« ひとりごと | トップページ | 【人に会え、臆するな!】 »

2007年9月27日 (木)

【大量(巨額)の資金を使わなければ、相場は動かない】

2007年09月27日号
【大量(巨額)の資金を使わなければ、相場は動かない】
---『なぜ、そう考えるのか?』『なぜ、そう考えないのか?』---

今日(9月26日)、日中、取材を受けていた。

MONEY JAPAN (マネージャパン) [角川(SSコミュニケーションズ)]の
編集局に行ってきました。

いろいろと、面白い話(出版業界内のこと、FX業界内のこと)も、
聞くことが出来て、楽しい時間だった。

マーケット(相場、市場)のことは、
先方が質問する事柄に答える形での取材となった。

今回に限らないのだが、
『なぜ、そう考えるのか?』
といった質問が一番困る。

そういった質問に対して、「のーがき」を垂れるのは容易い(easy)。

どのように答えれば、先方が納得するのか、(納得してくれるのか、)
それは、だいたい分かっている。

理論武装くらいは、実は、いつだって、している。
しかし、それは、聞く側(=読者側)が求めている答えに過ぎない。

『なぜ、そう考えるのか?』
という質問に対して、私は、いつも、思う。

『どうして、私の思い付くような結論(結果)にならないのか?』

言い換えると、
『なぜ、そう考えないのか?』
と、思う。

『なぜ、そう考えるのか?』
と聞く人に聞きたい。
『なぜ、そう考えないのか?』

そこが、いつも理解できない。

正直なところ、相場を見ていて、
『あー、こーなるなぁー・・・』
と、忽然と感じる(思う)。

別に、何かニュースが出て、そう感じる(思う)のではない。

何も起きていなくても、それを感得する。
考えるのではなくて、感じ取るのだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

FOMC(9/18)の前後になって、急にドル/円が買い気配になった。

それは、ドル/円レートの値動きを見れば、誰にでもわかることで、
それが、分からない方が、(気が付かない方が、)おかしい。

それは、ドル/円レートが上昇しているのだから、
誰にでも、分かることだ。

そして、それは、当然に、『誰か』が、ドル/円を買っているはずだ。

何のニュースもない、まだ、FOMCには、ずいぶんと時間があるときに、
マーケットのみんなは、一様に、FOMCを待っているときに、
そういった動きがあれば、
『その人』は、FOMCに賭けて出ている(=ギャンブルに出ている)のは、
明白ではないか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『その人』は、彼だか、彼女だか、知らないが、
―――別に、興味も無いので、どーでも良いが、―――
FOMCで、ドル/円が上昇することに賭けて、
大量の「ドル買い円売り」を実行した(はずだ)。

大量(巨額)の資金を使わなければ、相場は動かない。

『ニュースだけで、相場が動く』
と言う人がいるが、それは、『ウソ』だ。

ニュースに基づいて、大量(巨額)の資金が動くから、
為替レートも動くのだ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現に、FOMCの発表前に、米系大手証券の決算発表で、
「サブプライム・ローン」に伴う損失が、
思った程でもない(事前予想よりも小さい)ことが発表されて、
ドル/円は、上昇気味となった。

そのニュースに伴って、「ドル買い円売り」が実行されたから、
ドル/円レートが上昇したのだ。

そのニュースだけで、相場が動いたのではない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

FOMCの日は、その米系証券の決算発表後に、
『対米証券投資』が発表されている。

事前予想に比べて、とんでもなく悪かったのだが、
ドル/円レートは動いていない。

つまり、この日は、『対米証券投資』のニュースがあったのだが、
そのニュースに基づいて大量の売買が起きなかったのだ。

否、
この日、『対米証券投資』に基づいて、
ドル/円を売った市場参加者は存在した(はずだ)。

その、「ドル/円の売り」を吸収して、ドル/円レートをサポートした、
―――つまり、ドル/円レートが下落しないようにドルを買った、―――
市場参加者がいたはずだ。

それは、『その人』と、同一人物(同一チーム?)だった、と考えられる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『その人』は、FOMCに賭けて、ギャンブルに出ているのだから、
降りる訳にはいかなかったのだろう。

もう、始めてしまったのだから、途中で降りたら、とんでもない損失になる。

だから、降りることも、不可能だった。
降りることは、すなわち、言葉の綾ではなく、
文字通り、死を意味する状態だったのだろう。

たぶん、『その人』は、8月の相場で、巨額の損失を抱えて、
何もしなければ、死を迎える状態だったのだろう。

そうでなければ、乾坤一擲、死を賭した勝負に出る馬鹿はいない。

理屈で考えても、分かるではないか!

死を賭して、相場に臨むなど、正気の人間のすることではない。
狂気の沙汰だ。

どうして、そんな、狂気の沙汰に及んだのか?
を、考えれば、その向こう側にある動機(原因・理由)は見えてくる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

結果的に、『その人』(そのチーム?)は、
FOMC当日、その前後の勝負には、勝った(だろう)。

しかし、8月の相場で負けた金額には、全く、遠く、及ばない。

(もともと、「サブプライム・ローン」で負った巨額の損失を、
 抱えているのかも、知れない・・・。)

まだ、『その人』(そのチーム?)は、
対円絡みで、マーケットにしがみついて、目を光らせている。

「さいろう(さい狼)=やまいぬとおおかみ」の目が光っている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
  ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

[外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ひとりごと | トップページ | 【人に会え、臆するな!】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと | トップページ | 【人に会え、臆するな!】 »