« 【メルマガは、アイデアの原石】---今回は、外国為替とは関係ありません(念のため)--- | トップページ | 【新刊本、売れてます!】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- »

2007年3月10日 (土)

---自分自身の相場観を建てた後必ず拝見させて頂いてます。---【読者の方からのメール】

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月10日Part3
【読者の方からのメール】
---自分自身の相場観を建てた後必ず拝見させて頂いてます。---

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

アマゾン順位は、【241】(2007年03月10日17:35現在)
【290位】(15:35)から、復活しました。(コレ、ホントかなぁ・・・?)
(↑枕詞[まくらことば]です)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※『堂島雀』は、意味・意義のあるハンドルネームですので、
 そのままにしています。

Subject: 自分自身の相場観を建てた後必ず拝見させて頂いてます。
Date: Sat, 10 Mar 2007
From: 堂島雀
To: 物語

もう、かれこれ、5年程ユーロがパリティ以前より、
拝見し勉強させていただいてます。有難うございます。
何とか、生き残ってる次第です。

今日、投稿させていただいたのは、
以前の松田さんの【独断と偏見の為替相場】には
かなりの表題どおりの独断があり、
また僭越ながら私の相場観と通づる処多いなりで、
随分心強く感じました。(周囲の雑音、気にする必要がなかった)。

ここで、私、大阪人なので砕けますが、
最近少し、相場の動きだけのような気がします。

もっと、独断を。

でも、この間、松田さんに対し、
読者より、言いがかりのようなメールも有ることを知り驚いてます。

だから、為替相場の人口が増えても困りものと個人的には思います。

希望。
もっと、独断でお願いします。
最近、マーケットの動きのみのような気がします。

但し、その中でも、マーケットの値動きの中身の捉え方が、
単刀直入であり、的を得られてるので素晴らしいと思っております。

これからも、楽しみに拝見し勉強させて戴きます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

送信者:  物語
宛先:  堂島雀   
件名:  堂島雀さま 松田哲より   
日時:  2007年03月10日

堂島雀さま

「ユーロがパリティ以前」となると、ずいぶん以前ですねー・・・。
今、チャートを見て、調べてみました。

ユーロ(EUR/USD)が、パリティ(1.0000)を回復したのが、2002年7月です。
それ以前となると、本当に、初期のころです・・・。
このメールマガジンの配信を始めたのは、2002年4月ですから。

私も、感慨無量です・・・。
お読みいただき、本当に、ありがとうございます!!

5年生き残れれば、間違いさえ起こさなければ、一生、生き残れます。
これからも、末永く、こちらこそ、ぜひ、よろしくお願いいたします!

ご意見、ご感想、きちんと、受け止めます。

【独断と偏見の】とタイトルを付けたのは、
『自分(書き手、著者)も、もちろん、間違えるときがあります』
『だから、鵜呑みにしないで、ご自分で、きちんと判断してください』
という意味を込めたことがあります。

しかし、さまざまな意味で、マーケットが拡大してくると、
『舌鋒鈍る』の感、否めず、といったところがあります。

それでも、私自身は、あまり、変わっていないつもりだったのですが・・・。

「そーですか・・・。バレテマシタ?」

言い訳ですが、マーケットが動くと、
『マーケットのことを書かないと、いけないのかなぁ・・・・?』
といった気分にもなります。

本当は、もっと、面白おかしく、書いた方が、ウケルのでしょうが、
面白おかしい内容だけでは、真摯に読んで下さる方々に、失礼かな?
などとも考えています。

2002年3月24日に書いた文章ですが、
基本的な考えは変わっていませんので、そこから一部抜粋引用します。

http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealerstories/anniversary003.htm

 本当に、このホームページをやめてしまおうかと、何度も何度も考えました。
 今も時々そう思います。

 落ち込んでいる時でも、私の知らない誰かが、
 私の作ったコンテンツを見てくれるかもしれないと考えると、
 いい加減にはできませんでした。

 ただ、
 『本当に、誰かが読んでくれるのだろうか?』
 という疑問は、常に付きまといます。

 というよりも、
 『読んで下さる人たちにとって、本当に面白いのだろうか?』

 『読者の方々に、役に立つコンテンツなのだろうか?』
 といった不安感でしょうか・・・。

 そうも考えるのですが、不遜かも知れませんが、
 あまりにくだらない事柄を書き綴るのは
 読んで下さる方々に申し訳がないし、自分自身も嫌なのです。

 読者の方々から、
 『大したことなんて、全然、書いてないじゃない』
 と批判を受けそうですが、この程度のコンテンツでも、
 私としてはかなりの労力を注いでいるのです。

 読者の方々には、ずいぶんと励まされました。

 不思議なことに、「もうやめちゃおうかな・・・」
 と考えているときに限って、励ましのメールが届くのです。

 コラム系のコンテンツには、
 たまに正直にそういった気持ちのことを書いていますので、
 励ましのメールを送ってくださるのでしょうか?

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【メルマガは、アイデアの原石】---今回は、外国為替とは関係ありません(念のため)--- | トップページ | 【新刊本、売れてます!】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【メルマガは、アイデアの原石】---今回は、外国為替とは関係ありません(念のため)--- | トップページ | 【新刊本、売れてます!】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ--- »