« ひとりごと---玉石混淆の情報氾濫・憲法の表現の自由--- | トップページ | 【読者の方からいただいたメール】---Part2で、お返事を掲載します--- »

2007年9月 2日 (日)

ひとりごと

ひとりごと


典型的な『為替ディーラー』、
為替だけしか経験をしていないディーラーの
陥りやすい間違いは、

まず、第一に、パワー・ディールが、金利市場では、通用しない、
ということを理解しないことだ。

例えば、外国為替取引では、
大量にドルを買えば、為替レートは、上昇する。
大量にドルを売れば、為替レートは、下落する。

むろん、大量の金額にもよるが、
1億ドルや、2億ドルでは、為替レートは、たいして動かない。

その程度では、通常のマーケットなら、
せいぜい、10銭、20銭だろう。

1億ドル、2億ドルは、大金には違いない!

しかし、外国為替取引では、大金には違いないが、
外国為替レートを動かす程ではない!

為替レートを動かす程の金額とは、
10億ドル、20億ドルのことだ。

ドルの金利市場(ドル・デポジット市場)では、
10億ドル、20億ドルの取引をしても、
びくとも動かない。

金利市場の方が、取引規模が大きいから、
とも言えるが、それだけではない!

書くのが、面倒臭くなってきた・・・。

用事もあるので、またチャンスのある時にする。
(気力が、無いと、こういうテーマは、
書くのが、辛い。)

もう一点、
為替ディーラーだけしか経験のない人が、
陥りやすい間違いは、
妙に、『綾(裏)を読みたがること』だ。

為替相場に『綾』が、あるから、
『何にでも、綾(裏)が、あるのではないか?』
と、考えるのだろう。

『習い性となる』
と、いったところで、気の毒に思う・・・。

『相場は、素直じゃないと、勝てないヨ』
と、言ってあげたい。

このタイプは、苦労して、勝つ人も多いが、
たいてい、大きくは、勝てない。

このタイプは、自分が、上手く行っている時でも、
自分を疑うから、
そこそこで、利食って止めてしまう。

だから、大勝することが、無い。

負ける時は、誰でも一緒だから、
結局、『爪に火を燈すようにして、』勝つには勝つ。

そういう人は、相場をやっていて、
『辛いだろうなぁ・・・』と、見ていて思う・・・。
まあ、個々人の、性格や、育ちも影響しているので、
普通は、変わらない。

あまり、このタイプは、
自分のノウハウを、他者に教えたがらない。

自分が、苦労して手に入れたのだから、
他者が、苦労するのが、当然と、考えるようだ。

出し惜しみするノウハウなど、
たいしたノウハウではない!
だいたい、知らなくて良いことばかりだ。

しかしながら、世間は、
そういう情報やノウハウを
知りたがるようだが・・・。

具体的には、誰が買っている、とか、
誰が、売っている、とかいう情報が、
その典型例だ!

それを、さも、有り難そうに、小出しにする。

見ればわかる!
誰かが、大量に売らなければ、
為替レートは、下落しない。

誰かが、買わなければ、
リバウンド(上昇)も無い。
誰が、売った、買ったがわかっても、
相場には、勝てない!


そういう人は、
例えば、今回に限らないのだが、
バーナンキ発言を、素直に聞いて、
判断すればいいのに、
何か、裏があるのではないか、
と、いつものように、考えるのだろう。

|

« ひとりごと---玉石混淆の情報氾濫・憲法の表現の自由--- | トップページ | 【読者の方からいただいたメール】---Part2で、お返事を掲載します--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと---玉石混淆の情報氾濫・憲法の表現の自由--- | トップページ | 【読者の方からいただいたメール】---Part2で、お返事を掲載します--- »