« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »

2006年12月 1日 (金)

---水から煮る泥鰌(どじょう)鍋---【ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても・・・】2006年12月01日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年12月01日Part2
【ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても・・・】
---水から煮る泥鰌(どじょう)鍋---
---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月30日)のコメントを一部抜粋添付しておきます。

> 2006年11月30日
> 【損切りのタイミングは、たった一日しか無かった】
> ---事実上は、ほんの数時間しかなかった---
> ---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---
>
>
> 「値ごろ感」での『ユーロ売り』はやめた方が良い。
> そう、このところ、繰り返し述べた。
>
> この『ユーロ売り』は、対ドルでも、対円でも、という意味だ。
>
> 『ユーロ売り(ドル買い)』&『ユーロ売り(円買い)』は、
> やめた方が良い、
> と、書くのを、ひっくるめて、
> 「値ごろ感」での『ユーロ売り』はやめた方が良い、と述べた。
>

---(中略)---

> ※言いにくいのですが、
> 1.27台、1.28台、1.29台での
> 「ユーロ/ドル(EUR/USD)売り持ち(ユーロ・ショート)」を
> 抱えている場合は、さっさと損切って、
> 新たな気持ちで、現在のマーケット(相場)に臨んだ方が良い、
> あるいは、次のチャンスに備えるように対応した方が良い、
> ということです。
>

---(中略)---

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 「まず、対ドルで考えると、・・・」と書いた通りに、
> ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても、書くつもりだったのですが、
> 文章量と執筆時間の関係で、割愛。
>
> 時間的に余裕があれば、書く機会もあるでしょう。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪

時間的に余裕は無いのですが、今、書いておかないと・・・
と、思うので、ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても、書いておきます。

140円台でのユーロ/円(EUR/JPY)のショート(売り持ち)は、
致命傷になる前に、損切りを敢行した方が良い。

そう言うと、
「どこで切ればよいの?」
といった質問を受けます。

損切りは、切り遅れたら、【今すぐに切る】ことです。

『もう少しは、「ディップ」があるはずだ』
とか、
『「綾(あや)」があるはずだ』
といった声も聞こえてきます。

その気持ちは、充分に、理解できます。

でも、レベルを気にしないで、
『損切りは、切り遅れたら、【今すぐに切る】こと』です。

相場にうまく対応していて、「綾(あや)」を狙うのなら、
それは、『趣味』『嗜好』『好み』といったことで、
それもまた良いでしょう。

しかし、相場に失敗して、『綾』を待っているのは、
『水から煮る泥鰌(どじょう)鍋』と一緒。

鍋の真ん中に豆腐を入れ、水を入れ、そして泥鰌(どじょう)を入れて、
水から煮る。鍋が熱くなると、泥鰌(どじょう)が温度の低い豆腐の中に
頭から入りこみます。

カエルやエビを料理するときは、
水から煮ると、暴れることも無く静かに茹だってくれます。

ドジョウやカエルやエビが、熱いと気付いたときには、美味しくなっています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

---『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---【マーケット・コメント】2006年12月01日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年12月01日
【マーケット・コメント】
---『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---

昨日(11月30日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台ミドル程度---[116.35-45]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場の朝方は、仲値決定後に、誰かが買い上げたのか、
軽いショートスクイズ気味の動きを示し、高値[116.50-60]レベルを付けた。

しかし、それ以上の追随の「ドル買い」は無く、
むしろ、このところの値動きで、売りそびれていた向きのドル売りが、
116円台ミドルで出た。

「売り方」としては、本当は、もう少し、高い水準で売りたかったのだろうが、
誰かが売り出すと、売りそびれていた向き(高値でつかまっている向き)は、
『我も我も』といったセンチメントを呼び起こす。

結果、東京市場の午前中に、[116.20]アラウンドにストンと落ちた。

その後の東京市場は、上値の重い中、116円台前半で動かず。
概して、[116.00-20]程度で揉み合い。

ロンドン市場の朝方も、そのまま116円台前半で動かず。

ニューヨーク市場になって、[115.50]アラウンドに急落した。

[115.50]には、「防戦のドル買い」もあった様子だ。
[115.50]を下に抜け切れなかったことから、ドルの買戻しも出て、
[115.50-80]程度のゾーンで持ち合いとなり、
そのままニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月30日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3150]アラウンド---[1.3145-50]レベル---でオープン。

東京市場、ロンドン市場の朝方と、「ジリ高」に推移した。
---断続的に「ユーロ買いドル売り」となった。---

ロンドン市場で、[1.3200]を上に抜けて、「高値持ち合い」を形成。

ニューヨーク市場では、
[1.3250]も上に突き破り、[1.3270-80]レベルの高値を付けた。
ニューヨーク・クローズは、1.32台ミドルの高値引け。

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月30日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[153.00]アラウンドでオープン。

東京市場では動かず。[153.00]を挟んでの「高値持ち合い」。

ロンドン市場の朝方に、欧州勢の「ユーロ買い円売り」が出て、
153円台ミドルに軽く噴き上げた。[153.45-50]レベルを示現。
ただし、オプション取引絡みの「防戦売り(ユーロ売り)」があったようで、
この時点では、[153.50]にタッチしていない。

その後のニューヨーク市場午後は、153円台ミドルで「高値持ち合い」。
そのまま引けた。

♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(12月1日)の東京市場午後になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)の[153.50]もエグゼキュート(遂行)した。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年11月30日 (木)

【読者の方からのメール紹介】2006年11月30日Part4

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月30日Part4
【読者の方からのメール紹介】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 29 Nov 2006
差出人: "**"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年11月29日号Part3
           【マーケット・コメント】
            ---『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

毎日楽しく拝読しております。
昨日のメルマガで、スッキリしました。

具体的に”どこが”という指摘ができないまま
キャリートレードのアンワインドの情報に流されかけていました。

マーケットを見ると、EUR/USDとEUR/JPYが
USD/JPYの動きと乖離している。

一般的にいって、USD/JPYとEUR/JPYは方向性として
同じような動きをするはず。
USD/JPYとEUR/USDは、逆の動きをするはず。

なのに、EUR/JPYとEUR/USDが共に上昇している。
チョット、パニックになりかけていました。

単純に考えれば、ドルが売られて、その分?ユーロが
買われたといえる。
しかし、円高ではない。
キャリートレードのアンワインドならば、EUR/JPYは
下がるはず・・・という視点が先生に指摘されるまで
抜けておりました。

まだまだ、勉強が足りませぬ。
今後ともご指導をお願い致します。

From **

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---全般に小動き---2006年11月30日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月30日Part3
【マーケット・コメント】
---全般に小動き---

昨日(11月29日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台前半---[116.00-10]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

一昨日(11月28日)のドル/円(USD/JPY)は、[116.05-15]レベルなので、
ほとんど同じレベルでのオープン(寄り付き)となった。

一昨日(11月28日)のドル/円(USD/JPY)が、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、終日、動きらしい動きも無し。
[115.90-116.40]での狭い範囲での持ち合いだったので、当然といえば当然。

昨日(11月29日)の東京市場では、朝方からドル売り先行。
安値[115.55-60]レベルまで下落するも、それ以上は落ちず。

東京市場の夕方から、ロンドン市場の朝方にかけて、
「ショート・スクイズ」気味の値動き。
[116.00]を上に抜けると、
目先でドルを売っていた向きのストップ・ロス(損切り)誘発した。

ニューヨーク市場の朝方に、116円台ミドルまで上昇するも、
[116.50]には届かず。

その後のニューヨーク市場は、
概して[115.90-116.40]程度での「ボックス相場」。

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月29日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
高値水準の1.32台で始まった。[1.3200-10]レベルでオープン。

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、「ジリ安」に推移した。

しかし、一歩下がって見ると、
高値持ち合いの中で、若干の調整的な「ジリ安」を見た、という程度。

ロンドン市場・ニューヨーク市場では、[1.3150]を挟んで、持ち合いとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月29日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[153.20-25]レベルでオープン。

昨日(11月29日)は、東京市場オープン前のシドニー市場で、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、[153.40-45]レベルを付けている。

東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、その高値水準から
下落して始まった。

昨日(11月29日)の東京市場では、
ドル/円(USD/JPY)で、朝方からドル売りが先行したために、
ユーロ/円(EUR/JPY)も下落。

152円台ミドル程度まで下落するも、それ以上は落ちず。
安値は、[152.50-60]レベル。ただし、[152.50]には届かず。

東京市場の午後から、ロンドン市場、ニューヨーク市場の朝方にかけて、
反転し、ジリジリと値を戻した。高値は[153.10-15]レベル。

概して言うならば、
このところユーロ/円(EUR/JPY)は急騰していたので、
153円台ミドルから152円台ミドルへの調整下落(綾戻し)を見たが、
153円台に戻した。
その後は、俯瞰するならば、高値水準での「ボックス相場」。
[153.00]からみでの小さな上下動。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【さも、そうでありそうな理由】---人は、自分が納得のいく説明だと信じるが、そうでないと、信じない---2006年11月30日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月30日Part2
【さも、そうでありそうな理由】
---人は、自分が納得のいく説明だと信じるが、そうでないと、信じない---

相場が大きく動いたときに、さも、そうでありそうな理由の説明を聞くと、

「ふーん・・・。そうかぁ・・・。そうだったのかぁ・・・。」

と納得する。

しかし、

「えっ・・・? そうなの・・・?!」

といった、自分が想像つかない理由を聞いても、なかなか納得してもらえない。

まして、思ったよりも、単純な理由だったりすると、余計に、

「ええ・・・? ウソでしょ・・・??」

と、疑われたりする。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

自分が、現役のインターバンク・ディーラーだったときに、
大口の損切りを敢行した。

その日、私は、朝からブル(ドル強気)だったので、
コツコツとドルを買い下がった。
ポジションは、徐々に膨らみ、
2億ドルから3億ドルほどのドル・ロング(ドル買い持ち)となった。

しかし、マーケット(ドル円相場)は、下がり続けた。

「ダメだ・・・」
「こんだけ下がるんだから、
 まだ、みんなつかまってる(ドル・ロングが苦しんでいる)」
「ここでひっくり返しても、まだ、間に合うかもしれない・・・」

そう考えて、ひっくり返して倍売った。5億ドル程度を売ったことになる。

マーケットは、はずみをつけて急落。
トータルでは、まだ負けていたが、大負けにはならず、何とか助かった。

マーケットが、もう一段の急落を始めたばかりのときに、何本か電話があった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

親しい外銀ディーラーからの電話;

「マツダさん!バンク・ネガラ(マレーシア中銀)が売ってます!!」

「・・・・。 ああ、そう・・・。
 (確かに、オレ、シンガポール経由で売ったからなぁ・・・)」

「大量に売ったみたいですヨ!」

「いや、ネガラじゃなくて、
 別のところが損切りをしただけだと思うヨ・・・」

「いや、そんなはず無いです!シンガポールが大量に売ってますから!」

「・・・・。 ああ、そう・・・。」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

年金ファンドマネージャーの大竹さんからの電話;

「(マーケットで、)何かあったの?」

「ウン。オレが損切りした。
 マーケットではネガラが売ったことになってる。」

「そっかぁ。どれ位売った?」

「500くらい。」

「そっかぁ。じゃあ、オレも300売るから、売っといて。」

マーケットは、もう一段急落した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

翌日の新聞には、アジアの中央銀行が、外貨準備の割合を変更して、
大量のドルを売ったためにドルが急落した、と、載っていた。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【損切りのタイミングは、たった一日しか無かった】---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---2006年11月30日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月30日
【損切りのタイミングは、たった一日しか無かった】
---事実上は、ほんの数時間しかなかった---
---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---

「値ごろ感」での『ユーロ売り』はやめた方が良い。
そう、このところ、繰り返し述べた。

この『ユーロ売り』は、対ドルでも、対円でも、という意味だ。

『ユーロ売り(ドル買い)』&『ユーロ売り(円買い)』は、やめた方が良い、
と、書くのを、ひっくるめて、
「値ごろ感」での『ユーロ売り』はやめた方が良い、と述べた。

まず、対ドルで考えると、このところのユーロ/ドル(EUR/USD)は、
11月24日(金)のロンドン市場の朝方に[1.3000]を上に『完璧に』抜けた。

[1.3000]は、節目。
---[1.3000]は、みんなが注目するレートという意味での
  チャート・ポイントではある。---

「オプション取引のストライク・プライス」が集中する意味で、
個人的には、[1.3050]を、むしろ、注目していた。

しかし、どちらも([1.3000][1.3050]のいずれも)、
11月24日(金)のロンドン市場の朝方に、簡単に、『完璧に』突き破った。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

もちろん、相場には「綾(あや)」「綾戻し」は起こる。
上下動を繰り返す『クセ』が、無くなるハズが無い。

しかし、それを『願って』トレード(取引)をするのは誤り。

スクウェア(ポジションの無いこと)の状態から、「綾」を狙って、
ユーロ/ドル(EUR/USD)を、「売り」からエンターし(入って)、
サクッと利食うスタイルならまだしも、
1.27台、1.28台、1.29台での
「ユーロ/ドル(EUR/USD)売り持ち(ユーロ・ショート)」を抱えて、
「綾戻し」を望むのは、単なる希望的観測に過ぎない。
これを、マーケット用語では、「ポジション・トーク」と言う。

確かに、ユーロ/ドル(EUR/USD)をショート(売り持ち)にしていた場合、
損切りのタイミングは、[1.3000]と[1.3050]を上に抜けた
11月24日(金)のロンドン市場の朝方の、たった一日しか無かった。

事実上は、ほんの数時間しかなかった、とも言える。
だから、難しかったのは、よく分かる。

[1.3050]を上に抜けた時点で、損切りを敢行していれば良いのだが、
---[1.3060-80]あたりのゾーンが、ストップ・ロス(損切り)のポイント---
米国と日本の、飛び石連休の狭間で、
対応しきれなかった市場参加者は多いだろう。

しかし、それは、油断に過ぎない。
多くの市場参加者が油断したときに限って、こういったことが起こるのは、
「相場の常」。

※言いにくいのですが、
1.27台、1.28台、1.29台での
「ユーロ/ドル(EUR/USD)売り持ち(ユーロ・ショート)」を
抱えている場合は、さっさと損切って、
新たな気持ちで、現在のマーケット(相場)に臨んだ方が良い、
あるいは、次のチャンスに備えるように対応した方が良い、
ということです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回の具体的な相場の動きから、

『みなが油断したときに、相場は予想外に大きく動く』

『市場参加者が、極端に少ないときに、重要なチャート・ポイントを抜けると、
ワン・ウェイ(一方方向)に相場が走り易い』

というように、普遍化して理解しておけば、
今回、失敗していても、次回の糧と出来る。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「まず、対ドルで考えると、・・・」と書いた通りに、
ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても、書くつもりだったのですが、
文章量と執筆時間の関係で、割愛。

時間的に余裕があれば、書く機会もあるでしょう。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年11月29日 (水)

『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---【マーケット・コメント】2006年11月29日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月29日Part3
【マーケット・コメント】
---『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---

昨日(11月28日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台前半---[116.05-15]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

昨日(11月28日)のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、終日、動きらしい動きも無し。
[115.90-116.40]での狭い範囲での持ち合いとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月28日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3125-35]レベルでオープン。

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、「ジリ高」に推移した。
上下動を繰り返しながら、着実に、上昇した。

ロンドン市場で、[1.3150]を上に抜けて、
ニューヨーク市場で、[1.3200]を上に抜けた。
高値は。[1.3205-10]レベル。

断続的に、ストップ・ロス(損切りのユーロ買い)が
エグゼキュート(遂行)されている。

「値ごろ感でのユーロ売り(ドル買い)」が、スクイズされている。

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月28日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[152.45-50]レベルでオープン。

東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、[152.50]を挟んでの小動き。
概して、[152.35-55]程度で持ち合い。

ロンドン勢が参入して、「ユーロ買い円売り」を行った。
ロンドン市場の朝方に、152円台後半に上昇し、
ニューヨーク市場の午後には、153円台にしっかりと乗せた。
高値は、[152.30-40]レベル。

断続的に、ストップ・ロス(損切りのユーロ買い)が
エグゼキュート(遂行)されている。

「値ごろ感でのユーロ売り(円買い)」が、スクイズされている。

♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(11月29日)の東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)に、
「綾戻しが」起こって、
[153.40-45]レベルから、[152.50-55]レベルまでの急落を見ている。

しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)に関しては、
今回の相場が、11月24日の[150.50]アラウンドから始まっている。
3日で(3営業日)で、3円の急騰を見ているのだから、
「綾戻しが」起こる方がが当然。

もちろん、大きく調整する可能性もあるのだが、それに賭けるのは、
単なるギャンブル。
少なくともセオリーではない。

繰り返しになるが、
『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』
と考えている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【具体的な事柄を、普遍化して理解しておく】---現状分析が的確でないと、判断を誤る---2006年11月29日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月29日Part2
【具体的な事柄を、普遍化して理解しておく】
---現状分析が的確でないと、判断を誤る---

物事を普遍化すると、抽象的になる。

一般的に当てはまる様に表現するから、
細部が削り取られて、その代わりに、広い範囲を包括する。

しかし、それは、当然に、具体的ではなくなる。

具体的な例は、狭い領域を詳しく説明するが、普遍的ではないので、
次に同様のケースが起きた場合でも、すぐに、応用できるとは限らない。

マーケット(外国為替市場)で起こること、起きたことを考察するには、
まず、具体的な値動きや、その要因を把握するのが重要だ。

現状分析が的確でないと、判断を誤る。

さらに、今後のマーケット(外国為替市場)に望む際に、
利用できるようにする為には、
その具象的事柄(具体的な事柄)を、普遍化して理解しておかないと、
せっかく経験したことを応用できない。

具象的事柄(具体的な事柄)は、普遍化しておく必要がある。

しかし、既に普遍化されたものを理解するには、
想像力(創造力)を働かせて、具体例を考える、という作業でもある。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月28日)のメールマガジンで、
今回の円高の要因は、『円キャリー・トレードのアンワインド(解消)』が
主要因ではない、と考えていることを述べた。

今回の円高の主要因が、
『円キャリー・トレードのアンワインド(解消)』ならば、
『ユーロ/円(EUR/JPY)でのキャリー・トレード』にもアンワインドが起こり、
ユーロ/円(EUR/JPY)は下落するはずだからだ。

一昨日(11月27日)のメールマガジンでは、次のように述べた。

> 「ユーロ全面高」の印象。
>
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、高値更新を継続しており、
> 「上値のめど」は見当たらない。
>
> 「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い、と考えている。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その具象的事柄(具体的な事柄)を、普遍化して理解しておかないと、
上述の『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』
といった結論を導き出せない。

上述の『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』
といった結論を導き出せなければ、
結果的に、『現状分析が的確でないと、判断を誤る』典型例となってしまう。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【読者の方々からのコメント】---【祝!祝!祝!!! プロ・サッカー選手!!!】---2006年11月29日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月29日
【読者の方々からのコメント】
---【祝!祝!祝!!! プロ・サッカー選手!!!】---

今回は、「外国為替」がテーマではありません。(念のため)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日配信した

◆◆◆【独断と偏見の為替相場】◆◆◆
2006年11月28日号Part3
【祝!祝!祝!!! プロ・サッカー選手!!!】
---「現代金融市場論」:亜細亜大/経営学部---

にコメントをいただきました!ご紹介します!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

From: ******
To: forexdealer@infoseek.jp
Subject: 良かったですね!
Sent: 2006年11月28日 19:35:08

ご無沙汰しております、***です。

サッカー選手になった亜細亜大生って、
以前に松田さんの授業にお邪魔した時に会った彼ですよね?
本当に良かったですね!
プロスポーツの世界については何も分かりませんが、
非常に、非常に狭い門である、ということくらいは分かります。
正直なところ、
「いくら上手くても、やっぱりプロになるって難しいんだろうなぁ・・・」
と内心 思っていました。
やっぱり目標を持って努力を続けることって大切なんだな、
と今更ながら感じました。
きっと、松田さんの激励が
就職について悩んでいた彼の背中を押したのではないでしょうか。
FD物語の「小早川」を思い出しましたが、
松田さんには「相談したくなる親しみやすさ」と
「(賛否はともかく)考えをはっきり伝えてくれる」感じ
があるんだと思います。
ともあれ、ルーマニアでは生活環境から何から、
日本とは全く違って大変でしょうが
色々と経験しながら頑張って欲しいですね。

それでは、年末お忙しいでしょうが、
お体にはお気を付けてお過ごし下さい。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Tue, 28 Nov 2006 19:46:39 +0900 (JST)
差出人: "*******"
件名: おめでとうございます
宛先: "松田哲" <forexdealer@infoseek.jp>

おめでとうございます。

この前話に出てきた彼の事ですよね。
実は、渡米前にサッカーを一緒にやっていた友達数人と会い、
社会人チームやザスパ草津に関係者が居る友人に、
何か力になれることがないか聞いていました。

ザスパに関しては、返事待ちの状態で、
社会人リーグのチームに関しては、一度練習に参加してしてほしいとの事で、
練習日の日時の連絡待ちの状態でした。

しかし、決まって何よりです。一サッカーファンとして、心から嬉しいです。

私の知る限りでは、ルーマニアサッカー協会は、100年近くの歴史があります。
残念ながら、チャンピオンズリーグの常連チームの様な
ビッククラブや有名クラブはありませんが、
ルーマニア代表チームは非常に強く、世界的に有名な選手は居ます。

どちらかといえば、ステップアップの為の第一歩と考えれば、
Jリーグよりも数段いいのではと私は思います。
欧州のビッククラブでの成功を夢見る若い選手たちが
凌ぎを削るリーグですので、
純粋にサッカーで生業を立てたい・サッカーが好きな彼にとって、
非常にいい結果だと思います。

ルーマニアサッカーのプレースタイルでは、個人技のレベルが非常に高いです。
加えて、非常にユニークなチームです。
ワールドカップの予選通過を祝して、
選手みんなが金髪にして試合を行ったことがあるくらいです。

彼の体格やプレースタイルに関しては知りませんが、
ルーマニアのチームでやれるということは、テクニシャンなのでしょう。

ぜひ、ルーマニアの有名選手「ハジ」の様な選手になって、
日本代表で活躍してもらいたいです。

なにやら気になり起きてみるとユーロ円が上昇しており、
そのまま朝まで見てしまいました。
単なる「時差ぼけ」の可能性もありますが。
この後シャワーを浴びた後、まだ早いですが、
早めに出て業務の準備に入ろうと思います。
NY、ウォール街は刺激的な街です。

週末は、プラザホテルやワールドトレードセンター跡地や
美術館を訪れる予定です。

せっかくの良い機会ですので色んな事を体験してきます。

まずは、お祝いの気持ちを伝えたく、メールさせていただきました。

NYより
*******

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【コメント】

おめでとうございます!

( ^-^)o-o∠※PON!。.:*:・'°☆°*Congratulations!・:*:・°

まさにポジティブ・サプライズですね。
ルーマニアでの彼の活躍を祈念しています。
頑張れ!

フレー "ヾ(^O^ )ノ..( シ^O^)ノ" フレーフレー

投稿 ろしなんて | 2006/11/28 20:50:11

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2006年11月28日21:48
   106:  Jordi_14 

今日のメルマガ見ました!
すごいじゃないですか、ルーマニアリーグ!
ルーマニアのチームは昔はディナモ・ブカレストや
ステアウア・ブカレストと言ったチームが
欧州チャンピオンズカップにも出ていましたが
ソ連崩壊後は経済も弱まり、弱体化してしまいました。
(ちなみにディナモの方は秘密警察の息がかかったチームです)

リーグのレベルとしてはJと同程度だと思います。
ただ外国で生活し、外国人の中でサッカーすると言う経験は
その彼にとっては大きな財産となるでしょう。
外国でプロになり、日本に凱旋帰国した「キング・カズ」と言う
偉大な先達もいる事ですし、将来は代表で見てみたいですね! 

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年11月28日 (火)

【祝!祝!祝!!! プロ・サッカー選手!!!】2006年11月28日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月28日Part3
【祝!祝!祝!!! プロ・サッカー選手!!!】
---「現代金融市場論」:亜細亜大/経営学部---

今回は、「外国為替」がテーマではありません。(念のため)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今年は、4月から、亜細亜大学で、非常勤講師をしています。
経営学部で、「現代金融市場論」をお話しする機会を得ました。

前期集中講座なので、後期はお休みなのですが、
先ほど、私の講座をとっていた大学生のひとりから、
メールをいただきました。

『進路が決まった!』
といった内容です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

彼は、サッカー選手です。

今年度の始めに、
「Jリーグのサッカー選手になりたいのですが・・・」
と、相談を受けました。

「さすがに、Jリーグに知り合いはいないなぁ・・・
 何で、オレなの・・・?(私に相談したのかな?)」

「松田先生なら、分かってくれるかも知れない、と思って。
 ボク、大学の先生と、直接お話したの、初めてなんです・・・」

「・・・・。そう・・・。それは光栄です・・・。」

「みんなが就職活動をしているのですが、
 ボクもそうした方が良いのでしょうか?」
といった相談も受けました。

そこで、
『人に会え、臆するな!』
『動け!動かないと、何も起こらないし、
 誰でもいいから好きなJリーガーに会いに行け!』
『今、夢をあきらめたら、後で、絶対に後悔するぞ!』
といったことを、酒を酌み交わしながら、お話しました。

『無責任なことを言っていたら・・・』
と心配で、すごく、気なっていたのです・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Tue, 28 Nov 2006
差出人: "****"
件名: ****です!
宛先: "松田哲" <forexdealer@infoseek.jp>

お久しぶりです!
この2ヵ月色々動いてみてようやく進路がほぼ決定しました!!
多分ビックリすると思います(笑)

それで色々詳しくお話したいので近々会えませんか?
あとお願い事もありまして…
なので都合のいい日があったら教えて下さい!
飲みにいきましょう!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

あわてて、彼の携帯に電話しました!
『ルーマニアのプロリーグ』
に行くそうです!

「おめでとう!!!」
と、叫んでいました!!

私は詳しくないのですが、
ルーマニアは、ヨーロッパですから、レベルは高いそうです。
(Jリーグよりもレベルは高い?のかなぁ・・・?)

何はともあれ、嬉しい、ただ嬉しい、です。

ルーマニアのサッカーは、テレビでやっていないけど、
(やっていませんよね?)
私は、ルーマニア・リーグのサポーターになります!!

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (1)

「ユーロ全面高」の様相を呈した---【マーケット・コメント】2006年11月28日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月28日Part2
【マーケット・コメント】
---「ユーロ全面高」の様相を呈した---

昨日(11月27日)週明け月曜のマーケット(外国為替市場)では、
東京市場が始まる前のシドニー市場で、もう一段の「ドル安」となった。

シドニー市場での安値は、[115.35-40]レベルを見ている。

先週末(11月24日金曜日)のニューヨーク市場終値(クローズ)は、
ドル/円(USD/JPY)は、115円台後半だったが、
昨日(11月27日)の東京市場は、[115.45-55]レベルでオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場の朝方は、ドル安円高が一段進んでのオープンだったが、
東京市場の値動きは、先週末のニューヨーク市場との
チャート上の「ギャップ」を埋める展開した。
---つまり、「ドルじり高」に推移した。---
東京市場の夕方には、[116.30-40]レベルにまで戻した(上昇した)。
そこが、昨日(11月27日)の高値水準。

その後のロンドン市場・ニューヨーク市場では、
概して[116.00]アラウンド---[115.90-116.20]程度---の持ち合い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(11月24日金曜日)のニューヨーク市場終値(クローズ)は、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、1.30台後半だったが、
昨日(11月27日)の東京市場は、[1.3155-60]レベルでオープン。

シドニー市場で付けたユーロ高値(ドル安値)は、[1.3165-70]レベル。

昨日(11月27日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場を通して、
「ユーロ高値持ち合い」。
概して[1.3100-1.3150]のゾーンでの持ち合った。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月27日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[152.00]アラウンド---[151.90-00]レベル---でオープン。

東京市場午後は、ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇。
東京市場の朝方のユーロ/円(EUR/JPY)は、151円台後半もあったが、
東京市場の午後になって、152円台ミドルに上昇。[152.50]に迫る勢い。

「ユーロ全面高」の様相を呈した。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、高値更新を継続しており、
「上値のめど」は見当たらない。
「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い、と考えている。

その後のロンドン市場・ニューヨーク市場では、
概して152円台ミドル程度の「ユーロ高値持ち合い」。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

円キャリー・トレードのアンワインドが主要因ではない、と思う---2006年11月28日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月28日
【今回の円高の要因は、】
---円キャリー・トレードのアンワインドが主要因ではない、と思う---

先週の、11月22日(水)のロンドン市場、ニューヨーク市場で、
ドル/円(USD/JPY)が、下落を始めた理由は、
米国の感謝祭(Thanksgiving Day)と日本の「勤労感謝の日」を直前にした
ポジション調整がきっかけとなって、動き出したと考えています。

11月23日(木)は、東京市場と、ニューヨーク市場が休場なので、
11月22日(水)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
市場参加者が極端に薄い状態でした。

通常ならば、下がったところで「買い」があるのですが、
市場参加者が薄くて、そういった“Buyer(買い手)”もいなかった、
ということです。

11月23日(木)は、もっと市場参加者が薄い状態でした。

薄いマーケットの中を、ユーロ/ドル(EUR/USD)が、[1.3000]を上に突破。
[1.3000][1.3050]には、オプション取引に伴う、
損切りの大口の「ユーロ買いドル売りオーダー」があり、
地雷のごとくそれが炸裂。

もちろん、[1.3000]を、上に抜けたところからは、
通常のストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ買いドル売りオーダー)
が、断続的にあった。

そのために、「ユーロ買いドル売り」が加速しています。

ユーロ/ドル(EUR/USD)で、「ユーロ買いドル売り」になると、
ドル/円(USD/JPY)には、「ドル売り(円買い)圧力(プレッシャー)」が
かかります。

ドル/円(USD/JPY)が、下落をした理由は、この「圧力(プレッシャー)」が、
主な理由だ、と考えています。

今のところ、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、1.31ドル台半ばまで急激に上昇して、
「ユーロ高ドル安」の値動きを示しています。

「ユーロ高ドル安」は、
ドル/円(USD/JPY)に「ドル安円高」のバイアスをかけます。

しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)を見ると、
「ユーロ高円安」の値動きを示しています。

「ユーロ高円安」は、ドル/円(USD/JPY)に
「米ドル高円安」の影響を与えます。

現時点では、両方の影響が相殺されている状況ですが、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、もう一段急激に高くなる場合には、
ドル/円(USD/JPY)にかかる「ドル売り(円買い)圧力(プレッシャー)」が
強くなりますから、その際は要注意です

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『円キャリー・トレードのアンワインド(解消)』が、
今回の円高の要因だ、いうコメントが多いようです。

ある程度は正しいのだろうが、
---全く否定する訳ではないが、
  ある程度は、そういう動きもあったのだろうが、---
個人的には、違う、と、考えています。

『円キャリー・トレードのアンワインド(解消)』が、主要因ならば、
『ユーロ/円(EUR/JPY)でのキャリー・トレード』にもアンワインドが起こり、
ユーロ/円(EUR/JPY)は下落するはずです。

ところが、ユーロ/円(EUR/JPY)は、上昇しています。

今回の値動きの、主要因は、上述のように、ユーロ/ドル(EUR/USD)の上昇。
『ユーロ買いドル売り』の影響で、『連れてドル売り円買い』になった、
と考えています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年11月27日 (月)

---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---【本日のドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ円】2006年11月27日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月27日Part2
【本日のドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ円】
---シドニー市場で、もう一段の「ドル安」---
---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---

本日(11月27日)週明け月曜のマーケット(外国為替市場)では、
東京市場が始まる前のシドニー市場で、もう一段の「ドル安」となった。

先週末(11月24日金曜日)のニューヨーク市場終値(クローズ)は、
ドル/円(USD/JPY)は、115円台後半だったが、
本日(11月27日)の東京市場は、[115.50]アラウンドでオープン。
シドニー市場での安値は、[115.35-40]レベルを見ている。

先週末(11月24日金曜日)のニューヨーク市場終値(クローズ)は、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、1.30台後半だったが、
本日(11月27日)の東京市場は、[1.3155-60]レベルでオープン。
シドニー市場での高値は、[1.3165-70]レベル。

東京市場午後は、ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇。
東京市場の朝方のユーロ/円(EUR/JPY)は、151円台後半だったが、
東京市場の午後になって、152円台ミドルに上昇。[152.50]に迫る勢い。

「ユーロ全面高」の印象。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、高値更新を継続しており、
「上値のめど」は見当たらない。

「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い、と考えている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/ドル(EUR/USD)急騰---2006年11月27日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月27日
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)急騰---

先週末(11月24日)金曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台前半---[116.25-30]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

11月23日(木)は、東京市場と、ニューヨーク市場が休場。
市場参加者が極端に薄い状態の中、ポジション調整をきっかけに、
大きくドルが下げた状態を引き継いでのオープンでした。

東京市場は、概して、116円台前半で揉み合い、
[116.50]が既に重い、という感じ。

東京市場の夕方になって、ロンドン勢が参入する時間帯になってから、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が[1.3000]を上に抜けると、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が「ユーロ買いドル売り」になったことから、
ドル/円(USD/JPY)にも「ドル売りプレッシャー(圧力)」がかかり、
ドル/円(USD/JPY)も、[116.00]を割り込んだ。

ニューヨーク市場では、[115.55-60]レベルの安値を見ている。
ニューヨーク市場は、大きく動いた後の小動き。
115円台後半での持ち合い。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、ロンドン市場で[1.3000]を上に突破してから、
損切りの「ユーロ買いドル売り」を巻き込み、
一時[1.3100]も上に抜けた。

ユーロ/ドル(EUR/USD)も、ニューヨーク市場は、大きく動いた後の小動き。
1.30台後半で持ち合いで、そのままニューヨーク・クローズ。

こういった「ユーロ買いドル売り」が、
ドル/円(USD/JPY)での「ドル売り」を促すので、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、もう一段急騰する場合には、
要注意です。

ただ、週末金曜日(11月24日)のロンドン市場では、
「ユーロ/円(EUR/JPY)の買い」も大量に出て、
150円台ミドル程度から[151.65-75]レベルまで急騰しています。

先週末(11月24日)金曜日のニューヨーク市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
高値持ち合い。[151.60-70]レベルでクローズを迎えた。

「ユーロ/円(EUR/JPY)の買い」は、
ドル/円(USD/JPY)での「ドル買い円売り」に影響します。

ですから、
『ユーロ/ドル(EUR/USD)が、ドル/円(USD/JPY)に与える
「ドル売りプレッシャー」』と、
『ユーロ/円(EUR/JPY)が、ドル/円(USD/JPY)に与える
「ドル買いプレッシャー」』の綱引き状態を見る必要があります。

週末金曜日(11月24日)の値動きでも、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、
ドル/円(USD/JPY)に与える「ドル買いプレッシャー」がなければ、
ドル/円は、もっと大きく下落していただろう、と考えています。

これから、年末のクリスマス・シーズンで、市場参加者は、
今後、徐々に少なくなってきます。
そういった、「薄いマーケット」になると、
「油断禁物」「予断を許さず」です。
あまり、無理をしない方がよいシーズンが、近づいています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »