« 【マーケット・コメント】2006年11月13日 | トップページ | ユーロ/ドル(EUR/USD)&ユーロ/円(EUR/JPY)---【マーケット・コメント】2006年11月14日Part2 »

2006年11月14日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---2006年11月14日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月14日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(11月13日)週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル程度---[117.50-55]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場の朝方は、ドル売り気配強く、
仲値(東京時間9:55ころ)に向けて下落した。

仲値が決まってからも、若干のドル売りプレッシャーが残り、
東京時間の10時過ぎてから、
ドル/円(USD/JPY)は、安値[117.10-15]レベルを付けた。

その後の東京市場(東京市場の昼ごろから東京市場の午後)は、
概して、117円台前半---概して、[117.20-40]程度---での小動き。

ロンドン市場の朝方になると、
東京勢(アジア勢)が、ドルを売ったことを見越した欧州勢は、
東京勢(アジア勢)の損切り(ドル買戻し)を狙って、ドル買いを仕掛けた。

ロンドン市場の朝方に、
ドル/円(USD/JPY)は、[117.85-95]レベルにまで上昇した。

ニューヨーク市場になって、
118円台前半にあったストップ・ロス・オーダー(損切りのドル買い)を
付けた。
高値は、[118.28-30]レベル。

そのまま、[118.05-15]レベルでニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(11月14日)の朝方(東京時間8:50)に、
発表された「日本の第3四半期GDP」が予想よりも良かったことを材料に、
ドルが売られ、ドル/円(USD/JPY)は、[117.50-55]レベルに下落した。

発表された「日本の第3四半期GDP」は、前期比[+0.5%]、年率では[+2.0%]。

日本の第3四半期GDP
結果:[+0.5%](前期比)
予想:[+0.2%](前期比)
前回:[+0.2%](前期比)

円金利引き上げの思惑から、「円買い」となった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【仲値】(なかね)[TTM]
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub021na.htm#nakane

 銀行が、個人などの顧客取引や、十万ドル未満の外国為替取引をする際の
 基準レートとして用いる外国為替レート。

 『公表仲値』、『公表仲値レート』、『TTM』などとも呼ぶ。

 現在は、それぞれの銀行で、自分の銀行の「仲値レート」を設定している。

 以前は、大手都市銀行が、持ち回り制で、東京市場全体の『仲値』を決めて、
 東京市場の参加者は、そのレートを使用していた。

 このやり方は、『仲値』決定に際して、
 不明瞭な取引が行われるなど問題点が多かった。

 それで、それぞれの銀行の責任で各行の『公表仲値レート』を
 決めるようになった。

 東京市場の場合、一般的には、9時55分ごろのレートを参考に
 『仲値』を決めているが、上記の通り、各銀行の責任で決めているので、
 必ずとは言えないし、各銀行によって『仲値レート』は微妙に違う。

 “TTM”と言った場合の“TT”は、
 “Telegraphic Transfer Rate”の省略で、「電信相場」のこと。
 “TTM”は、“Telegraphic Transfer Middle rate”の略語。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】2006年11月13日 | トップページ | ユーロ/ドル(EUR/USD)&ユーロ/円(EUR/JPY)---【マーケット・コメント】2006年11月14日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】2006年11月13日 | トップページ | ユーロ/ドル(EUR/USD)&ユーロ/円(EUR/JPY)---【マーケット・コメント】2006年11月14日Part2 »