« 【マーケット・コメント】2007年01月24日 | トップページ | 最終的に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、クロス円の値動きに収束---【マーケット・コメント】 »

2007年1月24日 (水)

クロス円が極端に高い水準にある、特殊な状況

∞∞<AD>《2月下旬発売予定》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
     ◇◆◇ FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ◇◆◇
            ---利回り100%の外貨投資戦略---
     ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,580円
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

クロス円が極端に高い水準にある、特殊な状況

昨日、1月23日(火)のロンドン市場の朝方から、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が上昇したことや、
ポンド/円(GBP/JPY)が上昇したことから、ユーロ/円(EUR/JPY)は上昇した。

ロンドン市場では、157円台ミドルから、158円台に乗せた。
ユーロ/円(EUR/JPY)は、
年初につけた歴史的高値(ユーロ統合以来の最高値)
[158.00-10]レベルを上に抜けた。

トレンドが変わった訳ではない。
むしろ、現状のトレンドは、
「ユーロ・ブル(ユーロ強気派/ユーロ高派)」で、何ら変化は無い。

だから、ユーロ/円(EUR/JPY)が[158.50]を越えて、上昇していく場合は、
改めて「ユーロの買い場」を探して、「買い」で、ついて行く必要がある、
と考えていたが、
1月24日(水)の東京市場では、[158.50]も上に抜けて、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、歴史的高値(ユーロ統合以来の最高値)を更新。
ブル・トレンドを再確認している。

しかし、ここで、気になるのが、豪ドル/円(AUD/JPY)の値動き。

本日、1月24日(水)の東京市場で、豪ドル/円(AUD/JPY)が、
96円台ミドルから95円台前半へ、1円以上の急落を見ている。

通常は、クロス円は、同一方向に動く。

だから、今回の値動きでは、
ユーロ/円が歴史的高値(ユーロ統合以来の最高値)を
更新して上昇しているのに、
豪ドル/円(AUD/JPY)は、急落しており、
異常な値動きを示していることになる。

豪ドル/円(AUD/JPY)の値動きは、
クロス円が極端に高い水準にある、特殊な状況である、
というシグナルと考えている。

まめに利食いを入れるようにして、
リスクをヘッジ(回避)しながら、慎重に対応をするべき、
と考えている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】2007年01月24日 | トップページ | 最終的に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、クロス円の値動きに収束---【マーケット・コメント】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】2007年01月24日 | トップページ | 最終的に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、クロス円の値動きに収束---【マーケット・コメント】 »