« 【水面下で起きていること?】---眉毛に唾を付けてお読みください--- | トップページ | ---出版企画/アイデア/キャッチ・コピー募集--- »

2007年3月 8日 (木)

---「大量のドル売り円買い」:ベージュブックは関係ない---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月08日Part2
【マーケット・コメント】
---「大量のドル売り円買い」:ベージュブックは関係ない---

一昨日(3月6日)の東京市場で、ドル/円(USD/JPY)は、
115円台から116円台へリバウンド回復。

その後の、3月6日の海外市場、ドル/円(USD/JPY)は、
概して、116円台での上下動、小動き。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(3月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台後半---[116.75-85]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

昨日(3月7日)の東京市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
[116.80]アラウンドから、[116.20-25]程度に下落。

その後の東京市場は、116円台で小動き。

このところ、大きく変動していたので、
東京市場朝方の[116.80]アラウンドから、[116.20-25]程度に下落を含めて、
『概して、東京市場は、116円台での上下動、小動き』
という言葉に収斂(しゅうれん)してしまう。

人間の感覚は、相対的なものです・・・。

値動きの少ないマーケットが、長く続くと、
『[116.80]アラウンドから、[116.20]アラウンドに下落』は、
ものすごく大きな値動きに感じますが、
2月27日以降、現在までのマーケットでは、
上記値動きは、動いた内に入らない感覚。

人間は、すぐに、新しい環境に慣れる、ということです。

昨日(3月7日)のロンドン市場、ニューヨーク市場も、
このところの値動きで、お疲れの様子。

ロンドン市場、ニューヨーク市場も、概して、116円台での上下動、小動き。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

しかし、ニューヨーク・クローズから、シドニー市場にかけて、
「大量のドル売り円買い」が出た。

投機筋の仕掛けによるものだろう、と、個人的には考えている。
---先に配信したメールマガジンに記載した通り---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(3月7日)のニューヨーク市場では、
「ベージュブック(米地区連銀経済報告)」の発表があった。

それが「大量のドル売り円買い」の原因だとする声もあるが、
ドル/円(USD/JPY)が動き出したのは、
「ベージュブック」の発表から、1時間以上経過してから。

だから、そんなことはない。

例えば、
米国雇用統計の発表後、1時間経過してから反応する、といったことが、
この速いマーケットで、起こるだろうか?([か?]は強い反語)

それに、個人的な対応ですが、
私は、「ベージュブック」なんか、見ない。
(必要があれば、見ますが、今は、見る必要性を感じません)

本当に、「ベージュブック」が原因ならば、
ユーロ/ドル(EUR/USD)でも、
「ユーロ買いドル売り」の反応がなければならないのに、
「ベージュブック」の発表1時間経過後のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
全く動いていない。

だから、ニューヨーク・クローズから、シドニー市場にかけて、
「大量のドル売り円買い」が出たのは、他に、原因・理由があるはずだ、
と思料します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(3月8日)の東京市場ドル/円(USD/JPY)は、
ニューヨーク・クローズから、シドニー市場にかけて、下落したために、
[115.65-70]レベルでオープン。

東京市場では、追随の「ドル売り」は無かった。

そのため、ジリジリとドル/円(USD/JPY)は、上昇し、
東京市場の午前中に、116円台に戻した。

116円台に戻してからは、
「ニューヨーク・クローズから、シドニー市場にかけて、ドルを売った向き」
のドル買戻し(損切りと思料)も出ている印象。

東京市場午後は、116円台後半まで急上昇した。
東京市場夕方は、動かず。116円台後半で持ち合いになった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このところ、何回も述べたことの繰り返しです。

ドル/円(USD/JPY)は、現在、現時点で、
リバウンド局面(調整・綾戻し局面)を迎えていますが、
上値には、どこかしらに「やれやれの売り」が待ち構えていることを
忘れてはいけない、と考えています。

調整局面の場合、その大きさ(振幅・振れ幅)は、
事前には、誰にもわかりません。

『綾を狙っての、買い』は、やらない方が良い、と考えます。
(もちろん、思惑のある人の、売買を妨げる気は、全くありませんが・・・)

相変わらず、
ドル・ロング派(ドル/円の買い持ち)は、一時、撤退、と考えています。

今のところ、考え方に、全く、変化はありません。

確かに、綾狙いの短期的なドル買い、
---つまり、「買っちゃ売り」、「買っちゃ売り」の繰り返し、---
を、やりたければ、それを、止めろ、とは言いません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

しかし、このところのコメントを引用しますが、以下の通りです。

> マーケットは、まだ、落ち着きを取り戻しておらず、
> リスク、ボラティリティ、共に高い状態です。
>
> まだ、ポジションの整理が、十分に、終っていません。
>
> 換言すれば、
> ドル/円、および、クロス/円で、
> 高値でつかまったまま、残ってしまったポジションがたくさんあります。
>
> ドル/円よりも、多種類のクロス/円の方が、
> 対応が遅いですから、その点に注意が必要です。
>
> クロス/円は、マイナー通貨ほど、対応が遅いものです。
>
> クロス/円で、最もメジャーは、ユーロ/円。次がポンド/円、スイス/円。
> 『マイナー・クロス/円』の整理は、これから始まる、と考えています。
>
> 下値リスクは、収まっていません・・・・。
>

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【水面下で起きていること?】---眉毛に唾を付けてお読みください--- | トップページ | ---出版企画/アイデア/キャッチ・コピー募集--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【水面下で起きていること?】---眉毛に唾を付けてお読みください--- | トップページ | ---出版企画/アイデア/キャッチ・コピー募集--- »