« ひとりごと---パラドックス(Paradox)続き--- | トップページ | ひとりごと---メールをいただきました!--- »

2007年9月22日 (土)

ひとりごと---読者の方からのメール---

ひとりごと---読者の方からのメール---


松田様 

はじめまして。
いつもメルマガを読ませてもらっている
○○○と申します。

「外貨崩落」出版おめでとうございます。
先週から東京の一部の本屋さんで
店頭に並んでいると聞いたので,
京都の大きな本屋さんでも並んでないか,
この1週間毎日
仕事帰りに大きな本屋さんに立ち寄りましたが,
発売日前には発見することができませんでした。

昨日は正式な発売日だったので,
かなり期待して本屋さんに行ったのですが,
三条,四条辺りにあるジュンク堂,紀伊国屋,
その他ローカルな本屋さんで見つけることができず
残念でした。

今日も何軒か京都の本屋さんに立ち寄りましたが
見つけることができず,
関西の発売日は遅れているのか,
すでに売り切れているのかなと思って
この週末に入手することをあきらめていました。

ところが,自宅のある枚方市の本屋さんに
期待せずに入ったら
平積みで4冊だけ置いていたので,
小さくガッツポーズを決めて購入させてもらいました。

今はまだ読んでいない「外貨崩落」を
横に置いてメールをさせてもらっています。

僕は7月の終わりごろからFXを始めました。
動機はスワップ金利で,
少しでも家計の足しになればと思っていたのですが,
初めて1週間くらいで円高が始まり,
とてもスワップ金利でのんびりと小金を稼ぐ
という状況ではありませんでした。
8月中旬に先生のブログを偶然見つけて,
それから色々な考え方を勉強させてもらっています。
先生が指摘されていることで,
自分がしてきた失敗がたくさんあるので,
自分自身の行動を反面教師とすることで
先生の言われていることの理解を深めることが
出来ています(−−;)

この2ヶ月ではじめたときに比べて,
予算は半分に減ってしまいました。
FXは自分の小遣いの範囲ですると決めているので,
今は損をしてもたくさん飲みに行ってしまったなって
思うようにしています。
最初は「外為どっとコム」で取引を始めたので,
クロス円の取引が多かったのですが,
手数料とスプレッドの安さと取引通貨の多いところに
主な取引先を変えると,
クロス円の難しさを体感することになりました。
(特にFRBが金利を引き下げたときに)
そして今日の松田様のメルマガを読んで,
クロス円は儲かるときがあるかも知れないけど,
やっぱり難しい。
しばらくはクロス円以外でがんばろうと思いました。
様子を見てクロス円がトレンドに乗っいて,
ちゃんとリスク管理ができれば
参加してもいいのかとも思いますが
今の自分ではいずれ大きく損をしそうです。

色々な方が損切りの大切さを訴えていますが,
FXで一番難しいのが損切りだと実感しています。
もし損切りがちゃんと出来ていれば,
予算が半分になっていることはなかったと思います。

1勝9敗を読んで
頭で理解できたことを
実際の取引で出来ないジレンマがありますが,
負けるたびに本を読み返して
少しずつでも損をしないように心がけたい
と思ってます。
どうしても儲けたいと思ったときには
負けてしまうもので,
(本当に)損しなければいいわって思えるときには
うまくいくときが多いのです。

破産しなければチャンスはある
と言う言葉を胸にがんばりたいと思います。

いきなりのメールで失礼しました。
今日は「外貨崩落」を見つけることが出来て
本当にうれしかったので,
何とかこの思いを先生に伝えたい
と思ってメールさせてもらいました。
まとまっていないメールで本当にすいません。
(気持ちだけもらってください。)

これから本を読ませてもらいます。
ありがとうございます。

メルマガの更新時間を見ていると
先生はいつ休んでいるのだろう
と思うときがあります。
体調には十分気をつけて
これからもがんばってください。

|

« ひとりごと---パラドックス(Paradox)続き--- | トップページ | ひとりごと---メールをいただきました!--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/8064378

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと---読者の方からのメール---:

« ひとりごと---パラドックス(Paradox)続き--- | トップページ | ひとりごと---メールをいただきました!--- »