« ポールソン米財務長官の発言で円高---FOMCは予想通りで、サプライズなし--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円は、結局、[120.00]にタッチできず、買戻し--- »

2007年2月 1日 (木)

【1月29日(月)のコメントを、抜粋再送】---[120.00]を割り込む場合は、いったんロング派は撤退するべきところ---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,659円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>《2月下旬発売予定》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
     ◇◆◇ FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ◇◆◇
            ---利回り100%の外貨投資戦略---
     ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,659円(税込)

       アマゾンで、ただいま予約受付中です!
       ⇒ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4774130362/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年02月01日Part2
【1月29日(月)のコメントを、抜粋再送】
---[120.00]を割り込む場合は、いったんロング派は撤退するべきところ---

今週の月曜日(1月29日)のコメントを、そのまま一部抜粋して、再送します。
時間の経過を斟酌の上、お読みください。

---できれば、
  先週後半あたりから、このところのコメントを再読してください。---

> 2007年01月29日
> 【マーケット・コメント】
> ---気になるドル/円の「たくり足」---
>
> (前略)
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 荒っぽい上下動で、
> ブル・ベア(強気・弱気)の思惑がぶつかり合っています。
> ユーロ/円(EUR/JPY)、ドル/円(USD/JPY)ともに、
> 高値持ち合い(高値での乱高下)の様相を呈しています。
>
> ドル/円(USD/JPY)に関しては、
> テクニカル分析(チャート分析)で見ると、
> [120.00]を下に割り込む場合はいったんロング派(ドル買い円売り派)は
> 撤退するべきところです。
> ---つまり、ドル/円(USD/JPY)のチャート・ポイント(サポート)は、
>   [120.00]アラウンド。---
>
> ---ローソク足(日足)で見ると、
>   1月25日のドル/円(USD/JPY)のチャートは、
>   いわゆる「たくり足」になっているのが、気になります。---
>
> ---「たくり足」が、天井圏で出る陽線のものを「首吊り足」と言い、
>   急落の前兆であることが多い、と言われています。
>   その後(1月25日以後)のドル/円(USD/JPY)は、上進していますから、
>   今の時点では、「首吊り足」にとらわれる必要はないのですが、
>   [120.00]を下に割り込む場合は、
>   いったんロング派(ドル買い円売り派)は撤退するべきところ、
>   といったテクニカル分析と一致します。---
>
> ユーロ/円(EUR/JPY)に関しては、
> テクニカル分析(チャート分析)で見ると、
> 153円台ミドルを下に抜ける場合は
> いったんロング派(ユーロ買い円売り派)は撤退するべきところです。
> ---つまり、ユーロ/円(EUR/JPY)のチャート・ポイント(サポート)は、
>   153円台ミドル。---
>
>
> 比較するならば、ユーロ/円(EUR/JPY)の方が、
> チャート・ポイントまで、余裕があるといった印象です。
>

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ポールソン米財務長官の発言で円高---FOMCは予想通りで、サプライズなし--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円は、結局、[120.00]にタッチできず、買戻し--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポールソン米財務長官の発言で円高---FOMCは予想通りで、サプライズなし--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円は、結局、[120.00]にタッチできず、買戻し--- »