« 【貧乏父さんこと***さんからのメール】---「貧乏父さんのFXな毎日」--- | トップページ | 【過去のメールマガジンの利用法】---2005/03/29(火)のコンテンツを再送します--- »

2007年9月 5日 (水)

---偶然に、ユーロ円の話になりました---【某大学生に送ったメールの続き】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞☆★☆ 9月21日発売 予約注文受付中 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
  ---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
  Amazonの発売日は9月21日になっています
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年09月05日号
【某大学生に送ったメールの続き】
---偶然に、ユーロ円の話になりました---

先般、
【ひとりごと】---某大学生に送ったメール---
を、ご紹介しましたが、その大学生とやり取り。

彼女は、来年の早々に、欧州に行く予定を組んでいます。
それを、ふまえての質問(それが、前提条件)です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

07/09/04 10:18
件名:無題

お元気ですか?
ちょっと質問なのですが、
「8月後半」以降、またユーロが高くなっていますが、
また安くなるのは、いつになると思いますか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2007/09/05
件名  ユーロ円   

長文なので、PCにも、CCで送ります。

++++++++++++

メールありがとう!!
***さんの場合、来年の初めにかけて、
欧州(アフリカ?)に行くことをふまえての質問だと思います。

ユーロ円に関しては、この6月(2007年6月)に、
「ユーロ統合以来の最高値」を更新して、168.95の高値を付けています。

この8月(先月の8月)に、ユーロ円は急落して、
150.00を割りこみ、149円台を見ています。

現在は、最高値から、約20円下落した後の、いわゆる「揺り戻し」の局面です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【揺り戻し】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub038yu.htm#yurimodoshi

相場がオーバーシュートした後で起こる修正のこと。
あるいは、相場が大きく動いた後で起こる、その修正のこと。

相場が行き過ぎて売られたり、買われたりすると、その後で、
その反対の動きが起こる。その動きを指して、「揺り戻し」と言う。

売られ過ぎて、相場が大きく下落した場合ならば、その後で、
急な買い戻しが起こって、相場が急反発する。
買われ過ぎて、相場が大きく上昇した場合ならば、その後で、
頭が重くなり、相場が急落する。

「揺り戻し」のと呼ぶ場合は、
おおもとの流れ(相場の動き)よりも値幅が小さい。
例えば、相場が売られ過ぎて大きく下落した後で、「揺り戻し」が起こり、
反転急反発しても、相場が下落を始めた水準まで戻るわけではない。
「揺り戻し」が起こると、その水準で、
小さな「レンジ相場」を作ることが多い。

参照→ 【修正】【修正局面】(Correction)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ円相場は、大きく下落した後で、(149円台まで下落した後で、)
現在は、リバウンド(上昇・小戻し)をしているところです。

現在は、156円から159円くらいです。

今回、ユーロ円が大きく下落したのは、
「円キャリー・トレード」の解消が理由です。

「サブプライム・ローン問題」が引鉄(ひきがね)となって、
信用不安が起こり、外貨に投資されていた円資金の還流が起こりました。

現在のマーケット(市場)は、まだ、
その信用不安が治まった状態ではありません。
今後、再燃する可能性もあります。

ただ、ごく目先は、FRB(米国の中央銀行システム)も、
その収拾に努めています。
先月(8月17日)に米国が公定歩合を引き下げましたが、
その政策も、信用不安に対処した措置です。

この状態だと、現在から、ごく目先のユーロ円は、
168円台から149円台に大きく下落した後の、
いわゆる「下値持ち合い」が続く、と考えます。

ごく目先は、155円~160円程度の上下動が続きそうだ、ということです。

その後は、160円~165円のゾーンに行くのか?
150円~155円のゾーンに行くのか?
現状では、判断が付きません。

誤解を恐れずに、言うならば、
いったん、160円~165円のゾーンに行くのではないか?
と考えています。

しかし、***さんの質問は、
今度の(来年の)1月頃までに、という意味でしょう。

専門的で、難しいでしょうが、
ドル円で、大きく円高に動く場合、---ドル円が大きく下落する場合、---
その際には、ユーロ円は、大きく急落します。

それは、先月(2007年8月)の相場の値動きと同様です。

『今年の年末から、来年年初あたりで、
 先月(2007年8月)の相場の値動きのような、
 ドル円で、大きく円高に動くようなケースが起こるのではないか?』
と、漠然と考えています。

その際には、ユーロ円は、大きく急落するでしょう。
(絶対値は、想像がつかない)

以上のことを、踏まえると、
あわてて、ユーロを買って手当てしておくのではなく、
出発の直前までに、ユーロ円が150円を割れることがあれば、
買っておけば良いが、
それ以外は、運を天に任せた方が良いでしょう。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

※ここからは、一般の読者の方々に向けてのコメントですが、
 人は、それぞれの立場で、売買をする、ということです。

※旅行に向けて、外貨の手当て買いをすることと、
 インベストメント(投資・投機)は違うということです。

※旅行に向けて、外貨の手当て買いをすることは、
 輸入企業が外貨の手当て買いをすることと同じです。

※インベストメント(投資・投機)は、
 機関投資家が外貨投資を行うことと同じです。

※つまり、何を言いたいか、というと、
 実需為替(輸出・輸入取引=貿易為替)のニーズと、
 投資行動に基づく、外貨の売買は、とるべき行動が違う、
 ということです。

※ポジションを取る場合は、それぞれの立場に立って、個別に考えなければ、
 答えは出てこない、ということ。

※立場が違うと、それぞれが、
 「売り」と「買い」の逆の行動をとるべきところが出てきます。

※だから、マーケットは、自由に売買をするべきところなのです。

マーケットは、自由に売買ができる環境を整えることが重要です。
それは、一部の、権力者や、上層部だけが、例えば、中央銀行だけが、
マーケット環境を考えるのではありません。

中央銀行だけの責務ではない、と考えます。

『そのマーケットを構成する、一人一人に、
 そうういった自由を守るといった理念』が求められる、
ということだ、と考えています。

だから、一部の、権力者や、上層部、あるいは、中央銀行の行動に、
目を光らせ、何が正しくて、何が間違っているのか、
一人一人が考えることが重要だ、と考えます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【貧乏父さんこと***さんからのメール】---「貧乏父さんのFXな毎日」--- | トップページ | 【過去のメールマガジンの利用法】---2005/03/29(火)のコンテンツを再送します--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【貧乏父さんこと***さんからのメール】---「貧乏父さんのFXな毎日」--- | トップページ | 【過去のメールマガジンの利用法】---2005/03/29(火)のコンテンツを再送します--- »