« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006年7月14日 (金)

【The Market Info.】---Just for your Information---2006年07月14日Part5

2006年07月14日Part5
【The Market Info.】
---Just for your Information---


---Just for your Information---

本日(7月14日)の午後になって、
日銀は、金融政策決定会合でゼロ金利政策の解除を決定し、
誘導目標を[0.25%]に、公定歩合を[0.4%]に引き上げた。

マーケットでは、完全に「織り込み済み」の状況の様子で、
反応らしい反応は無い。

ドル/円(USD/JPY)は、むしろ、「ドル買い円売り」に動いている。

本日(7月14日)の朝方のドル/円(USD/JPY)は、
115円台ミドル程度で寄り付き、
午後になっては、115円台後半程度で推移していた。

日銀の金融政策に対する思惑での売買があったことや、
東京時間13:30過ぎになって、実際に、「円金利の引き上げ」が発表されて、
ドルは、上下動した。

115円台後半から115円台ミドルの急落したり、
そこから、再度、上昇して、116円台に乗せるなど、
値幅(振幅)は、それ程でもないが、
それなりに、荒っぽい上下動となっている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

個人的には、これで、当面のイベントも終了した、という印象。
『夏休み体制』に突入といった気分・・・。

8月上旬のECB(欧州中央銀行)理事会で予想される
「ユーロ(EUR)金利の引き上げ」といったイベントもありますが、
まだ、2週間以上も先の話なので、気分が乗らない。

---そこまで、緊張を続けることもないだろう・・・、といったところ。---

---どーも、その気になりません・・・
  Have a nice weekend! Bye now!---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

200円カツカレー---【読者お方からのメール】2006年07月14日Part4

2006年07月14日Part4
【読者お方からのメール】
---200円カツカレー---

日付: Fri, 14 Jul 2006
差出人: "***"
件名: カツカレー
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

前略

先生!「カツカレー」のはずなのに、カツがどこにも見当たりません!(笑
隠れてるだけかな??
この店だけ、ものすごいデフレなんですね。

****の***でした。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Fri, 14 Jul 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: それらしきもの発見??
宛先: "***"

***さま

「カツカレー」なのに、「カツ」が見当たらないといったご意見が、
随所から聞こえてきています!

目を凝らして、タマネギの下に隠れている「カツ」を、
是非、発見してください!!

「カツ」は、ゴハンの中央、頂上にあり、
その上に「ルー」をかけています。

『ウ~ン・・・? これかな・・・?』
という感じで、それらしきものがあるでしょ?

「カツ」は、若干、小振りですが、【200円】を考慮すると、
とても文句は言えません。

2皿でも【400円】と思って、欲張って、2杯食べましたが、
2杯は、ちょっと食べ過ぎのようです・・・。

[物語]

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[壁にかかっている「品書き」]の写真
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/2006july13_003.html

実際の【200円カツカレー】の写真
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/2006july13_001.html

2皿食べても、400円なので、2皿食べました・・・
(2皿は、ちょっと、多い・・・)
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/2006july13_002.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【200円カツカレー】---現物写真を追加---2006年07月14日Part3

2006年07月14日Part3
【200円カツカレー】
---現物写真を追加---

先週(7月7日に)、
「武蔵境駅北口」の【中央食堂】の【200円カツカレー】のことを書いた。

[写真はこちら↓]
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/index.html

---「武蔵境駅北口」の「ムーバス乗り場」の後ろの
  「ドトール・コーヒー」を左に見て、
  ビルの合間を通り抜けると、正面左側に、
  黄色い看板【中央食堂】と、黄色い看板【定食】の文字が見えます。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その店の中に入って、壁にかかっている「品書き」に、
『カツカレー』がある。【200円】と書いてある・・・。

『これは、書き間違いだろうか・・・?』

あるいは、
『きっと、昔の値段がそのままになっていて、直していないのか?』

あるいは、
『【200円】の【2】の部分に、紙で、違う数字が張ってあったのだが、
 はがれて落ちてしまったのかな・・・?』

と思っていた・・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そこで、[壁にかかっている「品書き」]の写真と、
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/2006july13_003.html

その、実際の【200円カツカレー】の写真を、追加しました。
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/2006july13_001.html

昨日(7月13日)、亜細亜大の授業の前に寄って、食べてきました。

2皿食べても、400円なので、2皿食べました・・・
(2皿は、ちょっと、多い・・・)
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/2006july13_002.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【年間スケジュール(再送)】---昨年(2005年)の12月のメールマガジンを再送---2006年07月14日Part2

2006年07月14日Part2
【年間スケジュール(再送)】
---昨年(2005年)の12月のメールマガジンを再送---

本日(7月14日)のマーケット(外為市場)は、
『日銀の金融政策決定会合』の結果発表待ち。

That's it!(それだけです!)

他に、コメントのつけようが無い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨年(2005年)の12月のメールマガジンを再送します。
---意図は、汲み取ってください。---

> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>           ◆◆◆【独断と偏見の為替相場】◆◆◆
>                  2005年12月12日号
>               【年間スケジュール】
>       ---『12月に、為替相場をやっているヤツは、負けたヤツ』---
> Vol.0877
> 読者数:03013
>                                      【フォレックス・ディーラー物語】
>                                       http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt
>                                        mailto:forexdealer@infoseek.jp
>                                      【既刊の閲覧先】
>                  http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>
>
> 12月も中旬になって、「クリスマス・シーズン」たけなわ。
> もちろん、マーケット(外国為替市場)は、まだ、オープンしている。
> ---来週も、オープンしていることは、している。---
>
> しかし、個人的には、もう、やる必要が無いし、のんびりと構えたい。
> 来週は、クリスマスの週だから、事実上、マーケット(外国為替市場)は、
> 『開店休業』状態になると、考えています。
>
> 薄い中を、乱高下する可能性はありますが、
> それを、事前に察知することは不可能だし、
> そういったことを狙って、ポジションを張るのは、単なるギャンブル。
>
> 所詮、相場はギャンブルだ、といった考え方もありますが、
> そうは言っても、「さいころ賭博」や「宝くじ」とは、自ずと違う、
> と、考えています。
>
>
> そう言いながらも・・・・。
> 本日(12月12日)のマーケット(外国為替市場)では、
> 朝方から、---東京市場から、---ユーロ/円(EUR/JPY)が急騰しているので、
> 何となく、ソワソワしてしまいます。
>
> 「クリスマス・シーズン」は、薄くなったところで、
> ---市場参加者が少なくなったところで、---
> そういった乱高下があるものです。
>
> そういった乱高下を、横目で見ながら、
> 『ふーん・・・。あっそう・・・。』
> と、眺めていればよろしいのです。
>
> 突如とした、こんな値動きを、タイミング良く、直前に察知することは、
> 不可能なのだから、
> ---『12月に、為替相場をやっているヤツは、負けたヤツ』---
> と思って、眺めているだけで良いのです。
>
> 11月下旬のコメントですが、以下を参考にして下さい。
>
> 【いよいよ、クリスマス・シーズンです】 2005/11/21(月)
> ---『12月に、為替相場をやっているヤツは、負けたヤツ』---
> http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2005Nov21.htm
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> マーケットが、こういった季節ですから、
> ちょっとここで、【年間スケジュール】について述べておきましょう。
>
> 今ここで、そんなことを述べると、
> 「来年でもいいよぉ・・・・」
> って、言われそうですが・・・・。
>
> でも、外国為替市場は、1月から、
> 『よーいドン!』で始まります。
>
> 『だって、勝ちたいんでしょ?』
> だったら、
> 『相場(マーケット)に対して、【年間スケジュール】を計画すること位は、
>  当然のことではないですか?』
> それは、外国為替市場では、1月になってからではなく、
> この12月のうちに考えておくことなのです。
>
> 『1年の計は元旦にあり』
> ですから、元旦に、このことを、思い出せばOKでもあるのですが・・・
> (念のため)
>
> まあ、ここでは、通り一遍、ざっと述べておきましょう。
>
>
> 相場は、私たちの都合は、聞いてくれません。
> しかし、毎年、決まりきったパターンがあります。
> だから、『12月のうちに考えておくこと』ではあるけれど、
> 一度、覚えてしまえば、毎年、年間スケジュールは、ほぼ同じです。
> (イースターの時期が違うのですが、それも、大差がありません。)
>
> まあ、何はともあれ、以下の通りです。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 1月:[頑張る月]
>    まずは、リハビリ(12月はのんびりしていたので)。
>    トレンドを調べる、チャートを調べる、12月中のニュースを紐解く、
>    など、確認の作業から始める。
>
> 2月:[もっと、頑張る月]
>
> 3月:[もっと、もっと、頑張る月]
>    (イースターが、3月にある場合は、休憩する。)
>
> 4月:[後半のゴールデン・ウィークに備える月]
>    ゴールデン・ウィークは、ポジションを取らずに、いったん休憩。
>    (イースターが、4月にある場合は、それも休憩する。)
>
> 5月:[ゴールデン・ウィーク明けから頑張る月]
>    まずは、リハビリ(ゴールデン・ウィーク中はのんびりしていたので)。
>    1月と同じように、まずは確認の作業。
>
> 6月:[しっかり、頑張る月]
>
> 7月:[夏休み(サマー・バケーション・シーズン)]
>    夏休みのスタートは、『米国の独立記念日』から。
>
> 8月:[夏休み(サマー・バケーション・シーズン)]
>    夏休みの終了は、ロンドンの、『レイト・サマー・ホリデー』まで。
>
>  ※7月~8月の[夏休み(サマー・バケーション・シーズン)]は、
>   その年によって、そのスタートは、遅れる場合があります。
>   しかし、夏休みの終了は、
>   ロンドンの、『レイト・サマー・ホリデー』までで、だいたい不変です。
>
> 9月:[頑張る月]
>
> 10月:[もっと、頑張る月]
>
> 11月:[12月に、ちゃんと休めるように、もっと、もっと、頑張る月]
>
> 12月:[クリスマス・シーズン=何もしない月]
>    こんな時期に、『相場をやっているヤツは、負けたヤツ』と、
>    横目で眺めている月。
>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マーケット・コメント】2006年07月14日

2006年07月14日
【マーケット・コメント】

昨日(7月13日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台前半程度([115.30]アラウンド)でオープンした。

---一昨日(7月12日)のニューヨーク市場で、
  ショート・スクイズ気味に上昇したドル/円(USD/JPY)は、
  [115.70-75]レベルの高値を付けている。

  一昨日(7月12日)のニューヨーク市場のその後の値動きは、
  115円台ミドル程度での持ち合いに推移した。

  そういった一連の流れを引き継いで、
  昨日(7月13日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
  115円台前半程度([115.30]アラウンド)でオープンした。---

東京市場では、[115.00]を一時割り込む場面もあったが、
その後の、ロンドン市場、ニューヨーク市場も含めて、
終日、115円台前半程度での『持ち合い相場』を形成した。

言い換えれば、昨日(7月13日)は終日、
[115.00~115.50]程度での、『持ち合い相場』に過ぎなかった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『日銀の金融政策決定会合』が、
7月13、14日---昨日、本日---に行われている。

マーケット(外国為替市場)は、
本日(7月14日)発表される『日銀の金融政策決定会合』の結果待ち。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

【もうとっくに『夏休み』】---やりたければやれば良い---2006年07月13日Part2

2006年07月13日Part2
【もうとっくに『夏休み』】
---やりたければやれば良い---

By the way,---バイ・ザ・ウェイ---

『シーズン』では、とっくに、『夏休み』。
---ずいぶんと、以前に書いた『年間スケジュール』を思い出してください---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

■FOMC
■テポドン2号
■米国雇用統計
■米国貿易収支

と、続いて来たし、

■日銀政策会合

が、今週末に控えている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

結果的に、絶え間無く、何かしらが起きている。
---年間スケジュールに、もともとあったものもあるし、
  「テポドン2号」のように、突発的、予想外のこともある・・・---

だから、それに(そういったことに)目が向いてしまうが、
『夏休みのシーズン』であることを、忘れてはいけない。

(相場を)止めたければ、
すぐにでも、『夏休み体制』に入って、
レイト・サマー・ホリデー(8月下旬)まで、なにもしないことも、
『例年のセオリー』だ!
---(強い断定)---

まあ、いろいろと、イベントが、矢継ぎ早に出ているので、
(相場を)止めるべきだ、とは、言わない。

「夏休み・シーズン」や「クリスマス・シーズン」は、
市場参加者が少ないから、---場合によっては、いないから、---
やらない方が良い、と言っている。

今年のように、何かと、イベントが連続している時は、市場参加者がいる。
だから、やりたければやれば良い。

ただし、勧めるつもりもない。
---セオリーに従えば、米国独立記念日から、
  『夏休みのシーズン』は始まっているのだから。---

個人的には、もう『夏休み』でもいいかな・・・?
と、思っている。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ストップ・ロス・オーダー:at[114.70 Above][115.00 Above]---【マーケット・コメント】2006年07月13日

2006年07月13日
【マーケット・コメント】
---ストップ・ロス・オーダー:at[114.70 Above][115.00 Above]---

昨日(7月12日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台前半程度([114.25]アラウンド)で、オープンした。

---東京市場のオープン(寄り付き、寄り値)は、東京時間午前9:00、
  東京市場のクローズ(終値)は、東京時間午後5:00と考えています。---

東京市場は、動かず。見るに値しない。

東京市場の夕方になって、欧州勢が参加する時間帯になると、
マーケット(外国為替市場)では、「ドル買い」が活発になった。

ロンドン市場で、ドル/円(USD/JPY)は、[114.50]を上に抜けると、
[114.70]を越えた水準にあった
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル買い注文)を付けて加速した。

[115.00]を上に抜けると、もう一段の
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル買い注文)を付けて、
さらに加速した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドル/円(USD/JPY)が、115円台に乗せて、
「米国貿易収支(5月)」の発表を迎えた。
---7月12日ニューヨーク時間8:30(日本時間21:30)に、米商務省が発表---

マーケットの事前予想では、[△653億ドル](5月)に拡大する、と見ていた。
---マーケットは、米国貿易赤字が653億ドルに拡大する、と見ていた---

ちなみに、米国貿易収支(4月)は、[△634億ドル]だった。

実際に発表された結果は、以下の通り。

米国貿易収支(5月)
結果:[△638億ドル]
予想:[△653億ドル]
前回:[△633億ドル](△634億ドルから修正)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

予想よりも、良かったことを材料に、もう一段の「ドル買い」が出て、
高値、[115.70-75]レベルを示現した。

その後は、
「米国貿易収支(5月)」が終われば、
次は、週末の日銀の金融政策決定会合に注目が移ることだろう、
と予測していたが、その通りになった。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

【読者の方からのメール紹介】2006年07月12日Part2

2006年07月12日Part2
【読者の方からのメール紹介】

日付: Wed, 12 Jul 2006
差出人: "***"
件名: FXは人間の幅を拡げてくれる???
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

はじめまして。***と申します。

物語様のメルマガや本からいろいろ勉強させていただいております。
FXをはじめてまだ一年弱の、初心者ですが、
かなり、はまってしまってます。

家業を継ぐべく、少し前に会社を辞め、田舎に戻って修行中の
身分でありますが、なにせ、時間に余裕がありすぎなので、
FXには小生に丁度よい遊び相手となってもらってます。

ついこの間まで三鷹駅の近くに住んでいましたので、物語様が
亜細亜大学の講師をされると聞いて、会社を辞めるタイミングを
もう少し後にすればよかったなあと後悔しておる今日この頃です。

田舎に引っ込んでしまったので、なかなか東京に行く機会もないので
ですが、今年中には少人数セミナーに一度参加してみたいと思っています。
ですが、7月以降の開催予定がないようなので、もう終了して
しまったのでしょうか?是非何らかの形で続けていただければと
存じます。。

FXをはじめて、中学高校以来ほとんど勉強してこなかった自分に
はたと気づき、世界各国の政治、経済、産業、文化、歴史を
再度勉強しなおしております。私にとって、FXは非常に
すばらしい宿題を提供してくれました。

ともすると、日本では社会人になると(サラリーマンになると?)
仕事に必要なこと以外はほとんど趣味(釣りやゴルフなど)のことしか
興味がわかなくなる傾向がありませんかね?まあ、私自身が
サラリーマン時代にそうであっただけかもしれませんが、余裕が
ないし、興味もわかないんですよね(今の私は会社を辞めて時間に
余裕があるからかもしれませんが)。いずれにせよ。これまでは
全く興味の持てなった他国の政治、経済などに興味を持ち、
ひいては国内政治や経済にも興味を持ち、更にいろいろな問題点に
気づき、今までの生活では考えられなかったことばかりです。

とまあ、いろいろかっこつけたことを書きましたが、これらの勉強が
FXの勝利につながるわけではないのが少々悲しい点ではありますが、、。

これからも忌憚のないコメントを楽しみにしております。
失礼いたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 12 Jul 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: Re: FXは人間の幅を拡げてくれる???
宛先: "***"

***さま

こちらこそ、はじめまして。
メールありがとうございます!!

諸事情ありまして、いったん、セミナーを中止しています。

今まで、継続してきたので、---かれこれ4~5年になります・・・---
それまでの、様々な経緯が思い起こされます。

今までに、たくさんの方々に参加して頂き、
かつまた、常連の方々(リピーターの方々)には、
本当に、一方ならぬお世話になりました(なっています=現在進行形)。

ですから、中止するのは、もったいないと、思っています。

残念ですが、目先は、いったん中止しますが、
必ず、何らかの形で、セミナーを開始するつもりです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

亜細亜大は、木曜日で、時間は、3時限目と4時限目[12:50-16:00]です。
授業としては、明日の授業(7月13日)が、今年の最後になります。
前期のみの講座なので、後期は無いようです。
---今年から始めたので、私も、システムが良く分かっていません・・・。
  それで、他人事のような、書き方になってしまいます・・・。---

7月20日(木)は、補講予定日で、私の場合は、休講が無かったので、
補講日をどうしようか、迷っています・・・。
7月27日(木)は、試験なので、授業はありません。

いつも、授業の後は、武蔵境駅近くの「銭湯」に寄って、一汗流し、
その後で、西荻窪駅前にある、「ちょろ」という小さい、
本当に小さい居酒屋で、飲んで帰っています。

亜細亜大のある日なら、西荻窪駅前の「ちょろ」で飲む、
という手がありましたが、しばし、それも休憩です。
---来年も、亜細亜大の講師は、出来れば、続けたいので、
  来年になれば、そういったことも、再び可能です。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

東京を離れてしまったようですが、
もし、何らかの時に、こちらに来られる場合があれば、
是非、ご連絡ください。

人間、会おう、と思えば、どうにかなるものですから。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まず、[米国貿易収支]、そして、[円金利引き上げ]---【マーケット・コメント】2006年07月12日

2006年07月12日
【マーケット・コメント】
---まず、[米国貿易収支]、そして、[円金利引き上げ]---

昨日(7月11日)の外国為替市場のドル/円(USD/JPY)は、
おおむね、114円台前半で動かず、といった印象。

---東京市場の朝方に、113円台後半があったり、
  ニューヨーク市場朝方に、高値[114.70]を付けているが、
  俯瞰するならば、
  「おおむね、114円台前半で動かず」と言って良い、と考えている。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ことさらに、ニュースは無い。

---「インドのムンバイでの連続爆破テロ事件」は、
  「米国のワールド・トレード・センター・テロ事件」や、
  「ロンドンの地下鉄テロ事件」を連想させるが、
  今のところ、その関連性は不明だし、
  目先の外国為替市場には、影響が無い、と考える。---

---「インドのムンバイでの連続爆破テロ事件」で、
  亡くなった方々に、哀悼の意を捧げます。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

マーケット(外国為替市場)は、
本日(7月12日)に発表される「米国貿易収支(5月)」に注目している。
---7月12日ニューヨーク時間8:30(日本時間21:30)に、米商務省が発表---

マーケットの事前予想では、[△653億ドル](5月)に拡大する、と見ている。
---マーケットは、米国貿易赤字が653億ドルに拡大する、と見ている---

ちなみに、米国貿易収支(4月)は、[△634億ドル]。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

米国貿易赤字の拡大は、ドル売りの材料。
本日(7月12日)に発表される数値が、どれ程「織り込んでいるのか?」
気になるところ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「米国貿易収支(5月)」が終われば、
次は、週末の日銀の金融政策決定会合に注目が移ることだろう。

日銀が7月13日、14日の金融政策決定会合で、
「ゼロ金利政策の解除」を行うといった観測が強まった。

---マーケットでは、7月13日、14日の金融政策決定会合で、
  「ゼロ金利政策の解除」を行い、その利上げ幅は[0.25%]であることを、
  織り込んだ状況になっている。---

---むしろ、7月14日に、円金利の引き上げが行われない方が、
  マーケットでは、いわゆる「サプライズ」。---

---上述の通りに、7月に「ゼロ金利政策の解除」を行うだろう、と考えている。
  しかし、仮に、7月に「ゼロ金利政策の解除」を行わなくとも、
  8月に実施されるのが確実視されている。
  いずれにせよ、マーケットでは、「織り込み済み」。
  つまり、7月に実施しても、8月に実施しても、同じこと。---

---そういった状況では、さっさと7月に実施した方が、
  マーケットに、余計な憶測を与えないので、むしろ健全。---

---『福井日銀総裁が「村上ファンド」に投資していた事件』で、
  国民の、過半数以上が、福井日銀総裁辞任すべきだ、と考えている。---

---それでも辞任しない福井日銀総裁の『お人柄』がしのばれる・・・。---

---福井日銀総裁が、国民に不透明感・不快感を与えている状況での、
  日銀の立場を慮れば、
  やるべきこと(円金利引き上げ)は、
  さっさとやった方が良い、という判断が働くだろう、と考えている。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回、円金利が引き上げられれば、
円金利が、今後上昇していく上での「始まり」の意味を持つでしょう。

年内に、少なくとも、もう一度の引き上げがあるだろう、
そして、来年も、さらに、円金利は引き上げられることになる、
と考えています。

2006年07月10日【マーケット・コメント】でも、
以下のように、既述しています。

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 今後、何年間かに渡って、円金利が数パーセントにまで、上昇する可能性に、
> 留意するべき、と考えている。
>
> ---「数パーセント」とは、まさに、
>   いわゆる「数パーセント=5~6パーセント」をも想定しています。---
>
> ---当面は、「2~3パーセント」を視野に入れておけば良いのでしょう。
>   この程度の利上げならば、
>   比較的、短期間で到達する可能性もあります。---
>
> ---過去の日本の金融政策の「ツケ」の影響が、
>  今後、これから出てくることに留意するべき、と考えている訳です。---
>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

円金利引き上げ観測で「ドル売り円買い」、その後、買い戻し---【マーケット・コメント】2006年07月11日

2006年07月11日
【マーケット・コメント】
---円金利引き上げ観測で「ドル売り円買い」、その後、買い戻し---

昨日(7月10日)、週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[114.00]アラウンドでオープンした。

---東京市場のオープン(寄り付き、寄り値)は、東京時間午前9:00、
  東京市場のクローズ(終値)は、東京時間午後5:00と考えています。---

朝方の仲値が決まるまでは、
---東京時間午前10:00ころまでは、---
113円台後半から114円に乗せた辺りでの持ち合い。

仲値決定後は、断続的に「ドル売り円買い」が進んだ。

東京市場では、ダラダラと下げて、夕方には、[113.50]も割り込んだ。

ロンドン市場の朝方は、113円台ミドルから113円台後半程度での小動き。

ニューヨーク市場の時間帯になると、
目先でドルを売った向きの損切りの買戻し、といったところ。
弱い「ショート・スクイズ」的な値動きで、114円台前半に乗せた。

その後のニューヨーク市場は、[113.90-114.25]での「持ち合い」。
あまり、見るべきところも無い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日銀が7月13日、14日の金融政策決定会合で、
「ゼロ金利政策の解除」を行うといった観測が強まった。

日銀の利上げ観測を材料に、「ドル売り円買い」が進んだ。

しかし、[113.50]を割り込んでも、追随のドル売りは出なかった。

それで、ドルを売った向きが、自ら買い戻した、といった印象。
---もしくは、ドルを売った向きの、ストップ・ロス(損切り)を狙って、
  ドルを買い上げる向きもあった、といったところ。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(7月10日)のマーケット(外国為替市場)では、
ユーロ/円(EUR/JPY)の下落が目立った。

朝方の東京市場では、[146.00]アラウンドだったが、
ドル/円(USD/JPY)の下落に伴い、
ニューヨーク市場の朝方には[145.00]アラウンドまで下落した。
---[145.00]には、届かず---

その後、ユーロ/円(EUR/JPY)は、145円台前半程度で持ち合いに推移した。

ニューヨーク市場で、
ドル/円(USD/JPY)が「ショート・スクイズ」的な値動きになったのも、
ユーロ/円(EUR/JPY)での、「買戻し」が出ていたことも挙げられる。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

祝!イタリア!---ワールド・カップ(サッカー)終了!---

祝!イタリア!---ワールド・カップ(サッカー)終了!---

---さて、今回のコンテンツは、メールマガジンでは配信しません。---

ワールド・カップ(サッカー)終了!

イタリアの優勝!

祝!デルピエロ!
(個人的には、明るいのでファンです・・・)

今回は、誰がMVPになるのでしょう・・・
(イタリアGKのブフォン・・・? かな?)

勝負事だから、イタリアが優勝だし、PK戦だろうが、なんだろうが、
フランスは準優勝。結果は結果・・・。

でも、どっちも、スゴイ!

フランスの誇り、ジダン!ご苦労様でした!!

決勝戦では、延長戦で、レッドカード退場だったが、
ジダンがいなければ、決勝戦にまで残れなかった。
---「たら・れば」には、意味が無いが、
  ジダンがいなければ、
  フランスはワールド・カップに出場できたかな・・・?---

私個人としては、MVPはジダン。

ブラジル、ポルトガルへの勝因は、ジダンがいたから、だと感じる。
もちろん、アンリもすごいし、フランスの選手が頑張った。
ジダンひとりでは勝てない。
しかし、ジダンがいなければ・・・、とうの昔に終わっていた、と、思う。

そうそう、この[ブログ]の背景は、
ワールド・カップの季節だから【サッカー】にしているのだけど、
ワールド・カップ(サッカー)が終わってしまったので、
どうしようか・・・・、と、迷っています・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな発見---【読者の方とのメールのやり取り】2006年07月10日Part3

2006年07月10日Part3
【読者の方とのメールのやり取り】
---新たな発見---

日付: Fri, 07 Jul 2006
差出人: "**"
件名: 相場を始めてから、いままでに思った事
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

日々、勉強させて頂いています。

私の様な、相場の超初心者が、何事かを言うのは僭越だと思いますが、
どうか聞き流して下さい。

相場の世界は、関連する要素が多く
初期条件のほんの僅かな違いが、時間の経過とともに、
大きく結果(?)を変える。

相場の予想は、線形ではなく、非線形に属する世界。
なれば、せめて疑似線形で予想するしか手が無い?から
過去のデータを様々に加工し、
次の短期間(長期は占いに等しい)の変化を予想する。

相場の予想にブル・ベア(ロング・ショートと利(損)益確定)がある以上、
振幅(ゆらぎ)が生じるのは当然の成り行き。

そして、政治的・経済的サプライズ・需給あるいは思惑が絡み合い、
変化(振幅)は加速(逆加速)され、
短時間にオーバー・シュート(行き過ぎ)を引き起こす。

そこには、変化に追随する資金が大きな役割を果たすでしょう。

物語先生のおっしゃる通り、
幅とトップ(ボトム)は確定できないから、方向で戦う。

相場を始めて、相場を動かすのは、
最終的には「人」の利益に対する渇望(アクセル)と、
「人」の恐怖心(ブレーキ)であることがよ~く解りました。

だからこそ、最も重要なのは過去のデータ・経験に裏打ちされた
相場感とセオリーだと思えてきました。

まとまりの無い文章で、(じゃあ、書くなと言われそうですが)スイマセン。
戯言です。

From **

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Mon, 10 Jul 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: Re: 相場を始めてから、いままでに思った事
宛先: "**"

**さん

いつもありがとうございます!
相場に臨むのに、初心者とか、僭越とかいった概念はありません。
お気になさらぬように。

**さんの文章を読んで、一生懸命に、努力をしている姿が伝わってきます。
(不思議なもので、文章には、人柄が出るようです)

それこそ、僭越かもしれませんが、
---自分で、否定しておきながら・・・、すみません・・・。---
**さんが、私の書いた文章から、何かしらを、搾り出して、
吸収してくださることが、わかります。

それは、今の私にとって、とても嬉しいことなのです。

これからも、宜しくお願い申し上げます。
遠慮なく、忌憚の無いご意見を、お知らせください。

**さんは、どちらにお住まいですか?
東京・横浜近辺でしたら、今度、飲みにでも行きましょうか?
---無理強いは、いたしませんので、悪しからず。
  軽い、お誘いのつもりです。割り勘です。---

PS;
当然ですが、私が「外すとき」には、
「自らを守るオペレーション」に努めてください。

私が「外すとき」には、どうも、パターンがあるようなのですが、
本人には、それに気が付くのが難しいのです・・・。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Mon, 10 Jul 2006
差出人: "**"
件名: お誘いありがとうございます
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

>**さんは、どちらにお住まいですか?
>東京・横浜近辺でしたら、今度、飲みにでも行きましょうか?
>---無理強いは、いたしませんので、悪しからず。
>軽い、お誘いのつもりです。割り勘です。---

お誘い、ありがとうございます。
私は、**県**市に住んでおります。
GWには妻と東京へでかけ、表参道ヒルズ・六本木ヒルズなどを周り
ミーハーしてきました。
わたしの目的は、八重洲ブックセンターや東京駅前にできたとウワサの
丸善に行くことでしたが・・・妻の希望に負け・・・(涙)

「読者からのメール」に、親の介護のために会社を辞め、
FXに取組んでいらっしゃる方の紹介がありましたね。

私はその方とは違うのですが、
止む負えない事情で半リタイヤを余儀なくされました。

プライベートな事で恐縮ですが、3年程前に、大病をしました。
長嶋元巨人軍監督と同じような症状で
(私の方が早い・・・自慢にならないか?)半年入院しました。
心筋梗塞・肺気腫・心室細動・脳梗塞も患い、失語症も経験しました。
バイパス手術も受けましたが、執刀医曰く
”もうあなたは、病状の改善は望めません”と太鼓判を頂きました。

今では心臓が4割程度しか動いていないので、下戸では無いのですが、
残念ながらお酒は飲めません。悪しからずご了承下さい。
お会いして、お話はしたいと思っております。
機会があったらお付き合いして下さい。

From **

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Mon, 10 Jul 2006
差出人: "物語"
件名: Re: お誘いありがとうございます
宛先: "**"

**さん

そうですか・・・。
知らなかったとはいえ、失礼いたしました。

---「下戸ではない」の文面から、元々は、
  お好きだったのではないか?と推量いたします・・・---

正直なところ、なかなか、そちらの方面に行くチャンスがありません。
セミナーなどで、行ければ良いのですが、そうも自由が利きません。

しかし、是非、お互いに、チャンスがあれば、
お会いしましょう!
きっと、チャンスはあると、思います!!
東京に来られることがございましたら、
本当に、是非、お知らせください!

マーケット(相場)は、いろいろな方々に、
「チャンスや、希望を、与えてくれるのだな・・・」
と感じました。

The Market is always so mean.
(マーケットは、いつも意地悪。)
と、思っていましたから、本当に、新たな発見です。

正直なところ、
私には、そういった感覚が無かったように思います。
『ただただ、負けるのが悔しくて、
 どうやったら勝てるようになるだろう・・・』
とばかりに、しがみついてきました。

23年も長いこと外国為替相場に付き合っていながら、
いまさらに、
私の気が付かなかったマーケット(相場)の価値を教えていただき、
改めて驚きと感謝の念が湧き上がってきます。

ありがとうございます!!

以前のメールマガジンで、以下のように述べました。

> 適切な言葉ではないかもしれませんが、
> 『外国為替市場(外国為替相場)』は、
> ---為替に限らず、相場は、と置き換えても良いのでしょうが、---
> 『単なる、ギャンブルであり、社会的意義がない』と考える人は、
> 自らの、存在意義、誇りを、放擲しているのではないでしょうか?
>
> 別な言い方をすれば、
> 『相場を汚いと捉える人』は、『自らを汚い人間』と、
> 認識しているのではないでしょうか?
>
> そう言いながらも、私自身が、そのことに、
> 若いころから、ずーっと、悩んできた、
> そして、今も悩んでいる命題で在り続けていますが・・・・。
>

それは、私自身に投げかけた言葉でもあります。
誇りと自信を持てそうです。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ドル円ユーロの関係】---ここまで、書くべきではないのかも知れない・・・---2006年07月10日Part2

2006年07月10日Part2
【ドル円ユーロの関係】
---ここまで、書くべきではないのかも知れない・・・---

6月の下旬に、ドル・円の関係について、以下のように述べた。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【独断と偏見の為替相場】2006年06月26日号Part3【読者の方からご質問】
---ドル安トレンドはまだ継続しているとお考えですか?---
より、抜粋引用

> (1)ドル安トレンドはまだ継続しているとお考えですか?
>
>  Yes.
>
>  ただし、[119.50]を上に抜けて上昇する場合は、
>  再び、トレンド転換が起こる。
>  つまり、[119.50]を上に抜けると、
>  「ドル安円高トレンド」から、「ドル高円安トレンド」に転換する。
>
>  つまり、テクニカルに見ると、[115.40-119.50]のゾーンにある場合は、
>  さまざまな思惑が交錯し、
>  ブル・ベア喧々諤々の意見が飛び交うことになります。
>
>  正直なところ、私は、どちらが勝っても構わないのです。
>  ---つまり、私は、勝った方に付きますから、
>   結果が出てから行動しても良い、
>   何も難しいところで、わざわざ、戦う必要がない、
>   と考えています。---
>
>  ---別に、日和見主義で、
>   そうのような態度を取っているのではありませんし、
>   主義・主張がない訳でもありませんが、
>   「相場に勝つこと」に主眼点を置くならば、勝った方に付くべきだと
>   考えています。---
>
>  ただし、セオリーでは、トレンド転換が起こるまでは、
>  それまでのトレンドが継続している、と考えるべきです。
>  だから、現在の、マーケットでは、[119.50]を上に抜けるまでは、
>  「ドル売り」で戦うのが、セオリーです。
>
>  しかし、[113.40]を上に抜けて、上昇していることも事実です。
>  トレンドだけではなく、実際の資金(資本移動)も起こった、
>  と考えるべきですし、
>  また、例えば、113円台から119円台にまで売りあがるようなマネは、
>  あまりにも、「負け」、すなわち、相場観が外れたことに関して、
>  ルーズに過ぎる、と思っています。
>
>  ---それは、資金管理の面から、無謀に過ぎる、と考えます。---
>
>  ---難しいマーケット(相場)のときは、「クヤシイ」けれど、
>   『あのブドウはスッパイ』と考えて、勝負から下りる、
>   勝負から逃げる、ということも大切だと考えます。---
>
>  ---卑怯と言われようと、弱虫と言われようと、
>   生き残ることの方が大切だと考えています。
>   (本当は、血の気が多いので・・・・、ですが・・・)---
>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

6月の下旬に、ユーロ・円の関係については、以下のように述べた。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【独断と偏見の為替相場】2006年06月27日号Part2
【ユーロ/ドルに関しては、】---そして、ユーロ/円に関しては、---
より、抜粋引用

> ユーロ/円(EUR/JPY)は、ブル(強気)で見ている。
> ---つまり、「ユーロ買い円売り」でついて行く方が良い、と見ている。---
>
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、高値圏で推移しているので、
> 上下動を繰り返しながら、ゆっくりと上昇している。
>
> 「ユーロ買い円売り」から入って、
> ストップ・ロス・オーダーで、守りながら、「売り逃げる」スタイル。
>
> 上下動を繰り返しながらの上昇だから、「損切りになる場合もある」が、
> まめに売買を繰り返す。
> 「買っちゃ売り」「買っちゃ売り」を繰り返す。
>
> ---その際に、「損切りになること」を厭ってはいけない。---
>
> ---もともと、上下動を繰り返しながらの上昇の場合は、
> そういうものなのだ、と考える方が良い。---
>
> ---「上昇は、ゆっくりで、下落は、速い」のは、対円取引の典型。---
>
> ---ただし、ドル/円(USD/JPY)が、
>   急激な「円高」の動きを示す場合は、すぐに止める。
>   その場合は、「利食い」になろうと、「損切り」になろうと、
>   すぐに、ポジションを手放す。---
>
> ---これ以上の、説明、解説が出来ません。(ベストを尽くしています)---
>
> ---上記の説明、解説で、理解できない場合は、
>   拙著『外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798012068/

>   『ドル円ユーロ投資入門』を、お読みください。(^0^)/♪---

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822243486/

>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

先週末金曜(7月7日)に、ユーロ/円(EUR/JPY)が下げたが、
これは、『ドル/円(USD/JPY)が急落する場合』は、
ユーロ/円(EUR/JPY)のロングを、すぐに手放す、
その際に、『利食い、損切りにこだわってはいけない』と、既述した。

まさに、そのケースに過ぎない。

こう述べると、
そんなに、多方面に気を配りながら、売買できない・・・・、とか、
そこまで、相場にしがみつく時間が無い・・・・、
という声が、聞こえてきます。

だから、最初に、【ディーリング・テクニック】であり、
何よりも必要なのは、時間だ、と述べています。

集中力と決断力は、当然に、求められるもので、
それらがあった上に、マーケットにしがみつける時間も必要だ、
ということです。

自分の力量を、きちんと判断して、対応するべきことなのです・・・。

---だから、ここまで、書くべきではないのかも知れない・・・、
  と、悩みます。迷います・・・。---

---力量の足りない人にとっては、そのノウハウも使いこなし切れずに、
  かえって損失になり、恨みを残す可能性があるからです。---

---その「恐れ」についても、既に、述べています。
  あらかじめ、予見できることに過ぎません・・・。---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【独断と偏見の為替相場】2006年07月05日号Part3
【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---
より、抜粋引用

> FOMCの前に、ユーロ/円にも、言及している。
>
> ドル/円で、スライトリー・ショートをキープし、
> ユーロ/ドルでスライトリー・ロングをキープする。
>
> その上で、ユーロ/円で、「買っちゃ売り」「買っちゃ売り」を繰り返す。
>
> 実際に、FOMCの直前では、そういったオペレーションが有効であった。
>
> FOMCが終って、マーケットが落ち着いてからも、
> 実際のところ、その戦術(タクティクス)は、有効だ、と、感じる。
>
> しかし、この戦術(タクティクス)を使いこなすには、
> かなりの技量が求められる。
>
> 集中力と決断力と言い換えても良い。
>
> そして、何よりも、求められるものは、時間だ。
>
> マーケットにしがみつく、充分な時間がなければ、
> この戦術(タクティクス)は採れない。
>
> 所詮は、ディーリング・テクニックに過ぎない、のかも知れない・・・・。
>
> しかし、こういったテクニック(技術)を工夫して、適宜応用する、しない、
> は、個々の問題でもある。
>
> 知っていることは、考えることが出来る。
> が、知らないことに関しては、考えることにすら至らない。
>
> その戦術(タクティクス)を使いこなせるか?否か?
> を、問うこと無く、ただ粛々と紹介することも、
> 「勤め」なのかも知れない・・・・。
> (違うかなぁ・・・・?)
>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ごく、目先で言えば、先週末に、(7月7日のニューヨーク市場で、)
ドル/円(USD/JPY)が急落した時点で、
ユーロ/円(EUR/JPY)のロングは、いったん撤退がセオリーです。

考え方に、何ら変化はありませんが、もう一度、繰り返します。

> ---「上昇は、ゆっくりで、下落は、速い」のは、対円取引の典型。---
>
> ---ただし、ドル/円(USD/JPY)が、
>   急激な「円高」の動きを示す場合は、すぐに止める。
>   その場合は、「利食い」になろうと、「損切り」になろうと、
>   すぐに、ポジションを手放す。---

セオリーに従うならば、上述の通りでもあります。

それだけでなく、チャートに従っても、
ユーロ/円(EUR/JPY)が[146.50]アラウンドを割り込んだ辺りで、
ユーロ/円(EUR/JPY)のロングは、いったん撤退のシグナルを示している。

---マーケット(相場)の値動きが速すぎて、対応できないとしても、
  [146.00]を割り込むまでに、充分な時間があったはずです。---

---そのタイミングは、
  先週末(7月7日金曜)のニューヨーク市場のお昼前後、
  つまり、東京時間の7月8日土曜日の午前0:00~3:00程度に、
  146円台で、(少なくとも、145.90程度では、)
  ユーロ/円(EUR/JPY)のロングを損切り出来たはずです。---

ユーロ/円(EUR/JPY)に関しては、
まだ、「ブル・トレンド」が崩れたか、否か、判断できません。
だから、現在の時点では、「ブル・トレンド」が継続している、
と考えるのがセオリーです。

しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)のロング・ポジションを持っていたならば、
先週末(7月7日金曜)のニューヨーク市場のお昼前後までに、
手放して、現在は、スクエア(ポジションの無い状態)になっているべきです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「米国雇用統計」でドル売り、日本政府は「ゼロ金利政策解除」容認---【マーケット・コメント】2006年07月10日

2006年07月10日
【マーケット・コメント】
---「米国雇用統計」でドル売り、日本政府は「ゼロ金利政策解除」容認---

先週末、7月7日(金)、七夕の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台前半程度([115.25]アラウンド)でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き、寄り値)は、東京時間午前9:00、
  東京市場のクローズ(終値)は、東京時間午後5:00と考えています。---

東京市場は、この日のニューヨーク市場で発表される「米国雇用統計」待ちで、
ほとんど動きなし。
動意も無ければ、取引(売買)も伴っていない。

東京市場の引けにかけて、ロンドン勢の参入時に、ドル売りが出て、
[115.00]を割り込み、114円台を付けた。

ロンドン市場の朝方は、ドル売り気配で、114円台後半で推移している。

114円台後半で、ニューヨーク市場の「米国雇用統計」を迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

発表された米国失業率(雇用統計)は以下の通り。

失業率(6月)
結果:4.6%
予想:4.6%
前回:4.6%

非農業部門就労者数(NFP)(6月)
結果:+121,000人
予想:+175,000人
前回:+ 92,000人(前回発表された[+75,000人]から上方修正)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

失業率は、予想通り。

非農業部門就労者数(NFP)が、予想よりも悪かったことを材料に、
「ドル売り」となった。

「米国雇用統計」を材料に、114円台後半程度から、113円台後半に、
約100ポイント(約1円)急落した。

その後は、典型的な週末のニューヨーク市場。
113円台後半から114円台に乗せた辺りで、ぼんやりとクローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この週末の7月9日(日)に、日本政府は、
日銀が7月14日に開く政策委員会・金融政策決定会合で、
決定する見通しの「ゼロ金利政策解除」について、
これを容認する方針を固めた。

今週の政策会合で、誘導目標を[0.25%]に引き上げる見通し。

これは、「米ドル売り円買い」の材料。

今回の---これから決定される7月の---円金利引き上げは、
円金利が、今後上昇していく上での「始まり」の意味を持ちます。

年内に、少なくとも、もう一度の引き上げがあるだろう、
と個人的には、考えています。

そして、来年も、さらに、円金利は引き上げられることになる、
と考えられます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今後、何年間かに渡って、円金利が数パーセントにまで、上昇する可能性に、
留意するべき、と考えている。

---「数パーセント」とは、まさに、
  いわゆる「数パーセント=5~6パーセント」をも想定しています。---

---当面は、「2~3パーセント」を視野に入れておけば良いのでしょう。
  この程度の利上げならば、
  比較的、短期間で到達する可能性もあります。---

---過去の日本の金融政策の「ツケ」の影響が、
  今後、これから出てくることに留意するべき、と考えている訳です。---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »