« 【GWを想定して、相場に臨む】---毎年、同じことが繰り返し起こっている--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- »

2007年4月22日 (日)

ドル円&ユーロ円&ユーロドル---【マーケット・コメント】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月22日Part3
【マーケット・コメント】
---ドル円&ユーロ円&ユーロドル---

先週末(4月20日金曜日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台ミドル---[118.40-45]レベル---で、オープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

その前日(4月19日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場午前中に[117.60-65]レベルまで下げた。

4月19日の東京市場の時間帯に、上海株が下落。
そのことから、日本株、アジア株が下げた。

この一連のことは、今年の2月下旬に起きた、
上海株の下落から「円高」になったことを連想させて、
---つまり、上海株の下落から、
  「円キャリー・トレードのアンワインド(まき戻し・解消)」
  になったことを、連想させて、---
4月19日の東京市場では、ドル/円(USD/JPY)の売りとなった。

4月19日は、アジア株式が下落したので、
ニューヨーク株式がどうなるのか、懸念されていたが、
ニューヨーク時間での米国株式市場は落ち着いた値動きだったことから、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.50-60]レベルに急反発し、
そのままニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(4月20日金曜日)の東京市場では、[118.50]を上に抜けて、
概して、[118.60-80]程度の持ち合いに推移。

先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場でも、その水準程度で小動き。

先週末(4月20日金曜日)のニューヨーク市場では、
安心感が広がり、もう一段の高値まで「ドル買い円売り」が進み、
[118.90-00]レベルまで上昇したが、[119.00]には届かず。

ニューヨーク・クローズにかけて、若干、小緩んで、
[118.60-70]レベルで引けた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末(4月20日金曜日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[161.30-40]レベルでオープン。

その前日(4月19日)の東京市場の時間帯に、上海株が下落。
そのことから、日本株、アジア株が下げた。

この一連のことは、今年の2月下旬に起きた、
上海株の下落から「円高」になったことを連想させて、
---つまり、上海株の下落から、
  「円キャリー・トレードのアンワインド(まき戻し・解消)」
  になったことを、連想させて、---
4月19日の東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)の売りとなった。

4月19日のユーロ/円(EUR/JPY)の安値は、東京市場夕方の[159.60-65]レベル。

しかし、ニューヨーク市場の朝方に、[160.50]を回復し、上に抜けると、
今度は、目先でユーロ/円(EUR/JPY)を売っていた向きの損切りを誘発して、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、一気に上昇。161円台前半に乗せて急反発した。

アジア株式が下落したが、ニューヨーク株式が落ち着いた値動きだったので、
買い戻された印象。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(4月20日金曜日)の東京市場では、安心感からか、
「円キャリー・トレード」を復活させるような値動き。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、ニューヨーク・クローズよりも、
一段高く推移して、[161.50]を回復。

東京市場で、一時、高値[161.85-95]レベルを付けた。
東京市場クローズは、161円台ミドル。

先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
[161.50]を挟んで、30銭程度で振幅した。
---[161.20-80]程度で上下動を繰り返した。---

概して、高値水準に戻しての持ち合いとなった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末(4月20日金曜日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
終日、[1.3600]前後の高値圏で、「高値持ち合い」に推移。

値動きとしては、特筆するところはない。

既述のコメントから、抜粋、再送します。

> > ユーロドルに関しては、[1.3666]アラウンドが、
> > このところの高値(2004年12月のレート)。
> >
> > ※2004年のことも、『このところ』と記述していることに留意。
> >
> > つまり、1.36台ミドル、ないし、[1.3700]がチャート・ポイントです。
> >
> > 次の、チャート・ポイントは、
> > [1.4500-1.4600]のゾーン、ないしは[1.4600]になります。
> >

加筆するならば、[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するようならば、
高値水準で、怖いところですが、「ユーロ買いドル売り」で付いて行くところ、
と考えています。

さすがに、先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場でも、
高値水準で、手が出なかった、といった印象です。

このまま、「高値水準での持ち合い」が続き、
結局、ゴールデン・ウィークになってから、
---つまり、4月末から5月に入ってから、---
[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンだと、
『手の出しようが無くて、嫌だなぁ・・・』
と思っています。

そうならないように、週明け前半に、
---つまり、4月23日、24日、25日までに、
  さっさと決着を付けて欲しい、と願っていますが、
  マーケット(相場)は、いつも意地悪ですから・・・。---

上記『・・・』は、
ゴールデン・ウィーク中に、
[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンが来そうだなぁ・・・
という『畏れ』です・・・。

それは、「ことわざ」なのか、単なる感想なのか、知りませんが、英語で、

“The Market is always so mean....”
---マーケット(相場)は、いつも意地悪---

と、よく言います・・・。

mean:(形容詞)みすぼらしい、けちな、卑劣な、意地の悪い、
                扱いにくい、厄介な

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【GWを想定して、相場に臨む】---毎年、同じことが繰り返し起こっている--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【GWを想定して、相場に臨む】---毎年、同じことが繰り返し起こっている--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- »