« ひとりごと | トップページ | ひとりごと »

2007年8月17日 (金)

【読者の方からのメール】---お返事を兼ねて。 あと、雑感---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月17日
【読者の方からのメール】
---お返事を兼ねて。 あと、雑感---

このところ、たくさんのメールをいただいております。
ただ、何かと、他にやらなければいけないことに追われて、
お返事ができません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ところで、今回の値動きには、正直、参りました。

この値動きを、ちゃんと、事前に、予知・予見していましたが、
もう少し、後で、つまり、早くても、この9月、10月に、(今年の秋に、)
遅ければ、今年の暮れから、来年の年初(2008年1月、2月ころ)に、
起こるだろう、と考えていました。

だから、それが、前倒しに起こっただけで、
今回の7月下旬以降の値動きは、
正直に言えば、私にとっては、『想定の範囲内』です。

別に、そんなことは、全く、『威張るつもりもないし、』
『たいしたことではない、』『どーでもいーこと』なのですが・・・。

しかしながら、想定していたよりも、ずっと早く起こってしまうのですから、
全く、相場は、わからないものです。難しいものです。

ちょっと、タイミングの思惑が外れて、(今回の値動きが前倒しに起きて、)
がっかりしているところもあります・・・。
私にも、都合がありますから・・・。

そして、昨日(8月中旬)に、ドル円が[115.00]を割り込んだのは、
意外感があります。114円台程度なら、想定内なのですが・・・。

しかし、『相場の大きさ』は、所詮、『わからないもの』です。
もともと、相場の振幅は、その時々の市場参加者の行動で、
加速したり、しなかったりするものですから、
事前には、誰にも、わからないのです。

わかるのは、『方向性』だけです。

ですから、『相場の大きさ』は、『ドタ勘』です。
まあ、誰が、何を言おうと、
所詮、『相場の大きさ』は、その程度の『いい加減なもの』です。

だから、チャート分析で、過去の最高値とか、最安値を調べます。
あるいは、直近の高値・安値をチェックするのです。

偉そうな事を言っている人に、今度、是非、『その根拠』を訊いてみて下さい。

『返事をしないか?』(出来ないか?⇒そーだったら、何もかもウソですヨ)

『返事をしたくないか?』(本当のことを話すと、権威が無くなるから)

あるいは、私のように、正直に、『第六勘です』と答えるか?

でも、『第六勘』を馬鹿にしてはいけません。
ユーロ円が、160円を割り込めば、155円まで行くのは見えます。
ところが、150円まで行くのは、見えません・・・。

真摯に相場に臨むと、見えるものは、おのずと見えてきます。
(オカルトじゃないですよ)

『勘』とは、
さまざまな事象を見ると、いきなり『結果』にワープする状態を言います。

経験が導く『勘』は、確実に存在します。
しかし、それを、表現するのが、難しいだけです。(出来ないだけです。)

だから、そういったノウハウを伝えるのが難しいのです。

科学がもっと進歩すると、説明や、証明が出来るようになるのでしょう。
それは、たぶん、『脳の科学』でしょうから、
茂木健一郎さんに期待しています。
(^0^)/♪

現在の人間の知識や科学力は、そんな程度のものです。

人間の集まりである、マーケットの値動きを、解明できないのですから、
人間の知っていることなど、ちっぽけなものですヨ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ところで、いただいたメールには、必ず、目を通しております。
「返事がない!」とお叱りをいただきそうですが、斟酌をいただきますよう、
お願い申し上げます。
ここに、ご紹介できなかった皆様のメールも、ちゃんと見ています!!
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/10
件名  ***です。本買いましたヨ   

松田さん

またまた、ご無沙汰しています。

なかなか本売れてるみたいですね。おめでとうございます。
****の片田舎にもついに置かれるようになったみたいですから
ご祝儀で買ってきました(笑)

なんか中身をみると
以前お互いに話したような内容があるような気がするのが不思議な感じです。

こういった感じの本はなかなかないでしょうから、
メンタル的に「そうか!」と思ってすんなり読む方が多いのでしょうね。

相場への指南としてこういった本も必要ですよね。
相場のテクニックに書いていない(読者は当然知っている)で、
自分へのテクニックについて書かれているのは
本当になかなかないでしょうから。

追伸

夏休みは来週一週間です。さて、何をしましょうかねー

それでは、また。

******

⇒メールありがとう!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2007/08/13
件名  質問があります   

松田哲様

****です。
いつもメルマガ、大いに参考にさせていただいております。
というより、松田さんの御教示がなければ、私は相場はやれません。
ということは、自分には向いていない、ということですね。

いや、もしかするとできるのかもしれません。
(多少、負けず嫌いではあります。)
ただ、そのためには他の仕事を放り出して、
相場に集中しなければならないと悟りました。
片手間にできるようなことではありませんね!
そのことがよくわかりました。
(それに、頑張ると血圧が上がってしまうという問題も・・・)

再び、ただし、片手間でもある程度できるようなやり方は
あるのかもしれない、とも考えています。現在、その方向で模索中です。

○ 絶対値の勝負を考え、相場の両端を見極めてからポジションを取り、
利益目標を決め、早めに撤退する・・・くらいかなあ、と思っております。
この点につき、なにか、御教示いただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーー

それと、もう一つ、これは技術的な点なのですが、
ドル/円のチャートポイントについて、質問です。

119.50の重要性について、メルマガで何度も伺いました。
これが、あっさり下に抜けたとき、下方向への早期の動きを確信しました。
Fly to the quality とあわせ、現在もこの確信は揺るぎません・・・
まあ、自分の判断ではないのですが。
しかし、落ちた後、一度だけ上抜けして戻したことがありました。
私はここで、しくじってしまいました。
まず、119.50の少し上に置いていた損切りが発動しました。
このあと、「この動きは一時的なものだから」と、
その近くで売り直したのです。

ところが、「119.50の重要ポイントを抜けたのだから、
一時的とは言え、もっと上があるのではないか」との疑心暗鬼を生じ、
処分してしまいました。そのうえ、ポジションを反転しました。
結果は、言うまでもなく、二重の損です。
二度目の損切りを浅くしておいたので、深手にはなりませんでしたが、
茫然としている間にドルは下がってしまい、損失は取り戻せませんでした。

そこで、質問です。

1 一時的に上抜けた119.50にもはや意味はなく、
単に戻しの綾がちょっと大きかっただけ
(夏休み相場の中での仕掛け人のせいで)なのか?

2 119.50を抜けたからには、やはり重要な指標であったが、
今回はたまたますぐに戻ってきた例外的な場合なのか?

3 あるいは、もっと別のことを考えなければいけないのか?
以上、御教示いただければ、幸いです。

追伸
ドル/スイスを睨みながらのユーロ/ドル買い、
さすがプロの手法で、しびれました。
お蔭様で少し儲かりました。
(が、現在は、戻しを甘く見てしまい、苦戦中です。)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ******
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

⇒119.50を担いだのは、米系ヘッジファンドで、彼は(彼女は?)、
 『売りたかったのだろう』と、思料しています。

⇒いつの時代にも、マニピュレーター(manipulator:操縦者)は、
 存在します。
 巨大機関投資家、巨大投機家(米系ファンドなど)がそれです。

⇒大きなポジションを持ちたいものだ、と、あこがれる人は多いですが、
 売るためには、買わないと売れないほどのポジションを抱えて、
 「含み損」になると、地獄ですよ。

⇒8月中旬の、ドル円の115.00を売り崩したのも、彼ら(彼女ら?)です。
⇒8月中旬の、ユーロ円の155.00を売り崩したのも、彼ら(彼女ら?)です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/16
件名  はじめまして! ^^ ♪   

松田先生

はじめまして。******と申します。
いつも為になるメルマガをありがとうございます。

本日付の【『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)』】
---誰も思い付かない様なこと・・・
を読ませて頂いて、
自分に足りないものが書かれていてとても(良い意味で)衝撃を受けました。

自分はFX暦1年程度の初心者ですが、
つい先日、負けが込んで相場から一時撤退することになってしまいました。

原因は負けばかりではなく自分の将来のことに関するファイナンスプランが
主だったものです(資金をあることにまわす必要ができました)ので、
しばらくはデモトレードで腕を磨こうと思っていますし、
きちんとまとまったお金が貯まったら、また相場を張るつもりではあります。

当然ですが、負けたのがあまりにも悔しかったので、
しばらく色々考え込んでいました。

それなりに相場を読めるようになったのに勝てないのはなぜか?
メンタル面が大事なのは分かるけど、果たしてそれだけでいいのか?
技術(トレーディングテクニック)という裏づけがあって
初めてメンタルも保てるし、相場観も活かせるのでは?

そんなことを考えつつ、釈然としない日々が続いていました。

色々と本を探してみても、
(私が知る限り)トレーディングテクニックについて詳述されている本は
見つかりませんでした。

ここがブレイクアウトポイントだとか、
トレンドフォローのチャートパターンはこうだ、とか、そんなんじゃなく、
もっと『現場』で活かせるようなトレーディングテクニックの本は無いものか
と思っていた矢先に、
【『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)』】
---誰も思い付かない様なこと・・・のメルマガは、
まさに『これだ!!』と叫びたくなるような内容でした。

>例えば、ドル/円が、「120円~124円」で
数ヶ月(2、3ヶ月から5、6ヶ月程度)「持ち合い相場」が続き、
今、[120.00]を割り込んだとしよう。
から始まって、選択肢が4択ありましたよね?
そして、その中から選んだ答えに関して、アドバイスをされていらっしゃる。
具体的にレートが提示され、それまでの流れなども非常に分かりやすいです。
これをドリル形式にして、
『トレーディングテクニック練習帖』みたいなものは
作って頂けないものでしょうか?

なぜこう思いついたかというと、FXをはじめたころ、
矢口新さんが出されている『相場力アップドリル』なるものをやって、
かなり覚えやすかったからです。
読んで、考えて、書いて、答えを読んで、自分の考えを修正する、
この一連の作業の中で自然と多くのものが身につくと思います。
とても有用なものでしたが、大枠な感じがあって、
実際のトレードにはそれほど活かせなかった
(これは自分のせい。本の器にかなわなかっただけです。)のが残念でした。

ですが、今日の松田先生のメルマガを読んで、
この内容を何パターンか考えて頂いて四肢択一などにして、
それぞれに解説を付けて頂ければ、これまで見たことも無いような
トレーディングテクニック養成本になるのでは?
と、思いついたのです。

たぶん、作るとなると容易じゃないでしょうが、
わたし的には是非とも欲しい代物です。

実際出して頂ければ、3冊購入しようと思います。
・1冊目は、買ってすぐにやります。
・2冊目は、調子が落ちるか自惚れ始めたらやります。
・3冊目は、安定して勝てるようになったらやります。

是非とも前向きにご検討いただけると幸いです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

⇒うーん・・・。(なんとも言えない・・・)
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/16
件名  初めまして。   

お世話になります。

3月からFX始めた初心者です。
ここのところの爆下げで、
右往左往しておりましたところ先生のブログに出会いました。

ユーロが160切ったらマジ危ない!!の内容でした。

損きりを迷っておりましたが、
その時のブログで決心して損切りしまくりました。

今損をしても、
また底値で買って儲ければいいのだからーというお言葉に後押しされました。
円はまだ117円台でしたー今では遠い遠い117、多分助かったと思います。

レバは2から3でしたが、含み損が増大する恐怖から開放され、
精神的に楽になりました。

また、底値探しして、今後もまた訪れるであろうこの様な事態に
どっしり構えられる体力をつけたいです。
速攻、メルマガ登録し、毎日拝見しております。

WARNING、有難うございました。
それから、今日の独り言ですがー初心者に加え頭が悪くて、
意味を充分捉えられないので、教えて頂きたいです。
ドル円は114となり、新しいシナリオが描かれつつありますが、
その際、ユーロドルの↑↑
がみられるーということは、ユーロドルが買いってことでしょうか??
対応を誤まるっていうのは、買いを逃すことでしょうか??

以上宜しくお願い申し上げます。

******

⇒「おおむね、正しい」です。

⇒今は、まだ、相場が荒れていますが、
 ユーロドルの上昇トレンドは、変わっていない、と考えています。

⇒ただ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
 ユーロドルの上値を抑えますから、簡単な相場ではありませんヨ。

⇒相場が落ち着けば、「ユーロ買いドル売り」がワークするだろう、
 と考えています。(与件の変化が無い事が前提ですよ!)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/17
件名  暑いですね・・・   

職業上、体が資本なので
こんな時間にメールを打っていいる場合ではないのですが、
暑さとFX会社からのメール速報にたたき起こされてしまい、
このメールを作っています。

FX会社のメールの内容は
『ドル・円 クロス円 投売り、 ドル/円 110円割れの可能性も・・』
といった内容で、
「そういえば、寝る前に見た松田先生のメールに、
115円を割り込むと新しいシナリオの可能性が・・・とあったけど、
なんていってるのかな」
などと、寝ぼけた頭で思い、ひとりごとのページを開けると・・・・

『ご宣託』うんぬんのコメント・・・
きゃぁーーーー見透かされてるぅーーーーーーー
正直、眠さが吹っ飛び、ひとりでくすくす笑ってしまいました
 ^_^; えへへ

そうです、
まさに先生の『ご宣託』をあてにしていた自分がいたのでした・・・
ごめんなさい m(_ _)m

自己責任ではじめたFXなのに、どこで「ずる」をして、
簡単に儲けようとしてました。 反省・・・・・・

はじめた時期がよかったのか悪かったのか、為替相場のすごさを知りました。
(だって、はじめたとき105円だったAUDが今89円台ですからね)

為替は決して簡単に儲かるものでもないし、
「必勝法」は存在せず、矛盾しているようですが、
「常勝」する為には『負けるが勝』で潔く撤退する意志が必要で、
撤退したらあせらず、
次の機会が来るのをゆっくり待つくらいの気持ちでいなくては、
結局、自分の欲に振り回されて自分の首を絞め
「相場がおかしい!」だの「○○のコメントのせいだ」とか、
人のせいにする子供のようにな発言を繰り返してしまうのでしょうね

さて、だらだらとくだらない文章を書いてきましたが、
なんだか、眠気も襲ってきたのでこの辺で失礼させていただきます。
ともかく、夏休みが終わるまでは、
ノーポジションで相場の怖さを外から眺めながら勉強したいと思います。

暑さはまだまだ続きそうなので、お体には十分お気をつけください。
くだらない、メールにおつきあいいただきありがとうございました。

○○○市 ****** 

⇒セミナーでは、お声をかけてください!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人 : ******
日 付 : 2007年08月17日
件 名 : おはようございます & お礼   

今朝起きてみてビックリ。
昨晩、もう下がらないだろう、と思って眠りについたのですが。

「1勝9敗」のファイティングポーズを思い出しました。

もし、この本を読んでいなくて、
ファイティングポーズをとっていなかったらと考えると。。。 
ゾーッとします。
(イヤ、そうじゃなくて、夏休み相場なんだから休めよ!
 とつっこまれそうですが)

とりあえず、まだ退場はしていません、傷は負ってますが。

災害のあとの安否確認と一緒にすると不真面目かもしれませんが、
昨夜の相場は、私にとっては災害に等しい動きですので、
生存確認メールを送ります。(笑)

殺されなかったのは、「1勝9敗」のおかげです。
ありがとうございます。
これからは、災害復旧にいそしみます。(^^ゞ

⇒直接お返事しましたので、割愛!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Fri, 17 Aug 2007
差出人: "******"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】ひとりごと
宛先: "物語"

物語さん、残暑お見舞い申し上げます。

どーでもいいよー、と仰りながら、

先日のポンド独歩高更新の折とはずいぶん違う
どーでもいいよー、ですね。

夏休み始まりの長閑さは、どこにも無く、
嵐の前の空気の匂いの変化を味わう感じです。

こんな時は、個々の取引や指値のことはどうでもいいんです。
どんなことを気にして、どんな気分で、どんな態度をとるか、
ここ数週間、ここで直接的なアドバイス以外にくださった
コメントの中に、いっぱいご示唆たまわりました。

で、私が今なすべきことは、大急ぎでFX口座開設です。

「読者からのメイル」での細かく噛み砕いたご説明も
「ひとりごと」での言い訳無用なストレートさも
「マーケットコメント」での不要な(為替解説のお約束)背景には
まるで触れず、使えるものは、遠くからでも引っ張ってきて
使い方を示してくださるスタイルも、

それぞれに違う作用を伴って物語さんのメッセージが
届きます。同じことを繰り返されてる時にさえ。

休め休めとおっしゃりながら、いつも何かコメントを送り続けて
くださり、お疲れ様、ありがとうございます。

どうぞご自愛ください。

***拝

⇒残暑お見舞い、ありがとうございます!!
 8月も中旬を過ぎると、どことなく秋を感じます。(猛暑ですが・・・)

「秋きぬと、目にはさやかに見えねども、風の音にぞ、おどろかれぬる」
(古今集・藤原敏行)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Fri, 17 Aug 2007
差出人: "******"
件名: すごい!のひとことです
宛先: "物語"

「物語」さま、

ご無沙汰しております、***です。
一晩明けてレートを確認してぶっ飛びましたね。
なんだか違う世界に変わってしまった感じです。

恐らく、人によっては目の前が焦土と化した戦場にも見えることでしょう。
日本中から悲鳴が聞こえてきそうです。
わたしはいろいろな情報、ブログもみてますが、
物語さまのメルマガが最も頼りになります。

いちばん参考にしているのが、「マーケットに真摯に向かう姿勢」です。
人間ですから謙虚になれ、といわれてもなかなかなれないのですが、
自分のポジションにとらわれず、
思惑を排してマーケットの動きについていく...
この姿勢はFXに限らずどの市場にもあてはまると思っています。

暑いさなかですが、お身体大切に、世のFX投資家に警鐘を
鳴らしつづけてください。

***

⇒ありがとう!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Fri, 17 Aug 2007
差出人: "******"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】ひとりごと
宛先: "物語"

はじめまして。******と申します。

「生き残り」や「1勝9敗」をテキストにして、相場と向き合っています。
とはいっても自信はないので、
なくなってもいい(さびしいけど)お小遣い資金で、
エントリーと損切りのポイントを守ってアクションできるかどうかを、
訓練しています。実際にやってみると極めて難しいのですが、
やがてできるようになると信じて続けています。

夏休み相場とのことで、「投資」目的の株式は購入しましたが\(^o^)/
為替はポジションを持たずに本業に勤しんでおりました。
離れている間に大きな動きとなり、メールをたくさん、
適切な時期に配信していただいたようで、本当にありがたく思います。
稼いだ人も、助かった人も、きっと多いことでしょう。

ちょっと乗り遅れ感は感じますが、あせらずに次の機会を待ちつつ、
負けない(退場しない)戦い方を身につけていきたいと思います。

暑い日が続きますが、お体にお気をつけてご活躍ください。
日頃の御礼を兼ねて、暑中お見舞いを申し上げます。

⇒今年は、残暑きびしーですねー!
 お互い、がんばりましょー!!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ひとりごと | トップページ | ひとりごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと | トップページ | ひとりごと »