« ---ドル/円:ロング派は、一時、撤退、と思料--- | トップページ | 【上手く行っていても、「頭と尻尾はくれてやれ」】 »

2007年3月 5日 (月)

---『マイナー・クロス/円』の整理は、これから始まる---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月05日Part2
【ユーロ/ドル & ユーロ/円】
---ユーロ/円はフリー・フォールの雰囲気---
---『マイナー・クロス/円』の整理は、これから始まる---

先週末(3月2日金曜)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.31台ミドル程度---[1.3165-70]レベル---でオープン。

東京市場、ロンドン市場の朝方、ニューヨーク市場の朝方と、
概して1.31台ミドル程度で、上下動。

ドル/円やクロス/円が大きく動く一方で、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、「蚊帳の外」といった雰囲気。

ニューヨーク市場の引け際になって、
[1.3200]アラウンドに戻して週末のクローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(3月5日)、週明け月曜のマーケットでは、
東京オープン前のシドニー市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.32台前半に乗せた。

しかし、シドニー市場で、ユーロ/円(EUR/JPY)の売りの影響から、
「ユーロ売り」となり、
そのため、本日(3月5日)の東京オープンは、[1.3180-85]レベル。

東京市場の朝方に、ユーロ/円(EUR/JPY)の売りの影響が強く、
1.31台前半に急落した。安値は、[1.3120]アラウンド。

その後の東京市場では、概して、[1.3120-70]程度のゾーンで、乱高下の様相。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(3月2日金曜)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[155.00]アラウンド---[155.00-10]レベル---でオープン。

先週末(3月2日金曜)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[155.00]アラウンドで動かず。

先週末(3月2日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場では、
153円台を示現し、「攻防の分岐点」を見ています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

2月末になって急落を始めたユーロ/円(EUR/JPY)は、
159円台から155円台後半程度に大きく下落している。
その時点での安値は、[155.70-75]レベル。

3月1日(木)のシドニー市場では、
再び、上値トライの「ユーロ買い円売り」が出て、
156円台後半を上に抜き、[157.00]も上に抜けて、157円台前半に乗せた。
高値は[157.20-30]レベル。

そのため、3月1日(木)の東京市場の寄り付きは、157円台前半であったが、
すぐに売り込まれて、[157.00]を割れた。
やはり、上値でつかまっている向きの「やれやれの売り」が出た印象。

3月1日(木)の東京市場は、ダラダラと下げて、昼前に[156.50]も割れた。
東京市場の午後は、156円台前半で小動き持ち合いとなっていた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

155円台後半から155円台ミドルを下に突き破ると、
非常に危険な状態になっていた。

ユーロ/円(EUR/JPY)のチャート・ポイント(サポート)は、
[155.70]アラウンド、ないしは、[155.50]となっており、
これを割り込むと、急落する可能性が高かった。

3月1日(木)の海外市場では、
ロンドン市場、および、ニューヨーク市場の早朝に、
[155.70]を割り込み、[155.50]も、簡単に割り込んだ。

上述の、チャートのシグナル通りに、マーケットは反応し、
ニューヨーク市場の午前中に、[155.00]も下に抜け、急落した。
安値は、[154.50-60]レベル。

その後は、急落後のリバウンド(綾戻し)となり、
155円台を回復したが、その後は、[155.00]を挟んでの小動き。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この時点で、考えられることは、次の通りだった。

ユーロ/円(EUR/JPY)の、次の『下値のメド』は、153円台ミドル程度。

153円台ミドルを下に抜けると、もう、その次の『下値のメド』は無い。

---強いて、その次の『下値のメド』を挙げれば、[150.50]ですが、
  高値の159円台から、既に、大きく下落していることを考えると、
  ユーロ/円で、
  さらに下のチャート・ポイントを指摘する意義を感じません。---

[153.50-155.50]のゾーンは、「攻防の分岐点」と考えていた。

つまり、[153.50-155.50]のどこかで、下値が固まり、
マーケットが落ち着きを取り戻せば、
再び、「円キャリー・トレード」や、「ユーロ高トレンド」を材料に、
ユーロが上昇する可能性が残っていた。

しかし、今回の大きな急落を、無視するわけには行きません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週のマーケットでは、ユーロ/円(EUR/JPY)に関しては、
「153円台ミドルを下に抜けるか、否か」が最大の注目点、
と考えていたが、
本日(3月5日)、週明け月曜の東京市場のオープンは、[153.00-10]レベル。

週明け月曜の東京市場が始まる前に、シドニー市場で、
あっさりと、153円台ミドルを下に抜けた。

上述の通りに、次の『下値のメド』は、[150.50]アラウンドまで見当たらない。

本日(3月5日)の東京市場では、[152.00]も簡単に割り込み、
フリー・フォールの雰囲気になっている。

今のところ、安値は151円台前半程度。

残念ながら、次の『下値のメド』が視野に入っている・・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

マーケットは、まだ、落ち着きを取り戻しておらず、
リスク、ボラティリティ、共に高い状態です。

まだ、ポジションの整理が、十分に、終っていません。

換言すれば、
ドル/円、および、クロス/円で、
高値でつかまったまま、残ってしまったポジションがたくさんあります。

ドル/円よりも、多種類のクロス/円の方が、
対応が遅いですから、その点に注意が必要です。

クロス/円は、マイナー通貨ほど、対応が遅いものです。

クロス/円で、最もメジャーは、ユーロ/円。次がポンド/円、スイス/円。
『マイナー・クロス/円』の整理は、これから始まる、と考えています。

下値リスクは、収まっていません・・・・。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ---ドル/円:ロング派は、一時、撤退、と思料--- | トップページ | 【上手く行っていても、「頭と尻尾はくれてやれ」】 »

コメント

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントは、プロテクトがかかっているので、
すぐに反映されなくて、すみません。

以前は、コメント、トラックバックともに
Freeにしていたのですが、
あまりにひどいので、
今は、まともなものだけを選んで表示しています。

大相場ですネ!
ガンバリマショー!!

投稿: 物語 | 2007年3月 7日 (水) 03時39分

松田先生
孤独な取り組みにおいて、このような不安な相場の時に力強いコメントがタイムリーにいただけてありがたいです。

為替取引に興味を持った初期より松田先生の著作物はほぼ読ませていただきまして勉強させていただきました。
少しは想像力を培いたいと、壁に突き当たると改めて読み返し、素人で知識も生半可な自分としての取り組み方を模索しております。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: lemonpafe | 2007年3月 5日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ---ドル/円:ロング派は、一時、撤退、と思料--- | トップページ | 【上手く行っていても、「頭と尻尾はくれてやれ」】 »