« 12月の典型的な「クリスマス相場」で、乱高下---【マーケット・コメント】2006年12月11日 | トップページ | ユーロ/円急騰。安易な「ユーロ売り」は止めた方が良い---【マーケット・コメント】2006年12月12日Part2 »

2006年12月12日 (火)

『極端に動くのか』『全く動かないのか』のいずれかになり易い---【12月の典型的な「クリスマス相場」】2006年12月12日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年12月12日
【12月の典型的な「クリスマス相場」】
---『極端に動くのか』『全く動かないのか』のいずれかになり易い---

12月は初旬からクリスマス・シーズンですから、
先週末の米国失業率(雇用統計)を見て、今年の取引を終了して休暇を取ろう、
と考えていた市場参加者は多かったことでしょう。

そういった人たちは、年内の取引を終えるのですから、
ポジションを縮める動きが中心になります。
そして、ポジションを縮めた後は、来年まで参入して来ません。
そうなると、通常のマーケットとは異なり、値が飛び易くなります。

先週末のマーケットは、すでに、そういった状態になっていた、
---つまり、値が飛び易い状態になっていた---ということだと考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

それで、先週末(12月8日金曜)のロンドン市場では、
まず第一段階のショート・スクイズ(損切りのドル買戻し)が起こり、
ドル/円(USD/JPY)は115円台前半から115円台後半に上昇しています。

米国失業率(雇用統計)や、その他の米国経済指標が発表された後の
ニューヨーク市場では、いったん大きく下落して、
115円台後半から[114.90]レベルまで約1円の急落を見ています。

しかし、[115.00]割れを見ると、今度は大量のドル買いが出た様子で、
反転急上昇。
下落幅よりも大きい上昇となり、約1円50銭の急騰。
高値は[116.40-45]レベルを付けています。

薄いマーケットの中を本格的なショート・スクイズ(ドル買戻し)が起こり、
結果的には、そのいったんの下落よりも大きな急騰になった、
---114円台後半から、116円台ミドルまでの急騰を見た、---
と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週辺りから、市場参加者は徐々に減少していきます。
来週はもっと薄くなります。
潜在的には、ますます、値が飛び易いマーケットになっていきます。

こういった極端に市場参加者が少ない場合は、全く動かないケースもあります。
取引が行われないから動かない、といったケースです。
12月のマーケットは、そういったことを解した上で臨むべきと考えています。

マーケット(外国為替市場)は、すでに「クリスマス相場」になっている。

先週末のロンドン市場、ニューヨーク市場は、対ドル・ベースで考えると、
乱高下に映りますが、
典型的な「クリスマス相場」に過ぎない、と考えています。

今週になってからも、外国為替市場では、乱高下が目立つ印象です。

徐々に、市場参加者がマーケットから退出しているのだから、
マーケットが薄くなって、値が飛び易くなっている、と感じます。

市場参加者が、極端に少なくなって来ると、
『乱高下するか』
---参加者が薄い中を、巨額の資金が動いてマーケットが振り回される---
あるいは、
『全く動かない』---取引が、成立すらしない---
といったことが起こりがちです。

巨額の資金が動くのか、動かないのかは、事前には、わかりません。
---それをハンドルしている、ファンド・マネージャーの胸三寸ですから、
  突如として、出てきます。---

要するに、
『極端に動くのか』『全く動かないのか』の
いずれかになり易いことだけしかわからない、
ということです。

今週辺りから、クリスマス休暇で、市場参加者は徐々に減少していきます。
---先週で年内の取引を終了した人も多いでしょうが・・・---

来週はもっと薄くなります。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 12月の典型的な「クリスマス相場」で、乱高下---【マーケット・コメント】2006年12月11日 | トップページ | ユーロ/円急騰。安易な「ユーロ売り」は止めた方が良い---【マーケット・コメント】2006年12月12日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月の典型的な「クリスマス相場」で、乱高下---【マーケット・コメント】2006年12月11日 | トップページ | ユーロ/円急騰。安易な「ユーロ売り」は止めた方が良い---【マーケット・コメント】2006年12月12日Part2 »