« ---昨夜、GREEに書き込んだものを、そのまま引用---【マーケット・コメント】 | トップページ | 【松田哲先生】FXディーラー物語【メルマガ】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- »

2007年3月13日 (火)

【メルマガのネタ】---大好きなグリーンスパン氏---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月13日Part2
【メルマガのネタ】
---大好きなグリーンスパン氏---

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

アマゾン順位は、なんと【第8位】!(2007年03月13日12:10現在)
アマゾンに何十万冊ある中の【第8位】!オリンピックなら入賞です!
びっくり!!
(↑枕詞[まくらことば]です)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※また、本日は、都合により、ブログへの掲載が遅くなります。
 ご了解ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【メルマガのネタ】
---大好きなグリーンスパン氏---

ちょっと前に書いていた(書き留めてあった)コメントなのですが、
何かと諸事繁忙のため、配信できずにいました。
(実は、このところ、そういったネタが、いっぱいあるのですが・・・)

グリーンスパン元FRB議長の発言が、何かと話題になっている。
(なっていた・・・・、と、加筆修正する必要がありそうですが・・・)

結論を先に言いますが、『無視するべきだ!』

はっきり言えば、
『外野うるさい!黙って見てろ!』
『もう、出てこなければいいのに・・・』
オフィシャルには、そう考えています。
もう、グリーンスパン氏は、関係ないのです・・・。

誰か、このところ、どこかの国の中央銀行の高官が、
言っていたのですが、(誰だったか、忘れました)
いいことを言っていました。

「彼は、元FRB議長であって、現在は違う人がFRB議長だ」と。
うまいことを言う。

私は、その通りに、『無視するべきだ!』と考えますが、
『ただし、心眼で見よ!』とも思っています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

私は、グリーンスパン氏のことが、大好きです!尊敬もしています。
たから、今回の件も、グリーンスパン氏を擁護します。

こんな影響が出ると、グリーンスパン氏、【でさえも】、
わからなかった、のでしょう。

引退したばかりで、寂しかったのでしょうか?
調子こいて、余計なことを、くちばしっただけです。
(ということにしておきましょうヨ)

失礼ながら、普通ならば、とっくに、とっくに、引退しているか、
とっくに・・・・、といっても、おかしくない年齢です。
---悪しく、取らないように。(^0^)/♪---

でも、私は、
すぐさま、グリーンスパン氏が、前言を撤回した態度は、
素晴らしいと思います。まさに、尊敬に値すると。

そして、私は、さらに、思っています。

さまざまな、現在の立場をわきまえて、前言を撤回しましたが、
グリーンスパン氏の述べた内容は、全く正しいし、
グリーンスパン氏は、そう感じている、ということを。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

グリーンスパン氏は、2月下旬に以下のように述べた。

「米国の財政赤字は明らかに非常に重大な懸念」

「企業の利益率をかんがみれば、米国経済が景気循環の終わりの段階にある」
だから、
「米国経済が年内に景気後退入りする可能性がある」
しかし、
「景気後退入りの時期を予測することは出来ない」

このグリーンスパン氏のコメントが、
今回のドル円、クロス円の下落の引鉄(ひきがね)となっている感が、
無きにしも非ず。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そして、自らの発言の、『失敗』に気がついたグリーンスパン氏は、
前言を撤回して、3月初旬に、こう言い直す。

「米国景気の上向きサイクルは成熟」

「米国景気後退はあり得るが、2007年の可能性は低い」

「米国企業利益率はピークを迎えつつある」

完全なる撤回は、していない。よく見れば、同じ内容。
しかし、ニュアンスがかなりトーンダウン。

(だって、ウソを吐いていたワケではないし、
 「ウッソ、ピョーン!」とは、彼には、言えない!)

(彼が、そう言ったら、ウケそうですし、
 言ったら、私は、ますます好きになりそうですが!)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

さらに、リップサービスで、その後の3月初旬に、次のように述べている。

「住宅販売の下落は底に到達している」

(私は、この言葉は、リップサービスだと、考えています・・・
 まあ、そういった、個人的な推量・思惑は、
 ここでは、たいした問題ではありませんが・・・。)

「円キャリー取引はまだ強いが、ある時点で転換するだろう」

(これも、ある種のリップサービス、
 目先、のドル円、クロス円の急落に配慮した、言動でしょう。

 グリーンスパン氏が、FXマーケット[外国為替市場]に、
 いかに、精通しているか!
 自らの言動が、どのように影響するか!
 知り尽くしている!!

 すげー!!!また尊敬しちゃう!!

 そして、私は、『ある時点で転換するだろう』の方に大注目しています!

 まだ、「円キャリー・トレード」は、続くだろう、と、
 グリーンスパン氏と同じく、私も思います。

 しかし、金利差を狙った取引は、「一般的に言えば、」最終的に破綻する、
 と、グリーンスパン氏は言っているのだ、と思います。

 「一般的に言えば、」と何故付くのか?
 ラッキーで、無意識に『ノアの箱舟』に乗る人って、
 必ず、いるんですよー・・・・。不思議なものです・・・・。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ---昨夜、GREEに書き込んだものを、そのまま引用---【マーケット・コメント】 | トップページ | 【松田哲先生】FXディーラー物語【メルマガ】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ---昨夜、GREEに書き込んだものを、そのまま引用---【マーケット・コメント】 | トップページ | 【松田哲先生】FXディーラー物語【メルマガ】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- »