« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »

2006年9月15日 (金)

引き続き、これといって、書きようがない・・・---【マーケット・コメント】2006年09月15日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月15日
【マーケット・コメント】
---引き続き、これといって、書きようがない・・・---

昨日(9月14日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.40-50]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

最近は、諸事情から、メールマガジン配信の時間が遅いので、
今さら、この時間---9月15日の東京市場が引けてから---に、
昨日(9月14日)の東京市場のことを言われても・・・、
と思われる方もおられることでしょうが・・・。

まあ、今後のマーケットを占うには、過去のデータを見ることも大切、
ということで、ご容赦ください。

まあ、言い換えれば、『記録のため』といった程度です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まあ、それにしても、これといって、書きようがないことも事実。

昨日(9月14日)のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、終日、
117円台ミドルの狭いレンジの中で、動きらしい動きも無かった。
---[117.30-80]程度での「持ち合い相場」に終始した。---

昨日(9月14日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場で、[1.2700]アラウンドでオープン。
ロンドン市場、ニューヨーク市場で、ユーロが強含み、
[1.2750]アラウンドまで上昇する局面もあったが、
結局のところは、[1.2700]を挟んでの「持ち合い相場」の感が否めない。

ユーロ/円(EUR/JPY)も、押して知るべし、といったところ。
昨日(9月14日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
東京市場で、[149.10-20]レベルで寄り付き、
ロンドン市場、ニューヨーク市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)が強含む局面で、
149円台ミドルに上昇したが、いかにもレンジ内での値動き、といったところ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この週末のG7を控えて、市場参加者は、様子見の状態。

---このところのG7は、形骸化が進み、「政治ショー」の感が否めない。
  『だから、今回もたいした内容が出ないのだろう・・・』
  と、思っています。
  しかし、みんなが(多くの市場参加者が)そう思って、油断していると、
  とんでもないことが起こったりするものです。---

---ここは、謙虚に、様子見で良いのだろう、と思っています。---

---Have a nice long weekend!! Bye-bye now!!---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【G7】(Group of Seven)
(Conference of Ministers and Governors of the Group of Seven)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub050english.htm#G7

 先進7ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議のこと。

 7ヶ国(Group of Seven)は、日本、米国、ドイツ、英国、フランス、
 イタリア、カナダを指す。

 先進7ヶ国の財務相と中央銀行総裁が世界経済などに関して話し合う
 国際会議の略称を“G7”と呼ぶ。

 “G7”は、原則として、年3回開催される。
 会議の結果は、外国為替市場や国際金融市場に大きな影響を与えるので、
 市場参加者は注目する。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年9月14日 (木)

これといって、書きようのない一日---【マーケット・コメント】2006年09月14日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月14日
【マーケット・コメント】
---これといって、書きようのない一日---

昨日(9月13日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台後半---[117.80-90]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

昨日の東京市場は、そのまま高値持ち合い、小動きに推移した。

ロンドン市場、ニューヨーク市場では、これといった材料もなく、
117円台ミドル程度に下落している。

ポジション調整に終始した一日だった。

ユーロ/ドル(EUR/USD)も、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場を通して小動き。
1.26台後半から、1.27台に乗せたあたりで、動きらしい動きもなし。

ユーロ/円(EUR/JPY)も、概して小動き。
東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、149円台ミドル程度だったが、
ロンドン市場、ニューヨーク市場で、ドル/円(USD/JPY)が円高気味に
動く過程で、ユーロ/円(EUR/JPY)も149円台前半程度に下落した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

これといって、コメントも書きようのない一日。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

スプレッド(Spread)は、固定されたものではない---【読者の方からの質問】2006年09月13日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月13日Part2
【読者の方からの質問】
---スプレッド(Spread)は、固定されたものではない---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Subject: EBS について
Date: Fri, 8 Sep 2006
From: *******
To: 物語

お忙しいところ申し訳ありません。

EBSについて知りたいのですが、

(1)クロス円のレート表示はありますか?
   あれば、どういうペアでしょうか?
   また、そのレートでクロス円はクロス円として
   活発に取引されているものなのでしょうか?

(2)EBSのUSD/JPY、EUR/USD、クロス円のスプレッドは
   何pips位なのでしょうか?

何卒宜しくお願いします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(注釈)

【EBS】(イー・ビー・エス)(Electronic Broking System)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub050english.htm#ebs

 インターバンク市場で、【EBS】社が行っている
 【電子ブローキング・システム】。
 現在の外国為替市場では、
 【電子ブローキング・システム】で売買が行われている。

 「ドル/円」、「ユーロ/ドル」などの主要通貨の取引では、
 【EBS】を通しての売買がその大半を占めている。

 【EBS】画面には、取引される通貨のプライスが表示されている。

 ディーラーは、そのプライスに対して、
 「BUY」・「SELL」のキーを押せば、買ったり売ったりすることができる。
 もちろん、「いくらで買いたい」とか、「いくらで売りたい」とかの
 指値注文も、インプットするだけでよい。

 【電子ブローキング】に対して、人間が売買注文を取り次いで
 取引を決めるやり方を【ボイス・ブローキング】と言う

【スプレッド】(Spread)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub013su.htm#spread

 ブローカーはドルを買いたい人の中で
 最も高いレート(買値・ビッド, BID)と、
 ドルを売りたい人の中から
 最も低いレート(売値・オファー, OFFER)を組み合わせて
 プライスを建値(クォート, QUOTE)する。

 例えば、120円でドルを買いたい人と、
 130円でドルを売りたい人がいれば、
 「120円ビッド、130円オファー(120円買い、130円売り)」
 ということになる。

 このビッドとオファーの開きを、スプレッド(Spread)という。

 もちろん10円も開き(スプレッド)があっては取引が成立しない。
 通常は2~3銭から10銭程度のスプレッドで建値される。

【ピップス】(pips)
【ポイント】(point)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub027hi.htm#pips%20&%20point

 プライスの大台を除いた、下の2桁のレートのこと。
 プライスのビッグ・フィギュアをを除いたレートのこと。

【ビッグ・フィギュア】(Big Figure)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub027hi.htm#bigfigure

 プライスの大台のレートのこと。
 為替レートの大台のこと。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 13 Sep 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: 松田哲より (EBS について)
宛先: "*******"

*******さま

メールありがとうございます。

ちょっと、現在のシステム・状況を再確認する必要がありますが、
自分の記憶でお返事します。
(だいたい、正確だと思いますが・・・。)

※読者のみなさまへ
 システム・状況の変更がある場合や、
 誤りがあるは、是非、ご指摘ください※

■EBSで取引されるクロス円は、主に、ユーロ/円(EUR/JPY)です。

ポンド/円(GBP/JPY)、オージー/円(豪ドル/円)(AUD/JPY)、
スイス/円(CHF/JPY)などは、取引されていません。
---取引されていても、活発ではなく、取引額(アマウント)も小額です。---

そのような通貨ペアは、自分で計算して、
取引(裁定取引:アービトラージ取引)を行います。

例えば、ポンド/円(GBP/JPY)ならば、
ポンド/ドル(GBP/USD)とドル/円(USD/JPY)を組み合わせて、
ポンド/円(GBP/JPY)のポジションを作ります。

クロス円ではなく、クロス取引ならば、
EBSで、ユーロ/ポンド(EUR/GBP)やユーロ/スイス(EUR/CHF)などは、
取引されています。

■EBSでのドル/円(USD/JPY)のスプレッドは、
1~2ポイント(pips)が普通です。

■EBSでのユーロ/ドル(EUR/USD)のスプレッドは、
1~2ポイント(pips)が普通です。

■EBSでのユーロ/円(EUR/JPY)のスプレッドは、
2~3ポイント(pips)程度が普通です。
もう少し、広がって、4~5ポイント(pips)になる場合もあります。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

しかし、マーケット(場:相場:外国為替市場)が荒れると、
スプレッドは、広がります。

---本来、マーケットでの取引は自由なものですから、
  スプレッドは保障されたものではありません。---

---取引をしたい市場参加者が、良い値段を提示すれば、
  スプレッドは、狭まりますし、市場参加者が少なければ、
  スプレッドは、広がります。---

---スプレッドを保障する旨の文言が、時々、見られますが、
  それは、誤りだ、と、個人的には思っています。---

マーケット(場:相場:外国為替市場)が荒れて、
スプレッドが、広がる場合は、
ドル/円(USD/JPY)でも、ユーロ/ドル(EUR/USD)でも、
5~10ポイント(pips)になったり、
それ以上に、例えば、20ポイントとか、50ポイントに広がるケースもあります。
---そういった場合は、数年に何度かある、といった程度ですが。---

本当に相場が荒れると、プライスが無くなる場合もあります。
---そういった場合は、もっと稀な頻度ですが。---

マーケット(場:相場:外国為替市場)が荒れると、
ユーロ/円(EUR/JPY)のプライスの方が、
エンプティ(プライスの無い状態)になり易い。

---ユーロ/円(EUR/JPY)の方がエンプティになり易いのは、
  ユーロ/円(EUR/JPY)は、本来、
  ドル/円(USD/JPY)とユーロ/ドル(EUR/USD)で
  裁定される取引だからです。---

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

米国貿易赤字拡大 but, ドル/円は上昇---【マーケット・コメント】2006年09月13日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月13日
【マーケット・コメント】
---米国貿易赤字拡大 but, ドル/円は上昇---

昨日(9月12日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.50-60]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

昨日(9月12日)は、米国貿易収支の発表待ち、といった雰囲気で、
東京市場も、ロンドン市場の午前中も、動きらしい動きもなし。
その時間帯は、概して、[117.40-70]の「レンジ相場」。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

発表された数値は、以下の通り。

米国貿易収支(7月)
結果:△680億ドル
予想:△655億ドル
前回:△648億ドル

予想よりも、悪かった。

発表直後は、米国貿易赤字の拡大に反応して、
ドル/円(USD/JPY)は、[117.50]がオファー(売り)になる場面も見られたが、
昨日(9月12日)の東京市場の安値である[117.40]アラウンドすら、
下に抜けることが出来なかった。

米国貿易収支に対する反応は、ごく短時間で終了。
その後は、ジリジリとした「ドル買い円売り」が出て、
[117.75-80]レベルを上に抜けると、
目先でドルを売っていた向きのストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)を
誘発し、もう一段のドル上昇を見ている。高値は、[118.10-15]レベル。

ストップ・ロスを付け終えると、
[117.80-90]レベルに小緩んでニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月12日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場、ロンドン市場、そして、
米国貿易収支の発表のあったニューヨーク市場を含めて、
動きらしい動きなし。

東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)のオープンは、[1.2700]アラウンド。
ロンドン市場、ニューヨーク市場も、終日、同様。
[1.2700]を挟んで、20~30ポイントの上下動、といったところ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月12日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
149円台ミドルで、終日、「高値持ち合い」といったところ。
[149.50]を挟んでの小動きに終始した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

値動きを見て思うことは、
昨日(9月12日)も、主役は、ユーロ/円(EUR/JPY)だった、と感じること。

米国貿易収支は、予想よりも悪かったのだし、
なおかつ、絶対値としても大きな赤字だ。

米国経済指標としてとらえるなら、明白な「ドル売り材料」。

にもかかわらず、ユーロ/円(EUR/JPY)がアンカー(碇)の役割をして、
マーケット(相場)が動かなかった、---動けなかった、---
といった印象が残る。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

引き続き、個人的に注目しているのは、ユーロ/ドル(EUR/USD)の[1.2650]。

昨日のコメントでも述べたが、

> ユーロ/ドル(EUR/USD)は、9月11日(月)の東京市場で、
> 一時、[1.2650]を割り込み、[1.2649]の安値を付けたが、
> この値動きでは、『完璧に』ブレイクした、とは言えない。
> この値動きは、いわゆる『フェイル(失敗)』と考えている。

今後のマーケットで、ユーロ/ドル(EUR/USD)が、
[1.2650]を、『完璧に』、下に抜けるのか、否か、に注目している。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年9月12日 (火)

【このところのユーロ/円】---おさらい---2006年09月12日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月12日Part3
【このところのユーロ/円】
---おさらい---

このところ、ユーロ/円(EUR/JPY)の値動きが激しい。

8月下旬に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、[150.00]も上に抜けて上昇。
さらに、[150.50]も突破して、[150.70]アラウンドの高値を付けています。

その後は、いったん急落して、148円台前半を示現。
2円50銭程度の急落を見ています。

148円台前半まで下落すると、
今度は、[149.80]アラウンドまで、1円50銭程度の急騰。

この時の急騰では、[150.00]に届かず。
[150.00]に届かないことを確認すると、今度は「つるべ落とし」のような急落。
[149.80]アラウンドから、[147.80]アラウンドまで、2円の下落。

しばし、[148.00]を挟んで、「持ち合い相場」を形成した。
この間に、[147.50-60]レベルの安値を見ています。

そして、本日(9月12日)には、再び、[149.50]アラウンドまで、急騰。
安値から比べると、2円程度の急上昇を見ています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

乱高下にも映りますが、ユーロ/円(EUR/JPY)の調整(修正局面)が、
これで充分に終わったのかは、今の、この時点でも、まだ、判断できない。

戦略(タクティクス)として考えれば、以下の通り。

---[150.70]を上に抜けて行くならば、
  「ユーロ買い円売り」で付いて行けば良い。---

---[150.00]アラウンドには、「やれやれの売り」が待っているから、
  相変わらず、そうは簡単に、そういった展開にはならないだろう、
  と考えてはいますが・・・。---

※【やれやれの売り】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub036ya.htm#yareyarenouri

---つまり、今の、この時点では、まだ、判断すべきことではないのだが、
  この程度の調整(実質3円程度の下落)で、
  再び、「ユーロ買い円売り」が活発化するならば、
  対円でのユーロの上昇圧力は、相当に強い、
  と認識を新たにする必要がある、ということ。---

※考え方に、全く変化はありません。
 このところの「おさらい」です。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

メールマガジン【独断と偏見の為替相場】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

メールマガジン【独断と偏見の為替相場】

先週(9月8日)に、

【メールマガジンへの登録をお願いいたします】
---ブログを見るのでも、同じですが、時間が違います---

是非、メールマガジン【独断と偏見の為替相場】にも、登録してください。

と掲載しました。

早速、危惧していたことが起こりました・・・。
今日は、15:30ころに、メールマガジンは配信したのだけれど、
諸般の事情で、ブログにアップすることが出来ず・・・。
ブログへのアップは、18:00ころになってしまいました。
---今日のコンテンツは、時間を争うようなものではないので、
  そう、気にすることもなさそうに思いますが・・・・---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

メールマガジン【独断と偏見の為替相場】は、
以下のURLなどから、登録できます。

■フォレックス・ディーラー物語(オリジナル)
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/

■外為用語の基礎知識 (外国為替取引の専門用語集)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/

■《まぐまぐ!メールマガジン》 独断と偏見の為替相場
http://www.mag2.com/m/0000089158.html

■独断と偏見の為替相場[まぐまぐ!]
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

もちろん、同じものを掲載していますから、
ブログを見るのでも、同じですが、時間が違います。

ちなみに、ブログはこちら↓
■フォレックス・ディーラー物語[ブログ]
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/

通常は、まず、メールマガジンの原稿を書いています。

だから、時間的に、配信は、メールマガジンが、一番先になります。

なるべく、メールマガジンを配信してから、すぐに、
ブログにアップするようにしていますが、
諸般の都合で、ブログへのアップが遅れる場合があります。
---私にも、都合がありますので・・・。その点は、ご容赦ください。---

そういった意味では、
上記の【フォレックス・ディーラー物語[ブログ]】よりも、

■独断と偏見の為替相場[まぐまぐ!]
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158

の、アップも、メールマガジン同様に、早いことになります。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【引き続き、ユーロ/円の影響が強い】---ユーロ/ドルの、[1.2650]はフェイル(失敗)---2006年09月12日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月12日
【引き続き、ユーロ/円の影響が強い】
---ユーロ/ドルの、[1.2650]はフェイル(失敗)---

---つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、東京市場で、
  一時、[1.2650]を割り込み、[1.2649]の安値を付けたが、
  この値動きでは、『完璧に』ブレイクした、とは言えない。---

昨日(9月11日)週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台後半([116.75-80]レベル)でオープンした。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場午前中の値動きは、
116円台ミドルに向けて、ドルを売る動きも見られたが、
底堅く、結果的には、落ちきらないセンチメント。

この時間帯の---東京市場午前中の---
ユーロ/円(EUR/JPY)は、147円台後半で推移している。
[147.75-148.00]アラウンドで、微妙な緊張感を保ちながら、
結果的に持ち合いに推移していた。

東京市場の午後に、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、[148.00]を上に抜けて、上昇を始めた。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、[148.30-40]レベルを上に抜けると、
ストップ・ロス(損切りの「ユーロ買い円売り」)を巻き込んで、
上昇のスピードが加速した。
[148.30]から、[149.30]アラウンドまで、
一気に[100ポイント]を駆け上がった印象。

ドル/円(USD/JPY)は、ユーロ/円(EUR/JPY)の上昇した影響を受けて、
[116.70]アラウンドから、[117.30]アラウンドまで上昇した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月11日)のコメントを引用します。

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> このところ、何度も書いたことの繰り返しになりますが、
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、
> 【ドル/円(USD/JPY)レート】と【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】を
> 「掛け算」することで求められます。
>
> だから、ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇するには、
> 【ドル/円(USD/JPY)レート】が上昇するか、
> あるいは、【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】が上昇しないと、
> そういった結果になりません。
>
> 同様に、ユーロ/円(EUR/JPY)が下落するには、
> 【ドル/円(USD/JPY)レート】が下落するか、
> あるいは、【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】が下落しないと、
> そういった結果になりません。
>
> つまり、ユーロ/円(EUR/JPY)が、ドル/円(USD/JPY)に与える影響は、
> 別な言い方をすれば、以下の通りです。
>
> ●ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇すれば、
>  ドル/円(USD/JPY)も上昇圧力を受けます。
>
> ●ユーロ/円(EUR/JPY)が下落すれば、
>  ドル/円(USD/JPY)も下落圧力を受けます。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> このところのドル/円(USD/JPY)は、ユーロ/円(EUR/JPY)の影響力が強く、
> ユーロ/円(EUR/JPY)の値動きに振り回されてきた印象です。
>
> 今週のドル/円(USD/JPY)は、引き続き、
> ユーロ/円(EUR/JPY)の影響に振り回されるだろう、と考えています。
>
> そして、今週は、それのみならず、なおかつ、
> ユーロ/ドル(EUR/USD)の値動きにも、
> 振り回されることになりそうだ、と考えています。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月11日)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台前半から117円台ミドルに向けて、ジリジリと上昇している。

ニューヨーク市場では、[117.50]を上に突破すると、
[117.75-80]レベルの高値を付けた。

このドル/円(USD/JPY)の値動きは、
東京市場の夕方、---すなわち、ロンドン市場の朝方に、---
ユーロ/円(EUR/JPY)が、149円台に乗せて、その後のマーケットでも、
149円台ミドルに向けて、ジリジリと上昇したことの影響が大きい、
と考えている。

---つまり、上述の、ユーロ/円(EUR/JPY)の影響、と考えています。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月11日)のロンドン市場では、
ユーロ/ドル(EUR/USD)も、ユーロ/円(EUR/JPY)上昇の影響を受けて、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の値動きとしては、上昇している。
---マーケットは、「ユーロ買いドル売り」に動いている。---

しかし、昨日(9月11日)を全体として見るならば、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.2700]を挟んでの「持ち合い」に推移した。

東京市場では、[1.2650]を割り込むことにトライしたが、
結果的には、『完璧に』ブレイクすることが出来なかった。
いわゆる『フェイル(失敗)』を起こした。

---つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、東京市場で、
  一時、[1.2650]を割り込み、[1.2649]の安値を付けたが、
  この値動きでは、『完璧に』ブレイクした、とは言えない。---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年9月11日 (月)

【ドル/円は、ユーロ/ドルの影響とユーロ/円の影響を勘案する】---PS;今日(9月11日)は、“September11”---2006年09月11日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月11日Part2
【ドル/円は、ユーロ/ドルの影響とユーロ/円の影響を勘案する】
---PS;今日(9月11日)は、“September11”---

先週末(9月8日金曜)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台前半---[116.30-40]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場および、ロンドン市場の朝方は、116円台前半での小動き。

ニューヨーク市場の朝方に、[116.50]を上に抜けると、
[117.00]アラウンドまで跳ねた。

これは、ユーロ/ドル(EUR/USD)で、
目先のチャート・ポイントだった1.26台後半---[1.2690]アラウンド---が、
下に抜けて、「ユーロ売りドル買い」に動いていたことから、
ドル/円(USD/JPY)でも、「連れてドル買い」に反応したことが原因
と見ている。

つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)の値動きが、
ドル/円(USD/JPY)に与える影響は、以下の通り。

■ユーロ/ドル(EUR/USD)が上昇すれば、
 ドル/円(USD/JPY)は、下落圧力を受けます。

■ユーロ/ドル(EUR/USD)が下落すれば、
 ドル/円(USD/JPY)は、上昇圧力を受けます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このところ、何度も書いたことの繰り返しになりますが、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、
【ドル/円(USD/JPY)レート】と【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】を
「掛け算」することで求められます。

だから、ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇するには、
【ドル/円(USD/JPY)レート】が上昇するか、
あるいは、【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】が上昇しないと、
そういった結果になりません。

同様に、ユーロ/円(EUR/JPY)が下落するには、
【ドル/円(USD/JPY)レート】が下落するか、
あるいは、【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】が下落しないと、
そういった結果になりません。

つまり、ユーロ/円(EUR/JPY)が、ドル/円(USD/JPY)に与える影響は、
別な言い方をすれば、以下の通りです。

●ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇すれば、
 ドル/円(USD/JPY)も上昇圧力を受けます。

●ユーロ/円(EUR/JPY)が下落すれば、
 ドル/円(USD/JPY)も下落圧力を受けます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このところのドル/円(USD/JPY)は、ユーロ/円(EUR/JPY)の影響力が強く、
ユーロ/円(EUR/JPY)の値動きに振り回されてきた印象です。

今週のドル/円(USD/JPY)は、引き続き、
ユーロ/円(EUR/JPY)の影響に振り回されるだろう、と考えています。

そして、今週は、それのみならず、なおかつ、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の値動きにも、
振り回されることになりそうだ、と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

現時点でのドル/円(USD/JPY)は、
『ユーロ/円(EUR/JPY)の影響』と『ユーロ/ドル(EUR/USD)の影響』の
微妙なバランス上にあります。

---現時点でのドル/円(USD/JPY)は、主体性無く、
  『ユーロ/円(EUR/JPY)の影響』と『ユーロ/ドル(EUR/USD)の影響』の
  綱引き状態の結果で、決まっているように映ります。---

今週は、ドル/円(USD/JPY)の値動きをを占うに、
ドル/円(USD/JPY)を見ずに、
ユーロ/円(EUR/JPY)とユーロ/ドル(EUR/USD)を、
丁寧に見た方が、良いかもしれません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

引き続き、注目点は、ユーロ/ドル(EUR/USD)。

上述の通りに、
目先のチャート・ポイントだった1.26台後半---[1.2690]アラウンド---は、
もう、既に、こなしている。

本日(9月11日)のマーケットで、
---東京市場でも、ロンドン市場でも、
  ニューヨーク市場でも、どこでも良いが、---
[1.2650]を、完璧に、下に抜けて行くのか、否か、に注目している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今日(9月11日)は、“September11”。

「NY・ワールド・トレード・センター・テロ事件」から、もう5年も経った。
当時のことを、思い出します・・・・。

当時のことは、
【フォレックス・ディーラー物語】http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
の中の、

【NY・ワールド・トレード・センター・テロ事件】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/wtc099.htm

に、詳しく書いた。思い起こすこと、ひとしおです・・・・。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【週末のニューヨーク市場も何もしなかった】---だから、状況に変化が無く、『怖い状態』が継続している---2006年09月11日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月11日
【週末のニューヨーク市場も何もしなかった】
---だから、状況に変化が無く、『怖い状態』が継続している---

2006年09月08日Part3【マーケット・コメント】
---本日の東京市場は、『何もしなかった・・・』---
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/20060908part3_6e6b.html

で、以下のように述べた。

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 本日(9月8日)の東京市場は、(残念なことに・・・)
> 『何もしなかった・・・』。
>
> 主体性の無いマーケットは、困ったものだ・・・、と、思う・・・。
> 東京市場の存在意義を思案してしまう・・・・。まことに、残念・・・。
>
> ---個人的な、そういった「思い」は、別にして、事実を見るならば、
>   東京市場では、何も起こらずに、次のマーケットに先送りした。---
>
> ---次のマーケット(ロンドン、ニューヨーク)も、
>   先送りするかも知れませんが・・・。まあ、それはそれとして。---
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 昨日(9月7日)のコメントで、以下のように述べた。
>
> > 東京市場の時間帯は、
> > ユーロ/円(EUR/JPY)は、ドル/円(USD/JPY)の影響が強い。
> >
> > ロンドン市場、ニューヨーク市場は、
> > ユーロ/円(EUR/JPY)は、ユーロ/ドル(EUR/USD)の影響が強くなる。
> >
> > ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
> >
> (中略)
> >
> > ユーロ/ドル(EUR/USD)の下値のサポート(チャ-ト・ポイント)は、
> > 1.26台後半程度の水準(レベル)。
> >
> > [1.2650]を割り込むと、ユーロ/ドル(EUR/USD)が急落する形で、
> > ユーロ/円(EUR/JPY)が下落する可能性がある。
> >
> > ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
> >
> (中略)
> >
> > ロンドン市場、ニューヨーク市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)主導で、
> > ユーロ/円(EUR/JPY)がさらに下落する場合は、怖い。
> >
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 今のところ、昨日(9月7日)のニューヨーク市場、
> 本日(9月8日)の東京市場が、『何もしなかった・・・』ので、
> 状況に変化が無く、『怖い状態』が継続している。
>
> 注目は、ユーロ/ドル(EUR/USD)の下値のサポート。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

金曜日(9月8日)の夜中に
ニューヨーク市場を見ながら、思っっていたことは、以下の通り。

現状のマーケット(相場)にも一言。
―――金曜(9月8日)の東京時間25時半―――

『なんだよー・・・・、また、先送りかよー・・・・。
 最近のニューヨークも、たいしたことネーナー・・・・。
 やる気あんのかなぁ・・・・。』

(本音です。こういうのも、たまには、いいでしょ?)

週末のニューヨーク市場も何もしなかった。
だから、状況に変化が無く、『怖い状態』が継続しているままだ。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0)

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »