« 【松田哲先生】FXディーラー物語【メルマガ】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- | トップページ | 【読者の方からのメール】---そして、新刊本、出版社より本日(3月14日)出荷--- »

2007年3月14日 (水)

【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

アマゾン順位は、【第29位】!(2007年03月14日19:20現在)
(↑枕詞[まくらことば]です)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月14日
【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】
---昨夜(事実上は、昨日のニューヨーク市場時間帯)の書き込み---

昨夜(事実上は、昨日のニューヨーク市場時間帯)に投稿したものです。

※mixiに書き込んだものを、『ほぼ』そのまま引用します。
 私の書き込んだ文章なので、著作権の問題にはならない、と考えます。

 mixiに書き込むのではなくて、
 「それを、その時に、タイムリーに配信してヨ!ブログにアップしてヨ!」
 といったご意見・ご感想が出るのは想像付きますが、
 私にも、諸般の都合がありまして・・・・。

(引用先)
[mixi] 松田 哲【雑談の場】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9783255&comm_id=1202869&page=all

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月14日01:58
224:  物語

耳にイタイことを、ひとつ。

例えば、先週後半から、ドル円、クロス円が、
調整局面を迎えリバウンド上昇していました。

あの時に、私も、上昇すると、思っているのです。

だから、やりたければ、つまり、「買っちゃ売り」、「買っちゃ売り」を、
やりたければ、止めません、と、述べたのです。

『ただし』、「綾」の大きさは、【事前には】誰にもわからないから、
止めた方が良い、とも、明言しています。

持ち値の悪いロングは、このリバウンド局面で損切りを敢行すべし、
とも、はっきり言いました。

しかし、多くの人は、余計に、うまくいかなかったことでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月14日02:12
225:  物語

(続き)

「綾」は、難しいのです。

難しいからこそ、それを取れると、満足感もひとしおですが、
その労力と、リターンを考慮すると、割に合いません。

また、現時点(3月14日)では、【事後】だから、綾の大きさがわかります。

リバウンドの上限は、118円台ミドルです。

しかし、今度、改めて、118円台ミドルが来たら、
上に抜ける可能性が高くなります。

『3月12日のロンドン市場から、3月13日の値動きを見れば、(加筆)』
118円台ミドルから、再び116円台ミドルに下落したことで、
『そして、3月14日に115円台を見たことで(加筆)』
また、売りそびれた人がいるのにもかかわらず、
118円台ミドルまで来るなら、何か、理由があるはず。

まあ、結論から言えば、トレンドに逆らうな、です。 

2007年03月14日02:38
226:  物語

「綾、綾戻し」の局面で、
リスク&リターンが、『1対2』になることは、希です。

はっきり言えば、『2対1』でしょう。

それを理解して、臨むなら、まだしも、
わからずして手を出すと大ケガを負います。

だから、綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。
それも『戦略』です。

負ける可能性が高いところで、戦いに行くのは、「匹夫の勇」。

「韓信」が酔客にからまれた際に、またの下をくぐれ、と言われ、
くぐった、というエピソードがあります。

酔客とケンカをしてケガをしたら、つまらない。

戦うべき時と場所がある。

「韓信」は、漢の建国に貢献した最強の武将。 

※調べてみたら、「酔客」ではなくて、
 「町の少年」にバカにされて、『股の下をくぐれ』と言われたが、
 股の下をくぐった。

 「恥は一時、志は一生。
 その少年を殺しても、何の得もない。
 それどころか仇持ちになってしまうだけだ。」
 と冷静に判断して、我慢して、少年の股の下をくぐった。

(※若干の加筆を加えて、改行しましました。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【松田哲先生】FXディーラー物語【メルマガ】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- | トップページ | 【読者の方からのメール】---そして、新刊本、出版社より本日(3月14日)出荷--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【松田哲先生】FXディーラー物語【メルマガ】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- | トップページ | 【読者の方からのメール】---そして、新刊本、出版社より本日(3月14日)出荷--- »