« | トップページ | 【昔書いた文章】---季節外れですが、2002年の暑中お見舞い---2006年12月07日Part2 »

2006年12月 7日 (木)

【マーケット・コメント】2006年12月07日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年12月07日
【マーケット・コメント】

昨日(12月6日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台後半---[114.90-95]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場の午前中は、動き無し。概して[114.80-95]といったところ。

東京市場の午後になって、ドル売り気配強まり、114円台ミドルに下落。
安値は、[114.50-55]レベル。

このところの最安値は、
一昨日(12月5日)のニューヨーク市場の朝方に付けた[114.40-50]レベル。
このところの最安値を更新できなかったことから、
ロンドン市場は、東京市場のロス・カット(損切り)を狙って、
ドル買いを仕掛けた様子だ。115円台に担ぎ上げた。

ニューヨーク市場の朝方には、[115.20-30]レベルに上昇した。
しかし、その後は、特に目立った動きも無く、
[115.00]を挟んだ持ち合いとなった。

ニューヨーク・クローズにかけて、若干のショート・スクイズを起こし、
[115.20-30]レベルで引けた。

明日(12月8日)の米国失業率(雇用統計)の発表待ち、といったところ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(12月6)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.33台前半---[1.3310-20]レベル---でオープン。

東京市場では、動きらしい動き無し。

東京市場の夕方から、ロンドン市場の朝方にかけて、
「ユーロ売りドル買い」が出て、1.32台ミドル近くまで下落するも、
俯瞰すれならば、依然として「ユーロ高値持ち合い」の印象。

ニューヨーク市場は、朝方は1.32台後半での持ち合い。
ニューヨーク市場の午後になって、1.33台に乗せるも、
その後は[1.3300]を挟んでの小動き。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(12月6日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
153円台前半---[153.00-10]レベル---でオープン。

東京市場の午前は、概して動き無し。
東京市場の午後になって、ドル/円(USD/JPY)が、売り気配になると、
152円台ミドルに下落した。安値は、[152.40-50]レベル。

[152.50]は、割り込んだものの、それ以上の追随のユーロ売りは無く、
ロンドン市場、ニューヨーク市場では、ジリジリと上昇し、
153円台に戻した。ただし、高値も[153.20-30]レベル程度。

全般に見るならば、依然として、「ユーロ高値持ち合い」の印象。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« | トップページ | 【昔書いた文章】---季節外れですが、2002年の暑中お見舞い---2006年12月07日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | 【昔書いた文章】---季節外れですが、2002年の暑中お見舞い---2006年12月07日Part2 »