« 【ユーロ/円】---「円キャリー・トレード」の『思惑』が主要因で、大きく乱高下--- | トップページ | G7明けの感想:>『何だ、その程度か・・・』といった評価---【読者の方とのメールのやり取り】 »

2007年4月20日 (金)

【ユーロについて】---重要なチャート・ポイントが近い---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月20日Part4
【ユーロについて】
---重要なチャート・ポイントが近い---

昨日(4月19日)に関してだけならば、
ユーロ/ドル(EUR/USD)に特筆するところはない。

しかし、重要なチャート・ポイントが近いことを、
今週の前半で述べた。その後も繰り返した。

重要なので、再度、繰り返し、再送します。

---しつこいですが、加筆修正しても、大差ありません。
  そして、本日のコメントで、一番重要なのは、コレではないか?
  と、考えています。---

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

> 2007年04月18日Part4
> 【ユーロについて】
> ---昨日のコメントを一部抜粋、加筆修正---
>
>
> 昨日のコメントを一部抜粋、加筆修正して再送します。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
>
> > 2007年04月17日Part2
> > 【ユーロについて】
> >
> > ユーロは、さらに上昇の可能性がある。
> > ストップ・ロスを置きながら、つまり、守りながら、ユーロを買えば良い。
> > 高所恐怖と常識を捨てる必要がある。
> >
> > このユーロの買いは、対円、対ドル、どちらでも有効。
> >
> > だから、ユーロドルは、買いです(と考えます)。
> > すると、ドル円は、実は、売りになる。
> >
> > 最近のマーケットは、値動きが鈍く、スピードが無い。
> > (それは、市場参加者が拡大している証左、と考えています。)
> >
> > ユーロドルは、1.6000とか、ユーロ円は、170円を考えるべき。
> > 外したら切れば良いだけ。
> >
> > +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
> >
> > 念のため、補足して置きます。
> >
> > 念のため、断っておきますが、
> > こういった数値は、例示しているだけです。
> >
> > ユーロドルに関しては、[1.3666]アラウンドが、
> > このところの高値(2004年12月のレート)。
> >
> > ※2004年のことも、『このところ』と記述していることに留意。
> >
> > つまり、1.36台ミドル、ないし、[1.3700]がチャート・ポイントです。
> >
> > 次の、チャート・ポイントは、
> > [1.4500-1.4600]のゾーン、ないしは[1.4600]になります。
> >
> > 当然のことながら、本当に、[1.6000]に到達するならば、
> > [1.3700]や、[1.4600]のポイントをクリアしていくはずですし、
> > 今、1.35台程度の時に、真面目に答えるなら、
> > 次の、チャート・ポイントは、[1.3700]。
> > そして、その次は[1.4600]と言えば良いのはわかっています。
> >
> > しかし、そういった、細かいことに拘泥せず、
> > 本質を見て欲しい、といった気持ちで、例示しています。
> >
> > ただし、もちろん、いい加減な、意味で、例示した訳ではなく、
> > ユーロドルにとって、[1.6000]は、チャート・ポイントの筈ですが・・・
> >
> > ユーロ円の170円は、適当に言っていますので、ご注意を。
> >
> > +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
> >
>

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【ユーロ/円】---「円キャリー・トレード」の『思惑』が主要因で、大きく乱高下--- | トップページ | G7明けの感想:>『何だ、その程度か・・・』といった評価---【読者の方とのメールのやり取り】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ユーロ/円】---「円キャリー・トレード」の『思惑』が主要因で、大きく乱高下--- | トップページ | G7明けの感想:>『何だ、その程度か・・・』といった評価---【読者の方とのメールのやり取り】 »