« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006年8月 5日 (土)

【「メジアンが、どこに在るのか?」】---きわめて、常識的なセンス---2006年08月05日

2006年08月05日
【「メジアンが、どこに在るのか?」】
---きわめて、常識的なセンス---

平素は、基本的には、土曜日曜は更新しないのですが・・・
今日は、たまたま・・・

♪♪♪♪♪♪♪♪

注目されていた昨日(8月4日金曜)の「米国雇用統計(失業率)」は、
マーケットの事前予想よりも悪い内容で、
ドルの「利上げ休止観測」を強める結果となりました。

これを機に、ドル/円(USD/JPY)は、115円台ミドルから[114.00]レベルまで、
150ポイント程度の大幅な下落。
ニューヨーク・クローズにかけては、
週末のショート・スクイズ気味の動きから114円台ミドルに戻しています。

♪♪♪♪♪♪♪♪

来週は、FOMC(連邦公開市場委員会)で、
「ドル金利の引き上げを継続するのか?据え置くのか?」が最大の関心事。

「ドル金利の引き上げを継続する」ならば、「ドル買い」、
「ドル金利を据え置く」ならば、「ドル売り」に、
マーケットは反応するだろう、と予想されます。

個人的には、このところの米国経済指標を考えると、
「ドル金利据え置き」になると見ています。

♪♪♪♪♪♪♪♪

きわめて、常識的なことしかこのステージでは言えません。

きわめて、普通のことしか、思い浮かばないし、
しかし、それで良い、仕方ない、と思っています。
---だから、コメントとしては、面白くもないし、
  センセーショナルでもないので、つまらない文章になります。
  書いている本人も、大して面白くもないのです・・・---

「マーケットのメジアン(中央値)が、どこに在るのか?」
を知らないと、
「事前予想」と、「その結果」から来る「ギャップ」に対する
「マーケットの反応」、
つまり、「いわゆるサプライズ」があるのか?ないのか?
が、判断できなくなります。

きわめて普通の感覚が大切です。
突飛だったり、奇想天外なことは、かえってダメな気がします・・・。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

【フォレックスラジオ Part2】---読者の方からのメール---2006年08月04日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇◆◇ 図解入門ビジネス 外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本◇◆◇
  ―相場変動の仕組みと外為市場の基礎    How‐nual Business Guide Book
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:秀和システム ■定価1,575円(税込)
  ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798012068/
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年08月04日Part3
【フォレックスラジオ Part2】
---読者の方からのメール---


昨日(8月3日)、突然ですが、【フォレックスラジオ】に参加してきました。

2006年08月03日(木) 第215回放送
[だいまん&ケイトの為替で大儲け?!]
[Guest]マーフィーさん・林さん・松田さん
http://www.forexradio.net/radio.php?ID=257

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

早々に、読者の方で、放送を聞いてくださった方から、
メールを頂きました。

日付: Thu, 03 Aug 2006
差出人: "**"
件名: サプライズでした。為替ラジオ
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

偶然物語先生のお声を拝聴いたしました。
為替ラジオに出演していらっしゃいましたね。
サプライズでした。
お顔と声が一致致しました。
色々なお話をされていましたね。
一回聞いただけですから、まだ消化不良です。
何回か聞き直してみます。

From **

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◇◆◇『ドル円ユーロ投資入門』~為替のプロがやさしく教える~◇◆◇
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■日経BP社出版 ■定価1,890円(税込)
     ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822243486/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【フォレックスラジオ】---マーフィーさん・林康史さんのゲストに、突如参加---2006年08月04日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇◆◇ 図解入門ビジネス 外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本◇◆◇
  ―相場変動の仕組みと外為市場の基礎    How‐nual Business Guide Book
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:秀和システム ■定価1,575円(税込)
  ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798012068/
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年08月04日Part2
【フォレックスラジオ】
---マーフィーさん・林康史さんのゲストに、突如参加---

昨日(8月3日)、突然ですが、【フォレックスラジオ】に参加してきました。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FOREX RADIO / 個人の為替トレーディングをサポートするネットラジオ】
  [だいまん&ケイトの為替で大儲け?!] http://forexradio.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

もともとは、マーフィーさん・林康史さんがゲストだったのですが、
お二人とも、私にとっては「竹馬の友」。
ということで、突如、乱入・参加という運びになりました。

個別に、それぞれと、たまに会うことはあったのだけれど、
三人で会うのは、本当に、久しぶり。

放送も、楽しかったのですが、
---放送でもなければ、ことさらに、まじめに「相場の話」とか、
  それぞれの「相場に対する気持ち」なんか、
  改めて話すことなどは、ありませんから・・・。
  なんだか、とっても新鮮!!---
放送終了後の飲み会は、
ほとんど「久しぶりの昔のディーラー仲間の同窓会」。

だいまんさん、ケイトさん、そして、放送サポートの技術担当のみなさん、
本当に、楽しい機会を設けて頂き、感謝、感謝です!!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

---【フォレックスラジオ】2006年08月03日(木) 第215回放送 から、
  そのまま引用転載します---

2006年08月03日(木) 第215回放送
[だいまん&ケイトの為替で大儲け?!]
[Guest]マーフィーさん・林さん・松田さん
http://www.forexradio.net/radio.php?ID=257

[放送概要]

今晩のBOE,ECBの政策金利待ち(収録直後BOEはサプライズ的に利上げ)
そして明日の米7月の雇用統計待ち。
ADPが予想以下だったために、明日の雇用統計への関連性(信頼性)が
どう出るか疑問視される。

本日はマーフィーさん、林康史さん、松田哲さんのお三方の
ディーラーズバトルならぬディーラーズコラボ。
同窓会的雰囲気が漂いながらも、
ビシッと相場について役立つご意見を数多く話していただいております。
このようなお三方が集結する機会は滅多にありませんので、
ぜひお聴き逃しなく。
また、林さんから著書(上記写真参考&サインと格言入り)を
リスナーさんにプレゼントいただきました。
詳しくは放送を聴いてご応募ください。

皆さんからのお便り(どんな質問でも結構です)お待ちしております。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◇◆◇『ドル円ユーロ投資入門』~為替のプロがやさしく教える~◇◆◇
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■日経BP社出版 ■定価1,890円(税込)
     ⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822243486/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド利上げ」で、サプライズ---「ユーロ利上げ」は、織り込み済み---【マーケット・コメント】2006年08月04日

2006年08月04日
【マーケット・コメント】
---「ポンド利上げ」で、サプライズ---
---「ユーロ利上げ」は、織り込み済み---

昨日(8月3日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル(114.50-60レベル)でオープンした。

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、概して小動き。

昨日(8月3日)の、ECB(欧州中央銀行)とBOE(英国中央銀行)の
政策金利発表を控えて、積極的に売買を行う雰囲気ではなかった。

また、本日(8月4日)には米国の雇用統計(失業率)を控えていることも、
様子見のセンチメントを強めていた。

ドル/円(USD/JPY)は、東京市場のクローズ(東京時間17:00)に向けて、
ジリジリと上昇し、ロンドン市場の朝方---東京時間18:00ころ---に、
115円台に乗せた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ロンドン市場で、---東京時間20:00に、---
BOE(英国中央銀行)がポンド(GBP)の政策金利を[0.25%]引き上げ、
[4.75%]にすることを発表した。

事前の予想は、「ポンド(GBP)の政策金利据え置き」であったことから、
マーケット(外国為替市場)は、いわゆる「サプライズ」の反応を示した。

ポンド(GBP)の利上げ発表を機に、「ポンド買いドル売り」が炸裂。
概して言えば、
[1.8700]アラウンドに推移していたポンド/ドル(GBP/USD)は、
一気に、200ポイント以上の急騰をみて、1.89台に乗せた。
---ポンド/ドル(GBP/USD)の高値は、[1.8905-15]レベル---

その後のポンド/ドル(GBP/USD)は、
急騰後のポジション調整的な「高値持ち合い」に推移し、
[1.8850-1.8900]程度で上下動している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ポンド/ドル(GBP/USD)で、「ポンド買いドル売り」になったことから、
この時間帯のドル/円(USD/JPY)は、つれて「ドル売り」に推移し、
115円台から、114円台後半に下落している。

この時間帯のユーロ/ドル(EUR/USD)も、
つれて「ユーロ買いドル売り」に推移している。
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.2750]アラウンドから、[1.2830]アラウンドにまで、
80ポイント程度の急騰を見ている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その後、---東京時間20:45に、---
ECB(欧州中央銀行)が、ユーロ(EUR)の政策金利を[0.25%]引き上げ、
[3.00%]にすることを発表した。

ユーロ(EUR)に関しては、
事前の予想が、「政策金利の[0.25%]利上げ」であったことから、
マーケット(外国為替市場)は、織り込み済みで、
いわゆる「サプライズ」はなかった。

ユーロ(EUR)の政策金利引き上げの発表後は、
むしろ、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、「ユーロ売り(ドル買い)」に反応。
高値[1.2830]アラウンドから、[1.2765]アラウンドに下落している。

---ポンド利上げの際に、
  ユーロ/ドル(EUR/USD)が、ポンド/ドル(GBP/USD)に、
  『つれて』上昇したが、
  その反動で、下落した意味合いも含まれている。---

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、いったん下落して調整を終えると、
1.28台前半に戻し、その後は、[1.2800]を挟んでの小動きになった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドル/円(USD/JPY)は、ポンド/ドル(GBP/USD)、ユーロ/ドル(EUR/USD)に
『つれて』動く場面もあったが、
俯瞰してみれば、「蚊帳の外」といったところ。

[115.00]を挟んでの上下動、小動き、といったところ。

早々に、翌日(本日8月4日)の「米国雇用統計(失業率)待ち」、
「様子見」のスタンスにシフトした。

本日(8月4日)の東京市場、ロンドン市場も、引き続き、
「米国雇用統計(失業率)待ち」、「様子見」。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

全般に、模様眺め---【マーケット・コメント】2006年08月03日

2006年08月03日
【マーケット・コメント】
---全般に、模様眺め---

昨日(8月2日)の東京市場ドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度でオープン。

東京市場の昼ごろに、[114.15-25]レベルの安値を見たが、
追随のドル売りもなく、114円台ミドルに戻した。

ロンドン市場朝方でのドル/円(USD/JPY)は、ジリ高に推移するも、
高値は114円台後半程度([114.80-90]レベル)で、
115円台に乗せることはなかった。

ニューヨーク市場の朝方に、ドル/円(USD/JPY)は、一時下落。
114円台後半から、[114.30]アラウンドへ急落している。

---ポジション調整的なドル売り、と考えているが、
  中国政府筋から、外貨準備の多様化、中国元の変動拡大が必要
  といった発言があり、
  マーケットでは、中国人民元切り上げの思惑での、
  「ドル売り円買い」も出た模様。---

しかし、114円台前半になると、それ以上のドル売りも続かずに、
再び、114円台ミドル程度での「持ち合い相場」に戻した。

マーケット(外国為替市場)は、全般に、模様眺め。

本日(8月3日)の、ECB(欧州中央銀行)とBOE(英国中央銀行)の
政策金利発表を控えて、積極的に売買を行う雰囲気ではない。

また、明日(8月4日)には米国の雇用統計(失業率)を控えており、
ECBとBOEの政策金利が発表された後も、様子見のセンチメントが続きそうだ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

【マーケット・コメント】---「行って来い」のマーケット---2006年08月02日

2006年08月02日
【マーケット・コメント】
---「行って来い」のマーケット---

本日(8月2日)は、諸事情ありまして、配信が遅くなりました。
今さら、夕方になって・・・、とは思いますが・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月1日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度で寄り付き、
概して、[114.55-80]程度の狭いレンジで持ち合った。

ロンドン市場朝方も同様の値動き。

ニューヨーク市場に移って、米国経済指標が良かったことから、
ドル買いになり、115円台に乗せた。
ストップ・ロス(損切りのドル買い)を巻き込んだ値動きとも言える。

ポールソン米財務長官の発言にマーケットは期待したが、
目新しい内容はなく、材料にならなかった。

ストップ・ロス(損切りのドル買い)を付け終わると、
利上げ休止観測を材料に、ドルは下落し、114円台ミドルに戻した。

典型的な「行って来い」のマーケット(相場)だった。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ドル/円は、114円台で持ち合い---【マーケット・コメント】2006年08月01日

2006年08月01日
【マーケット・コメント】
---ドル/円は、114円台で持ち合い---

昨日(7月31日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度(114.65-70レベル)でオープン。

先週末(7月28日)のニューヨーク市場で、
米国4-6月期国内総生産(GDP)速報値が、予想よりも悪かったことを材料に、
115円台から114円台に大きくドルが下落した流れを受けてのオープンだった。

昨日(7月31日)の東京市場の昼から午後にかけて、
もう一段、ドルが売られ、[114.20-30]レベルを付けた。

ロンドン市場でも、114円台前半程度での小動き。

ニューヨーク市場で、若干のリバウンド(ドル買戻し)が出て、
[114.65-75]レベルまで戻したが、取り立てて目立った動きでもない。
ニューヨーク市場も「114円台ミドルでの持ち合い」といったセンチメント。

プール・セントルイス連銀総裁、
イエレン・サンフランシスコ連銀総裁のコメントがあったが、
マーケット(外国為替市場)は、あまり反応がなかった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

イスラエル・レバノン情勢が混迷しているが、今のところ、
マーケット(外国為替市場)は、これを材料にしていない。
---消化していないので、今後、ピックアップするのかもしれないし、
  そのまま消化不良になるのかもしれない。
  不透明なので、反応できずにいるのかもしれない。---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

【「おまえ、シアワセか?」】---昔に書いたコンテンツを再掲載---2006年07月31日Part2

2006年07月31日Part2
【「おまえ、シアワセか?」】
---昔に書いたコンテンツを再掲載---

たまたま、以前に書いたコンテンツを読んでみた。

ずいぶんと昔に書いた気がするが、内容を読んでみると、自分でも、
『ふーん・・・。なるほど・・・。』
と、思ってしまう。

---日付を見ると、もう、4年前でした・・・---

---自分で書いた文章は、長い時間が経つと、他の人が書いた文章と同じで、
  客観的な対象物になります。
  もちろん、自分のクセや記憶がありますから、
  自分の文章だと分かるのですが・・・---

そのまま(日付もそのまま)、再掲載します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

■「おまえ、シアワセか?」
 「……。
  いや、そうでもない……。」 2002/08/05(月)

最初は仕事を通じて知り合ったのだが、長いこと着かず離れずに、
お付き合いしている人がいる。

もう、10年以上昔のことになるが、その頃、
私は邦銀でカスタマー・ディーラー(顧客担当の為替ディーラー)をしていた。

ある朝、いつものように、その大手生保に電話をした。
いつも話をしている担当の方ではなく、聞きなれない声がした。
通り一遍のマーケットの話をした後で、話が弾んだ。
何の話をしたのかまでは覚えていないが、
大変、話術の上手い方で非常に面白い。

よく訊いてみると、その日に転勤してきたばかりの為替担当課長だそうだ。

四方山話をしていて、子供の頃は、お互いに近所に住んでいたことがわかった。
その人は、中高一貫教育の名門私立高校を卒業したので、
学校は関係がないが、幼少の頃は、同じ進学教室に行っていたこともわかった。

普段は、ちゃんとアポイントをとってから訪問しないと、
失礼になってしまったりするので、日時を約束するのだが、
「長電話をしているのも、何ですから、
 これからちょっとご挨拶に伺いましょうか?」
と尋ねてみた。
「ああ、いいよー。
 今日、着任したばかりだから、まだ用事もないし、今からすぐ来る?」

挨拶に行って、初対面ながら、お昼ご飯もそこの社員食堂でご馳走になった。

私は、みんなから、
「冗談でしょう?」
とよく言われるのだが、ものすごく人見知りをする。

しかし、よっぽど相性が良かったのだか、それ以来、その人とは、
お互いに仕事が変わっても、思い出したように、たまに会う。

先日、その人の高校時代の同窓会があったそうだ。
同窓会が終わって、二次会は、
クラスメートと二人で銀座のバーへ行ったようだ。

カウンターで、ウィスキーのグラスを持ちながら、
「おい、***(その方の名前)……。」
「あぁ……。何だよ?」
「おまえ、シアワセか……?」
「………。
 いや、そうでもない……。」
「………。」
「じゃあ、××××(そのクラスメートの方の名前)。
 おまえはシアワセか?」
「………。
 いや、そうでもない……。」

その、私の知人も、今では大手生保のお偉いさんで、
他人から見れば羨むような立場なのだ。
その人の友達は、財務省のエリート・キャリアだそうだ。

どうも、このごろは世の中に閉塞感がただよっている。
モチベーションが揚がらないことを、
世の中のせいに転嫁するつもりはないのだが……。

―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…
―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…

先日、私の中学時代の同窓会があった。
中学時代のクラスメートとは、大半は、卒業以来30年近く会っていない。
顔を見てもわからない。
年を取っても、変化のないやつもたまにはいるのだが、顔と名前が一致しない。

ところが、ビールを飲んで、少し時間が経ってくると、目を閉じると、
中学時代の顔が浮かんできて、名前も自然に思い出すのだ。
外観は変わっていても、声は中学時代と変わっていない。面白いものだ。

中学時代の同じクラブの仲間が司会をした。その司会が堂に入って素晴らしい。
子供の頃は、目立たないやつで、おとなしく、
とても司会をするなんてタイプではなかったのだが……。

今は、中学校で、技術の先生をしているそうだ。
大学を卒業してから、会社に勤めたそうだが、その仕事に合わず、
もう一度大学に戻り、教員資格を取ったのだそうだ。

二次会の時に、その友人に訊いてみた。

「おい、***(その友人の名前)……。」
「あぁ……。何だよ?」
「おまえ、シアワセか……?」
「………。
 うん。シアワセかもしれないなぁ……。
 何がシアワセなのかは難しいけど……。」

その答えを聞いて、なんだかほっとした。

(物語)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

GDP(速報値)は、FRBの利上げ休止観測をサポート---【マーケット・コメント】2006年07月31日

2006年07月31日
【マーケット・コメント】
---GDP(速報値)は、FRBの利上げ休止観測をサポート---

先週末(7月28日金曜)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台後半(115.85-90レベル)でオープンした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

7月28日(金)の東京市場が引き継いだ、
その前の7月27日(木)のニューヨーク市場では、
米国経済指標の耐久財受注(6月)と新築住宅販売(6月)が発表されている。

発表直後は、あまり反応がなく、
ドル/円(USD/JPY)は、115円台ミドル程度
---安値は、[115.30-35]レベル---で上下動した。

7月27日(木)のニューヨーク市場では、
午後になって、ポジション調整から、ドルが買い戻されて、
[116.00]アラウンドまで上昇した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こういった一連の流れを受けて、
先週末(7月28日金曜)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台後半(115.85-90レベル)でオープンした訳だ。

7月28日(金)の東京市場では、
ベージュブック(地区連銀経済報告)で米国経済の減速が指摘されたことから、
8月のFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げが見送られるのではないか、
といった思惑が広がっており、ジリジリとドルが売られた。

東京市場の午後には、再び、115円台前半に下落している。

その後のマーケット---ロンドン市場午前---は、
この日(7月28日金曜)に発表される米国経済指標、
米国4-6月期国内総生産(GDP)速報値に注目しており、
ポジション調整から115円台後半に戻している。

GDPは、マーケットの事前予想よりも悪かったために、米ドル売りとなり、
115円台後半から大きく急落し、114円台ミドルを付けた。

発表されたGDP速報値は以下の通り。

米国4-6月期国内総生産(GDP)速報値
結果:2.5%
予想:3.0%
前回:5.6%

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週は、FRBの利上げ休止観測、ユーロ金利引き上げ観測、
そして、ゼロ金利政策を解除した後の、潜在的な円金利上昇観測、
などを材料にドルが弱含むのではないか、と見ています。

サマー・バケーション(夏休み)シーズンのため、
全般的に、市場参加者が減少してきているセンチメントです。
念のために、付記しておきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »