« 渡辺博史財務官の「焼き直し」コメント---【トピック】2006年11月02日Part3 | トップページ | 【「文化の日」の飲み会】---「鳥福」の「大関の樽酒」:友、遠方よりきたる---2006年11月06日Part2 »

2006年11月 6日 (月)

【マーケット・コメント】---「米国失業率(米国雇用統計)」---2006年11月06日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月06日
【マーケット・コメント】
---「米国失業率(米国雇用統計)」---

先週末(11月03日金曜)の東京市場は、「文化の日」で休場。

先週末(11月03日金曜)のアジア市場のドル/円(USD/JPY)は、
通常の東京市場オープン(寄り付き)の時間、東京午前9:00には、
117円台前半程度---[117.10-15]レベル---であった。

東京市場が休場で、アジア市場は、閑散とした状態。

ロンドン市場も、「米国失業率(米国雇用統計)」を控えて、
動きらしい動きなし。

「米国失業率(米国雇用統計)」の発表まで、
ドル/円(USD/JPY)は、117円台前半で、---概して、[117.00-20]で、---
動かず、だった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ニューヨーク市場で発表された「米国失業率(米国雇用統計)」は、
以下の通り。

10月失業率
結果:[4.4%]
予想:[4.6%]
前回:[4.6%]

10月非農業部門雇用者数(NFP)
結果:[+ 92,000人]
予想:[+123,000人]
前回:[+148,000人] ([+ 51,000人] から上方修正)

非農業部門雇用者数(NFP)は、事前予想の[+123,000人]
よりも低かったものの、
9月の非農業部門雇用者数(NFP)が、大幅に上方修正された。

また、失業率が、[0.2%]低下したことを受けて、
マーケット(外国為替市場)は、「ドル買い」に反応した。

「米国失業率(米国雇用統計)」発表直前のドル/円(USD/JPY)のレベルは、
[117.10-20]程度だったが、この発表を受けて、118円台前半に乗せた。
高値は、[118.15-20]レベル。約1円の急騰になった。

「米国失業率(米国雇用統計)」発表後は、[118.00]アラウンドで持ち合い。
そのまま、ニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(11月03日金曜)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場が休場のアジア市場、
そして、「米国失業率(米国雇用統計)」待ちのロンドン市場と、
動かず。概して、[1.2765-80]レベルで、推移した。

「米国失業率(米国雇用統計)」発表直前の
ユーロ/ドル(EUR/USD)のレベルは、[1.2770]アラウンド。

「米国失業率(米国雇用統計)」を受けて、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.2680]アラウンドに急落した。

その後のニューヨーク市場は、[1.2700]を挟んで、の小動きになり、
そのまま、ニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(11月03日金曜)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
アジア市場の時間帯(東京時間午前9:00-17:00)、
ロンドン市場の午前中と、動きらしい動きも無く、
概して、[149.45-75]程度で推移した。

「米国失業率(米国雇用統計)」の反応では、
ドル/円(USD/JPY)が上昇、つまり、「ドル買い円売り」になり、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が下落、つまり、「ユーロ売りドル買い」となったが、

ドル/円(USD/JPY)が上昇の方が、影響力が強かった。
---つまり、[ドル/円(USD/JPY)上昇]>[ユーロ/ドル(EUR/USD)下落]---

ユーロ/円(EUR/JPY)=[ドル/円(USD/JPY)]×[ユーロ/ドル(EUR/USD)]

で裁定されるユーロ/円(EUR/JPY)は、結果として、上昇し、
150円台に乗せた。高値は、[150.15-20]レベル。

そのまま、150円台前半で、ニューヨーク・クローズを迎えた。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 渡辺博史財務官の「焼き直し」コメント---【トピック】2006年11月02日Part3 | トップページ | 【「文化の日」の飲み会】---「鳥福」の「大関の樽酒」:友、遠方よりきたる---2006年11月06日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渡辺博史財務官の「焼き直し」コメント---【トピック】2006年11月02日Part3 | トップページ | 【「文化の日」の飲み会】---「鳥福」の「大関の樽酒」:友、遠方よりきたる---2006年11月06日Part2 »