« ---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---【本日のドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ円】2006年11月27日Part2 | トップページ | 「ユーロ全面高」の様相を呈した---【マーケット・コメント】2006年11月28日Part2 »

2006年11月28日 (火)

円キャリー・トレードのアンワインドが主要因ではない、と思う---2006年11月28日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月28日
【今回の円高の要因は、】
---円キャリー・トレードのアンワインドが主要因ではない、と思う---

先週の、11月22日(水)のロンドン市場、ニューヨーク市場で、
ドル/円(USD/JPY)が、下落を始めた理由は、
米国の感謝祭(Thanksgiving Day)と日本の「勤労感謝の日」を直前にした
ポジション調整がきっかけとなって、動き出したと考えています。

11月23日(木)は、東京市場と、ニューヨーク市場が休場なので、
11月22日(水)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
市場参加者が極端に薄い状態でした。

通常ならば、下がったところで「買い」があるのですが、
市場参加者が薄くて、そういった“Buyer(買い手)”もいなかった、
ということです。

11月23日(木)は、もっと市場参加者が薄い状態でした。

薄いマーケットの中を、ユーロ/ドル(EUR/USD)が、[1.3000]を上に突破。
[1.3000][1.3050]には、オプション取引に伴う、
損切りの大口の「ユーロ買いドル売りオーダー」があり、
地雷のごとくそれが炸裂。

もちろん、[1.3000]を、上に抜けたところからは、
通常のストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ買いドル売りオーダー)
が、断続的にあった。

そのために、「ユーロ買いドル売り」が加速しています。

ユーロ/ドル(EUR/USD)で、「ユーロ買いドル売り」になると、
ドル/円(USD/JPY)には、「ドル売り(円買い)圧力(プレッシャー)」が
かかります。

ドル/円(USD/JPY)が、下落をした理由は、この「圧力(プレッシャー)」が、
主な理由だ、と考えています。

今のところ、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、1.31ドル台半ばまで急激に上昇して、
「ユーロ高ドル安」の値動きを示しています。

「ユーロ高ドル安」は、
ドル/円(USD/JPY)に「ドル安円高」のバイアスをかけます。

しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)を見ると、
「ユーロ高円安」の値動きを示しています。

「ユーロ高円安」は、ドル/円(USD/JPY)に
「米ドル高円安」の影響を与えます。

現時点では、両方の影響が相殺されている状況ですが、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、もう一段急激に高くなる場合には、
ドル/円(USD/JPY)にかかる「ドル売り(円買い)圧力(プレッシャー)」が
強くなりますから、その際は要注意です

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『円キャリー・トレードのアンワインド(解消)』が、
今回の円高の要因だ、いうコメントが多いようです。

ある程度は正しいのだろうが、
---全く否定する訳ではないが、
  ある程度は、そういう動きもあったのだろうが、---
個人的には、違う、と、考えています。

『円キャリー・トレードのアンワインド(解消)』が、主要因ならば、
『ユーロ/円(EUR/JPY)でのキャリー・トレード』にもアンワインドが起こり、
ユーロ/円(EUR/JPY)は下落するはずです。

ところが、ユーロ/円(EUR/JPY)は、上昇しています。

今回の値動きの、主要因は、上述のように、ユーロ/ドル(EUR/USD)の上昇。
『ユーロ買いドル売り』の影響で、『連れてドル売り円買い』になった、
と考えています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---【本日のドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ円】2006年11月27日Part2 | トップページ | 「ユーロ全面高」の様相を呈した---【マーケット・コメント】2006年11月28日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ---「値ごろ感」での「ユーロ売り」は止めた方が良い---【本日のドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ円】2006年11月27日Part2 | トップページ | 「ユーロ全面高」の様相を呈した---【マーケット・コメント】2006年11月28日Part2 »