« ドル/円:ドル・ロング派は、一時、撤退、と思料 | トップページ | 【もうすぐ書店に並びます】---「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?」--- »

2007年2月16日 (金)

---ユーロ/ドル(EUR/USD)&ユーロ/円(EUR/JPY)---

∞∞<AD>《2月下旬発売予定》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
     ◇◆◇ FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ◇◆◇
            ---利回り100%の外貨投資戦略---
     ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社

☆☆☆価格が変更になりました■1,659円(税込)⇒■1,554円(税込) ☆☆☆

       アマゾンで、ただいま予約受付中です!
       ⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

(携帯からアクセスする場合)↓
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=ms_b_p_2_p1/249-6561432-2074769?ie=UTF8&uid=NULLGWDOCOMO&a=4774130362

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年02月16日Part2
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)&ユーロ/円(EUR/JPY)---

昨日(2月15日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.31台前半---[1.3130-35]レベル---でオープン。

一昨日(2月14日)のバーナンキFRB議長の議会証言で、
「インフレ圧力が消え始めている」と、楽観的な発言が伝わると、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.3150]アラウンドに急騰。
一昨日(2月14日)のニューヨーク市場は、
1.31台前半程度でクローズを迎えている。

昨日(2月15日)の東京市場は、その流れを受けて、
1.31台前半程度で始まった。

昨日は、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
1.31台前半から1.31台ミドル程度で推移した。

若干の「ユーロ買いドル売り」気配で、
ニューヨーク市場では、[1.3170-75]レベルの高値を付ける場面もあったが、

ドル/円(USD/JPY)が下落した影響から、
ユーロ/円(EUR/JPY)が下落しており、
ユーロ/円(EUR/JPY)が下落した影響から、
ユーロ/ドル(EUR/USD)も売り圧力を受ける、といった連鎖で、
結果的に、ユーロ/ドル(EUR/USD)は小動きとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(2月15日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[158.00]アラウンド---[158.00-05]レベル---でオープン。

一昨日(2月14日)のニューヨーク市場は、
158円台ミドルでクローズを迎えたが、
その後、日付の替わった昨日(2月15日)のシドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)が、[120.50]を割り込み、
120円台前半に急落した影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)も急落して、
[158.00]アラウンドでの東京市場オープンとなった。

昨日(2月15日)の東京市場仲値決めにかけて(東京時間10:00前後)、
ドル/円(USD/JPY)が、[120.00]を割り込み、
[119.80]アラウンドの安値を付けた値動きから、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、[157.50]アラウンドに急落した。

この時点での、昨日のコメントを引用します。

> 今後の値動きで、ドル/円(USD/JPY)が、
> [119.80]アラウンドを下に抜けて急落する場合は、
> ドル/円(USD/JPY)の影響から、
> ユーロ/円(EUR/JPY)も下落する可能性がある。
>
> その場合は、ユーロ・ロング派(ユーロ/円の買い持ち)は、
> 一時、撤退、と考えている。
>
> その場合でも、ユーロ/円(EUR/JPY)に関しては、
> トレンドが変わった訳ではないが、下落の可能性が高い場合には、
> いったんポジションを手放して、リスクを避ける、
> ---つまり、ヘッジを行うのは、当然のテクニック---
> と考えています。
(2月15日東京時間15:00のコメント)

昨日(2月15日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の朝方と、
概して、157円台ミドルから158円台に乗せたあたりでの上下動だったが、

昨日(2月15日)のニューヨーク市場の午前中に、
ドル/円(USD/JPY)が[119.80]を下に割り込み、
ストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)を巻き込んで、
[119.50]も下に抜け、安値[119.15-20]レベルを示現する値動きになると、
上述の通りに
> ドル/円(USD/JPY)の影響から、
> ユーロ/円(EUR/JPY)も下落した。

昨日(2月15日)のニューヨーク市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
一気に[157.00]を割り込み、[156.60-65]レベルの安値を示現した。

ニューヨーク・クローズも同水準。

本日(2月16日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
157円台に乗せる程度にリバウンドする場面もあるが、上値は重い状態。

今後の値動きで、ドル/円(USD/JPY)の下落が加速する場合に、
ユーロ/円(EUR/JPY)のロング(買い持ち)を無理して持つことは、
無用のリスクを負うだけ。

ユーロ/円(EUR/JPY)のブル・トレンド(上昇傾向)は、
まだ、継続しているが、ヘッジ(リスク回避)オペレーションは、
重要な手法(テクニック)と考えます。

現時点では、それ(トレンド転換)を考える必要は、まだ無いが、
この値動きが継続・発展して、
ユーロ/円(EUR/JPY)のブル・トレンド(上昇傾向)が転換する可能性が
まったく無い訳ではないことも、頭の片隅に置いておくべきだ、
と考えています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,659円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ドル/円:ドル・ロング派は、一時、撤退、と思料 | トップページ | 【もうすぐ書店に並びます】---「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?」--- »

コメント

いつも有益な情報を有難うございます。

usd/jpyが粘着質的なのは以前から何の無く
解っていました。指摘されて”ハット”思いました。そのボーダラインの存在も併せて。一説にはオプションの期限等の話もありますね。

さて、usd/jpyの月毎トレンドを俯瞰的(2003~今年)に見ると、どうもこの月~2、3ヶ月で、円高にトレンドが変わるように思えるのですが、松田さんはどう思いますか??

投稿: loshe | 2007年2月17日 (土) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル/円:ドル・ロング派は、一時、撤退、と思料 | トップページ | 【もうすぐ書店に並びます】---「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?」--- »