« ---『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---【マーケット・コメント】2006年12月01日 | トップページ | 【このところのマーケットをどう読むか?】---抜粋して、ポイントをまとめてみました---2006年12月04日 »

2006年12月 1日 (金)

---水から煮る泥鰌(どじょう)鍋---【ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても・・・】2006年12月01日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年12月01日Part2
【ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても・・・】
---水から煮る泥鰌(どじょう)鍋---
---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---

♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(11月30日)のコメントを一部抜粋添付しておきます。

> 2006年11月30日
> 【損切りのタイミングは、たった一日しか無かった】
> ---事実上は、ほんの数時間しかなかった---
> ---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---
>
>
> 「値ごろ感」での『ユーロ売り』はやめた方が良い。
> そう、このところ、繰り返し述べた。
>
> この『ユーロ売り』は、対ドルでも、対円でも、という意味だ。
>
> 『ユーロ売り(ドル買い)』&『ユーロ売り(円買い)』は、
> やめた方が良い、
> と、書くのを、ひっくるめて、
> 「値ごろ感」での『ユーロ売り』はやめた方が良い、と述べた。
>

---(中略)---

> ※言いにくいのですが、
> 1.27台、1.28台、1.29台での
> 「ユーロ/ドル(EUR/USD)売り持ち(ユーロ・ショート)」を
> 抱えている場合は、さっさと損切って、
> 新たな気持ちで、現在のマーケット(相場)に臨んだ方が良い、
> あるいは、次のチャンスに備えるように対応した方が良い、
> ということです。
>

---(中略)---

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 「まず、対ドルで考えると、・・・」と書いた通りに、
> ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても、書くつもりだったのですが、
> 文章量と執筆時間の関係で、割愛。
>
> 時間的に余裕があれば、書く機会もあるでしょう。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪

時間的に余裕は無いのですが、今、書いておかないと・・・
と、思うので、ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても、書いておきます。

140円台でのユーロ/円(EUR/JPY)のショート(売り持ち)は、
致命傷になる前に、損切りを敢行した方が良い。

そう言うと、
「どこで切ればよいの?」
といった質問を受けます。

損切りは、切り遅れたら、【今すぐに切る】ことです。

『もう少しは、「ディップ」があるはずだ』
とか、
『「綾(あや)」があるはずだ』
といった声も聞こえてきます。

その気持ちは、充分に、理解できます。

でも、レベルを気にしないで、
『損切りは、切り遅れたら、【今すぐに切る】こと』です。

相場にうまく対応していて、「綾(あや)」を狙うのなら、
それは、『趣味』『嗜好』『好み』といったことで、
それもまた良いでしょう。

しかし、相場に失敗して、『綾』を待っているのは、
『水から煮る泥鰌(どじょう)鍋』と一緒。

鍋の真ん中に豆腐を入れ、水を入れ、そして泥鰌(どじょう)を入れて、
水から煮る。鍋が熱くなると、泥鰌(どじょう)が温度の低い豆腐の中に
頭から入りこみます。

カエルやエビを料理するときは、
水から煮ると、暴れることも無く静かに茹だってくれます。

ドジョウやカエルやエビが、熱いと気付いたときには、美味しくなっています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ---『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---【マーケット・コメント】2006年12月01日 | トップページ | 【このところのマーケットをどう読むか?】---抜粋して、ポイントをまとめてみました---2006年12月04日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ---『「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い』---【マーケット・コメント】2006年12月01日 | トップページ | 【このところのマーケットをどう読むか?】---抜粋して、ポイントをまとめてみました---2006年12月04日 »