« 【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】 | トップページ | 【マーケット・コメント】2007年03月15日 »

2007年3月14日 (水)

【読者の方からのメール】---そして、新刊本、出版社より本日(3月14日)出荷---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月14日Part2
【読者の方からのメール】
---そして、新刊本、出版社より本日(3月14日)出荷---

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

アマゾン順位は、【第29位】!(2007年03月14日19:50現在)
(↑枕詞[まくらことば]です)

※大型書店で、【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】の売り切れが
 目立っています。
 本日(3月14日)に、出版社から出荷したはずですので、
 早ければ、明日、遅くとも、この週末には、書店に並ぶはずです。

※某大型書店の、各店舗での売り上げ状態を見せていただきました。
 新宿、梅田では、売り切れ直前。
 福岡、札幌、横浜、熊本、大手町、堺・・・・・では、完売。
 他の店舗を見ても、売り上げ堅調で、残りわずか、という状況でした。

 ありがとうございます!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

みなさまからいただいたメールに、
必ずしも、全てに、お返事ができていません。

大変、申し訳なく思っておりますが、
それでも、いただいたメールには、必ず目を通して、ご参考にしております。

また、いただいたメールをご紹介することも、ありますが、
必ずそうできるわけでもないことも、ご了解ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Fri, 9 Mar 2007
差出人: "*****"
件名: FX ディーラー物語
宛先: "物語"

松田様、

いつもメルマガでお世話になっています。
FXディーラー物語を企画予定と聞き、初めてメールさせていただきました。

あの物語は以前読ませていただきましたが、
非常にリアル且つストーリーも楽しく、
この分野でこんな感覚がもてるとは新鮮でした。
これを機にもう一度読んでみようと思います。

おそらくこのような種類の本を読む人は、
FXをやっているか興味を持っている人ですので、
それらの人を対象をしぼった上で、
キャッチコピーをつけてはいかがでしょうか?
(逆に新たな対象を想定するか、もありだと思いますが)

 「本場FXの舞台裏!」
 「これが本場のFX!」
 「FX用語が自然と頭に入る一冊!」
 「FXのお供に」(控えめ版)

あまりいいキャッチコピーは浮かびませんが、
まずは対象をどうするか、ということだけご提案させていただきました。

マルマガ会員
*****

ps:こーぢさんたちとのやり取りを見たいのですが、
  紹介がないと見れないようなので、もしよければご紹介下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007/03/12 11:12

GREEへのご紹介ありがとうございます。早速登録させていただきました。

私は現在中国在住ですので、帰国次第先生の本を購入しようと思います。

*****

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007/03/12 17:10

*****さま

今後も、よろしくお願い致します。そーですか・・・。中国ですかぁ・・・。
懐かしい国です。私にとっては。

私は、若いころ、中国語を勉強しました。
三菱信託から、霞ヶ関にある東亜学院に半年通いました。

その後、北京か上海に、1年か2年、留学する予定だったのですが、
20年以上前の中国は、まだ、金融ビジネスは無理、と、当時の会社は、判断。
中国語を勉強して来たのならと、そのために、国際部に配属。

当時、人手不足だったディーリング・ルームの所属となりました。
それからは、・・・・といったところです。

その後、中国語を話すチャンスは、ほとんどありませんでした。

勉強をしていた当時は、へたなりに、会話もできたのですが、
もう今は、
「不会説」
「听不dong」(ting-bu-dong)
---“dong”の漢字が無くて、変換できず---

中国は、どちらにいらっしゃるのですか?
お手すきのときに、教えてください。

松田哲

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007/03/13 09:52

松田先生

またまたメールいただき恐縮です。

そんな接点があったんですね。
20年前の中国は私からしたら想像もできません。
私は今中国山東省の青島というところにいますが、
ジャスコ・カルフール・日本料理屋と何でもあり、
生活に不便することはまずありません。
あっ、先生の本を含めた書籍を買えないことくらいですね。

こちらに来て10ヶ月経ちました。
今週の日曜日に、中国語のテストを受けて見る予定です。
これでショックを受けて勉強の動機にします。

今後ともメルマガでの「独断と偏見」楽しみにしてます。
どなたかのコメントであったように、
私も先生のマーケットを後追いしない見方が好きです。

*****

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】 | トップページ | 【マーケット・コメント】2007年03月15日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】 | トップページ | 【マーケット・コメント】2007年03月15日 »