューヨーク市場はお休み。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

9月4日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台後半---[115.75-80]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

9月4日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、ほとんど動き無し。

東京市場の夕方、欧州勢が参加して、115円台ミドルに下落。
しかし、たいした理由も、たいした値幅でもない。
ロンドン市場は、そのまま、115円台ミドルで上下動小動き。

9月4日(火)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
ドル円、クロス円の買いが出て、116円台に乗せる。
米国経済指標がどうのこうの、といったコメントもあるが、
ポジション調整の域を出ていない。
---ボックス相場の範囲内の値動きだから、
  この程度には、上下動するものだ。相場なんだから。---

9月4日(火)のニューヨーク・クローズは、116円台前半。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

翌、9月5日(水)のシドニー市場で、[116.50]をトライするも、届かず。

昨日、9月5日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[116.35-40]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日、9月5日(水)の東京市場は、タラタラと下げて、
この日の昼には、115円台後半に下落。

追随のドル買いは、出ない、ということ。

マーケットの与件が、まったく変わっていないから、
このところの、ドル円の上限が、[117.00]アラウンドなので、
116円台ミドルになると、ドルを売りたい向きは、待ち構えている。

116円台ミドルの「ドル売りオーダー」に、上値を押さえ付けられて、
上昇力が弱いと見ると、116円台のうちにドルを売っておこう、と考える。
そんなところ。

昨日、9月5日(水)の東京市場クローズは、115円台後半。

昨日、9月5日(水)のロンドン市場は、115円台後半で動かず。

昨日、9月5日(水)のニューヨーク市場で、[115.50]を下に割り込むと、
目先で、ドル円を買っていた向きの
ストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)で、[115.00]アラウンドまで下落。

昨日、9月5日(水)のニューヨーク。クローズは、115円台前半。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

翌、9月6日(木)(=本日)のシドニー市場で、[115.00]をトライ。
結局、下に割り込む。安値は、[114.75-85]レベル。
[114.80-90]レベルにも、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り円買い注文)があった様子。

本日、9月6日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台後半---[114.90-95]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

114円台は、このところの「下値持ち合い」(=ボックス相場)の
下限が近いということから、値ごろ感でのドル買いも出た様子。

東京市場の午前中に、115円台ミドル程度にリバウンド(上昇)。
その後は、115円台前半程度で、小動き。

基本的には、明日(9月7日)の米国失業率(雇用統計)待ち。

ロンドン市場も、基本的には、明日(9月7日)の米国失業率(雇用統計)待ち。
小動き。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

一応、記録する意味で、コメントを付けたが、
今週の値動きは、今のところ、フラクチュエーションに過ぎない、
と考えている。

つまり、現在の「下値持ち合い」は、114円から117円程度のボックス、
---正確に言えば、[113.80-117.20]程度のボックス---
と考えており、その中にいる限りは、通常の、上下動を繰り返しているだけ。

相場なんだから、この程度には動く。

現在は、124円から111円まで、大きく下落した後の
「揺り戻し局面」(=下値持ち合い)。

10円以上、大きく下落した後の調整なのだから、
2円や3円程度の上下動はあって当然。
(無い方が不気味。あるのだから、通常の値動き。)

しかし、このフラクチュエーションで、無理に手を出す必要は無い、
と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【揺り戻し】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub038yu.htm#yurimodoshi

 相場がオーバーシュートした後で起こる修正のこと。
 あるいは、相場が大きく動いた後で起こる、その修正のこと。

 相場が行き過ぎて売られたり、買われたりすると、その後で、
 その反対の動きが起こる。その動きを指して、「揺り戻し」と言う。

 売られ過ぎて、相場が大きく下落した場合ならば、その後で、
 急な買い戻しが起こって、相場が急反発する。
 買われ過ぎて、相場が大きく上昇した場合ならば、その後で、
 頭が重くなり、相場が急落する。

 「揺り戻し」のと呼ぶ場合は、
 おおもとの流れ(相場の動き)よりも値幅が小さい。
 例えば、相場が売られ過ぎて大きく下落した後で、「揺り戻し」が起こり、
 反転急反発しても、相場が下落を始めた水準まで戻るわけではない。
 「揺り戻し」が起こると、その水準で、
 小さな「レンジ相場」を作ることが多い。

 参照→ 【修正】【修正局面】(Correction)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【フラクチュエーション】(Fluctuation)
【フラクチュエーションズ】(Fluctuations)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub028hu.htm#fluctuation

 物価などが上下すること。物の価格の上下動のこと。
 為替レートが、実際のマーケット(市場)で
 上下動を繰り返す様子を表す言葉。

英語[fluctuate](vi.)変動する,動揺する, 波動する,上り下りする.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ひとりごと---ほんとに、ひとりごとです--- | トップページ | ひとりごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと---ほんとに、ひとりごとです--- | トップページ | ひとりごと »