« ---セミナー関連のメール&お返事---【読者の皆様からのメール】 | トップページ | 大大大増刷です!ありがとうございます! »

2007年8月29日 (水)

ひとりごと

ひとりごと


ドル円が、115.00アラウンドの、
微妙にヤバイとこで、立ち止まっている。

ドル円は、115.00より上にいると、
上昇するような気分になるし、
115.00よりも、下にあると、
さらに下落するような気分になる。

何年か以前に、財務省・日銀が、
ドル円レートが、下落しないように、
大量の「ドル買い円売り介入」を実施した。

調べるのが、面倒なので、うろ覚えの数字だが、
32兆円の大量介入じゃなかったかな?

その際の、ターゲット・レート
(サポートを目論んだレート)が、
115.00だった。

あれ以来、ドル円の115.00は、
常に、意識されるレートになった!

大噴火の跡とか、広島の原爆ドームとか、
大災害や大事件(大人災)のモニュメントみたいなもの。

マーケットは、115.00の値覚えをして、
忘れていない、と、いうこと。

馬鹿なことやったよね!

私も、115.00を見る度に、
広島・長崎の原爆を思い出すように、
大量介入を思い出すのだろう!

金融政策で、対応すべき問題で、
安易な介入は、すべきではない。

結局、介入が、負けてるし!
『無理が通れば、道理が、引っ込む』
と、いう訳ではない。

さて、115.00で、止まっているわけは、無かろうし、
どーなるのかねぇ・・・?
この与件で、
ドル円を買うのは、絶対に、嫌だ!
(^O^)/

|

« ---セミナー関連のメール&お返事---【読者の皆様からのメール】 | トップページ | 大大大増刷です!ありがとうございます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ---セミナー関連のメール&お返事---【読者の皆様からのメール】 | トップページ | 大大大増刷です!ありがとうございます! »