« メモランダム | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル--- »

2007年5月27日 (日)

【読者の方からのメール】---&「お返事」---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月27日
【読者の方からのメール】
---&「お返事」---

時間がなくて、お返事を出せません。
メルマガを使って、対応いたします。

充分な、お返事が出来ないことを、ご容赦ください。
また、お返事が出来なかったケースも、なにとぞ、ご容赦ください。

ps;
「メモランダム」で配信した場合は、“Vol.”に含めないことにします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ****
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
日付  2007/05/25
件名  いつもリアルなメルマガありがとうございます。   

松田 哲様

いつも、リアルなメールありがとうございます。 
このところ、私みたいな素人には難しすぎる相場でしたので、
みているのみでした。

松田様がどうように相場を考えておられるか、
よくわかり、とても参考になります。

相場の空気みたいな目に見えないものが、伝わってくるような気がします。

今後とも、よろしくお願いします。

わたしは、方向性が見えるまでは、場外に避難しておこうとおもいます。


****

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本当に、難しいマーケット(相場)です。

個人的には、『綾(あや)』まで、取りに行く必要は、ない、と考えています。
『綾(あや)』の大きさは、事前には、誰にもわからないからです。
ただし、不必要な損失は避けた方が良い、とも考えています。

そうは言っても、ユーロが、対ドルで修正局面にあり、
対円でも修正局面の兆しを発したのですから、
個人的には、5月25日(金)のロンドン、ニューヨーク市場で、
もう一段の調整下落の可能性を期待していました。

しかし、先週末の値動きを見ると、
「ポジション調整」より、「新規の円キャリートレード」の方が、
大きかったようです。

個人的には、【綾戻し】(あやもどし)、【修正局面】が、
近々、あるだろうと考えていたことは、その通りだったのですが、
「円キャリー・トレード」の力強さを見せ付けられ、唖然とした、
というのが正直な感想です。

後は、あわてずに、行動する必要があります。

「ポジション調整」より、「新規の円キャリートレード」の方が、大きい、
そういったパターンで来るほど、「円キャリー」が強いのならば、
つまり新値を更新するようならば、
換言すれば、ユーロ円の[164.10-20]は、高所恐怖感はあるが、
勇気を持って、敢然と、買いで付いて行く必要があります。

新値を更新するだろう、といった予断、予測で、動くのは、不可です。
また、高所恐怖の感覚は、誰でも持っています。
ポジションが大きくなり過ぎないように留意するところです。
ストップ・ロス・オーダーで自分を守る
(損失が大きくなり過ぎないように守る)ことが大切です。

決して、易しいマーケット(相場)ではありません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Subject: ****です。
Date: Thu, 24 May 2007
From: ****
To: 物語

いやぁ、驚きといいますか、松田さんとの深い縁を感じました。
何せ、海外赴任の直前直後に偶然、街中でお会いしたわけですから。

とはいえ、時々気分転換をする時(といっては失礼ですが)
Webで松田さんのコメント等を読んでいたので、
あまり懐かしい感じなかったかな。

****

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

全く、偶然と言いますか、奇縁ですね!!
今後も、宜しく、お願い致します!!
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ****
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2007/05/25
件名  「円キャリー・トレード」の整理について   

松田 哲 様
たいへんためになるメルマガ、いつも有り難うございます。
ひとつ「円キャリー・トレード」について質問です。

本日のメルマガに;
>現時点では、
>このところ「円キャリー・トレード」を行なってきた
>市場参加者のポジションが、充分に整理されたのか、
>まだ、わかりません。
>
>今日の、ロンドン市場、NY市場は、個人的には、面白いだろう、
>と考えています。
>それは、まだ、充分に整理されていない、と考えている、ということです。
とありました。

ということは、「円キャリー・トレード」が、
外目ははっきりわからないうちに、
「ひそかに」整理されてしまうということがありうるわけですね。
(今回はまだそこまで行っていないとしても。)
ドルの値動きを見ておりましたら、一気に数十銭上がってから、
ジワジワと下げてきたと思うと、また一気に上げる、
という様な動きが多かったと思います。
これは、一方でまとめ買いをして相場をつり上げておきながら、
裏で目立たないように売り抜ける動きなのでしょうか??

現在の相場が、
「円キャリー・トレード」によって作られた性格が強いとするなら、
もしこれがひそかに「充分に整理され」てしまえば、
残るのはまさに「泡」のような相場でしょう・・・?
そういう可能性も考えておいたほうがよいのでしょうか?

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ****
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

言葉足らずになりますが、
先週末の、シドニー市場、東京市場での、
ユーロ円などのクロス円の下落、ドル円の下落は、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が原因だったと考えます。

つまり、グリーンスパン氏の発言や、上海株式などを斟酌して、
一部の投資家で、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」を実行した人がいる、
ということです。

しかし、結果的には、それ以上に、誰かが、
「円キャリー・トレード」を行い、その金額が大きかったので、
値を戻した、と考えています。

「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」を実施した投資家と
「円キャリー・トレード」を行なった投資家が、
同一人物である可能性も、充分にあります。

同一でないケースも考えられます。

しかし、それは、どうでもよいことだ、と、個人的には考えています。
(それは、相場の値動きに与える影響は同じだから、
 また、他者が利益を出そうと、損失を出そうと、それを考えることは、
 時間の無駄だから。)

これだけ、「円キャリー・トレード」が、拡大していますから、
巨額の「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」を実施したら、
目に見えるだろう、と考えます。

『ひそかに「充分に整理される」ケース』は、考えにくい、と思っています。

こういった、“ディップ(Dip)”がある場合は、
本格的な、クラッシュ、
つまり、巨額の「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」には、
ならないだろう、と考えます。

先週末の値動きも、健康的な、「ガス抜き」に感じます。
(予断は禁物ですが・・・)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ****
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/05/26
件名  たいへんご無沙汰しております。   

たいへんご無沙汰しております。
松田先生の精力的に発刊されるメルマガを、
楽しみに拝読させていただいています。

ふと思ったのですが、FXはバブル状態でしょうか?
誰それが、FXで億単位儲けた。
1月で資金が2倍になった。
というような話が、雨後の筍のように出てきます。
揚げ句の果てには、
僅か数年の経験を基に本まで出版するという暴挙?が・・・

出版社は、ある程度販売が見込まれる原稿を欲していますから、
両方の思惑が一致したのでしょう。
素人がFXで稼ぐという、コンセプトが良いのでしょうね。

以前どこへ行っても、主婦(決して女性を蔑視している訳ではありません)が、
株の話をしていた時代がありました。
あれから2年しないで、バブルがはじけました。
大丈夫でしょうか?

ですから、松田先生のような経験豊かな著者に、
ますます頑張って頂きたいものです。

もしFXがバブルであるなら、いずれははじける運命でしょう。
その時、相場で生き残っていたいものです。

From ****

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

お便り、ありがとうございます!!

正直なところ、ある種のバブル状態に近付きつつある、と考えてはいます。

しかし、まだ、飽和状態には、なっていないので、
まだ拡大基調にある、とも考えています。

マーケットが拡大基調にあるときは、
その最終局面は、一番伸びが大きくなりがちです。

誰しもが、ユーフォリア状態になったときが、危険ですが、
危険だ、と考える人がいる内は、拡大する、
そういった警鐘を鳴らすことが、ばかげているように見えるときが、
ピークになるものです。

不思議なものです・・・。

マーケットが、それを教えてくれるときまで、付いて行くしかないのだろう、
と、謙虚に臨むつもりです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« メモランダム | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メモランダム | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル--- »