« 【『絶対水準で、戦うのか?』『値動きを切り取るのか?』】---例えば、ユーロ/円の場合--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

2007年8月 7日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月07日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

(前振り=枕詞)
---既に書いたことの繰り返しになりますが、
  状況が変わっていないので、何度でも引用します。
  しつこいのですが、マーケットの与件が変わっていないのです。
  文章の文言を変えても、中身は、一緒ならば、
  変えない方がわかり易いからです。---

---マーケットの状況を伝えることは、
  文学的な小説を書くのとは違います。
  面白くなくても、同じ文章を、繰り返すことで、
  状況に変化が無いことを確認しています。---

「夏休み相場」なので、無理に、何かをするべきところでも無い、
と考えています。

ただし、
120円台よりも、高いコストで保有している
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)は、
いったん、「損切り」を敢行するべき、と考えています。

つまり、以下のように、考えています。

---[121.80]アラウンドが下に切れたときに、
  もしくは、[120.80]アラウンドが下に切れたときに、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---最悪のケースでも、[119.50]を下に割り込んだ際に、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---そのことは、[119.50]を下に抜ける前に、
  何度も警鐘を鳴らしました
  わざわざ、【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】から、
  引用しています(2007年07月24日号Part2)
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108789857.html?page=2 ---

---もちろん、相場だから、
  これから、反発上昇をする可能性が無いとは言わない---

---だとしても、いったん、「損切り」を敢行して、
  改めて、[119.50]を上に抜けていくことを確認してから、
  ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)を取ればよい---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【Fly to quality:質への逃避】は、
株式から債券への資金シフトを惹起(じゃっき)する。
---リスクの高いものから、リスクの低いものへの動き---

そのため、「米国国債(T-Bond)の買い」となり、
米国国債利回り(=長期金利)は低下した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

米国長期金利も下落気味ということは、日米金利差縮小であり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
ますます出ることになる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まだ、【Fly to quality:質への逃避】による、
「為替リスクの回避」のセンチメントは、収まっていない。

言い換えれば、まだ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
収まった雰囲気はない。

しかし、「夏休み相場」で、市場参加者が少なくなっていることも、
単なる事実(単なる現実)。

【Fly to quality:質への逃避】すなわち、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」というテーマと、
「夏休み相場」というテーマが、それぞれに、独立して、
マーケット(外国為替市場=FX市場)に、ワーク(作用)している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(8月6日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

先週末(8月3日金曜日)に発表された米国失業率は、[4.6%]。
事前予想は[4.5%]だったので、マーケットは、「ドル売り」に反応。

「非農業部門雇用者数」は、[+92,000人]
事前の予想は、[+127,000人]で、これも予想よりも悪かった。

また、前回の「非農業部門雇用者数」が、
[+132,000人]から、[+126,000人]に下方修正された。

「非農業部門雇用者数」も、ドル売り材料。

先週末(8月3日金曜日)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
「米国失業率(米国雇用統計)」に反応して、
119円台前半から118円台前半---[118.15-20]レベル---に下落。

ニューヨーク市場は、週末の金曜日で、市場参加者が薄く、
急落後のリバウンド(綾戻し)で、118円台ミドルに戻したが、
ニューヨーク・クローズにかけて、再び、「ドル売り気配」強まり、
[118.00]アラウンドで引けた。

ニューヨーク市場の昼過ぎまで、
ドル・ロング・ポジションを抱えていた向きが、
ニューヨーク・クローズにかけて、「ドルの投売り」に動いたのだろう、
そして、ニューヨーク市場の週末金曜日の夕方には、
市場参加者は、帰宅してほとんどいない状態だから、
118円台ミドルから[118.00]アラウンドまで急落してしまった、
『舞台裏』は、そんなことが起こっていたのだろう、と思量する。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月6日)、週明け月曜日のウェリントン市場、シドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、「窓を開けての急落」となった。

シドニー市場で、ドル/円(USD/JPY)は、[117.15-25]レベルまで急落。
「窓を開けて」突っ込んでの急落を見た後で、
シドニー市場の時間帯に、117円台ミドルに戻している。

その後、昨日(8月6日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

昨日(8月6日)の東京市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
動きらしい動きがない。
ウェリントン市場、シドニー市場での、「窓を開けての急落」で、
『やることをやってしまった雰囲気』。

水準(レベル)が、117円台ミドルと、目新しいところなので、
「手が出ない」ということ、
そして、「夏休み相場」なので、市場参加者も少ないし、やる気もない、
といったところ。

しかし、このところのドル/円(USD/JPY)の安値を更新して下落しており、
かつ、チャート・ポイントだった[117.50]も、
昨日(8月6日)のウェリントン市場、シドニー市場で、
『完璧に』割り込んでいる。

もう、[117.50]は、サポート・ポイント(支持する為替レート)でも、
何でもない。

昨日(8月6日)の海外市場(ロンドン市場・ニューヨーク市場)で、
もしくは、8月7日以降のマーケットで、
もう一段、さらに下落する可能性が高い状態になっている。

昨日(8月6日)の東京市場クローズころに考えていたのは、以下の通り。

---念のために説明を加えておくが、
  もちろん相場だから、反発上昇する可能性が無いとは言わない。
  反発上昇する可能性と、もう一段、さらに下落する可能性では、
  格段に後者が大きい状況になっている。---

---現状の、上値レジスタンスは、チャート・ポイントである[119.50]だから、
  [119.50]を上に抜けない限り、ダウンサイド・リスクの方が大きい。---

---もちろん、現状は、「下値持ち合い相場」を形成中だから、
  [117.00-119.50]のゾーンで、上下動を繰り返す可能性もある。
  しかし、[117.50]の下値のサポートを割り込んだ、今、
  [117.00]が、現在の下値のサポート。
  [117.00]を、『完璧に』下に割り込むと、
  もう一段、さらなる急落をする可能性がある。
  その際には、下落のスピードが加速する可能性も高い。
  そうなると、受ける印象は、
  「フリー・フォール」に近いものになるだろう。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月6日)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台後半から118円台に乗せたあたりでの小動き。

昨日(8月6日)のニューヨーク市場になると、
ニューヨーク株式が堅調に推移したために、
ドル/円(USD/JPY)、クロス円の買戻しとなった。

ニューヨーク・ダウは、280ドルを超える大幅上昇。
株高を材料に、ドル/円(USD/JPY)は、117円台後半から一気に119円台前半へ、
1円以上の急騰となった。

このところの、「円高」は、
ニューヨーク市場の株安が引鉄(ひきがね)となって、進行した。
その、逆回転が、昨日(8月6日)のニューヨーク市場で起きた、
といったところ。

ニューヨーク・クローズは、118円台後半程度に小緩んだ。

昨日(8月6日)のニューヨーク市場の値動きに関しては、
上述の、
『現状は、「下値持ち合い相場」を形成中だから、
 [117.00-119.50]のゾーンで、上下動を繰り返すパターン』

「このパターンで、来たか・・・」といったところ。(←個人的な感想)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、118円台後半から118円台ミドル程度での小動き。

東京市場になると、積極的な値動きが無い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月7日)のニューヨーク市場では、FOMCがある。
しかし、ドル金利に変更もないし、特段のコメントも無いだろう、
と、個人的には、考えている。

『あー、そーいえば、今日(8月7日)はFOMCかぁ・・・。
 忘れてたヨー。』

『マーケットでは、思惑を持って、動かしたい人が、
 まだ、いるから、声明に期待しているだろうけど・・・。』

『今回のFOMCは、関係無いんじゃないかなぁ・・・。
 忘れてて、ちょーどいーくらい。』

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【『絶対水準で、戦うのか?』『値動きを切り取るのか?』】---例えば、ユーロ/円の場合--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

コメント

貧乏父さん

リンクしときましたヨー!!
今後も、よろしくです!!
(^0^)/♪

投稿: 物語 | 2007年8月 9日 (木) 14時31分

はじめまして、いつもこのブログにて勉強させていただいております。私はFXを始めてまだ1年と少しですが、最近FX関連(ゆるい感じですが)の個人ブログを立ち上げました。そこでこのお気に入りのブログをリンクさせていただきました。事後報告ですがよろしくお願いします。
さらに相互にしていただけると大変嬉しゅうございます。

投稿: 貧乏父さん | 2007年8月 7日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【『絶対水準で、戦うのか?』『値動きを切り取るのか?』】---例えば、ユーロ/円の場合--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »