« ひとりごと | トップページ | ひとりごと---たまたまF-15(ジェット戦闘機)の話題--- »

2007年9月 8日 (土)

ひとりごと---じゃぁ、・・・---

ひとりごと


よくある質問。

「120円で、買ったドル円が、あるのですが、
どうすれば良いでしょうか?」

「今すぐ、損切りして下さい!」

「いや、それでは、損をしてしまうので、
切れません・・・。」

「・・・(じゃぁ、聞くなよ←本音)」

「そうではなくて、120円で、
買ってしまったのですが、今、大きく下落して、
含み損になっています。
何とかする方法は、ないでしょうか?」

「無いですね。
相場に『魔法』や『手品』は、無いですから。」

「どこで売れば良いとか、ないのですか?」

「だから、最初に、今すぐ、損切りをして下さい、
と、言ったじゃないですか。
いったん損切りをして、上昇すると考えるなら、
改めて買えばいい。
いったん損切りをして、冷静になって、
改めて、売りだ、と、判断するならば、売ればいい。
一番悪いのは、切ることも出来ずに、ただ、待っていること。

それは、座して死を待っているだけです。
稀に、運が良ければ助かることもありますが、
大半は、もっと損が、膨らみますヨ。

外国為替は、お金とお金の売買だから、
含み損と実際の損は、同じですヨ。」

「いや、含み損は、損切りをしなければ、
実現損ではない、と思いますが。」

「ゴーキヤンの絵画のように、
いつでも自由に売買できる訳ではない、
評価する人によって、価格が、大きく違う場合は、
それ(含み損益)を考えることに、意義があります。

しかし、外国為替は、お金の取引だから、
誰が評価をしても同じです。
世界中、何処に行っても、誰と取引をしても、
損失額は、同じです。
換金は、常に可能だから、
含み損益と実現損益を区別するのは無意味ですよ。」

「いや、含み損は、まだ、損ではない・・・」

「気持ちは、理解します。
でも、売っても買っても、どちらも現金なんですよ。」

「いや、認められません!」

「・・・。(じゃぁ、聞くなよ←本音)」

|

« ひとりごと | トップページ | ひとりごと---たまたまF-15(ジェット戦闘機)の話題--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと | トップページ | ひとりごと---たまたまF-15(ジェット戦闘機)の話題--- »