« 【こーぢ。さんの奮闘記】---応援メッセージ到着!!--- | トップページ | 6円急落しているのだから、「調整」が無い方が変だ »

2007年3月 7日 (水)

【今回、何が起こっているのか?】---『敬虔な畏怖の念』を忘れずに!---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月07日Part3
【今回、何が起こっているのか?】
---『敬虔な畏怖の念』を忘れずに!---
---しかし、太陽の下、新しいことは何もない---

普段は、諸般の事情から、配信する時間は限られています・・・。
ただ、今日は、いろいろな事柄が、いっぺんに重なって・・・。

また、こういった内容(コンテンツ)には、『旬』があります・・・。
まあ、何は、ともあれ・・・。

(↑まくらことば、です)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ところで今回の為替の変動は、もちろん、世界の株安に起因している、
と考えている。

そして、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が起こったのだが、
なぜ、それが起こったのか?

それは、どれ(誰)でもよいのだが、
(そんなことは、どーでもよいのだが、)
某、巨額のヘッジファンドが、エマージング株式に、巨額の投資を行っていた。

原因は何であれ、株価が下落した。

エマージング株式は、リクイディテイ(流動性)がないから、
売りたいときに、カウンターパーティ(取引の相手)がいない。

要するに、エマージング株式は、ヘッジをしたくても、ヘッジができないのだ。

フューチャーだとか、代替マーケットもない。

あっても、巨額のアマウントでは、取引不能。

誰が、そんなカウンターパーティ(取引の相手)になるものか?
(『か』は、強い反語)

だから、『取引不可能』ではなく、『不能』なのだ。

そーすると、下落している場合に、指をくわえて見ている羽目に陥る。

とーぜん、損が出る。

損が出ると、ヘッジファンドへ投資している投資家たちは、
解約しようとするから、手元に、キャッシュ(現金)が必要になる。

それじゃあ・・・・、何か、「利食えるもの」はないか?
(こーいったときは、損してまで、ポジションを縮めたくないから、
 「利食えるもの」を探すのは、人間の常・・・)

そーだよ!
「ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「その他クロス円」が、
利食えるじゃないか!

換金しやすいし! 
(っていうか、お金とお金の取引だから、もろキャッシュ)

で、利食いを始めたら、そのアマウント(金額)が大きかったので、
マーケットが動き出してしまった・・・。

はずみがつくと、ますます自分の首を絞めることになる。

自らが売ったことで、
「ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「その他クロス円」が下落し、
その評価益は、小さくなる。

エマージングの損を、為替益で・・・・、といった思惑が

エマージングの損と、為替の損と・・・・

悪い方向に、動き出すと、加速度的に悪くなる。

為替が変になったセイで、ますます株もおかしくなる・・・

まあ、それが全てとは言わないが、
水面下で、そういったことが起こっていたのではないか?
と、考えている。

要するに、1998年に起きた【LTCMショック】のミニ版が起こっていた、
と、考えている。

1998年当時と比べると、リスク管理の手法も進歩しているから、
また、当時と比べると、規制もあるから、
1998年に起きた【LTCMショック】よりも、値動きが『小振り』。

1998年10月の際は、
ドル/円が、138円から、108円まで、2日間で下落した。
48時間で、30円下落した。

最近になって、外国為替を始めた人にとっては、
アンビリバボーだろうが・・・

今回は、今のところ、121円から115円に落ちただけだから、6円の下落。

今回の動きは、まだ終了したとは思っていない。

※言葉尻で、捕らえないように。
 まだ落ちると断定しているわけではない。
 下落する可能性は高い、と考えているが・・・

※少なくとも、現在の状況判断からすると、
 マーケットは、まだ、落ち着きを取り戻しておらず、
 リスク、ボラティリティ、共に高い状態が続いている。

※まだ、ポジションの整理が、十分に、終っていない。

※換言すれば、
 ドル/円、および、クロス/円で、
 高値でつかまったまま、残ってしまったポジションがたくさんある。

また、2月27日から始まって、まだ10日も経っていない。

だから、今の時点で、1998年に起きた【LTCMショック】と、
単純に、比較するのは、謙虚さに欠ける。

場合によっては、『ニュースはこれから出てくるのではないか?』
といった、『敬虔な畏怖の念』を持つべきかも知れない・・・

 ↑これも、---『敬虔な畏怖の念』についても、---
 【新刊本:1勝9敗でも勝つ】に書いた!
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

※今回の上記は、CMではない!
 不思議なもので、
 マーケットで、これから起こることを予知していたようにも、感じる。

 しかし、本当は、そうではなくて、今、新たに起こっていることは、
 デジャブー現象、既視体験なのかも知れない・・・。

※オカルトと思わないでくださいネ。

何を言いたいのか、といえば、以下の通り。

(引用)
第7話 ファースト・ディール(Top)
松田哲のFXディーラー物語(オリジナル)
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/thefirst0001.htm

もちろん、マーケットはいつもフレッシュであり、
一回として全く同じ相場はありませんし、起こり得ません。

しかし、外国為替市場で起こっていることは、今も昔も変わらない。
言い換えれば、今、新たに起こっていることに、新しいことは何もない、
とも言えるでしょう。

太陽の下、新しいことは何もないのかも知れません。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【こーぢ。さんの奮闘記】---応援メッセージ到着!!--- | トップページ | 6円急落しているのだから、「調整」が無い方が変だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【こーぢ。さんの奮闘記】---応援メッセージ到着!!--- | トップページ | 6円急落しているのだから、「調整」が無い方が変だ »