« 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- | トップページ | 【クロス円で、「円キャリー・トレード」をする場合】 »

2007年4月25日 (水)

【ユーロ/ドル】---重要なチャート・ポイント---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月25日Part3
【ユーロ/ドル】
---重要なチャート・ポイント---

本日(4月25日)に配信した、以下のコメントをお読みください。

2007年04月25日号
【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】
---昼ころに、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載---
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108488843.html
あるいは、
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/ad_78a6.html

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このところのユーロ/ドル(EUR/USD)は、
4月20日の東京市場で、[1.3630-40]レベルの、目先の高値を付けてから、
[1.3660-70]レベルの重要なチャート・ポイントを目前にして、
『敵前逃亡気味に』ダラダラと下げていた。

ゴールデン・ウィークを控えて、積極性に欠けるセンチメントだった。
しかし、個人的には、一番、気になっているのは、ユーロ/ドル(EUR/USD)。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[1.3660-70]レベルの重要なチャート・ポイント、
および、[1.3700]の重要なチャート・ポイントに関しては、
4月の上旬から中旬にも、既に、何度も繰り返した。再度引用します。

> > > 2007年04月17日Part2
> > > 【ユーロについて】
> > >
> > > ユーロは、さらに上昇の可能性がある。
> > > ストップ・ロスを置きながら、
> > > つまり、守りながら、ユーロを買えば良い。
> > > 高所恐怖と常識を捨てる必要がある。
> > >
> > > このユーロの買いは、対円、対ドル、どちらでも有効。
> > >
> > > だから、ユーロドルは、買いです(と考えます)。
> > > すると、ドル円は、実は、売りになる。
> > >
> > > 最近のマーケットは、値動きが鈍く、スピードが無い。
> > > (それは、市場参加者が拡大している証左、と考えています。)
> > >
> > > ユーロドルは、1.6000とか、ユーロ円は、170円を考えるべき。
> > > 外したら切れば良いだけ。
> > >
> > > +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
> > >
> > > 念のため、補足して置きます。
> > >
> > > 念のため、断っておきますが、
> > > こういった数値は、例示しているだけです。
> > >
> > > ユーロドルに関しては、[1.3666]アラウンドが、
> > > このところの高値(2004年12月のレート)。
> > >
> > > ※2004年のことも、『このところ』と記述していることに留意。
> > >
> > > つまり、1.36台ミドル、ないし、[1.3700]がチャート・ポイントです。
> > >
> > > 次の、チャート・ポイントは、
> > > [1.4500-1.4600]のゾーン、ないしは[1.4600]になります。
> > >
> > > 当然のことながら、本当に、[1.6000]に到達するならば、
> > > [1.3700]や、[1.4600]のポイントをクリアしていくはずですし、
> > > 今、1.35台程度の時に、真面目に答えるなら、
> > > 次の、チャート・ポイントは、[1.3700]。
> > > そして、その次は[1.4600]と言えば良いのはわかっています。
> > >
> > > しかし、そういった、細かいことに拘泥せず、
> > > 本質を見て欲しい、といった気持ちで、例示しています。
> > >
> > > ただし、もちろん、いい加減な、意味で、例示した訳ではなく、
> > > ユーロドルにとって、
> > > [1.6000]は、チャート・ポイントの筈ですが・・・
> > >
> > > ユーロ円の170円は、適当に言っていますので、ご注意を。
> > >
> > > +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
> > >

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

繰り返しますが、
個人的には、一番、気になっているのは、ユーロ/ドル(EUR/USD)。

4月上旬のコメントを、引用します。

> 2007年04月04日
> 【引き続き、どの程度「円キャリート・レード」が出るのか様子を見たい】
> ---強いてどうしても何かせよ、というならば、ユーロ/ドルのロングか?--

---中略---

> ---強いて、どうしても何かせよ、という戦術の第二策としては、
>   ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロ買いドル売り)。
>   ストップ・ロスの置き場所に困るが、
>   あまりタイトなストップ・ロスにはしたくないので、
>   [1.3200]アラウンド(各自で思料してください)にストップを置いて、
>   1.33台後半でも構わずに買う。
> (現状は、1.33台前半に推移していますから、この水準を気にせずに買う)
>   ただし、このユーロ/ドル(EUR/USD)のロングの戦術は、
>   [1.3400]を上に抜けて行く、といった思惑があるので、
>   [1.3450]を上に抜けるようならば、
>   ユーロ/ドル(EUR/USD)のロングを買い増しをして付いて行きたい、
>   と考えている。---
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先日の日曜日(4月22日)のコメントも引用します。

> 2007年04月22日Part3
> 【マーケット・コメント】
> ---ドル円&ユーロ円&ユーロドル---

---中略---

> 加筆するならば、[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するようならば、
> 高値水準で、怖いところですが、
> 「ユーロ買いドル売り」で付いて行くところ、
> と考えています。
>
> さすがに、
> 先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場でも、
> 高値水準で、手が出なかった、といった印象です。
>
> このまま、「高値水準での持ち合い」が続き、
> 結局、ゴールデン・ウィークになってから、
> ---つまり、4月末から5月に入ってから、---
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンだと、
> 『手の出しようが無くて、嫌だなぁ・・・』
> と思っています。
>
> そうならないように、週明け前半に、
> ---つまり、4月23日、24日、25日までに、
>   さっさと決着を付けて欲しい、と願っていますが、
>   マーケット(相場)は、いつも意地悪ですから・・・。---
>
> 上記『・・・』は、
> ゴールデン・ウィーク中に、
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンが来そうだなぁ・・・
> という『畏れ』です・・・。
>
>
> それは、「ことわざ」なのか、単なる感想なのか、知りませんが、英語で、
>
> “The Market is always so mean....”
> ---マーケット(相場)は、いつも意地悪---
>
> と、よく言います・・・。
>
> mean:(形容詞)みすぼらしい、けちな、卑劣な、意地の悪い、
>                 扱いにくい、厄介な
>

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- | トップページ | 【クロス円で、「円キャリー・トレード」をする場合】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- | トップページ | 【クロス円で、「円キャリー・トレード」をする場合】 »