« 最終的に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、クロス円の値動きに収束---【マーケット・コメント】 | トップページ | 気になるドル/円の「たくり足」---【マーケット・コメント】2007年01月29日 »

2007年1月26日 (金)

荒っぽい上下動で、ブル・ベア(強気・弱気)の思惑が交錯---【マーケット・コメント】

∞∞<AD>《2月下旬発売予定》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
     ◇◆◇ FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ◇◆◇
            ---利回り100%の外貨投資戦略---
     ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,580円
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年01月26日
【マーケット・コメント】
---荒っぽい上下動で、ブル・ベア(強気・弱気)の思惑が交錯---

昨日(1月25日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
120円台後半---[120.85-90]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

一昨日(1月24日)の東京市場では、上値[121.80]アラウンドをトライするも、
[121.80]よりも上の水準にある大量のドル売り注文のため、上進できず、
一昨日(1月24日)は、東京時間15:00を過ぎて、
ドル/円(USD/JPY)は120円台後半に急落。

一昨日(1月24日)のロンドン市場では、ドルの買戻しから、急反発。
[121.60-65]レベルにまで戻している。約100ポイントの急上昇。

そして、一昨日(1月24日)のニューヨーク市場では、
再び、120円台後半程度に急落している。

そういった乱高下の後を受けて、
昨日(1月25日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
クロス円の売り圧力などから、東京市場の午後に、120円台前半に急落した。

東京市場の朝方の水準と比べると、約1円の下落。

ロンドン市場では、120円台ミドル程度で持ち合った後は、
下値が底堅かったことから、ドル買戻しが出て、120円台後半に上昇した。

ニューヨーク市場では、[121.00]を越えると、
目先でドルを売った向きの損切り(ドル買い円売り)も出て、
[121.20]アラウンドでニューヨーク・クローズを迎えた。

本日(1月26日)の東京市場が始まる前のシドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、「ショート・スクイズ」を起こし、
[121.60]アラウンドまで急騰した。

本日(1月26日)の東京市場が始まると、今度は[121.25]アラウンドに急落。

本日(1月26日)の東京市場は、[121.25-60]程度での、
荒っぽい上下動で、ブル・ベア(強気・弱気)の思惑が交錯している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月25日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.29台ミドル---[1.2960-65]レベル---でオープン。

昨日(1月25日)の東京市場では動かず。

東京市場の引け際になって、
ロンドン勢が参加してくると、[1.3000]アラウンドに急騰した。
ユーロ/円(EUR/JPY)での買いの影響で、ユーロ/ドル(EUR/USD)が上昇した。

その後のロンドン市場、ニューヨーク市場では、
1.29台後半程度で、持ち合いとなった。

ニューヨーク市場の引けに掛けて、ユーロ/円(EUR/JPY)が下落した影響から、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、1.29台後半から1.29台前半に急落した。

そのまま、1.29台前半で、ニューヨーク・クローズ。

本日(1月26日)の東京市場は、1.29台前半のまま、持ち合い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月25日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
156円台ミドル---[156.65-70]レベル---でオープン。

一昨日(1月24日)の東京市場朝方に、[158.50]も上に抜けて、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、歴史的高値(ユーロ統合以来の最高値)を更新。
ブル・トレンドを再確認している。
このときに付けた高値は、[158.60-65]レベル。

その後、
一昨日(1月24日)の東京市場では、朝方から、豪ドル/円(AUD/JPY)が、
急落していた影響から、
大量の「ユーロ売り円買い」が出て、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、156円台ミドルに急落した。

最終的に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
豪ドル/円(AUD/JPY)などの値動きに収束した。

つまり、クロス円が、ばらばらの値動きになるのではなく、
通常のように、クロス円が、同一方向に動くように修正された。

昨日(1月25日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
そういった流れを受けて、軟調に推移し、東京市場の午後に、
[156.00]も割り込んだ。安値は[155.75-80]レベル。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、東京市場朝方の[157.00]アラウンドから比べると、
100ポイント以上の急落を見ている。

しかし、[156.00]を割り込んでからは、
この流れで、「ユーロ売り円買い」を行った向きの買戻しや、
新規で「円キャリートレード」を行う向きの「ユーロ買い円売り」が
あった様子。

東京市場の夕方から、急反発して、156円台後半を示現。
ロンドン市場では、思惑のぶつかり合いから、156円台ミドルで乱高下。

ニューヨーク市場では、買い方が勝り、157円台を回復した。
しかし、ニューヨーク市場の午後になって、
[156.50]アラウンドに急落している。

ニューヨーク・クローズは、156円台後半程度。

本日(1月26日)の東京市場が始まる前のシドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)が、「ショート・スクイズ」を起こし、
[121.60]アラウンドまで急騰した影響から、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、
[156.80]アラウンドから[157.40]アラウンドに跳ね上がった。

本日(1月26日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[157.00]を挟んでの乱高下の様相。荒っぽい展開になっている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 最終的に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、クロス円の値動きに収束---【マーケット・コメント】 | トップページ | 気になるドル/円の「たくり足」---【マーケット・コメント】2007年01月29日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最終的に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、クロス円の値動きに収束---【マーケット・コメント】 | トップページ | 気になるドル/円の「たくり足」---【マーケット・コメント】2007年01月29日 »