« 【ロンドン勢が参入する時間帯になって】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)が、軽く急落---2006年12月05日Part3 | トップページ | »

2006年12月 7日 (木)

【マーケット・コメント】2006年12月06日

昨日(12月6日)は、ニフティのサーバーの都合で、
更新が出来ませんでしたので、本日アップします。

2006年12月06日
【マーケット・コメント】



昨日(12月5日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台前半---[115.35-40]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場は、概して動き無し。
朝方から、東京市場の夕方までは、概して[115.20-40]。

昨日(12月5日)は、東京市場の夕方になって、
---ロンドン勢が参入する時間帯になって、---
ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)が、軽く急落している。

東京市場の夕方に、欧州勢が参入して、ドル売りを仕掛けた様子。
ドル/円(USD/JPY)は、[115.00]を割り込むと、
[114.80-90]レベルにストンと落ちた。

[114.90]には、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り円買い注文)があった様子。

ロンドン市場で、ジリジリと下落し、
ニューヨーク市場の朝方に、[114.50]も割れた。安値は[114.40-50]レベル。

昨日(12月5日)発表された米国経済指標は、次の通り。

製造業受注(10月)
結果:[△4.7%]
予想:[△4.2%]
前回:[+1.7%]([+2.1%]から修正)

ISM非製造業景況指数(11月)
結果:[58.9]
予想:[55.5]
前回:[57.1]

ISM非製造業景況指数が、予想よりも良かったことを「きっかけ」に
ショート・スクイズが起こり、
114円台ミドルから、[115.10-20]レベルに跳ねた。

米国経済指標の動きというよりも、ポジション調整で、
目先、ドルを売っていた向きの買戻しで、こういった値動きになった、
と見ている。

しかし、ショート・スクイズが終わると、114円台後半に戻して、
そのままニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(12月5日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.33台前半---[1.3330-35]レベル---でオープン。

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場とほとんど動意なし。
「ユーロ高値持ち合い」の様相を呈した。
概して、[1.3300-1.3350]程度の、いわゆる「レンジ相場(ボックス相場)」。
---レンジは、[1.3288-1.3364]だったが、実質は、上記。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(12月5日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
153円台後半---[153.80-90]レベル---でオープン。

東京市場は、概して動き無し。
朝方から、東京市場の夕方までは、概して[153.60-90]。

東京市場の夕方に、欧州勢が参入して、
ドル/円(USD/JPY)が、[115.00]を割り込むと、
ユーロ/円(EUR/JPY)も、急な「売り気配」になり、[153.50]を割り込んだ。

ドル/円(USD/JPY)と比べると、
ユーロ/円(EUR/JPY)の急落の方が激しい印象。
ユーロ/円(EUR/JPY)は、
[153.50]を割り込むと、一気に[153.00]を割り込む展開となった。

ロンドン市場で、[152.60-65]レベルの安値を付けている。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、[153.20-40]レベル、[152.80-90]レベルに、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ売り円買い注文)があった様子。

ニューヨーク市場では、売った向きの買戻しと、
トレンドに従った「ユーロ買い円売り」も出て、
[153.20-30]レベルに上昇した。

ニューヨーク・クローズは、[153.00]アラウンド。


|

« 【ロンドン勢が参入する時間帯になって】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)が、軽く急落---2006年12月05日Part3 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ロンドン勢が参入する時間帯になって】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)が、軽く急落---2006年12月05日Part3 | トップページ | »