« 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- | トップページ | 【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】---昼ころに、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載--- »

2007年4月24日 (火)

【ゴールデン・ウィーク・モード】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月24日Part2
【ゴールデン・ウィーク・モード】

イースター(復活祭)が終わり、G7も終わって、
さまざまな意味で、GW(ゴールデン・ウィーク)までの期間、
ちょっと期待していたのですが、
どうも、『肩すかし』というか、『期待はずれ』、といったといった印象を、
個人的には持っています。

今年(2007年)のイースター(復活祭)の前後---4月上旬---は、
市場参加者が薄くなっていた。
今年は、イースターと米国雇用統計(4月6日)が重なって、
一段と動意がなかった。

基本的には、イースター明けから、徐々に集中すれば良い、
と考えていたのですが、イースターが明けると、今度は、
4月中旬には、G7(先進7ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議)があった。
こういったイベントがあると、相場としては、やり難い。

G7の結果は、基本的には、『現状の容認』、といったところ。
このG7の結果を受けて、マーケット(外国為替市場)は、
「円キャリー・トレード」が活発になり、波乱になる可能性が高い、
と考えていたのですが、
G7明け(4月16日)の東京市場は、ウェリントン・シドニー市場も含めて、
たいした動きにならなかった。

正直なところ、G7明けの感想は、『何だ、その程度か・・・』。
もっと、大きな振幅を期待していたものですから、
ちょっと、がっかりした気分です。
まあ、こんな程度なのかもしれませんが・・・・。

そして、もう来週には、GW(ゴールデン・ウィーク)が控えており、
その時期(GW中)は、いっそう市場参加者が少なくなることが分かっている。

こういったシーズン(季節)は、年中行事で、
元々、市場参加者が少なくなるのは、事前にわかっていること。

だから、こういった市場参加者が少なくなる時期は、
『積極的にポジションを取らない方が良い』と考えています。

基本的には、ゴールデン・ウィーク明けのFOMC(5月9日)まで、
仕方もないので、のんびりとした方が良いのだろう・・・、と考えています。

市場参加者が少なくなると、
大口の売買量を吸収できなくなるリスクがあります。
それを考慮しておくべきだ、と思っています。

ゴールデン・ウィーク明けに、改めて、ちゃんと現状分析を行い、
それから行動を取る方が「真っ当」「まとも」でしょう・・・。

相場は、動いているからといって、それが重要なところとは限りません。
もちろん、動いている時でも、重要なところであるケースはありますが・・・。

今年(2007年)の4月は、それなりの値動きとも言えますが、
実際のところ、たいした値動きにはなっていない、と考えています。

ユーロ円が歴史的最高値を更新したり、
小ぶりの「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」も
ありましたが、実際のところ、たいした値動きではない、と考えます。

今週は、ゴールデン・ウィークが控えています。
ゴールデン・ウィークの最中に、米国失業率(米国雇用統計)があります。
そして、ゴールデン・ウィークが明けると、上述の通りに、FOMCがあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- | トップページ | 【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】---昼ころに、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円--- | トップページ | 【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】---昼ころに、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載--- »