« ちょっと、マニアックな(専門的な)ご質問---【読者の方からのメール】2006年10月31日Part2 | トップページ | 昨日は、概して、「持ち合い相場」---【マーケット・コメント】 2006年11月02日 »

2006年11月 1日 (水)

ドル/円のストップ・ロス(損切り)炸裂---【マーケット・コメント】2006年11月01日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月01日
【マーケット・コメント】
---ドル/円のストップ・ロス(損切り)炸裂---

昨日(10月31日火曜)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.60-65]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場は、持ち合いのまま、117円台ミドルで推移した。

東京市場の午後に、日銀金融政策決定会合の結果が発表された。
政策金利の据え置きが、全会一致で決定された。

事前の予想通りで、その発表の時点で、マーケットも特段の反応をしていない。

東京市場終了後、---東京時間17:00を過ぎて、---
ロンドン勢は、「ドル買い」先行。
一時、[118.00]を越えて、[118.05-10]レベルを付けた。

円金利引き上げ観測が後退したことを材料にした値動きだったが、
しかし、「買い」は続かずに、ニューヨーク市場の朝方は、
117円台後半程度に小緩んだ。

この日(10月31日火曜)に発表された米国経済指標は以下の通り。

消費者信頼感指数(10月)
結果:[105.4]
予想:[108.0]
前回:[105.9]([104.5]から上方修正)

シカゴ購買部協会指数(10月)
結果:[53.5]
予想:[58.0]
前回:[62.1]

いずれも、予想よりも悪いもので、「ドル売り」の材料になった。

ニューヨーク市場では、昼前後になって、
[117.50]を割り込むと、弾みがついて急落となった。
目先でドルを買っていた向きの、ストップ・ロス(損切り)を巻き込み、
一気に[117.00]も割り込んでの下落となっている。

ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売りオーダー)は、
[117.30-40]レベル、[116.80-90]レベルにあった様子。

[117.00]にも、大口の為替オプション取引絡みの
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り)のウワサがあった。

安値は、[116.60-65]レベルを付けている。

ニューヨーク市場の午後は、目先の損切りを付け終えて、
116円台後半で、動意のない小動き。
そのままニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(10月31日火曜)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.27台前半で、---[1.2710-20]レベルで、---オープン。

ロンドン市場の朝方に、1.26台後半に、ユーロが売られる局面もあったが、
総じて、[1.2700]を挟んでの小動きに推移していた。

ニューヨーク市場で発表された
「消費者信頼感指数(10月)」「シカゴ購買部協会指数(10月)」
が、予想よりも悪かったことから、
「ユーロ買いドル売り」に動き出し、
概して、[1.2700]アラウンドから、1.27台後半へのユーロ上昇を見ている。
高値は、[1.2780-85]レベル。

[1.2755-65]レベルで、ニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(10月31日火曜)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
149円台ミドルで、---[149.50-60]レベルで、---オープンした。

東京市場では、売り気配に推移し、
149円台前半---[149.15-25]レベル---に下押しした。

ロンドン市場では、買い気配に転じ、[149.70-80]レベルに反発上昇した。

しかし、俯瞰してみれば、[149.50]を挟んでの持ち合いに映る。

ニューヨーク市場になると、この日に発表された
「消費者信頼感指数(10月)」「シカゴ購買部協会指数(10月)」
が、予想よりも悪かったことを材料に、
ドル/円が大きく下落した影響で、ユーロ/円(EUR/JPY)も急落した。

149円台後半から、---高値の[149.70-80]レベルから、---
[149.00]割れまで一気に急落して、[148.95-00]レベルの安値を示現している。

その後は、149円台前半での「持ち合い相場」で、
ニューヨーク・クローズを迎えた。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ちょっと、マニアックな(専門的な)ご質問---【読者の方からのメール】2006年10月31日Part2 | トップページ | 昨日は、概して、「持ち合い相場」---【マーケット・コメント】 2006年11月02日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと、マニアックな(専門的な)ご質問---【読者の方からのメール】2006年10月31日Part2 | トップページ | 昨日は、概して、「持ち合い相場」---【マーケット・コメント】 2006年11月02日 »