« 【昔のディーラー仲間からのメール】 | トップページ | 【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】 »

2007年4月 5日 (木)

「売り方」「買い方」ともに、希望的願望で「にらみ合い」

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月05日
【ドル/円は、総じて、高値持ち合い】
---「売り方」「買い方」ともに、希望的願望で「にらみ合い」---

昨日(4月4日)のドル/円(USD/JPY)は、総じて、高値持ち合い。
概して、118円台後半で膠着した。

ダラダラとした膠着ではなく、緊張感のある「にらみ合い」。

「売り方」VS「買い方」の、それぞれの思惑を含んでの、
『こうあって欲しい』という願望がぶつかっていた印象。

「売り方」は、
『せめて118円台前半に、
 それがダメなら[118.40-50]程度でもいいから・・・』
と、下落を願い、
「買い方」は、『早く、119円台を買っていって欲しい。誰か買えよ!』
といった願望。

ただし、それは、「売り方」も「買い方」も、ともに、
自分がそうするのではなく、
誰か他の市場参加者が、それをすることを願う、といった希望的願望。

だから、ダラダラとした膠着ではなく、
願望という強い情念を含んだ「にらみ合い」になる。
---そういった情念を感じませんか・・・?---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(4月3日)の海外市場で、
このところタッチできなかった(届かなかった)
[118.50]を上にブレイクした(上に抜けた)。

それまでの[118.50]は、「弱いレジスタンス」(弱いチャート・ポイント)。

一昨日(4月3日)の値動きでは、[118.50]を上に抜けたものの、
スピードは加速せず、118円台後半で、緊張感を保った。

[118.80-90]レベルは、チャート・ポイント。
2月下旬から3月上旬にかけて、121円台から115円台前半まで、
ドル/円(USD/JPY)が急落した際に、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り注文)が
集中したレート(価格)。

上値でつかまった市場参加者にしてみれば、
[118.80-90]レベルから[119.50]のゾーンで、
いったんの損切り(ドル売り)を行いたい、と、考えるところ。
---つまり、いわゆる「やれやれの売り」が集中するところ---

買い方(ドル買い派)も、そのことに気が付いているから、
118円台後半まで買い進んだものの、[119.00]を目前に、躊躇していた。

[118.80-90]レベルから[119.50]のゾーンにある、
いわゆる「やれやれの売り」をこなすのは、
現状のマーケットを考えると、「円キャリー・トレード」しかない。

だから、
『その売りをこなし切れるだけの
「円キャリー・トレード」の需要が出るのか?否か?』
に注目していたし、注目している。
---今の時点でも、判然としないので、注目が継続している---

昨日(4月4日)のマーケットでは、
一時、[119.00]を上に抜いて、高値[119.00-10]を見ているが、長続きもせず。

---この程度の値動きでは、[119.00]を上に抜けたとは言いがたい。
  オプション取引などで、タッチしたか?否か?
  が重要ならば、明らかに、[119.00]は付いた。
  しかし、[119.00]のレジスタンスが、上にブレイクしたか?
  と、訊かれたならば、答えは“No”だ。---

まだ、[119.00]は、上にブレイクしていない。

明日(4月6日)には、米国雇用統計を控えているので、
積極的な売買になるとは考えていない。

118円台の高値水準で、ドルを買う気持ちは、全く無い。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(4月4日)のコメントを添付します。
(考え方に、全く変化がなく、全く同様に、考えていますので)

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> ここは、様子を見たい。
>
> ---高値水準から、ドル/円(USD/JPY)も、ユーロ/円(EUR/JPY)も
> 「買い」で付いて行きたくない。
> 場合によっては、チャンスを逃していることになるかも知れないが、
> それは、それで良しと考えている。---
>
> ---強いて、どうしても何かせよ、というならば、
> ドル/円(USD/JPY)ならば、
> [119.60-70]アラウンドに、ストップ・ロスを置いて、
> 118円台後半での「ドル売り円買い」。---
>
> ---ただし、その場合、[119.60-70]アラウンドの、
> ストップ・ロスが付いても、撤退するだけで、
> ロング(ドル買い持ち)にしてはいけない、と考えている。---
>
> ---強いて、どうしても何かせよ、という戦術の第二策としては、
> ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロ買いドル売り)。
> ストップ・ロスの置き場所に困るが、
> あまりタイトなストップ・ロスにはしたくないので、
> [1.3200]アラウンド(各自で思料してください)にストップを置いて、
> 1.33台後半でも構わずに買う。
> (現状は、1.33台前半に推移していますから、この水準を気にせずに買う)
> ただし、このユーロ/ドル(EUR/USD)のロングの戦術は、
> [1.3400]を上に抜けて行く、といった思惑があるので、
> [1.3450]を上に抜けるようならば、
> ユーロ/ドル(EUR/USD)のロングを買い増しをして付いて行きたい、
> と考えている。---
>
>
> あまり、積極的に、参加する気分ではない。
> まだ、期初が始まったばかりだし、この週末には米国失業率を控えている。
> のんびりと、臨みたい。徐々に集中するといったスタイルで行きたい。
>

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【昔のディーラー仲間からのメール】 | トップページ | 【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【昔のディーラー仲間からのメール】 | トップページ | 【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】 »