« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006年6月 2日 (金)

【読者の方からの質問】---どうして過去形なのか?---2006年06月02日号Part5

2006年06月02日号Part5【読者の方からの質問】
---どうして過去形なのか?---

日付: Thu, 1 Jun 2006
差出人: "****"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場 】2006年05月26日号Part2
           【[New ブロ グ]の投稿を紹介】
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

****と申します。

4月28日号の「受験生」の喩えは良くわかりました。
その喩えに乗ると、「問題集」とか欲しいなぁと思います。

> 個人的には、目先は、113円台のどこかに
> ---[113.20]にするのか?[113.60]にするのか?---
> ストップ・ロスを置いて、
> ドル売りから入り、程々のところで、ちゃんと「利食う」。
> その程度しか出来なかったのかなぁ・・・、
> ---過去形である点に注意してください---
> と思っています。

この問題ですが、どうして過去形なのか、考えても解かりませんでした。

実際、今日は113.10を付けたようですから、
この作戦は、5/26当時も、今日も、これからも有効なように思えます。

もう答えを見せていただけないでしょうか?

以上です。よろしくお願いします。


> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> ◆◆◆【独断と偏見の為替相場】◆◆◆
> 2006年05月26日号Part2
>    【[New ブログ]の投稿を紹介】
> ---こちら⇒ http://forexdealer.cocolog-nifty.com/ ---
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> [ブログ]【フォレックス・ディーラー物語】
> http://blogs.yahoo.co.jp/forexdealermonogatari
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>
>
> 祝、お引越し!
> 以前のYahooは遅くて大変でしたね。
>
> さすがに五月はドル円のIVが10%を超えているようですね。
>
> 113円のノータッチオプションは相当防戦が激しいようですので、
> 狭いストップでの直下の逆張りもいいかもしれないと思っています。
>
> ではまた。
>
> 投稿 EURO SELLER | 2006/05/25 3:52:20
>
>
> 注釈:IV=Implied Volatility(予想変動率)
>      実際のマーケットで取引されているオプション取引から導かれる
>      予想変動率のこと
>
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
>
> EURO SELLER さま
>
> 投稿ありがとうございます!!
> 結局、今のところ、[113.00]の『防戦のドル売り』が勝っていますネ。
>
> 果たして、今日、明日(来週月曜日)の、マーケットの薄い時に、
> 「どうなるのかなぁ・・・?」
> と、思っています。
>
> 個人的には、目先は、113円台のどこかに
> ---[113.20]にするのか?[113.60]にするのか?---
> ストップ・ロスを置いて、
> ドル売りから入り、程々のところで、ちゃんと「利食う」。
> その程度しか出来なかったのかなぁ・・・、
> ---過去形である点に注意してください---
> と思っています。
>
> 《ドル売りから入るとしても、
> なるべく[113.00]に近いところに引き付けて売らないと、上手く行かない。
> そして、今日(5月26日)、明日(5月29日)に、
> 再度、[113.00]をトライする場合は、突き破る可能性が高くなっています。
> しかし、それでも、ドル買いから入るつもりは、全くありません!》
>
> 投稿 物語 | 2006/05/26 14:06:20
>
>
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Fri, 02 Jun 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: メールありがとうございます!!
宛先: "****"

****さま

メールありがとうございます!
諸事あり、お返事が遅くなりました。

謙虚な対応として、「過去形」で書きました。

現実として、昨日(6月1日)の高値も[113.40]にはタッチしていません。
だから、ちゃんとしたインターバンク取引や、
ちゃんとした為替取引会社ならば、
[113.40]のストップ・バイ・オーダーは、
エグゼキュート(遂行)されていません。

いい加減な為替取引の会社では、
[113.40]のストップ・バイ・オーダーを、
エグゼキュート(遂行)したのではないか?
と、いらぬ心配をしています。

相場には、不確定な部分があります。

しかし、「過去」に起こったことは、既にあったことですから、
それは、事実として、断定して良いことです。

しかし、相場に絶対はありませんから、
これから起こることに対しては、
断定することは、態度として、不遜かな?
と考えた次第です。

基本的には、5月に、[112.90]を付けて、
「トレンド転換した」と考えています。
---ドル・ブル・トレンドから、ドル・ベア・トレンドに転換した---

---チャート・ポイントは、[113.40]でしたが、
  完璧にチャート・ポイントをブレイクした明確なシグナルとして、
  [112.90]を考えていました。---

戦術(タクティクス)としても、現在も、有効と考えています。

本日(6月2日)の米国失業率(雇用統計)などで、
完璧に、[113.40]を上に抜けても、
トレンドはドル・ベアで変わらずですから、
「ドル売りで戦うべき」と考えています。

便宜的な、ストップ・ロス・オーダーを置いて、
「ドル売り」で戦うといった戦術(タクティクス)が、
効果的かな、と考えています。

取り急ぎ

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ビッグ・フィギュア訂正】2006年06月02日号Part4

2006年06月02日号Part4【ビッグ・フィギュア訂正】

本日配信したメールマガジン
2006年06月02日号Part1【マーケット・コメント】
---[113.00]のオプションは消滅、流れはドル売り---

において、

以前に間違えたところを、そのまま「コピー&ペースト」してしまったので、
同じところを、また、間違えてしまいました。

セミナーにいつも来てくださり、親しくしている方から、
緊急の電話を頂きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

正しい数値は、
[109.00]と[113.00]のダブル・ノータッチ・オプション

[119.00]は、単なる、書き間違いです。

以前に間違えた時(5月25日)にも、
その翌日(5月26日)に、訂正を書きました。

> まず、
> 【昨日のレートの訂正】
>
> 昨日(5月25日)のコメントで、以下のように書きましたが、
> [119.00]は、[109.00]の書き間違いです。失礼いたしました。
>
>
>> 世界最大の人口を有する国の、某アジア中央銀行が、
>> [119.00]と[113.00]の両方のプライス(ストライク・プライス)に
>> タッチしない場合に、(その価格が付かなければ、)利益になる
>> 為替オプション取引(ダブル・ノータッチ・オプション)を組んでいる、
>> といったウワサが、まことしやかに、流れている。
>>
>
>
> つまり、オプション取引の、ストライク・プライスが集中しているのは、
> [109.00]と[113.00]です。
>

もう一度、正しく訂正したものを、以下に載せておきます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[113.00]のオプション取引については、
先週の木曜(5月25日)に既述している。

一部抜粋引用しておく。詳しくは、以下のページをご覧ください。

【マーケット・コメント】
---[113.00]には、為替オプション取引--- 2006/5/25(木)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May25.htm

> 世界最大の人口を有する国の、某アジア中央銀行が、
> [109.00]と[113.00]の両方のプライス(ストライク・プライス)に
> タッチしない場合に、(その価格が付かなければ、)利益になる
> 為替オプション取引(ダブル・ノータッチ・オプション)を組んでいる、
> といったウワサが、まことしやかに、流れている。
>
> ウソかホントか知らないし、調べる気にもならない。
> 特に、『誰が、持っているのか?(取引の主体)』は、どうでも良い。
>
> しかし、そういった大口の為替オプション取引があることは、
> (その取引の存在は、)たぶん、本当だろう。
>

※ブログの6月2日号Part1は、訂正して、[109.00]に直しておきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーカイブス【「現代金融市場論」:亜細亜大/経営学部】2006年3月31日

Asiau007

Asiau008_1

アーカイブス---[Yahoo!ブログ]からのお引越しに際し、再掲載します---

2006年3月31日Part3【「現代金融市場論」:亜細亜大/経営学部】
---「外国為替の基本とカラクリがよ~くわかる本」---

この4月から、亜細亜大学で、非常勤講師をすることになりました。
経営学部で、「現代金融市場論」をお話しする機会を得ました。

元々は、林康史さん---立正大学経済学部教授---が、
受け持っていた科目なのですが、
林さんのご紹介で、後任することとなりました。

林さんに、及ばないものの、せめて気概では負けないようにしよう、
と決意を新たにしています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇◆◇ 図解入門ビジネス 外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本◇◆◇
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎 How‐nual Business Guide Book
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:秀和システム ■定価1,575円(税込)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798012068/
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Zukaigaikokukawase002

「外国為替の基本とカラクリがよ~くわかる本」の出版社、秀和システムのご担当の方にメールを送りました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秀和システム
***さま

ご無沙汰しております。
春らしくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

「外国為替の基本とカラクリがよ~くわかる本」
の売れ行きは、いかがでしょうか?
そちらも、気になります。

この4月から、亜細亜大学で、非常勤講師をすることになりました。
経営学部で、「現代金融市場論」をお話しする機会を得ました。

今後、増刷する場合があれば、亜細亜大学、非常勤講師を、
履歴に加えていただければ、と思います。

なお、この「現代金融市場論」の教科書として、
「外国為替の基本とカラクリがよ~くわかる本」
を使用します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ご参考までに、「講義概要」を以下に添付します。

[科目の趣旨]

現代の複雑な金融市場を、その入門から始め、
かなり高度なデリバティブの理解ができるまでを目指して講義を行う。

内容は、
(1)金融の基礎(銀行論、証券論を含む)、
(2)国際金融論(外国為替を含む)、
(3)金融工学(デリバティブを含む)あるいは企業金融、
(4)金融政策論、
等々より成る。

この科目は、経営学部における金融論学習の中核科目であり、
本講義を履修することによって、証券論、経営財務論、貿易論、
等々の金融論に関係する諸科目の理解の促進・発展が期待される。

[授業の内容]

金融の基礎的な概念から説き起こすが、
実際のマーケット(金融市場:株式市場、債券市場、金利市場、
外国為替市場、等々)を念頭に起き、考察を加える。

模擬ディーリング等も取り入れて、知識ばかりでなく、
マーケット感覚も身につく授業を心がける。

[授業方法]

基本的には、週1回の授業を1単元とし、講義を中心に進めるが、
理解を深め感覚を養うために外国為替取引の
シュミレーション(模擬ディーリング)等、
受講者参加の方法での授業も行う。
また、知識を定着させるために予習・復習の宿題を課すこともある。

後半では、マーケットに馴染むため、
毎週、輪番で現実のマーケットの動きをまとめて報告することも行いたい。

[授業計画]

1.ガイダンス:金融とは何か?
2.金融の基礎知識
3.外国為替市場論:しくみ・理論
4.外国為替取引のシュミレーション(模擬ディーリング)
5.外国為替取引のしくみ(フォワード・スワップ)
6.マーケットの実際(予測・マネーマネジメント・ポートフォリオ)
7.金融システム
8.金融政策
9.日本の金融システムの諸問題
10.デリバティブ概説
11.スワップ取引
12.オプションの基礎
13.実際のマーケットにどう臨むか?:考え方、心構え、等

[成績評価の方法]

平常点(出席点、小テスト点、リポート等)と
学期末の本試験による総合成績で評価。

[教科書]

(教科書)
松田哲『外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本』
秀和システム(2006年)
を用いる。

(指定図書)
松田哲『ドル円ユーロ投資入門』日経BP社(2004年)

[履修上の留意点]

模擬ディーリング等の都合からも、受講者の制限を行う可能性がある。
そのため、第1回目の授業には必ず出席すること。
第1回目を欠席の場合は履修を認めない可能性もある。
予習よりも復習に力を入れて欲しい。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇◆◇『ドル円ユーロ投資入門』~為替のプロがやさしく教える~◇◆◇
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■日経BP社出版 ■定価1,890円(税込)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822243486/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【木曜日締め切りの原稿】---亜細亜大学の講義のため変更---2006年06月02日号Part3

2006年06月02日号Part3【木曜日締め切りの原稿】
---亜細亜大学の講義のため変更---

毎週木曜日に納めている原稿がありました。

毎回、ほぼ締め切り通りに送っていたのですが、
木曜日に亜細亜大学で講義を行うことになって、
このところ、木曜日のうちに送ることが出来ず、でした・・・。

結局、このところは、毎回、金曜の朝一に納めています。

大変申し訳なく思っていたのですが、先方から、ご連絡を頂きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Fri, 2 Jun 2006
差出人: "***"
件名: 今後の原稿に関しまして
宛先: "松田 哲" <forexdealer@infoseek.jp>

松田様

平素よりお世話になっております。
今後の原稿締切に関してですが、金曜の午前中であれば大丈夫です。
どうしても木曜日、ということはございませんので…。

何卒宜しくお願い申し上げます。

***拝

P.S.
多摩地区の大学は、牧歌的で好きです。
私も国立市で学生生活を送っておりましたので、
雰囲気は似ているのかな、と思ったりも致します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Fri, 02 Jun 2006
差出人: "松田 哲" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: Re: 今後の原稿に関しまして
宛先: "***"

***様

こちらこそ、いろいろと、ご配慮いただきありがとうございます!

こちらこそ、今後もなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

P.S.
正直なところ、亜細亜大学には、行ったことがなく、
この3月の終わりに、新任講師の研修のために、
中央線「武蔵境駅」に初めて降りました。

武蔵境駅から大学まで、のんびりと歩いてみた時の印象ですが、
本当に「閑静な住宅街」といった雰囲気です。

華美にながれてもおらず、
また、ところどころに、畑が残っていて、
『「武蔵野の面影」とは、こういった雰囲気なのかなぁ・・・』
などと思いながら歩いたのを覚えています。
気分の良い環境を、つくづく羨ましく思います。

また、大学の校舎も、きれいなのに驚きました。

「新任講師の研修」とは、講義の際のマイクの使い方とか、
大学内のイントラネット(学内情報の伝達手段)の使い方、
そして、教室でのプロジェクターの使い方などを、
ベテランの先生が教えてくださるのです。

笑われそうですが、驚きました!
(自分が古い人間なのだ、とつくづく感じました)

120人の教室に、2個のプロジェクターが設置されており
インターネットやさまざまなものを投射できるのです!

大きな教室だと、1000人の学生を収納できて、
プロジェクター&スクリーンは、6個あるそうです。

便利と言えば、その通りです。
私の場合、自分のホームページを使って授業をしています。

ずいぶんと昔に作ったホームページが、
『こんなところで役に立つとは・・・!』
と、ITの発達に、こっそり感謝感激しています。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

いろいろな方々のご配慮、ご協力で、
そして、さまざまな文明機器の発達で、
さまざまな面の自分が成り立っていることに、
心より感謝感激しています。

ありがとうございます!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「実力が足りないのか?」「運が無いのか?」---【「ドル売り」は、難しい】2006年06月02日号Part2

2006年06月02日号Part2【「ドル売り」は、難しい】
---「実力が足りないのか?」「運が無いのか?」---

(2006年06月02日号Part1からの続き)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

タイミングは、一瞬しかない。
それを逃した場合は、「実力が足りないのか?」「運が無いのか?」
どちらなのかを、よく、見極めた方が良い。

「ドル買い」は、誰にでも出来る。
また、上下動を繰り返すので、何回も、チャンスがある。
(判断が遅れても、それが致命傷にならない)

つまり、「ドル買い相場」は、相対的に、易しい。

「ドル売り」は、難しい。

しかし、「売り」「買い」どちらが大切か?
と訊かれれば、「売り」なのである。

そして、「ドル売り相場」には、チャンスは1回しかない。

---もちろん、まれに、複数回あることもありますが、
  そんなところで、『アゲアシ』をとらないように。
  “Do not pick up fried legs, please!”---

(^0^)/♪ 英語の部分は信じないように↑

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ちょうど、一昨日(5月31日)に、[113.00]の値動きについては、
タイミングよく詳しく書いた。再読して欲しい。

【修正・調整局面のボックス相場】Part2
---労多くして益少なし---2006/5/31(水)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May31-2.htm

(一部抜粋)

> ただし、
> 目先で上に『放れる』場合のチャート・ポイントは、
> [113.00]あるいは[113.40]だが、こちらを付ける場合は、
> それ程、大した値動きではない、と考えている。
> ---その場合は、上昇しても、たかが知れている、と考えている。
>   [113.00]あるいは[113.40]を付けた後で、
>   ドルが反転急落するような値動きになる場合は、
>   最大限の注意を要する---
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

個人的には、思惑通りに、運んでいます。

[113.00]のオプションもエグゼキュート(遂行)したし、
一番、スッキリしたパターンで動いています。

この相場を、「ドル売り」で戦うべきだ、と考えているのは、
既に何度も説明しています。故に、これ以上の解説は割愛。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[113.00]のオプションは消滅、流れはドル売り---【マーケット・コメント】2006年06月02日Part1

2006年06月02日Part1【マーケット・コメント】
---[113.00]のオプションは消滅、流れはドル売り---

昨日(6月1日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
112円台ミドル程度でオープン。
---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00---

月末(5月31日)の海外市場では、
ロンドン市場の朝方に[111.50]アラウンドの安値を付けた。
ロンドン市場、ニューヨーク市場と、時間の経過と共に、
ジリジリと断続的にドルは上昇し、
ニューヨーク市場のクローズは、[112.50-60]の高値引けとなった。

昨日(6月1日)の東京市場はそういった流れを受けて、
ドル買い気配でオープンした。

しかし、東京市場の午前、午後とも、積極的な売買にはならず。
本日(6月2日)の米国失業率(米国雇用統計)の発表を控えているので、
いわゆる、「その数字待ち」といった雰囲気だった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

東京市場夕方になって、オプション取引絡みの売買が、
「腕力的に」行われた。

ドル/円(USD/JPY)は、[112.75-85]アラウンドに上昇していたのだが、
[113.00]を、無理やりに、付けに行った。
今回は、『防戦売り』が間に合わずに、[113.00]をヒットした。
(この時点での高値は、[113.10]アラウンド。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

東京市場の夕方に、[113.00]をタッチしてから、
そのレートを付けたかった市場参加者の『気が済んだのか』、
[112.60]アラウンドにまで急落した。

昨日(6月1日)のロンドン市場では、再び、[113.00]をトライ。
一度、タッチしているので、「ノータッチ・オプション」は消滅しているので、
さほどの抵抗もなく、113円台に完全に乗せた。

ニューヨーク市場も参加してきて、ニューヨーク市場の朝方に、
[113.38]アラウンドの高値を付けた。
レベルで表示するならば、[113.35-40]レベルが高値。
---[113.40]はタッチしていない。---

チャート・ポイント[113.40]をクリアできないことを確認すると、
突如とした大口のドル売りが炸裂。
高値を[113.38]アラウンドとすると、ちょうど[1円(100)ポイント]急落。
100ポイント下落する際の経過時間は、40分~45分程度。

はっと気が付くと、[112.40]だった、というイメージ・印象。

ここまでは、ニューヨーク市場の午前中の値動き。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ニューヨークの昼および午後は、
意味の無い、『ダルなマーケット(Dull Market)』。
112円台ミドルに戻してからの値動きは、語るに無駄。
そして、現在に至り、『米国失業率待ち』。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[113.00]のオプション取引については、
先週の木曜(5月25日)に既述している。

一部抜粋引用しておく。詳しくは、以下のページをご覧ください。

【マーケット・コメント】
---[113.00]には、為替オプション取引--- 2006/5/25(木)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May25.htm

> 世界最大の人口を有する国の、某アジア中央銀行が、
> [109.00]と[113.00]の両方のプライス(ストライク・プライス)に
> タッチしない場合に、(その価格が付かなければ、)利益になる
> 為替オプション取引(ダブル・ノータッチ・オプション)を組んでいる、
> といったウワサが、まことしやかに、流れている。
>
> ウソかホントか知らないし、調べる気にもならない。
> 特に、『誰が、持っているのか?(取引の主体)』は、どうでも良い。
>
> しかし、そういった大口の為替オプション取引があることは、
> (その取引の存在は、)たぶん、本当だろう。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(2006年06月02日号Part2に続く)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

【読者の方からのメール紹介】---労多くして益少なし---2006年06月01日Part2

2006年06月01日Part2【読者の方からのメール紹介】
---労多くして益少なし---

日付: Thu, 01 Jun 2006
差出人: "**"
件名: 労多くして、損失多し トホホ
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

毎日たのしくメルマガを拝読しています。

ほんとにマーケットていうのは・・・
思惑の実現を阻むものですね。
昨日も午後の途中までは思惑通りに事が運んでいたのです。
その後がイケナイ!
僅か数銭でストップロスをヒット・・・

具体的に1つの例をあげると
(111.60でのLong 111.45でS/L で Hit)
価格の付け方がマズイのでしょうか??

1日中取引きをしてられる訳でも無いので、予め注文を出しての事です。
レンジを広げておくしか妙案は無いのでしょうね。
S/L を変更することもしたくないし、甘んじて S/Lを受け入れています。

FROM **

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Thu, 01 Jun 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: Re: 労多くして、損失多し トホホ
宛先: "**"

**様

おはようございます!!

この相場は、
多くの人が、111円台で「ドル買い」から入り、ドル・ロングにして、
112円台で「利食いのドル売り」をすれば、儲かったのに・・・
と、考える人は多いことでしょう。

---場合によっては、
  112円台後半では、「ドル売り」から入り、ドル・ショートにして、
  111円台で「利食いのドル買い」をすれば、
  『往復で(二重に、ダブルで、)』儲かったのに・・・、
  と、欲深い人は、考えるでしょう。---

しかし、この相場を「ドル買い」で取ろう、「ドル買い」で戦おう、
と、する人は、『普通は、』長持ちしないことでしょう。

目先の、利益にばかり、目がくらんでいるからです。

もちろん、
「109円台でドルを買っておけば、儲かったじゃないですか!?」
といった意見が出るのは、わかっています。

しかし、それは、結果論であり、
この相場は、「ドル売り」で戦う『べき』と、個人的には考えています。

---5月の中旬に、「調整局面」に入った、とコメントした時点で、
  「調整局面」なのですから、
  「戻し」があることに気が付いています。---

メールマガジンのコメントでは、「ドルを買う」ことについては、
「いったんの利食い」に関することしか書いていません。

ポジションの取り方としては、「ドルを売ること」しか述べていません。

そういったあたりに、着目してください。
---もっと、『明瞭に、明確に』書いてください、といったご意見を、
  時々、頂きますが、
  私としては、『充分に、明瞭に、明確に』書いているのです。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

文章に関しては、ご参考までに・・・。

今年の初めに、
『眼光紙背に徹する』
“Read between the lines.”
といったことを書いた。

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006Jan06-2.htm
【眼光紙背に徹する】--- Read between the lines. --- 2006/1/06(金)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このところのマーケット(相場)に関しては、ご参考までに・・・。

【マーケット・コメント】 2006/5/16(火)
---現在は、「修正」「揺り戻し」の局面---
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May16.htm

> マーケット(外国為替市場)として見れば、それなりに動いている印象だが、
> このところ急落していたドルの調整の域を出ない。
>
> 『リバウンドがどこまでなのか?』を探る展開。
> 別な言い方をすれば、どこで、ドルを売るのか、を探す相場。
>

【GW明け、FOMC前後に考えたこと】 2006/5/15(月)
---このところのドル/円について(1)~(4)---
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May15-2.htm

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

いつも、メールありがとうございます!!
今後も、宜しく、お願い申し上げます。

このメールを、本日のメールマガジンにいたします。
ご了承ください。

From 物語

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相変わらず・・・・---【マーケット・コメント】2006年06月01日

2006年06月01日【マーケット・コメント】
---相変わらず・・・・---

昨日(5月31日)のマーケット(相場)は、
5月10日のFOMC議事録(連邦公開市場委員会議事録)が公表された、
といったトピックもあったが、

相変わらず、このところの『修正・調整局面のボックス相場』に過ぎない。

現在は修正・調整局面の乱高下(あるいは、単なるレンジ内での上下動)を
繰り返しているだけ。

こういった『修正・調整局面のボックス相場』は、
『労多くして益少なし』となり易いことは、
昨日(5月31日)のメールマガジンで、既に述べた。

■ 【マーケット・コメント】5月31日号Part1 2006/5/31(水)
---現在は修正・調整局面の乱高下---
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May31.htm

■ 【修正・調整局面のボックス相場】5月31日号Part2 2006/5/31(水)
---労多くして益少なし---
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May31-2.htm

(一部抜粋引用)

> ポジションも大きく取る訳にもいかず、
> オペレーション(操作)が、難しい割りに、たいして、利益に結びつかない。
> ---要するに、労多くして益少なし。---
>
> しかし、それこそが、『現在が修正局面・調整局面にある』という証左。
>
>
> 『修正局面・調整局面』の『ボックス相場(レンジ相場)』は、
> 毎度のことながら、あまり『儲かる相場』では無いのです。
>
> 右往左往して、『自分だけ上手くやろう』としても、
> そうそう問屋は卸してくれないものなのです。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

明日(6月2日)には、米国失業率(米国雇用統計)の発表を控えているので、
徐々に、マーケットは、腰が引けた状態に移って行くだろう、
と考えていることも、昨日(5月31日)のメールマガジンで既述した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

P.S.(1)

サブ・タイトルを、
---相変わらず・・・・---
と、しましたが、

相変わらずの、マーケット(相場)で、
今のところ、与件に、まだ変化が無い、と言っています。

『相変わらずの手抜き』ではありませんので・・・・。

P.S.(2)
本日は、亜細亜大学で、授業ですので、
午後は、頂いたメールへのお返事や、情報配信ができません。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

【読者の方からのメール紹介】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part3

2006年05月31日Part3【読者の方からのメール紹介】
---労多くして益少なし---

日付: Wed, 31 May 2006
差出人: "****"
件名: Re:【独断と偏見の為替相場】2006年05月31日号Part2
     【修正・調整局面のボックス相場 】---労多くして益少なし---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語先生

いつも大変お世話になっております。
****です。

メールマガジンにて毎日勉強させて頂いてます。

本日のメールマガジンはとても参考になりました。

今回のメルマガでは手法まで丁寧に書かれており、
今後の参考にさせて頂きたいと思います。

なにより、

> オペレーション(操作)が、難しい割りに、たいして、利益に結びつかない。
> ---要するに、労多くして益少なし。---
> <省略>
> 右往左往して、『自分だけ上手くやろう』としても、
> そうそう問屋は卸してくれないものなのです。

まったくその通りなんですね。

どうしても自分の思惑通りに行かない事が続くと、
弱気の虫がでてきてしまうのですが、
根気良く丁寧に続けるしかない!という事ですよね。

なかなかうまく行かず弱気になる時は、
メルマガを思い出して根気良く相場と付き合って行こうと思います。

できれば苦労少なく付き合って行きたいものですが(笑)

今後ともメルマガ楽しみにしております。
宜しくお願い致します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Wed, 31 May 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: Re: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年05月31日号Part2
     【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---
宛先: "****"

****さま

メールありがとうございます!!

全く、マーケット(相場)と付き合うのは、
『「性悪女」と付き合うが如し』
といったところです・・・。

---決して、『女性に対するハラスメント』や『女性蔑視』ではなく、
  『自分の意のままにはならないこと』の『たとえ』です。---

---他の『たとえ』ならば、後白河法皇の言葉に有名なものがあります。
  『朕の意のままにならぬは、山法師と双六の賽に加茂川の水』
  『たとえ』て言うならば、『マーケット(相場)』は、
  『双六の賽』の代表のようなものでしょう。---

ご紹介方々、いただいたメールを、メールマガジンにて配信いたします。
ご了承ください。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part2

2006年05月31日Part2【修正・調整局面のボックス相場】
---労多くして益少なし---

2006年05月31日Part1からの続き)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドル/円(USD/JPY)の値動きは、
目先、振幅(値幅)が、相対的に、小さくなって来ている。
これは、マーケット(相場)が煮詰まってきているだけで、
次に、『放れる』時には、注意を要する。

どちらに『放れる』のか、予断を許さない、といったところ。

ただし、
目先で上に『放れる』場合のチャート・ポイントは、
[113.00]あるいは[113.40]だが、こちらを付ける場合は、
それ程、大した値動きではない、と考えている。
---その場合は、上昇しても、たかが知れている、と考えている。
  [113.00]あるいは[113.40]を付けた後で、
  ドルが反転急落するような値動きになる場合は、
  最大限の注意を要する---

目先で、単に下に『放れる』場合のチャート・ポイントは、
目先の弱いチャート・ポイント[111.50]アラウンド、
目先の弱いチャート・ポイント[111.00]アラウンド、
目先の弱いチャート・ポイント[110.50]アラウンド、
と断続的にあるが、こちらに向かう方がやり難い。

ドル売り(ドル・ショート)で戦う場合でも、
目先の弱いチャート・ポイントの手前で、マメに利食い、
---ちゃんと、真面目にドル買戻しを行い、---
目先の弱いチャート・ポイントを割り込むようならば、
ドル売り(ドル・ショート)で追従する、
といった、『面倒臭い』オペレーションを採るしかない。

ポジションも大きく取る訳にもいかず、
オペレーション(操作)が、難しい割りに、たいして、利益に結びつかない。
---要するに、労多くして益少なし。---

しかし、それこそが、『現在が修正局面・調整局面にある』という証左。

『修正局面・調整局面』の『ボックス相場(レンジ相場)』は、
毎度のことながら、あまり『儲かる相場』では無いのです。

右往左往して、『自分だけ上手くやろう』としても、
そうそう問屋は卸してくれないものなのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

5月中旬に以下のように述べた。
現在のマーケット(相場)に、引き直して、再読して欲しい、と思います。

---そのままでは、現在のマーケット(相場)に当てはまりませんが、
  今、流行の、「ダビンチ・コード」のパズル(暗号)解読よりは、
  全く容易い、と思いますので・・・---

念のために、繰り返しますが、
『現在が修正局面・調整局面にある』ことは、当然の、前提です。

【マーケット・コメント】 2006/5/16(火)
---現在は、「修正」「揺り戻し」の局面---
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May16.htm

(一部抜粋引用)

> マーケット(外国為替市場)として見れば、それなりに動いている印象だが、
> このところ急落していたドルの調整の域を出ない。
>
> 『リバウンドがどこまでなのか?』を探る展開。
> 別な言い方をすれば、どこで、ドルを売るのか、を探す相場。
>
> このところの値動きから見て、レジスタンスは、いくつかある。
> [111.00]の手前のところ、つまり、110円台後半([110.80-90]レベル)。
> これは、弱いレジスタンス。
>
> その上は、[111.50]。これは、そこそこ強いレジスタンス。
>
> その上は、[112.15-25]。これは、強いレジスタンス。
>
> その上には、[113.40]の強いレジスタンスがある。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 既に、現在は、大きく急落した後の、
> いわゆる「修正」「揺り戻し」の局面に入っている、
> と考えている。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【修正】【修正局面】(Correction)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub012shi.htm#correction

 相場の動きは、上下動を繰り返す習性がある。
 だから、相場が一本調子に上昇したり、一本調子に下落したりした場合に、
 それまでの値幅よりも小さく、相場がいったん反転して、
 そこで「レンジ相場」(持ち合い相場)を形成することがある。

 この反転して、小幅な上下動を繰り返す値動きを、
 修正(Correction)、修正局面と呼ぶ。
 調整、調整局面と同義語。

 参照→ 【揺り戻し】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub038yu.htm#yurimodoshi

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在は修正・調整局面の乱高下---2006年05月31日Part1【マーケット・コメント】

2006年05月31日Part1【マーケット・コメント】
---現在は修正・調整局面の乱高下---

海外市場(LDN市場、NY市場)が休場だった月曜(5月29日)を引き継いで、
昨日(5月30日火曜)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
112円台ミドル([112.55]アラウンド)でオープンした。
---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00---

仲値が決まるまで、---東京時間午前10:00ころまで、---
112円台ミドルをキープしていたが、
仲値決定後に、ドル売り炸裂といった印象。

東京市場午前中に、[112.00]アラウンドまで、一気にドルが売られ、
ランチ・タイムには、[112.00]を割り込み、[111.90]アラウンドを付けた。

東京市場午後は、[112.00]を挟んでのにらみ合い。
---[111.90-112.10]で動かず。---

東京市場クローズにかけて、[111.80]アラウンドにあった
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り注文)を
エグゼキュート(遂行)した。安値および引け値は、[111.60-70]レベル。
---東京市場のクローズは、東京時間17:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ロンドン市場の朝方は、東京市場でドルが売られたので、
その足元を掬うのを狙うがごとく、ロンドン勢はドル買い先行。
112円台に戻すと、目先でドルを売っていた向きの
ストップ・ロス(損切りのドル買戻し)を付けて、
[112.60]アラウンドまで急騰した。

目先の損切りを付け終わると、反転急落。
今度は、一気に、[111.70]アラウンドにまで急落している。

[111.70]アラウンドを付けた後は、小戻しして、
[112.00]プラスマイナス20銭程度での持ち合いに推移。
売り方も、買い方も、どちらも、目先の乱高下で「ヤラレタ」印象。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

トピックとしては、
ブッシュ大統領がスノー財務長官の後任の新財務長官として、
ゴールドマン・サックスのヘンリー・ポールソン会長を指名したこと。

ポールソン次期財務長官が、どういった影響をマーケットに与えるのか、
現時点では分からないので、マーケットは反応していない。
私も反応したくないので、これ以上の言及を避けたい。
---勝手な憶測や、想像の域を超えないことに注意を払っても時間の無駄、
  と考えます。---

昨日(5月30日)発表された米国経済指標は、消費者信頼感指数。
[109.8](4月)から、[103.2](5月)に大きく低下し、
ドル売りの材料となった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こういった流れを受けて、
本日(5月31日)の東京市場でのドル/円(USD/JPY)は、
112円台前半で上下動をしている。
市場参加者が、傷ついているので、相対的に、元気がなく、
マーケット(相場)の振幅(値幅)が、相対的に、小さくなって来ている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週末には、米国失業率(米国雇用統計)の発表を控えて、
徐々に、マーケットは、腰が引けた状態に移って行くだろう、と考えている。

Part2へ続く

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

LDN市場、NY市場はお休みでした!---2006年05月30日【マーケット・コメント】

2006年05月30日【マーケット・コメント】
---LDN市場、NY市場はお休みでした!---

昨日(5月29日)、週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[112.40]アラウンドでオープンした。
---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日の5月29日(月)のロンドン市場は、銀行休業日。
同じく、5月29日(月)のニューヨーク市場は、
メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の祝日。

そのために、ロング・ウィークエンドを控えた、
先週末(5月26日金曜)のニューヨーク市場は、市場参加者が極端に薄かった。

先週末(5月26日金曜)のニューヨーク市場では、
いわゆる「ショート・スクイズ」を起こして、
[112.70-80]レベルにまで上昇し、「週末のポジション調整」を行った。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

通常の、週明け月曜の東京市場は、
その週末のニューヨーク・クローズと、ほぼ同値で取引が始まることが多い。
かつ、そのニューヨーク・クローズの、ごく短期的な傾向に従うことが多い。
つまり、
先週末(5月26日金曜)のニューヨーク市場は、
いわゆる「ショート・スクイズ」を起こして、ドル買い傾向にあったのだから、
昨日(5月29日)、週明け月曜の東京市場は、ドル買い気配で始まるのかな?
と、考えていたのだが、むしろ、逆だった。

ただ、値幅も小さいし、そこまで、丁寧に、見る必要も無いが・・・。
---これといって、書くことも無いし・・・、
  仕方が無い、そんなことでも書いておくか・・・、といったところ。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

いずれにせよ、
昨日(5月29日)、週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[112.40]アラウンドでオープンした。

東京市場では、仲値に向けて、若干のドル売りが進み、
[112.20]アラウンドに下落した。

その後は、終日[112.25-35]程度で動かず。取引も無い状況。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

既述の通りに、ロンドン市場、ニューヨーク市場はお休み。

極端に、市場参加者のいない中で、
無理やり、動かすような、腕力的な取引も無かった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こんな日は、東京市場も、クローズしてしまった方が、
何かとフェア(公平)なのではないか?
と、昔から、ずっとずっと昔から考えていました。

クリスマスの当日(12月25日)に、
マーケット(外国為替市場)がオープンしているのは、
東京だけです。

こういった日に、何かしらの重要なニュースが出たりすると、
市場参加者の極端に薄い中に、世界中から、実弾が飛び込んでくるような、
とんでもないことが起こったりします。

だから、
ロンドン市場、ニューヨーク市場がお休みの時は、
東京市場もお休みにした方が、何かとフェア(公平)なのではないか?
と、昔から、ずっとずっと昔から考えている訳です。

いや、別に、得意の『手抜き』で、
そんなことを言っているのではありません。
サボリたくて、そんなことを言っているのではないのです。
本当です!!! 信じてください!!! (^0^)/♪

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

『「ドル金利」の相場』は、今後も続くの?---【いわゆる『金利相場』】

2006年05月29日Part2【いわゆる『金利相場』】
---『「ドル金利」の相場』は、今後も続くの?---

今後、いわゆる『金利相場』が続くのか? 否か?
少なくとも、目先は、『「ドル金利」の相場』は、
終わっているのではないか?

個人的には、目先は、『「ドル金利」の相場』は、終了しており、
金利ならば、「円金利」や「ユーロ金利」に注目するべきではないか?
と、考えている。

もちろん、「ドル金利」は、
今後の、米国経済指標通りだ、と明瞭に、FRB関係者は述べている。

目先、ドル金利は、据え置きになるのだろうし、
あるとすれば、さらなるドル金利引き上げだ、と明白になっている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

さまざまな、経済指標が、日替わりで、
「じゃんじゃんバリバリ」
「じゃんじゃんバリバリ」
発表されているが、
『日々是決算』のごとく、そんなところで、
「切った」「張った」と取り合うなら、『丁半ばくち』と何ら変わらない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドル金利を、据え置きに出来ずに、引き上げざるを得ないような、
特別な数字(数値)が発表されたら、それには、もちろん、注目すれば良い。

仮に、次回、ドル金利を[0.25%]引き上げても、
それこそ、その次こそは、ドル金利を、据え置き、
当面、これまでの利上げの効果を見ることになろう。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

当面は、ドル金利の据え置きだが、
米国景気が良ければ、その先で、まだまだ、
ドル金利が大きく上昇する可能性もある、と、個人的には、見ている。

フェド・ファンド・レート(FF金利)の[5.0%]は、
歴史的に見れば、まだまだ、相対的に低い水準だ。

ただし、今は、
「まだ、それを強弁する時期でもあるまい」
と思ってはいるが・・・。

さー!!
「じゃんじゃんバリバリ」
「じゃんじゃんバリバリ」
やるなら勝手にどーぞ!!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

週明けの薄いマーケットで、海外勢不在の中、
今日(5月29日)は、
先週末の「ショート・スクイズ」を引き継いで、
『「ドル買い」から入るのかな?』
と思っていたが、そうでもない、ようだ。

値ごろ感で、ドル買いから入るのは、危険。
個人的には、絶対に、そんなことはしない。

しかし、ドル売りも、タイミングを見計らってやらないと、
上手く行かない。

今日は、やらなくとも良さそうだ。
(やらない方が良さそうだ・・・?)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のドル上昇は「ショート・スクイズ」---2006年05月29日【マーケット・コメント】

2006年05月29日【マーケット・コメント】
---週末のドル上昇は「ショート・スクイズ」---

先週末(5月26日金曜)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[111.60]でオープンした。

寄り付き直後に[111.50]を付けたが、
東京市場の朝方、および、午前中は、ドル買いが出て、断続的に上昇した。

仲値決め前後の時間(朝方10時前後)には、
[111.80]アラウンドにジリジリと上昇し、
仲値決定後にはすぐに112円台に乗せた。

東京市場の午後は、[112.00]を挟んで、
上下20銭程度での「持ち合い相場」を形成した。

欧州市場は、休日の関連もあって、動意無し。
東京市場が引けてからは、ほぼ[111.85-95]で、変わらず。

ニューヨーク勢が参加してくると、米国経済指標の発表の前後に、
再び、[112.00]を挟んで、上下20銭程度での「持ち合い相場」を形成した。

この日(5月26日金曜)の米国経済指標は、
個人消費支出(PCE)価格指数(4月)。

マーケット(外国為替市場)が注目していた、
といったコメントが多いようだが、他に書くコメントが無いから、
そんなことを言っているだけではないか?
個人的には、気にしていないので、(無駄だと思うから、)数値も書かない。

---よほど、重要な変化でもあれば、
  それは、もちろん、どんな米国経済指標であろうとも、
  いつでも注目に値するし、注目するべきだ、と考えている。---

---しかし、個人消費支出は、ドル金利の指標であり、
  直接、外国為替に関連しない。
  ドル金利取引や、米国債券を取引するならば、
  見る必要も、少しあるかもしれない。
  が、外国為替を取引する際に、直接的に、見る必要が無い、
  と考えている。---

ミシガン大学の消費者信頼感指数の発表もあったが、
これも、個人的には、無駄だと思うから、省略する。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

5月29日(月)のロンドン市場は、銀行休業日。
5月29日(月)のニューヨーク市場は、
メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の祝日。

そのため、市場参加者の極端に薄い、週末のニューヨーク市場では、
いわゆる「ショート・スクイズ」を起こして、
[112.70-80]レベルにまで上昇した。
「週末のポジション調整」と言っても、同じこと。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【ショート・スクイズ】(Short Squeeze)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub012shi.htm#short_squeeze

 ドルを売った状態にしておくことを
 英語ではドル・ショート(Dollar Short)という。
 ドルを売った、その持ち高はポジション(Position)という。

 だから、ドルを売りの持ち高に傾けておくことを
 ドルの「ショート・ポジション」と呼ぶ。

 何かしらのことを理由に、
 先行きの相場の見通しを立てることを「思惑(おもわく)」という。

 多くの人達が「思惑(おもわく)」でドルを「ショート」にしている場合に、
 その「思惑(おもわく)」とは逆に相場が動き出してしまうことがある。

 「思惑(おもわく)」と逆に動けば、損失が出る。
 ドルを「ショート」のままにしていると、
 ドルが上がれば上がるほど損失が膨らむことになる。

 だから、多くの人たちがその損失に耐え切れなくなって
 いっせいにドルを買い戻すようなことがおこる。

 このように、「損切り(ロス・カット、Loss Cut)」を巻き込みながら、
「思惑(おもわく)」のドルの「ショート・ポジション」を絞り出すように、
ドルが上昇することを、特に「ショート・スクイズ」と言う。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »