« 【来年初(2007年初)は、「円金利をテーマとした金利相場」】2006年12月28日Part2 | トップページ | 年末から年始のマーケット、ユーロ/ドル(EUR/USD)---2007年01月04日Part2 »

2007年1月 4日 (木)

【明けましておめでとうございます!!】2007年01月04日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年01月04日
【明けましておめでとうございます!!】
---年末から年始のマーケット、まず、ドル/円(USD/JPY)から---

明けましておめでとうございます!!

まずは、年末から年始のマーケット(外国為替市場)を振り返ってみます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まず、ドル/円(USD/JPY)から。

2006年12月28日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118台後半---[118.70-75]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

2006年12月28日(木)は、年末のマーケットで、市場参加者も少なく、
東京、ロンドン、ニューヨークと目だった動きなし。
118円台後半での持ち合いとなった。

2006年12月29日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118台後半---[118.85-90]レベル---でオープン。

2006年12月29日(金)のマーケットも、年末で、持ち合いのまま。
レンジは、118円台後半から119円台に乗せたあたりでの推移となり、
概して、[118.80-119.10]程度。
前日(2006年12月28日)と比べると、若干のドル高円安水準。
しかし、注意を払うには及ばない値動きだった。
ニューヨーク・クローズは、[119.00]アラウンド。

2007年1月1日は、元旦で、世界中がお休み。

2007年1月2日(火)のシドニー市場のドル/円(USD/JPY)は、
年末のニューヨーク・クローズ、[119.00]アラウンドで始まった。

東京市場がお休みのアジア市場の時間帯に、
ドル/円(USD/JPY)は、118台後半から118円台ミドル程度に下落。

昨年末に、「日銀が円金利引き上げを1月に実施するか、否か」が
テーマ・話題になった。
この材料は、1月早々に、「円金利引き上げ」が実施されるのではないか、
という観測(思惑)から、
日米金利差の縮小をイメージしたということでもあります。
つまり、「ドル売り円買い材料」を焼き直した格好になっています。

1月2日(火)のロンドン市場、ニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台ミドルから118円台後半程度で大きな値動きにならず。

2007年1月3日(水)のシドニー市場、アジア市場のドル/円(USD/JPY)は、
そのまま118円台後半で動かず。

2007年1月3日(水)のロンドン市場、ニューヨーク市場で
ドル/円(USD/JPY)急騰。
ロンドン市場の朝方の118円台後半から、
ニューヨーク市場の昼頃には119円台ミドルに上昇した。
高値は、[119.65-70]レベル。1円弱の急上昇となった。

さしたる理由もないが、
ユーロ/ドル(EUR/USD)やポンド/ドル(GBP/USD)が急落したので
---つまり、「ユーロ売りドル買い」
  「ポンド売りドル買い」になったので、---
ドル/円(USD/JPY)でも、「ドル買い円売り」に連れた、といったところ。

ちなみに、ポンド/ドル(GBP/USD)は、1.97台ミドルから[1.9500]割れまで、
250ポイント以上の急落。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.32台後半から[1.3150]割れまで、150ポイント程度の急落。

ユーロ/ドル(EUR/USD)やポンド/ドル(GBP/USD)での
「ドル買い」と比べると、ドル/円(USD/JPY)での1円弱の急上昇は、
あまりたいしたことがないように映る。

市場参加者の、まだ薄い、年始相場の中で、「狼狽的な値動き」とみている。

2007年1月3日(水)ニューヨーク市場でのドル/円(USD/JPY)は、
高値[119.65-70]レベルを付けた急騰後は、119円台前半に戻し、
持ち合いとなっている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

現状のマーケットは、基本的には、
明日(1月5日金曜日)の米国失業率(米国雇用統計)を控えた様子見
と考えている。

年初早々に、荒れた展開になっている。
ただ、毎年、年初は、米国雇用統計までが、
市場参加者の薄い状態であるのはいつものこと。

まだまだ今年のマーケット(外国為替市場)は始まったばかり。
まずは、市場参加者がそろうまで、つまり、米国雇用統計までに、
もう一度、昨年末から、この年初までの値動きをチャートなどでよく確認し、
また、もう一度、ニュースや現在のテーマ(材料)などを
見直す作業から入るのが良いだろう、と思っています。

米国雇用統計は、今週末(1月5日金曜日)ですから、今週いっぱいまでは、
市場参加者が薄く、ボラティリィティが高い状態なので、
丁寧に対応することを心がけるところでしょう。
あわてる必要は全くない、と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今年もよろしくお願い申し上げます。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【来年初(2007年初)は、「円金利をテーマとした金利相場」】2006年12月28日Part2 | トップページ | 年末から年始のマーケット、ユーロ/ドル(EUR/USD)---2007年01月04日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【来年初(2007年初)は、「円金利をテーマとした金利相場」】2006年12月28日Part2 | トップページ | 年末から年始のマーケット、ユーロ/ドル(EUR/USD)---2007年01月04日Part2 »