« 【ドル/円&ユーロ/円】---目先の戦術--- | トップページ | 現在も、引き続き『調整局面の最中』---【ドル/円&ユーロ/円】 »

2007年3月29日 (木)

【マーケットは変化している】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

※昨日(3月28日)まで、二日ほど、[ブログ]の更新が出来ませんでした。

 松田哲のFXディーラー物語[ブログ]
 http://forexdealer.cocolog-nifty.com/

ココログの都合(メンテナンス中)ですので、
[ブログ]へのアップは、本日(3月29日)の、これからになります。

---メールマガジンをお読みになっている読者の方は、
  関係ないのかも知れませんが・・・。

  [ブログ]を読んでいる方に、それをお伝えしたかったのですが、
  [ブログ]に、書き込めない状態でしたので、
  それを、伝えることが出来ず、困っておりました。---

※今後も、こういったことは、また起こり得ることです。
 システムのメンテナンスは、恒常的に起こることだからです。

※この際に、メールマガジンにも、ぜひ、ご登録ください
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000089158.html

※上記ブログが見ることが出来ない場合は、
 (あるいは更新されない場合は、)以下をチェックしてください。
 ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月29日Part3
【マーケットは変化している】
---市場参加者の絶対数が拡大し、マーケットの感応度が鈍くなっている---

『ポンド円の週足チャート。

 ビックリするほど、そっくりなの見つけました。
 プライスもほぼ同じレベル。

 現在。2007年3月末。
 1998年9月末。

 最初の大陰線が出た後の戻しなんか、見れば見るほどそっくりです。

 1998年10月には、『LTCMショック』があり、
 その後は、大暴落しています。      』

といったコメントを見かけました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

最近のコメントで、2月下旬からの動きは、
『小型版LTCMショック』が起こっていることを書いた。

確か、3月上旬ころのコメントで、
マーケットで何が起きているのか?
といったような内容だった、と思う。

※調べてみると、
 2007年3月7日Part3
 【今回、何が起こっているのか?】
 ---『敬虔な畏怖の念』を忘れずに!---
 ---しかし、太陽の下、新しいことは何もない---

(自分で書いていても、忘れます・・・)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『円キャリー・トレードのアンワインド(解消)』が
原因だから、似たような動きになっても、不思議ではない。

しかし、1998年10月とは、市場参加者や市場の規模、
ヘッジファンドに対する規制が、2007年の現在は、違っている。

だから、早々に『小型版』と指摘した。

同じようなことは、太陽の下、繰り返し起こるが、
まったく同一のことは起きない。
与件の変化に留意して、「杞憂」は避ける。

マーケット規模が、さまざまな意味で、
1998年10月よりも2007年の現在の方が、
拡大している気がする。

金額ベースでの拡大よりも、
市場参加者数の絶対値が拡大しているので、
標準偏差のばらつきがおおきくなり、
マーケットの感応度が鈍い。

つまり、スピードが遅い。
---こういうと、最近市場に参加された方々は、
  かえって、驚くかもしてないが、
  確実に、マーケットの値動きは、
  そのスピード、その値幅、ともに、鈍くなっています。---

しかし、自分の感覚では、遅い、と感じても、
あるいは、どのように感じようとも、
今のマーケットに合わせ、対応することがセオリー。(大原則)

今あるマーケットに従うのみ・・・・。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【ドル/円&ユーロ/円】---目先の戦術--- | トップページ | 現在も、引き続き『調整局面の最中』---【ドル/円&ユーロ/円】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ドル/円&ユーロ/円】---目先の戦術--- | トップページ | 現在も、引き続き『調整局面の最中』---【ドル/円&ユーロ/円】 »