« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »

2006年7月 7日 (金)

【読者の方からのメール】2006年07月07日Part3

2006年07月07日Part3
【読者の方からのメール】

本日(7月7日)は、ニューヨーク市場で発表される「米国雇用統計」待ち。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Wed, 05 Jul 2006
差出人: "****"
件名: ****です
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

先日はおつかれさまでした

仕事で相場に参加できないうちにドル円が116円までいったり、
中田が引退を表明したり、
北朝鮮がミサイルを撃ったりいろいろ世界もうごいてますね

たまりにたまったメルマガを読み直しながら
徐々に相場に参加していこうかな~っと思っていますが、

ポジションをとるのは、チャートポイントまでのんびり待とうと思います

色々と忙しいと結構チャートポイント突破も待てますね・・・
ヒマな時は、いつ買おうか、いつ売ろうかそわそわしていましたが
忙しいと結構待てるもんですね(笑

中田引退しちゃいましたね、
「ちょろ」で中田が現役引退するのではっと聞いてはいましたが、
自分としては代表引退だけかな~っと思ってました

現役まで引退するとは、やっぱりちょっとびっくりです

今後どうするんでしょうね?

色々なとこから声はかかっているようですが、どこにいくのでしょうね?

学校に行くんですかね?

社会人になってからの学校もなかなか楽しいものですが、
中田なら海外の大学にでもいくかもしれませんね~

しかし、北朝鮮がミサイルを7発も撃つとは・・・

軍事的な駆け引きは国としては必要なのかも知れませんが、
個人的にはやっぱり好ましくはないです・・・

甘っちょろいといわれればそれまでですが、
日本でこの甘さが通用しなくなったときが、
第三次世界大戦の始まりなのかな~とかなんとなく思っています

そのような事態にならないことを切に願います

にほんがいつまでもあまっちょろい国でいられますように(その他の国も)

PS
ジョジョビジョヴァ~
ってCMが気になります
銀河鉄道999のメーテルがいうとは・・・・
これがいいのか悪いのか判断できませんが、インパクトはあったと思います
ただなんのCMか覚えてません・・

****

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【「米国雇用統計」待ちなので】---八重洲ブックセンター+カツカレー【200円】?---2006年07月07日Part2

2006年07月07日Part2
【「米国雇用統計」待ちなので】
---八重洲ブックセンター+カツカレー【200円】?---

本日(7月7日)は、ニューヨーク市場で発表される「米国雇用統計」待ち。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【話題(1)】

知人から、メールを頂きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

八重洲ブックセンター(本店)の外国為替コーナーに、
『外国為替の基本とカラクリがよ~くわかる本』が、4冊並んでました。

スペースが広いのは、売れ行き好調の証しですね!
(^^)/▽☆▽\(^^)

  CM⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798012068/

⇒八重洲ブックセンターの棚に、
 4冊並んでいる写真が添付してあったのですが、
 (私の操作がヘタなのか・・・)上手く、表示できません・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【話題(2)】

亜細亜大学は、中央線の「武蔵境駅」から、徒歩7~8分のところにあります。

「武蔵境駅北口」のムーバス(武蔵野市のコミュニティバス、小型バス)の
乗り場の裏に、【中央食堂】があります。

[写真はこちら↓]
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/food/index.html

---「ムーバス乗り場」の後ろの「ドトール・コーヒー」を左に見て、
  ビルの合間を通り抜けると、正面左側に、
  黄色い看板【中央食堂】と、黄色い看板【定食】の文字が見えます。---

ここの、『日替わり定食』は、500円。
---日替わり定食(A)、日替わり定食(B)の2種類。
  アジフライ定食だったり、その日によって工夫あり。---

その店の中に入って、壁にかかっている「品書き」に、
『カツカレー』がある。【200円】と書いてある・・・。

『これは、書き間違いだろうか・・・?』

あるいは、
『きっと、昔の値段がそのままになっていて、直していないのか?』

あるいは、
『【200円】の【2】の部分に、紙で、違う数字が張ってあったのだが、
 はがれて落ちてしまったのかな・・・?』

『いずれにしても、カツカレーが【200円】ということはないだろう・・・』
と思いながら、カツカレーを頼んでみた。

味も、まあまあ・・・。
ちゃんと、(ちょっと薄いけれど・・・)カツもカレーに乗っている。

支払いに、1000円札を出すと、お釣りに800円くれた!
びっくり!!!
本当に、【200円】だったんだ!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---2006年07月07日

2006年07月07日
【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】
---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---

本日(7月7日)は、ニューヨーク市場で発表される「米国雇用統計」待ち。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(7月6日)は、ECB(欧州中央銀行)理事会が開催された。
昨日は、ユーロ(EUR)金利の据え置き。これは事前の予想通り。

ECB(欧州中央銀行)理事会に関しては、
2006年07月05日の【マーケット・コメント】で、
事前に以下のように、既に、取り上げた。

> 今週は、欧州中央銀行(ECB)理事会が7月6日(木)に控えている。
>
> ECBはこの理事会では、利上げを見送る---つまり、政策金利を据え置く---
> と、予想されているが、
> 『政策声明で、ユーロ(EUR)金利引き上げの姿勢が鮮明になるか?』
> に、マーケットは注目している。
>
> その場合は、8月初めに、ユーロ(EUR)金利が引き上げになる、
> といった予想(思惑)が広まることになる。
>

次回の8月3日会合を、電話会合から通常の会合に変更したこと、
声明文でも、「インフレに強い警戒が必要」と述べていること、
などから、
『政策声明で、ユーロ(EUR)金利引き上げの姿勢が鮮明になった』
と考える。

だから、次回の8月3日会合(ECB理事会)で、
ユーロ(EUR)金利引き上げが実施されることは、確実になった、
と、個人的には予想する。

当然に、これで、---昨日のECB理事会の結果で、---
マーケットでは、8月初めに、ユーロ(EUR)金利が引き上げになる、
といった予想(思惑)が広まった。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2

2006年07月06日Part2
【テポドン2号】
---真偽の程は、本当にわからない---

昨日のマーケットの主役は、北朝鮮だった。

「テポドン2号」だけではなく、
他にも数発のミサイルも発射している(らしい)が、
何だか、正確な情報を制限している(様子な)ので、
本当のところが、良く、わからない。

日本政府の発表だと、発射されたミサイルは、合計7発のようだが、
他の国の発表では、もっと多いようだ。

もちろん、こういった国防に関する情報、外交に関する情報に、
特殊性があることは、理解出来る。

手の内をさらけ出すのは、
不利になる可能性があるのだろうから仕方がない・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

しかし、わからないものは、わからない。知らないことは、知らない。

そういった、不確実な状態にあることを、理解する必要がある。

今のところ、与えられた情報では、
北朝鮮のミサイルは、たいしたことがなさそうだが、
本当のところは、良く、わからない。

北朝鮮の発射したミサイルは、
日本の自衛隊が撃ち落とした、というウワサもある。

真偽の程は、本当にわからない。

テポドン2号は、アラスカを狙って発射されたが、
日本の自衛隊のミサイル迎撃システムで、撃ち落とした、
というウワサを聞いた。

---こういったことは、不確実な情報です。
  いわゆる「風説の流布」にならないように、気も使います・・・。
  しかし、そういったことも、ありそうな気もしますが、
  どうなんでしょう? 本当のところは・・・?---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

何もないだろう、と、思っていたところを、
「テポドン2号」で、不測の事態になった。

明日は、米国雇用統計もあるし、
無理をせずに、撤退、様子見という作戦もまた良し。

たいしたことは、無いだろう、という判断で、
スライトリー・ショート・キープも戦術(タクティクス)。

スライトリー・ショート・キープ作戦の場合は、無理をしないこと。
ポジションを膨らませてはいけない。

FOMCで利益をあげた場合、その利益を飛ばさないように。

今日は、ECB理事会。
ECB理事会に関しては、既に、昨日、書いた。適宜、再読してください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

スタンスは、何も、変わっていない。
ただ、くだらない(訳のわからない)損失は、あまり、採りたくないだけだ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

PS;
時間が無いので、今日も言葉足らずです。

余談ですが、
「テポドン2号」と聞くと、藤子不二雄の「パーマン2号」を思い出します。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【読者の方からのメール紹介】2006年07月06日

2006年07月06日
【読者の方からのメール紹介】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 05 Jul 2006 19:29:45 +0900
差出人: "**"
件名: Re: Part3【ユーロ/円】
---ディーリング・テクニック?---一部やっています(笑)
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

毎日楽しく拝読しでいます。

>ドル/円で、スライトリー・ショートをキープし、
>ユーロ/ドルでスライトリー・ロングをキープする。

私は ドル/円 と ユーロ/ドルをメインにしています。
その理由は、通貨ヘアの関係が単純・・・このことに尽きます。
あまり ユーロ/円(クロス円) はやりません。

>その上で、ユーロ/円で、「買っちゃ売り」「買っちゃ売り」を繰り返す。

ディーリングに充分な時間もとれないし、はっきりいって
面倒くさい(笑)ことは嫌いな性格なもんで・・・

>FOMCが終って、マーケットが落ち着いてからも、
>実際のところ、その戦術(タクティクス)は、有効だ、と、感じる。

はい!

しっかり、ドル/円で、スライトリー・ショートをキープし、
ユーロ/ドルでスライトリー・ロングをキープしています。

いずれにしても、相場に入るタイミングが難しいですね。

From **

日付: Wed, 05 Jul 2006 20:49:00 +0900
差出人: "**"
件名: Re:Part3【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

すこし趣旨が違いましたね。
先生の戦術は、あくまでユーロ・円をメインにして
ドル・円とユーロ・ドルをヘッジに使うということだと思います。
早とちりなもので、スミマセン。
悪しからずご了承ください。

From **

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 5 Jul 2006
差出人: "***"
件名: 「ディーリングテクニック?」に関して
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

「物語」様、こんにちは。***と申します。

いつもメルマガの到着を楽しみに、また大変参考に
させていただいてます。それと、以前メルマガにあった、
「フォレックスディーラー物語」出版はすすんでらっしゃいますか?
心待ちにしてます。

⇒残念ですが、いったん、頓挫しました。
 そういったことに、興味のある出版社があれば、ご紹介してください!

さてと、暫くぶりにお便りさせていただきます。
メルマガの文面から察するに、「文章がわかりづらい」とか、
「いったとおりにポジション持って損した」とか、投書があった
のかな、と考えますが、間違っていたらゴメンナサイ。

⇒いえ、一般論として、本当に、相場に勝ちたいのなら、
 そのための『有効な努力』をしないと、勝てるはずが無い。
 『無駄な努力(効果の無い努力)』は、単なる時間の浪費です。
 (自己満足には貢献するでしょうが・・・)

⇒ただ、漠然と、『勝ちたい』と願っても、
 『何もしなければ、』それは、単なる『お祈り』です。

⇒『中田(ボルトン)引退』に触発されたことの方が大きいかもしれません。
 ---中田は、すごい人だな、と、思います。
  今は、まだ若いから、年を取らないとわからないこともあります。
  頭の良い人だから、それも、いずれアウフヘーベンするでしょう。---

最近のメルマガの内容は、わたしにとって、「こんなに、
わかり易く書いてもらって、おまけに、再録まであって
いたれり、つくせりだな」と思っておりました。物語様のことば
ではありませんが、「これ以上、どうやって書け、っていうの?」
状態だと思います。もちろん、以前にも書きましたが、最初から
わかったわけでは決してありません。読み出して半年くらいは
正直意味がわかりませんでした。

⇒ありがとうございます!

ただし、メルマガの通りにポジションを持って売買するかどうかは、
読んだ方のおかれた状況、手持ち資金、これまでの自分の損益から、
自己判断しておやりになればよいことだし、
世の中絶対はない、と理解し自分なりの
相場の張り方を心得てさえいれば、その損益には納得がいくと思うのです。
自分のやり方が、まだわかってらっしゃらない方は、それが確立できるまで
小さい金額で練習したらよいのでは?とも思うのですが...

実のところ、私も今回の値動きは
それこそ「画面にしがみついて売買を繰り返す」でなければ、
ついていけないと思い(自分で判断して)、ユーロドル、
ユーロ円とも手を出しておりません。
(全然別なペアでちょぼちょぼ小遣い稼ぎです、
画面にしがみつけないもので...)

しかし、メルマガの内容から受ける考え方の有益さは、
少しも色褪せるものではない、
マーケットで生き抜いてきたプロにだけ語ることのできる、
含蓄の深い言葉ではないか、と思います。
(いつかは技術を磨いて、使いこなしたい)と思ってますが
(思っても、できない)かも知れません。
それでも、自分のやり方の確立には役立てたい、
と考えておりますので、
これからも、これまでのように変わることなく配信を
続けられることを切に願ってやみません。

⇒ありがとうございます!
 出来るだけ、がんばります!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 5 Jul 2006
差出人: "***"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年07月04日号Part5
---nakata.net 「Hide's Mail」転載---
“人生とは旅であり、旅とは人生である”
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語さん、大変ご無沙汰しています。

ひとの生き方というのは色々あるのですけれども
中田さん(呼び捨てに出来るような間柄ではありませんので
敢えてこう書いておきます)は充実した人生を送られている
のだなぁ、と羨ましく、思いました。

自分を振り返ってみてそこまで努力したのか…自己の意志の
弱さに忸怩たる思いを持ちます。

今回、どんなに叩かれても、這い上がって、上を目指して
生きたい、自分の足りなさに何時も愕然としていますが
それでもまっすぐに(でも上下左右からも)見つめながら
一歩一歩生きて行きたいという思いを強くした次第です。

p.s.
最近、多少役職が付いて時間が取れなくなってしまい
お目にかかれる機会が無くなってしまいました。
お詫び申し上げます。
そのうちまたお目に掛かれますよう。
それでは失礼します。

                   ***

日付: Wed, 5 Jul 2006
差出人: "***"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年07月05日号Part3
【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語さん

珍しく連続してメール送らせていただきます。

~前置き~

うーん、私は「たいした人生ではなかった」と思っていますけど
「たいした人生だった」と思ってみせたいとは思ってます。
将来の予想として「たいした人生ではなかったと思うだろう」というのは
あるかもしれませんが・・・またたいした人生だったなんて思ったら
その瞬間に前進する力が無くなるでしょうから実際の所思うべきでも
ないのでしょうけれども、でも、それでも「たいした人生だった」と思って
みせたいと思っています。
ひねくれてますかね。

~前置きおわり~

>しかし、この戦術(タクティクス)を使いこなすには、
>かなりの技量が求められる。
>集中力と決断力と言い換えても良い。
>そして、何よりも、求められるものは、時間だ。

経験と決断と集中。日計りなら必須の要素でしょうね。
でも流石にそんな時間は一般人には取れません。
ですから最近はええっ?と思う瞬間にたまたま相場を
見ているかその日ええっ?と思うに違いないレベルに
到達した後ポジションを持ったりします。

よく集中力が極めて要求される取引をやっている人物を
掲示板とかで見かけますが本当に大丈夫かなといつも
思います。こう言うケースはポジション持った後逃げる
のが本当に難しいと思いますから…

私はノンビリ構えています。かつそれがお奨めだと
思っています。のんびり構えられないポジションは
そもそも持ってはいけないだろうと思っています。

                    ***

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---2006年07月05日Part3

2006年07月05日Part3
【ユーロ/円】
---ディーリング・テクニック?---

時間が無いので、言葉足らずです。
----専門用語も、各自、調べてください。--

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

FOMCの前に、ユーロ/円にも、言及している。

ドル/円で、スライトリー・ショートをキープし、
ユーロ/ドルでスライトリー・ロングをキープする。

その上で、ユーロ/円で、「買っちゃ売り」「買っちゃ売り」を繰り返す。

実際に、FOMCの直前では、そういったオペレーションが有効であった。

FOMCが終って、マーケットが落ち着いてからも、
実際のところ、その戦術(タクティクス)は、有効だ、と、感じる。

しかし、この戦術(タクティクス)を使いこなすには、
かなりの技量が求められる。

集中力と決断力と言い換えても良い。

そして、何よりも、求められるものは、時間だ。

マーケットにしがみつく、充分な時間がなければ、
この戦術(タクティクス)は採れない。

所詮は、ディーリング・テクニックに過ぎない、のかも知れない・・・・。

しかし、こういったテクニック(技術)を工夫して、適宜応用する、しない、
は、個々の問題でもある。

知っていることは、考えることが出来る。
が、知らないことに関しては、考えることにすら至らない。

その戦術(タクティクス)を使いこなせるか?否か?
を、問うこと無く、ただ粛々と紹介することも、
「勤め」なのかも知れない・・・・。
(違うかなぁ・・・・?)

ご意見があれば、お寄せください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(以下、過去のメールマガジンを引用添付)

> 2006年06月27日Part2
> 【ユーロ/ドルに関しては、】
> ---そして、ユーロ/円に関しては、---
>
>
> ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、
> クアデン総裁(ベルギー中央銀行)の発言が、
> フィナンシャル・タイムズ紙に載った。
>
> ECB(欧州中央銀行)が、
> 8月初めにも、追加利上げを実施する可能性を示唆した。
>
> また、イブ・メルシュECB専務理事は、
> ECBが、[0.5%]の利上げを行う可能性についても言及し、
> 毎回、[0.25%]ずつの利上げを行うとは限らない旨、コメントをした。
>
>
> こういったECB関係者のコメントは、
> 「ユーロ買い(ドル売り)」の材料となった。
>
>
> 昨日(6月26日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
> 1.25台前半([1.2515-20]レベル)でオープン。
>
> 東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、動きらしい動きもなく、
> そのまま1.25台前半での小動き。
>
> 欧州勢の参加で、「ユーロ買い(ドル売り)」が広がり、
> [1.2550]を上に抜けると、
> ロンドン市場では、1.25台ミドルから1.25台後半程度で持ち合った。
> ---「ユーロ買い(ドル売り)」の材料は上述---
>
> ニューヨーク市場では、[1.2600]に乗せた。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 上述の理由から、「ユーロ買い円売り」にも波及し、
> ユーロ/円(EUR/JPY)も堅調に推移した。
>
> 東京市場でのユーロ/円(EUR/JPY)は、
> 145円台ミドルから145円台後半程度で持ち合いに推移した。
>
> 欧州勢の参加で、「ユーロ買い(ドル売り)」が広がり、
> ユーロ/ドル(EUR/USD)が[1.2550]を上に抜けると、
> ユーロ/円(EUR/JPY)も跳ねて、146円台に乗せた。
>
> ニューヨーク市場では、おおむね146円台をキープし、
> 高値圏での持ち合いになった。
>
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、ブル(強気)で見ている。
> ---つまり、「ユーロ買い円売り」でついて行く方が良い、と見ている。---
>
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、高値圏で推移しているので、
> 上下動を繰り返しながら、ゆっくりと上昇している。
>
> 「ユーロ買い円売り」から入って、
> ストップ・ロス・オーダーで、守りながら、「売り逃げる」スタイル。
>
> 上下動を繰り返しながらの上昇だから、「損切りになる場合もある」が、
> まめに売買を繰り返す。
> 「買っちゃ売り」「買っちゃ売り」を繰り返す。
>
> ---その際に、「損切りになること」を厭ってはいけない。---
>
> ---もともと、上下動を繰り返しながらの上昇の場合は、そういうものなのだ、
>   と考える方が良い。---
>
> ---「上昇は、ゆっくりで、下落は、速い」のは、対円取引の典型。---
>
> ---ただし、ドル/円(USD/JPY)が、
>   急激な「円高」の動きを示す場合は、すぐに止める。
>   その場合は、「利食い」になろうと、「損切り」になろうと、
>   すぐに、ポジションを手放す。---
>
> ---これ以上の、説明、解説が出来ません。(ベストを尽くしています)---
>
> ---上記の説明、解説で、理解できない場合は、
>   拙著『外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本』
>   『ドル円ユーロ投資入門』を、お読みください。(^0^)/♪---
>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『読者数が減りませんように!!』 (^0^)/♪---【ちょっと苦言】2006年07月05日Part2

2006年07月05日Part2
【ちょっと苦言】
---『読者数が減りませんように!!』 (^0^)/♪---

ちょっと苦言を呈します。

---こういった苦言を述べると、読者数が激減します・・・。
  過去にも、何回か、そういうことがあって、
  多くの読者の方々にとって、
  『面倒くさいこと』『耳に痛いこと』を書くと
  メールマガジンの登録を解除する方が増えるのでしょう・・・。---

---しかし、これも、私の性格なのでしょう・・・
  最初に、お断りをしておきますが、
  せっかくですから、多くの人たちに、読んで頂きたい、
  と、心より、思っています。---

---また、これも、お断りをしておきますが、
  私は、自身、
  それ程『傲慢(ごうまん)』『不遜(ふそん)』ではありません。
  「ポジション・トーク」ではないと思うのですが・・・。

  自分だけが正しい、とは考えもしませんし、
  自身、それ程偉いなどとは、残念ながら、思えないのです。

  もっと、はっきり言えば、
  我ながら、残念ですが、「たいした人生ではなかった」
  と、思っています・・・。---

---ただ、まだ、終わっていません。
  「人生、これからだ!」と、希望を持って生きていますし、
  死ぬまで「これからだ!」と、思い続けて、
  かつ、「たいした人生ではなかった」と、思い続けるのだろう、
  と、推量しています。(自分のことなのですが・・・)---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

前置きは、さておき、

マーケット(外国為替相場)に関しては、書くべきことは、
なるべく、事前に書いています。

何故なら、事後に、
「あの時は、こうだった、ああだった・・・」
と言われても、(述べても、)意味が無いことだ、と考えているからです。
---マーケット(相場)では、意味が無いことだ、と考えています。---

ところが、読者の方々は、
『今、目の前に起こっていること』ばかりに意識が行って、
その結果、右往左往します。

こういったケースならば、このように対応し、
別のケースならば、別の対応の仕方があると、
事前に、想定しておかなければ、対処できるはずがないのは、当然です。

♯♯♯♯♯♯

ピッチャーが、ボールを投げて、バッターがそのボールを打ち返す。
そのバッターの立場で、考えてください。

ボールを打つのだから、
確かに、ホームベース上に来た(来る)ボールを見れば、(凝視できれば、)
理屈の上では、ボールを打てるはずです。

しかし、そんなものでしょうか?

これは、『詭弁(きべん)』です。それは、わかっています。

ただ、多くの読者が見ているのは、
「ホームベース上に来たボール」に過ぎないのです。

ピッチャーを見て、その投球動作を見て、そして、もちろん、
そのピッチャーのクセや、投球のセオリーなどを勘案して、
バッターボックスに立たなければ、ヒットを打てるはずがない。

しかも、ピッチャーの投げるボールは『生きている』のです。
だから、物理的に、ホームベース上にあるボールを打つのとは違います。

でも、ボールが『生きているはずがない』ことも事実です。
『ボール』は、『生き物(生物)』ではなく、
単なる『物(物質)』に過ぎないことも、また、事実です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

FOMCの前に、以下のように述べた。

過ぎたことだから、もう関係ないのではなく、
どのように対処するのか、を考えると、
過去のコメントの方が実証性があることに気が付いて欲しいのです。

別に、面白半分で、書いている訳ではないのです・・・。

(以下、一部引用)

> 2006年06月29日
> 【『FOMC の結果待ち』】
> ---『悪を知らずして、悪をとらえることなぞ出来るか!』---
>
> FRB(連邦準備制度理事会)が政策判断を発表するのは、
> 6月29日の米国東部時間午後2時15分
> ---日本時間6月30日午前3時15分---。
>
> 今週のマーケット(外国為替市場)は、基本的に、『FOMC の結果待ち』。
> 特に、述べることも無いし、書くべきことは既に書いた。
>
> ---こと直前になって、いまさら考えても仕方ないし、
>   大方のアイデアは既に出ている。奇を衒う必要は無い。---
>
> ---準備が終わり、覚悟が決まったら、
>   あとは、静かに、結果を待つのみ。---
>
> 事前に、スケジュールの分かっている、いわゆる「お決まりのイベント」は、
> いつも、こんなものです。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
>
> ---以下の文章も、昨日に書いたものの焼き直しです。
>   全く奇を衒わない、オーソドックスな意見に過ぎません。---
>
> ---しかし、
>   いわゆる「メジアン(中心的な普通の一般的な考え方)」を知らずして、
>   マーケットを読むことは出来ません。---
>
> ---「鬼平犯科帳(池波正太郎 著)」の長谷川平蔵をして、
>   『悪を知らずして、悪をとらえることなぞ出来るか!』
>   と、言わしめたようなものでしょう。---
>
> ---つまり、最初から、奇策(奇抜なアイデア)に走るのではなく、
>   一般的な普通の考え方も充分に理解した上で、対応する。---
>
> ---そして、突飛なことが起きても、(敵が奇策で来ても、)
>   そのパターンも事前に想定しておく。
>   準備おさおさ怠りが無い、といった状態にしておくことです。---
>
> ---「そうならなかったら、どうするのですか?」
>   といったご質問を頂きそうです。
>   「そんなときは、逃げるに如かず」
>   と、即座に、お答えしましょう!---
>
(以下、省略)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何をいまさら(東京時間15:00を過ぎて)・・・、という感もありますが・・・(まあ、念のため)---【マーケット・コメント】2006年07月05日Part1

2006年07月05日Part1
【マーケット・コメント】
---何をいまさら(東京時間15:00を過ぎて)・・・、
  という感もありますが・・・(まあ、念のため)---

昨日(7月4日)は、米国が「独立記念日」の祝日で休場。

そのために、昨日(7月4日)は、東京市場、ロンドン市場も静かな値動きで、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台ミドル程度で売買(取引)も、
ほとんど無い状態だった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

目先で、特段のコメントも無いので、
何も無いのだろうと思っていたら・・・

北朝鮮が日本時間7月5日午前3時30分過ぎから8時過ぎにかけて、
計6発の弾道ミサイルを発射した(ようだ・・・)。

いずれも数分後、日本の沿岸から数百キロ離れた日本海に
着弾した(ようだ・・・)。

このニュースに反応して、トロント市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度から、115円台前半に乗せた。
---地政学的リスクから、
  マーケット(外国為替市場)は「円売り(ドル買い)」に反応した。---
---ニューヨーク市場が休みなので、一応、トロント市場にしておきます。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

基本的には、何も無いだろう、と、油断していた。

「北朝鮮のテポドン2号」に関しても、事前に騒がれていたのだが、
結局のところでは、発射せずに終わるのかな・・・、
といった程度に見ていた。
---おおかたの人が、そう感じていたのではないでしょうか・・・?---

そういった意味では、市場参加者の薄い中を、
いわゆる「サプライズ」が起きた。

しかし、
---どこまで、日本、米国が、正確な情報を開示しているのか、
  わからないので、断定は出来ないし、憶測に過ぎないが、---
『北朝鮮の弾道ミサイル』も、たいしたことが無さそうだ。

発射するまでは、不安だが、
実際が見えてしまえば、もう「サプライズ」は無い。

しかし、
北朝鮮が『あえて、日本海に向けて発射したのか?』
また、『弾道ミサイルの能力が不足して、失墜したのか?』
が、明らかになるまで、断定するわけにもいかない・・・・

---本当は、米国や日本政府には、
  既に、明らかなことかもしれないが・・・---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

あえて言えば、
『北朝鮮の弾道ミサイル』も、たいしたことが無さそうだ。

本来の、マーケットに集中した方が良さそうだ。
「何も、変わっていない」ので、個人的には「考え方」にも何ら変化は無い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週は、欧州中央銀行(ECB)理事会が7月6日(木)に控えている。

ECBはこの理事会では、利上げを見送る---つまり、政策金利を据え置く---
と、予想されているが、
『政策声明で、ユーロ(EUR)金利引き上げの姿勢が鮮明になるか?』
に、マーケットは注目している。

その場合は、8月初めに、ユーロ(EUR)金利が引き上げになる、
といった予想(思惑)が広まることになる。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

Just Information---1日の発行回数制限を超えました By まぐまぐ

メールマガジンの【Part6】を配信したら、エラー・メッセージが届きました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Tue, 4 Jul 2006 18:01:49 +0900 (JST)
差出人: "まぐまぐ!"
件名: まぐまぐメールマガジン配送エラー
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

まぐまぐです。

メールマガジン配送時にエラーが発生しましたので、お知らせします。
-----
●処理種別      :メールマガジン配送
●配送予約ID    :200607041800290000089158000
●マガジンID    :0000089158
●マガジン名称    :独断と偏見の為替相場
●サブジェクト(件名):【独断と偏見の為替相場】2006年07月04日号Part6
【読者の方からのメール紹介】---中田引退について---
●エラー発生日時   :2006/07/04 18:01:48
●エラー理由     :1日の発行回数制限を超えました

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ということですので、【配送予約】をしました。

メールマガジン【2006年07月04日号Part6】は、以下の時間に届きます。

配送予定日時
2006/07/05 00:10:00

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田引退について---【読者の方からのメール紹介】2006年07月04日Part6

2006年07月04日Part6
【読者の方からのメール紹介】
---中田引退について---

今日は、諸事情から、メールマガジン頻発。
さすがにPart6は、初めてのことかな・・・?

確かに、『こんなに頻発されたら、読み切れないよ・・・』といったお叱りを
もらいそうです。

⇒実は・・・、書いている方も、大変なんですヨ・・・・

まあ、NY市場が休場だし、
諸事情が絡んで、こういったことになりました・・・。

内容が、「外国為替」ではないことでもあったので、
(たぶん、それが原因でしょう・・・?)
今日のうちに、あっという間に、読者数が減っています。

⇒「外国為替」がテーマでないことは、配信するな!
 と、いうことでしょうか・・・?

まあ、メインテーマは、「外国為替」ですが、
あくまでも【独断と偏見】ですので、ご容赦のほど、お願い申し上げます。

頻発したので、そのチェックもおざなりになり、
個人的には、少々失敗したところもあります・・・。
まあ、それも良し、と、しましょう・・・。
(失敗は内緒です)

さて、読者の方から頂いたメールをご紹介します。

⇒「****の***」さま、メールありがとうございます!
 ご紹介をしたことで、『ちゃんと読んでいますヨ』というメッセージと
 お受け取りください!

⇒残りの4試合、期待しますね!!
 個人的には、ポルトガルを応援しているのですが・・・。

⇒先般の[イングランドVSポルトガル戦]では、
 ルーニー(マンチェスターU)が退場になった。
 そのきっかけとなったクリスティアーノ・ロナウドは、
 イングランド(マンチェスターU)に戻ったら、大丈夫かな・・・?
 と、心配しています・・・。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Tue, 4 Jul 2006
差出人: "***"
件名: 中田引退について
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語 様

日々お仕事お疲れ様です。****の***です。
中田の現役引退には驚きました。
と、同時に、全国の皆さんが思うように「中田らしいな」と思いました。
ある意味とても「Rock」な生き方であり、
またある意味とても「合理的」であるとも思いました。
私自身、サッカーを6歳の頃より始めて現在23年目、
途中アメリカで10年ほど過ごし、その中でチームに日本人は自分一人、
と言う状況にあった事があるので、中田の欧州挑戦の際には
過去の自分と重ね合わせて応援した事もありました。
(レベルは全然違いますが・・・)

W杯は通貨の動きが止まるほどの世界最大のビッグイベントです。
そんな大会に日本を連れて行ったのは紛れも無く、中田の右足です。
ジョホールでのイラン戦、21歳の中田は3得点全てに絡みました。
しかし当時のあの興奮にあっても「これからはJリーグをお願いしまーす」と
開口一番に発言し、周囲の期待もどこ吹く風で「俺は会計士の資格を取る」と
若い頃から「人生」を俯瞰し、周りに流される事なく生きてきた中田ですから
今回の引退も全く予想外か、と言えばそうではありませんでした。

早く日本もイングランドのように、W杯の試合で
市場が止まるほどの「サッカー大国」になって欲しいと思います。
「あ~今日は日本代表の試合だから、為替はお休みだな~」
なんて言ってみたいです。
2006年の中田が何故、あれほど必死に戦ったのか、何を伝えたかったのか、
W杯で世界に認められる事はどんな事を意味するのか、「W杯とは何か」。
日本と言う国がそれを理解するのはまだまだ先のようですが・・・

長々とすみません。物語様の「熱さ」に触発されてしまいました・・・(笑)
残りの4試合、楽しみましょう!

****
***

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nakata.net 「Hide's Mail」転載---“人生とは旅であり、旅とは人生である”2006.07.03:2006年07月04日Part5

2006年07月04日Part5
---nakata.net 「Hide's Mail」転載---
“人生とは旅であり、旅とは人生である”2006.07.03

『中田(ボルトン)』のことは、先ほどのメールマガジンで書いた。

引用・転載を希望する場合は、
事前にメールして、許諾の連絡を入れるように掲載があったので、
早速、メールを送ってみました。

すると、早速に、ご丁寧なお返事を頂きました。

“ホワット・ア・クイック・レスポンス!!”

“さすが!!”
と、感激しています!!

と、いうことで、
“sunny side up”(nakata.net制作プロジェクトチーム)との
メールのやり取りと、許諾を得ましたので、
この際ですから、全文を引用掲載しちゃいます!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

----- Original Message -----
From: 物語
To: nakata.net制作プロジェクトチーム御中
Sent: Tuesday, July 04, 2006 2:58 PM
Subject: 転載・引用のお願い

外国為替をメインテーマとしたメールマガジンを配信しています。
本日のコンテンツで、ご紹介いたしました。

中田氏は、「世界の中田」という意味で、敬称を省略しております。
その点は、ご容赦ください。

以下にその全文を添付いたします。

近いうちに、
“人生とは旅であり、旅とは人生である”2006.07.03
を引用・転載したいのですが、
お許しを頂けますよう、お願い申し上げます。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

(以下、メールマガジン全文を添付)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◆◆◆【独断と偏見の為替相場】◆◆◆
                2006年07月04日号Part2
               【中田(ボルトン)】
         ---ガンバレ!!! 期待しています!---

Vol.1125
読者数:03401
                                  【フォレックス・ディーラー物語】
                                   http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt
                                    mailto:forexdealer@infoseek.jp
                                  【既刊の閲覧先】
              http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          [ブログ]【フォレックス・ディーラー物語】
                    こちら⇒ http://forexdealer.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---(省略)---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

----- Original Message -----
From: sunny side up
To: Satoshi Matsuda
Sent: Tuesday, July 04, 2006 3:46 PM
Subject: Re: 転載・引用のお願い

平素は中田英寿の応援をいただき、誠に有難うございます。
この度ご連絡をいただきました、
7月3日発表のnakata.net 「Hide's Mail」転載につきましては、
サイト上に告知しているとおり、
事前ご連絡をいただきましたことで転載を許可させていただいております。
ご連絡いただき有難うございました、
今後ともnakata.netをどうぞ宜しくお願いいたします。

nakata.net制作プロジェクトチーム

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

http://nakata.net/jp/

以下引用(全文)

[Hide's Mail]

“人生とは旅であり、旅とは人生である”2006.07.03

~1985年12月1日 - 2006年6月22日~

俺が「サッカー」という旅に出てからおよそ20年の月日が経った。
8歳の冬、寒空のもと山梨のとある小学校の校庭の片隅からその旅は始まった。

あの頃はボールを蹴ることに夢中になり
必死でゴールを決めることだけを目指した。
そして、ひたすらゲームを楽しんだ。
サッカーボールは常に傍らにあった。

この旅がこんなに長くなるとは俺自身思いも寄らなかった。
山梨の県選抜から関東選抜、U-15、U-17、ユース、そしてJリーグの一員へ。
その後、自分のサッカー人生の大半を占める欧州へ渡った。

五輪代表、日本代表へも招聘され
世界中のあらゆる場所でいくつものゲームを戦った。

サッカーはどんなときも俺の心の中心にあった。
サッカーは本当に多くのものを授けてくれた。
喜び、悲しみ、友、そして試練を与えてくれた。

もちろん平穏で楽しいことだけだったわけではない。
それ故に、与えられたことすべてが俺にとって素晴らしい“経験”となり、
“糧”となり、自分を成長させてくれた。

半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に
約10年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた。

何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない。
今言えることは、
プロサッカーという旅から卒業し“新たな自分”探しの旅に出たい。
そう思ったからだった。

サッカーは世界で最大のスポーツ。
それだけに、多くのファンがいて、また多くのジャーナリストがいる。
選手は多くの期待や注目を集め、そして勝利の為の責任を負う。
時には、自分には何でも出来ると錯覚するほどの賞賛を浴び
時には、自分の存在価値を全て否定させられるような批判に苛まれる。

プロになって以来、「サッカー、好きですか?」と問われても
「好きだよ」とは素直に言えない自分がいた。
責任を負って戦うことの尊さに、大きな感動を覚えながらも
子供のころに持っていたボールに対する瑞々しい感情は失われていった。

けれど、プロとして最後のゲームになった6月22日のブラジル戦の後
サッカーを愛して止まない自分が確かにいることが分かった。
自分でも予想していなかったほどに、心の底からこみ上げてきた大きな感情。

それは、傷つけないようにと胸の奥に押し込めてきたサッカーへの思い。
厚い壁を築くようにして守ってきた気持ちだった。

これまでは、周りのいろんな状況からそれを守る為
ある時はまるで感情が無いかのように無機的に、
またある時には敢えて無愛想に振舞った。
しかし最後の最後、俺の心に存在した壁は崩れすべてが一気に溢れ出した。

ブラジル戦の後、最後の芝生の感触を心に刻みつつ
込み上げてきた気持ちを落ち着かせたのだが、最後にスタンドのサポーターへ
挨拶をした時、もう一度その感情が噴き上がってきた。

そして、思った。

どこの国のどんなスタジアムにもやってきて
声を嗄らし全身全霊で応援してくれたファン――。
世界各国のどのピッチにいても聞こえてきた「NAKATA」の声援――。
本当にみんながいたからこそ、10年もの長い旅を続けてこられたんだ、と…。

サッカーという旅のなかでも「日本代表」は、俺にとって特別な場所だった。

最後となるドイツでの戦いの中では、
選手たち、スタッフ、そしてファンのみんなに
「俺は一体何を伝えられることが出来るのだろうか」、
それだけを考えてプレーしてきた。

俺は今大会、日本代表の可能性はかなり大きいものと感じていた。
今の日本代表選手個人の技術レベルは本当に高く、その上スピードもある。
ただひとつ残念だったのは、
自分たちの実力を100%出す術を知らなかったこと。
それにどうにか気づいてもらおうと俺なりに4年間やってきた。
時には励まし、時には怒鳴り、時には相手を怒らせてしまったこともあった。
だが、メンバーには最後まで上手に伝えることは出来なかった。

ワールドカップがこのような結果に終わってしまい、
申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
俺がこれまでサッカーを通じてみんなに何を見せられたのか、
何を感じさせられたのか、この大会の後にいろいろと考えた。
正直、俺が少しでも何かを伝えることが出来たのか…
ちょっと自信がなかった。

けれどみんなからのmailをすべて読んで
俺が伝えたかった何か、日本代表に必要だと思った何か、
それをたくさんの人が理解してくれたんだと知った。
それが分かった今、プロになってからの俺の“姿勢”は
間違っていなかったと自信を持って言える。

何も伝えられないまま代表そしてサッカーから離れる、というのは
とても辛いことだと感じていた。
しかし、俺の気持ちを分かってくれている“みんな”が
きっと次の代表、Jリーグ、
そして日本サッカーの将来を支えてくれると信じている。

だから今、俺は、安心して旅立つことができる。

最後にこれだけは伝えたい。

これまで抱き続けてきた“誇り”は、
これからも俺の人生の基盤になるだろうし、自信になると思う。
でもこれは、みんなからの“声”があったからこそ
守ることが出来たものだと思う。

みんなの声を胸に、誇りを失わずに生きていく。

そう思えればこそ、この先の新たな旅でどんな困難なことがあろうと
乗り越えていけると信じられる。

新しい旅はこれから始まる。

今後、プロの選手としてピッチに立つことはないけれど
サッカーをやめることは絶対にないだろう。
旅先の路地で、草むらで、小さなグラウンドで、誰かと言葉を交わす代わりに
ボールを蹴るだろう。子供の頃の瑞々しい気持ちを持って――。

これまで一緒にプレーしてきたすべての選手、
関わってきてくれたすべての人々、
そして最後まで信じ応援し続けてきてくれたみんなに、心の底から一言を。

“ありがとう”

ひで 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【読者の方からのメールをご紹介】2006年07月04日Part4

2006年07月04日Part4
【読者の方からのメールをご紹介】

読者の方から頂いたメールをご紹介します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Tue, 04 Jul 2006
差出人: "**"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年07月04日号
【マーケット・コメント】---ただし、ドルを買う気持ちにはならない---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

毎日楽しく読ませて頂いています。
本日のコメントは、やっぱり!
昨日のコメントといい、気持ちの良いものですね。
どっちにも取れるコメントが多いなか、
物語先生は考えにブレが感じられません。

>ただし、ドルを買う気持ちにはならない。
>
>
>あるいは、「米国の独立記念日」の休場明けを見越して、
>無理をしない程度に、ドルを売り持ちにしておき、明日以降を待つことも戦術。
>
>---つまり、ドル・ショートにして、そのまま明日以降を待ち、
>  おたおたせずに、今日はのんびりする。(今日は何もしない。)
>
>

その戦術にしました。

「宝くじ」の社交辞令じゃないけど、当たりますように!!

From **

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

⇒いつも、ありがとうございます。
 先般のメールマガジンでも、以下のように、付記いたしました。

> ---投資は、あくまでも、それぞれの責任・判断で行うものです。
>   相場の見方なぞは、当たる場合もあれば、外れることもあります。
>   そんなことは、当然のことと考えています。
>   ただし、無責任に、いい加減に、考えている訳ではありません。
>   念のため、付記しておきます。---
>

私も、お祈りしちゃいます!
『当たりますように!!』 (^0^)/♪

From 物語

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

⇒昨日の続きです。
 いつも、いつも、そうそう面白いことを書け、と言われても、
 難しいのですが・・・・。
 今日のは面白かったでしょうか・・・? (^0^)/♪

From 物語

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今の世相で、子供たちに、『モラル』のことを、話し難い】---嫌な世の中だ・・・---2006年07月04日Part3

2006年07月04日Part3
【今の世相で、子供たちに、『モラル』のことを、話し難い】
---嫌な世の中だ・・・---

昨日(7月3日)の「持論公論」で、『福井日銀総裁』のことを取り上げていた。

昨日(7月3日)は、『日銀短観』があったし、
その結果は、大方の予想通りに、良いものだった。

そこで、「ゼロ金利政策の解除」が、話題に上り、
「円金利(JPY)の引き上げ開始が、いつになるのか?」
といった内容だった。

結論としては、「ゼロ金利政策の解除」では、
「公正な対応」を望む、といったところだった。
---たいした内容ではなかった・・・(失礼ですが・・・)---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「ゼロ金利政策の解除」では、「公正な対応」を望むのは、
『当たり前過ぎるくらいに当たり前のこと』。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『福井日銀総裁』のことは、『辞めることが、公正な対応』と考えている。

「内規に記載されていない」ということを論拠としているようだが、
違法なファンドに投資してはいけない、などといった、
『当たり前過ぎるくらいに当たり前のこと』は、内規には記載しない。

「殺人を犯してはいけない」と、内規に記載していなければ、
---そういった記載は、絶対に、無いだろうが・・・---
「殺人を犯しても良いのだろうか?」(『か?』は、強い反語)

そもそも、「通貨の番人」たる、「お金」の「長」たる人が、
矜持を保つには、どうすれば良いのか?

今の世相で、子供たちに、『モラル』のことを、話し難い。
嫌な世の中だ・・・。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中田(ボルトン)】---ガンバレ!!! 期待しています!---2006年07月04日Part2

2006年07月04日Part2
【中田(ボルトン)】
---ガンバレ!!! 期待しています!---

今回のコンテンツは、外国為替とは、関係がありません。(念のため)
今日(7月4日)は、「独立記念日」で、ニューヨーク市場も休みですし・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

中田(ボルトン)が引退を表明した。

中田が、引退を表明するのは、読めていた。
---そう言って、勝手に思量するのは、
  中田に対して失礼か、とも思うが・・・。---

それは、何人か、わずかに何人か、だけには、
「中田が引退するのではないか?」
と、思う、と、話した。

だから、その話を伝えた友人は、誇りに思って欲しい・・・・。
そんなことを、考える必要のない立場なら、それ以上に、伝えるつもりもない。

さて、中田は、これから、何を目的にするだろうか?

彼の性格や、行動パターン、思考回路、を勘案すると、
彼は、学校に行くのではないか・・・・?
と、個人的には、推量している。

ガンバレ!!!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

nakata.net -- 中田英寿オフィシャルホームページ
http://nakata.net/jp/

Hide's Mail
“人生とは旅であり、旅とは人生である”2006.07.03

も読んでみた。

素晴らしい文章だと思う。
孤高の、誇り高きスピリッツが、ふつふつと伝わってくる。

また、別の輝きを見せてくれるのではないか?
と、期待しています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

nakata.net -- 中田英寿オフィシャルホームページ

に、以下のように説明があった。

> 本サイトに掲載されている記事の転載・引用について
>
> 本メールにつきましては、事前許諾のご連絡をいただいた方に限り、
> 転載・引用を許諾いたします。
> ご希望の方は事前にメールにて、タイトルに転載希望と表記し、
> URLを記載の上送信ください。
> 連絡なき転載・引用は堅くお断りいたします
>

そこで、
引用をしたかったのですが、あえて、引用をせずに、
彼のオフィシャルホームページのURLを紹介しました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただし、ドルを買う気持ちにはならない---【マーケット・コメント】2006年07月04日

2006年07月04日
【マーケット・コメント】
---ただし、ドルを買う気持ちにはならない---

昨日(7月3日)朝方のマーケット(外国為替市場)では、
東京市場のオープンする前に、---東京時間午前9時前に、---
114円台前半で推移していた。

朝方に発表された『日銀短観』から、
日銀が、「ゼロ金利政策の解除」を行う環境が整ってきている、
と判断した市場参加者が、思惑から「ドル売り円買い」に出たが、
10銭~20銭程度の円高になっただけで、[114.00]には届かなかった。

その後の、昨日(7月3日)の東京外国為替市場では、
『短観』の結果は、「織り込み済み」で、
さほど、為替レートに影響を与えていない印象だ。

東京市場のオープン後は、
『短観』を材料に、「ドル売り円買い」を行った向きが、
ドルを買い戻す動きから、114円台ミドル程度に上昇した。

東京市場(為替)は、114円台ミドル程度での「こう着状態」となった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

海外市場(ロンドン市場、ニューヨーク市場)では、
そのまま、こう着状態が続いた。

本日(7月4日)は、「米国の独立記念日」でニューヨーク市場が休場。
また、今週末(7月7日金曜)には、「米国雇用統計」が控えており、
次の材料を待っている、といった見方が増えているようだ。

昨日(7月3日Part2)のメールマガジンで、以下のように述べた。

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 海外市場(ロンドン市場、ニューヨーク市場)で、
> 円金利(JPY)に関しての思惑が働く可能性もある。
> ---その場合は、本日の『短観』は、「円買い」の材料。---
>
> このまま、こう着状態が続く場合は、
> 今週末の米国雇用統計待ちで、次の材料を待っている、
> といった見方が増加して来るのだろう。
>
>
> ユーロ/ドル(EUR/USD)で、もう一段の「ユーロ買いドル売り」が進めば、
> マーケットは、ドル売りの材料を探すだろうから、
> 『短観』、円金利(JPY)は材料になり易い。
>
> ユーロ/ドル(EUR/USD)が動かなければ、話題になり難い。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(7月3日)の東京市場で、1.27台後半で、
こう着していたユーロ/ドル(EUR/USD)は、
海外市場(ロンドン市場、ニューヨーク市場)で、1.28台前半に乗せた。

しかし、その程度の値動きでは、
力強い、もう一段の「ユーロ買いドル売り」とは言い難い。

ロンドン市場、ニューヨーク市場でのユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場同様に、「こう着状態」と言える。

だから、結果的には、『このまま、こう着状態が続く場合』に相当する。
案の定、
『今週末の米国雇用統計待ちで、次の材料を待っている』状態になった。

なおかつ、
本日(7月4日)は、「米国の独立記念日」でニューヨーク市場が休場。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ただし、ドルを買う気持ちにはならない。

本日(7月4日)のマーケット(外国為替市場)
---東京市場はもちろん、海外市場も含めて、---
が、動くとは思わない。

だから、何もしないことも戦術。

あるいは、「米国の独立記念日」の休場明けを見越して、
無理をしない程度に、ドルを売り持ちにしておき、明日以降を待つことも戦術。

---つまり、ドル・ショートにして、そのまま明日以降を待ち、
  おたおたせずに、今日はのんびりする。(今日は何もしない。)

  そういった、キープしている(保持している)ポジションが
  気になる場合は、ポジションを持たずに(スクエアにして)
  今日はのんびりする。(今日は何もしない。)---

いずれにしても、
『今日はのんびりする。(今日は何もしない。)』
という点は、共通している。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

本日のPart2、爆笑しました!---【読者の方から、素早い反応】2006年07月03日Part3

2006年07月03日Part3
【読者の方から、素早い反応】
---本日のPart2、爆笑しました!---

読者の方から、素早い反応を頂きました。ご紹介します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

----- Original Message -----
From: ******
To: <物語>
Sent: Monday, July 03, 2006
Subject: 本日のPart2、爆笑しました!

本日の【独断と偏見の為替相場Part2】の最後の部分

> 海外市場(ロンドン市場、ニューヨーク市場)で、
> 円金利(JPY)に関しての思惑が働く可能性もある。
> ---その場合は、本日の『短観』は、「円買い」の材料。---
>
> このまま、こう着状態が続く場合は、
> 今週末の米国雇用統計待ちで、次の材料を待っている、
> といった見方が増加して来るのだろう。
>
>
> ユーロ/ドル(EUR/USD)で、もう一段の「ユーロ買いドル売り」が進めば、
> マーケットは、ドル売りの材料を探すだろうから、
> 『短観』、円金利(JPY)は材料になり易い。
>
> ユーロ/ドル(EUR/USD)が動かなければ、話題になり難い。
>
> ---どっちが、先か?
>   「タマゴ」が先か?
>   「ニワトリ」が先か?
>   といったことでもありましょうが・・・。---
>
> ---まあ、『短観』は、アンケート調査に過ぎない、といった見方、
>   つまり、雰囲気だけという見方もありますが・・・。(^0^)/♪---
>

に、物語さんの「思い」が込められているようで、
思わず、爆笑してしまいました!!

こういったユーモアのあるウンチクは、読んでいて楽しいですね。
また、楽しいコメントをお願いいたします!!(笑)

⇒いつも、いつも、そうそう面白いことを書け、と言われても、
 難しいのですが・・・・。
 なるべく、がんばります! (^0^)/♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先ほど配信したメールマガジン
2006年07月03日号Part2【6月の日銀短観】の追伸;

> ---『今、話題の』という『枕詞(まくらことば)』を冠して、---
> 『今、話題の』日銀が、本日(7月3日)朝方に、
> 『日銀短観』を発表しました。

===『今、話題の日銀(写真集)』(6月に掲載したものですが・・・)
  も、ご覧になってください===

こちら⇒ http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/boj/index.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6月の日銀短観】---「ゼロ金利政策の解除」7月開始派、増加---2006年07月03日Part2

2006年07月03日Part2
【6月の日銀短観】
---「ゼロ金利政策の解除」7月開始派、増加---

---『今、話題の』という『枕詞(まくらことば)』を冠して、---
『今、話題の』日銀が、本日(7月3日)朝方に、
『日銀短観』を発表しました。

===『今、話題の日銀(写真集)』もご覧ください===

こちら⇒ http://forexdealer.cocolog-nifty.com/photos/boj/index.html

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

企業短期経済観測調査(6月短観)は、以下の通り。

企業の景況感を示す業況判断指数(DI):

大企業・製造業:[+21]。
---前回、3月の調査に比べて[+1]上昇。2期ぶりに改善。---

大企業・非製造業:[+20]
---前回、3月の調査に比べて[+2]上昇。1992年2月以来の高水準。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『日銀短観』は、3か月ごとに企業の景況感をアンケート調査した経済指標。
今回は、全国9964社を対象に5月31日~6月30日に実施。

[業況判断DI]は、景気が「良い」と答えた企業の割合(%)から、
「悪い」と答えた企業の割合を引いて算出する。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この『短観』を受けて、
日銀が、「ゼロ金利政策の解除」を行う環境が整ってきている。

---「ゼロ金利政策の解除」は、既に、規定路線ではあるが、
  7月に円金利引き上げを開始するか? 否か?
  に、マーケットは注目している。---

本日の『短観』は、結果としては、7月の解除を予想する向きを増加させた。

マーケットでは、7月の解除や、
その後の、連続的な利上げを予想する向きも増えている。

依然として、8月の解除を予想する向きも多い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(7月3日)の東京外国為替市場では、「織り込み済み」で、
さほど、為替レートに影響を与えていない印象だ。

本日(7月3日)朝方のマーケット(外国為替市場)では、
東京市場のオープンする前に、---東京時間午前9時前に、---
114円台前半で推移していた。

発表された『短観』を材料に、「ドル売り円買い」が出たが、
10銭~20銭程度の円高になっただけで、[114.00]には届かなかった。

東京市場のオープン後は、
『短観』を材料に、「ドル売り円買い」を行った向きが、
ドルを買い戻す動きから、114円台ミドル程度に上昇した。

その後の東京市場(為替)は、こう着状態。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

海外市場(ロンドン市場、ニューヨーク市場)で、
円金利(JPY)に関しての思惑が働く可能性もある。
---その場合は、本日の『短観』は、「円買い」の材料。---

このまま、こう着状態が続く場合は、
今週末の米国雇用統計待ちで、次の材料を待っている、
といった見方が増加して来るのだろう。

ユーロ/ドル(EUR/USD)で、もう一段の「ユーロ買いドル売り」が進めば、
マーケットは、ドル売りの材料を探すだろうから、
『短観』、円金利(JPY)は材料になり易い。

ユーロ/ドル(EUR/USD)が動かなければ、話題になり難い。

---どっちが、先か?
  「タマゴ」が先か?
  「ニワトリ」が先か?
  といったことでもありましょうが・・・。---

---まあ、『短観』は、アンケート調査に過ぎない、といった見方、
  つまり、雰囲気だけという見方もありますが・・・。(^0^)/♪---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週末、6月30日(金)のマーケット---【マーケット・コメント】2006年07月03日

2006年07月03日
【マーケット・コメント】
---先週末、6月30日(金)のマーケット---

先週末、6月30日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台前半([115.15-20]レベル)でオープンした。

6月29日(木)のニューヨーク市場で、
FOMC(連邦公開市場委員会)の発表があった。

> FRB(連邦準備制度理事会)が政策判断を発表したのは、
> 6月29日の米国東部時間午後2時15分---日本時間6月30日午前3時15分---。
>
> FOMCの発表直後から、ドルは急落を始めた。
>
> ---FOMCの発表直前のドル/円(USD/JPY)のレベルは、[116.10-20]。
>   発表と同時に、「ドル売り」炸裂、一気に、[114.85]まで急落した。
>   120ポイント以上の急落。---
>
> ---FOMCの発表直前のユーロ/ドル(EUR/USD)のレベルは、[1.2525-35]。
>   発表と同時に、「ドル売り」炸裂、一気に、[1.2668]まで急騰した。
>   130ポイント以上の急騰。---
>

こういった「ドル売り」の流れを受けて、
先週末、6月30日(金)の東京市場でのドルのリバウンドも、
[115.20-25]レベル程度。

東京時間午前中に、[114.85]を割り込み、
ニューヨーク市場で付けた安値を更新した。
東京市場の午後には、[114.45-50]レベルを示現した。

先週末、6月30日(金)のロンドン市場は、114円台ミドルで持ち合い小動き。

先週末、6月30日(金)のニューヨーク市場で、
もう一段の「ドル売り」が出て、[114.15-20]レベルの安値を付けた。

先週末、6月30日(金)のニューヨーク市場では、
6月29日(木)に発表されたFOMC声明文の内容が、
「目先の(当面の)ドル金利引き上げの中断」を示唆するもの、
と解釈されて、さらなる「ドル売り」の材料とされた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末、6月30日(金)のニューヨーク市場で、発表された米国経済指標は、
個人所得・消費統計(5月)。

FRB(連邦準備制度理事会)が物価指標として重視する
『コアの個人消費支出(PCE)価格指数』は、
前月比[+0.2%]、前年同月比[+2.1%]の伸びを示した。

コアPCEデフレータ(5月)
結果:[+0.2%]
予想:[+0.2%]
前回:[+0.2%](前月比)

結果:[+2.1%]
予想:[+2.1%]
前回:[+2.1%](前年比)

4月と同様の伸びで、マーケットの予想通りだった。
しかし、インフレ懸念から、ドル金利引き上げ、の思惑にはつながらず、
そのため「ドル買いの材料」にならなかった。

「消費者信頼感指数(ミシガン大学発表)」および、
「地区製造業景況調査(シカゴ仕入協会発表)」の発表もあったが、
マーケット(外国為替市場)に影響がなかったので、省略する。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

FOMCの事前に、---2006年06月26日(月)のコメントで、---
以下のように、既に、述べている。

>   このところの米国の金融政策では、米国経済指標を見て、
>   必要ならば、利上げを行う、というスタンスが読み取れる。
>   そうであるならば、
>   6月28日、29日のFOMCでは、[0.25%]の利上げを行い、
>   その後に発表される経済指標で様子を見て、
>   これまでのドル金利引き上げの影響を測るといったスタイルの方が、
>   これまでの発言と整合性がとれる、と考えている。
>   だから、
>   [0.25%]の利上げを行い、その後はこれまでの利上げの効果を見守る、
>   といったコメントが付記されるのではないか、と考えている。---
>
> 6月28日、29日以降は、当面、ドル金利の話題は沈静化するのではないか、
> と考えている。
>
> それで、FOMCの発表は、その瞬間から、
> 「ドル売りの材料」になるのではないか、と考えている。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »